_ 2016年05月 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

多くがむかつく失礼と感じるサイレントお祈りが生まれた理由はお祈りメールにあった?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


就職活動ではサイレントお祈りというのが1つ問題になることがあります。サイレントお祈りは企業が合否の結果を伝えないため、落ちたのか?受かったのか?分からない(落ちているケースが大半)状態のため、就活生にとってはやきもきするような心理状態と怒りの思いもあると思われます。サイレントお祈りにむかつくという感情を抱いている人も多いみたいですからね。ただ、サイレントお祈りが起きるのにはやはり理由があると思います。

選考を受けたのだから、サイレントお祈りなんて失礼だろ!という意見もあるものの、現状起きているのは、ちゃんと連絡をしたとしても「お祈りメール」という形で、それはそれで非難を浴びることになるということです。つまり、ちゃんと連絡をしている企業も同じように非難を受けているという状況が存在するわけですね。お祈りメールの方が非難の大きさは小さいような気もしますけど。

でも、お祈りメールも毎回同じような文章をコピペしただけで、それに怒りを覚える就活生もいるようですから、企業からしてみれば、お祈りメールを出しても、サイレントお祈りをしても結局非難の対象になってしまえば、そりゃサイレントお祈り方を選ぶというのが、もはや合理的な選択になってしまいます。だって、手間をかけて合否の連絡のメールを送っても、結局それに対して非難がくるならば、サイレントお祈りにして非難がくるのと一緒なわけですね。

これは私の推測ですけど、どっちを選択しても非難がくるならば、より手間がかからないほうを選ぶと。それがサイレントお祈りが発生する理由になりうると思います。怒りが生まれるのは仕方ないとしても、企業が1人1人に合わせて、いちいち不採用の際のメールの文面を変えている手間はかけられないという事情を鑑みると、お祈りメール自体はしょうがない気もします。一応、努めは果たしていると思いますから。

だから、サイレントお祈り自体は就活生にとっては失礼な存在として定着していますが、今後も続くのではないでしょうか?お祈りメールへの風当たりが強い限りは、サイレントお祈りもなくならない気がします。それにサービス残業と同じで、多くの企業で罷り通っているやり方のため、罪の意識みたいなのが企業に恐らくないです。だから、みんながやっているなら怖くない状況を生んでしまった時点で、サービス残業もサイレントお祈りも今後衰退していくとは考えづらいのです。サイレントお祈りはむかつくとは思いますが、お祈りメールにもむかついている就活生もいるとなると、サイレントお祈りも収拾がつかないと思います。

ハローワークやジョブカフェでの面接練習、模擬面接の服装はスーツが良い理由

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験や就職活動を行っている人は面接の実践的な練習をしていかないといけないでしょう。そのときに使ってもらいたいのはハローワークです。ハローワーク以外でも良いんですけどね。あとはジョブカフェとかですね。ここは誰でも利用できますから。しかし、ここで面接練習をするときには1つ重要なポイントがあります。それは服装をどうするのか?ということです。

ハローワークやジョブカフェで面接練習をするときの服装はどういうものが良いのか?これは気になる方もいるかもしれません。これは基本的には指定はされないケースも多いみたいです。しかし、指定されていなくてもこれはスーツで行ったほうが良いと思います。その理由は、スーツで行った方が服装の問題点に気付ける可能性が上がるからです。

服装の問題点というのがあるはずで、それを指摘してもらえるチャンスになります。ハローワークやジョブカフェの模擬面接の服装で私服でいくと、本番は私服じゃないですから、スーツで行くことになりますが、そのときの服装を職員が見られないため、仮に問題があっても指摘はできません。だからこそ、ハローワークやジョブカフェの面接練習のときから服装はスーツで行くと効果的と言えます。

本番で着る服装で面接練習に臨めば、本番の前に問題点があれば、それを指摘してくれて、その問題点を抱えたまま、本番に臨まないで済むからです。だからこそ、ジョブカフェやハローワークの模擬面接のときの服装は私服ではなく、スーツで行きましょう。私服で行っても、面接練習はやってくれる可能性もありますが、もったいないとは思います。せっかくのチャンスなので。

そして、各ハローワーク、ジョブカフェによって面接練習に関する規定などが違うことがあるので、利用する予定のところについてちょっと調べておくと良いでしょう。全てのハローワーク、ジョブカフェが同じように対応してくれるとは限りませんから。予約がいる場合もあるでしょうから、事前にそういった点についても調べておきましょう。公務員試験や民間企業の就活において、ジョブカフェとハローワークで面接練習をするときには服装はスーツで行くというのが1番良いと思います。

公務員のインターンシップは行くべき?行く意味とは?行かないとマズイのか?

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員のインターンシップって参加した方が良いのでしょうか?公務員試験にそもそもインターンがあったのか?と初めて知った方もいるかもしれませんが、実はあるんですね。とはいっても、参加している人は多くはない気がします。そもそも、知らない人も多いと思いますから。公務員のインターンシップは自治体や官庁ごとに募集されていたりしますが、仕事の体験はさせてもらえないでしょう。

だから、民間企業のインターンシップとは違います。民間企業は給料が貰える場合もあれば、貰えない場合もありますが、公務員のインターンシップは給料はまずもらえないと思います。それは給料をもらうに値する仕事をまずしないからです。というか、させてもらえないことが多いです。知られては困る、公務員の内部にとどめておかないといけない情報があるので、それを見られないためです。

だから、公務員試験のインターンシップはただ仕事を見ているだけ。といった受け身のような感じになってしまうかもしれません。そうなると、公務員のインターンシップの行く意味というのはそこまでないのかもしれません。そんな公務員試験のインターンシップに行くべきか?行かないでも構わないか?というと、行って損はないと思うので、時間があるなら行っても良いと思いますが、行かないとしても問題があるわけではないでしょう。

インターンシップに行くとそれが面接の話のネタになることもあるので、そこが1つ便利というのもありますが、インターンシップに行かない人は別のネタでを話せば良いので、大した問題にはなりません。インターンシップに参加したということをアピールできれば、熱意を買ってもらえる可能性もありますけど、公務員