_ 2016年06月 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

内定辞退はあっさりが大半だが、圧力をかける、嫌がらせ、脅すケースもたまにある

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験で内定辞退をするときには恐らくあっさりということが多いと思います。民間企業で言われているような圧力をかけたりするケースはまずありえないでしょう。内定辞退をする時期にもよるかもしれませんが、ギリギリまで考える権利があるわけですから、ギリギリまで内定を承諾するか?辞退をするか?考えることは悪いことではないのです。

基本的に公務員試験の場合には内定辞退によって圧力をかけられたり、嫌がらせを受けたりということは考えづらいですから、怖がらずに連絡をしてみれば良いと思います。民間企業だとたまに嫌がらせをされる、圧力をかけられるということがあるみたいですけどね。それは具体的にどういうことか?というと、嫌味を言われたりすることもあれば、脅しに近い言動も見られるでしょう。

脅しが脅しになっていないケースもありますけど。例えば、内定辞退をした学生が所属する大学からは今後は一切採用しないとかね。まあ、そんなことを言ってくるのは大企業ではないでしょうから、1つ受けられない企業が増えても別に大した迷惑になりません。また、そんな脅しをしてくる企業がまともな体質とは思えないので、そんなところに後輩が採用されなくて安心という気持ちもあるでしょう。

脅しが脅しになっていない。脅している時点で、あ!やっぱり内定辞退しておいて良かった!と胸を撫で下ろすことでしょう。民間企業での内定辞退で圧力や嫌がらせ、脅しをかけてくる企業はほんの一部だとは思いますけど、誰かはそういう企業に遭遇しているはずです。内定辞退に際してそういう圧力をかける、脅すなんて行為をして、個人的には何の意味があるのか?とは思います。

ただの憂さ晴らしなのか?もしれませんが、それをやってやっぱり入社します!なんてケースはほぼ皆無でしょうし、むしろ企業の悪評を流されて逆効果にしかならない気がします。冷静に考えれば、そういう憂さ晴らしはプラス材料がなくて、マイナス材料しかないと思うのですが、そういうことを判断できない人事もいるということでしょうか。公務員試験の内定辞退ではあっさりというケースが多いと思いますけど、民間企業の内定辞退でもあっさりというケースが多く、内定辞退で圧力をかけたり、嫌がらせをしたり、脅されるというケースはたまにしかないとは思います。でも、用心はしておいた方が良いです。

保育園の騒音への苦情に対する対策はうるささのレベルで判断するしかない

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


保育園を立てようとしたら、子どもたちの声がうるさいとして苦情が殺到し、断念せざるを得なくなったというニュースがあったと思います。そういったニュースに対して批判もありますけど、こういう保育園とかの騒音の問題は客観的な見地から対策をするのが良いと思います。それは何か?っていうと、騒音のレベルです。そのうるささを1度計ってみれば良い。

一定期間、子どもたちが発する声のうるささのレベルを機械で測ってみて、法律で制限されている音量を超える程度の騒音がどれくらいの頻度で計測されるか?それで解決を図るのが良いと思います。法律が許しているレベルの騒音と比べて、実際に保育園の周辺で発せられている騒音があまりにも多い場合には、保育園の騒音は住民がうるさいと感じることに正当性があることになります。つまり、保育園側が住民が困らないように騒音を抑えるべき義務を負うとなるでしょう。

しかし、そうでないならば、その騒音は法律が発しても良いとしている騒音であり、文句は言えなくなってしまう。強いて言うならば、我慢をするか、法律自体に文句を言うか。でしょう。これが客観的に見て1番とれる対策になるかと思います。既存の保育園に関してはこういった対策をとるとして、これから立てるべき保育園に関しては、ちょっと難しいです。

実際、保育園を運営した場合の騒音レベルが予想できませんから。だから、保育園を作ってみないとわからないという話でもあって、保育園の騒音の苦情は、どうせまたうるさくなるんだろうという予想のともに行っていると思います。実際、法律が許すレベルの騒音を越えるか?どうかは分からないが、仮に超えていなくても苦情はどうせきます。

うるさいものはうるさいんでしょうからね。音って、人をイライラさせる要因になりうるものなんですよね。私はそうではないですけど、食べ物を食べるときの咀嚼音ですらイライラする人もいるみたいですから、それが仮に正しいならば、保育園の騒音だってイライラするのもしょうがないとなるでしょう。騒音に感じるか?どうかは人それぞれなので、こういう問題は解決するのは厳しいですし、いろいろなところでまた起きると思いますよ。

公務員試験の集団討論に受かる人、落ちる人は運で決まる?

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の集団討論はいろいろな自治体や試験種で実施されており、非常にメジャーな採用方法になってきたと思います。しかし、この集団討論は非常に難しい試験です。個人面接と比べると大分運ゲー率が上がる気がします。運ゲーというのも適当じゃないかもしれませんが、運も関係はありますよ。それは筆記試験だって運は関係ありますから。

集団討論の運要素というと、そもそも討論のテーマが何か?一緒に討論をするメンバーという2つの要素が主に考えられます。集団討論に受かる人は、知識を持っている人というよりかは、その場その場に応じた適切な論理展開ができる人という印象があります。論理展開をするためには最低限の知識は必要ですけど、そこまで専門的な深い知識がないといけないわけではないのです。

拙い知識でもというか、自分なりに考えた結果が話せれば良いと思っていて、基本的に正解、不正解を決める討論ではないため、プロセスの方が重要視されます。意見の結論がどうであれ、そういう結論に至った理由などが明確で、かつ筋が通っていれば、どういう結論であれば、ある程度は評価対象にはなると思うのです。しかし、公務員試験の集団討論で落ちる人というのは、一般的には正しいとされていることしか言わないとか、結論に至るまでの理由がよく分からない、不明確な場合には、論理的な展開ができていないので、評価が下がる余地があるのです。

それができるか?できないか?でまず合否が分かれますから、公務員試験の集団討論に受かる人はそういう能力が必要になります。しかし、公務員試験の集団討論ではそれ以外にも司会の人が上手く流れを作ってくれたり、他の人たちがどういう意見を言うか?で、その場その場で話すのに適切な内容があるはずです。流れに沿っていない内容だと、内容自体の整合性はあっても評価対象にならないことがあるので、自分でコントロールできない部分がどうしても生まれてしまうと思います。

そこは自分でどうにもできない以上は運としか表現できないのかもしれませんが、公務員試験の集団討論に受かる人はそういった部分にも恵まれる必要もあるというか、そうなってくれたほうが受かる確率が上がると思います。そうならなくても、ちょっと失敗しても受かるケースも多々あるとは思いますけどね。集団討論って、二次試験の中の一部で行われることが多いため、個人面接次第のところも大きいですから。

個人面接ができれば、集団討論に失敗しても受かる可能性は十分あると思います。集団討論に落ちる人はすでに紹介したように論理的な展開ができずに、意見は言ったは良いが、なんでそうなるのか?の部分がわからないケースがあります。意見が言えないとどうしようもありませんけど、意見が言えても公務員試験の集団討論は落ちる可能性があるので、公務員試験の集団討論で受かる人になれるように頑張ってください。

鼻をかむ、あくびをするなど面接官の態度が悪い、失礼というのは演技の可能性が高い

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


面接官の態度がなんか良くないなと思うことがたまにあるかもしれませんが、それは恐らく意図してやっていることだと思います。公務員試験や就職活動では面接官が複数人いることも多いと思いますけど、そのうちの全員ではないが、1人とかが態度が何なんだこれは?と思うようなときがたまにあるのです。これは演技でしょう。

というのも、圧迫面接ではないけど、それに似たような意図があるのか?あからさまにいきなり面接官の態度が悪いときがあるのです。それは最初からじゃなくて途中からとかの場合もあります。途中からの場合にはほぼ100パー演技だと思いますが、面接官の態度が失礼極まりないと思われる瞬間がたまにあります。民間企業はまだ良いかもしれないけど、公務員でこういう面接はありなのか?とも思いますけど。

具体例を挙げると、私も経験したことですが、面接官がいきなり鼻をかみだした記憶があります。あとは面接官があくびをしたりとか、だるそうな感じをするとかです。私はそのときにはこれは演技だろうなと思って、完全に無視していましたが、今思えば、正直演技うまくないですよ。公務員試験の場合には、普段人事とかじゃない人間が面接官をやらされたりするので、ぎこちないところがあるんですよ。

だから、面接官がそういう態度が悪いようなことがあっても、スルーすれば基本的には良いと思います。反応のしようがないですけどね。「ちょっと、あなた失礼じゃないですか!」と一言いった方が良いとか、そういうことなのかもしれませんが、そんなことを言える勇気はまず持てません。だから、過剰に反応しないならば、それで良いと思うんですけどね。面接官があくびをしたり、話をかんだり、だるそうにするというのはよく使われる手段かもしれないので、頭に入れておきましょう。

面接官の態度が失礼だったとしても、それは演技である可能性が限りなく高いと思うので、特に対処法があるわけではないですが、惑わされずに面接に淡々と臨んでいくのが良いと思います。特に話をしている面接官以外の面接官がそういうことをしていたら、これはスルーをするのが1番に思えてきます。面接官の態度が失礼というのは、最近ありがちな手法かもしれませんから、そういう面接官がいることはあらかじめ知っておいてください。

面接官と合わない、嫌われると思っても、きつい、厳しい態度は演技かもしれない

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


就活や公務員試験の面接官はもちろん人間なので感情があるわけですよ。したがって、面接を単純に機械的に行うのは難しいと思います。そうなると、面接官と合わないシーンっていうのがどうしてもあるはずなんですね。民間企業の場合には面接官と合わない瞬間があっても、何社も受けていくわけですから、諦めもつくかもしれません。

しかし、公務員試験は面接を受ける機会がそもそも少ないです。そんな何回も受けられるケースは少ないでしょう。だから、厳しい筆記試験を潜り抜けてきたのに、面接になったら面接官と合わない感じで、終始面接が進むとか、面接官に嫌われるというような雰囲気を感じている人も中にはいるんじゃないか?と思うのです。せっかく受けた面接がそんな感じではショックですよね。

面接官に嫌われると思っても、勘違いというケースもありますけどね。公務員試験の面接官も最近は考えて面接をやっていますから。いわゆる和やかな雰囲気にならないこともしばしばあると思います。だから、面接官が厳しい雰囲気、きつい雰囲気を出していることもあるが、それはわざとやっていることもあるでしょう。そうなると、それが一概に不利に働くというか、受かる可能性を下げているとは言えないと思います。

面接官と合わない雰囲気があっても、それは面接官が意図している、わざとやっていることならば、合否に直接関係するというか、少なくとも、そういう感じの面接が不採用になりやすいとか、そういうわけではないでしょう。面接官がきつい口調、厳しい問いかけをしてきたとしても、それは面接官と合わないというよりは、あえてそんな態度をとっているだけの可能性もあるので、面接中にこれはダメだと諦めてはいけないのです。

面接官も演技をするということを頭に入れておいて、面接官に嫌われている?と思っても、諦めないで、ただの演技かもしれないので、面接官と合わないと、嫌われると思ってもそういう面接もありますから、結果的に受かる可能性もありますし、試していることもあるので、就活や公務員試験の面接で厳しい、きつい面接官と出会っても、冷静に受け答えをしていきましょう。

公務員試験のインターンシップの時期はいつから?いつやるのか?調べる方法

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験におけるインターンシップっていつから行われているのでしょうか?毎年いつ頃行われているのか?が分からないと、参加しづらいですよね。そうなればインターンに参加したくてもできないことがあると思います。しかし、公務員のインターンシップは、それぞれの自治体などによって恐らく時期が異なると思います。これは民間企業もそうですけどね。

民間企業の場合にも夏休みの間とか、冬休みの間とか、それ以外とか、インターンはある程度固まった時期にやるという慣習にはなっていますが、その中でいつやるか?は企業ごとに違いますし、それ以外の時期にやるところもあると思うので、一概にこの時期とは言えないのです。したがって、公務員のインターンの場合にも、恐らく民間企業と共通の時期になっていることもあると思います。

でも、夏休みの時期とかはちょうど採用活動、その年の公務員試験の筆記試験から面接試験などをやっている時期でもあり、インターンに時間を割くことが厳しい場合もあると思います。このケースではなかなかできないと思うので、自治体や試験種によって時期が違ってくることも多々あると思います。そうなると、できることは自治体などのホームページを随時確認して、公務員試験のインターンをやるのか?どうか、やるならいつやるのか?を確認しないといけません。

あらかじめ実施予定について書いていたり、インターンをやるならば時期についても書かれているケースもあると思いますけど、書いていない場合にはやるのか?やらないのか?も含めて、1度自治体に問い合わせてみると良いと思います。ホームページを随時チェックして確認をするのは大変でしょうから。だからこそ、最初に聞いておくと早く済みますから。

まだ要綱が決まっていない場合もあるので、そのときにはしょうがないですが、公務員試験のインターンの時期はいつからなのか?いつやるのか?についてはホームページを確認する方法と自治体などに直接問い合わせる方法があると思います。そういった方法を駆使しながら、特定の自治体や試験種がインターンをいつやるのか?その時期について調べてみましょう。公務員のインターンシップはいつからやるのか?という時期は多くの受験生がまず知らないでしょうから。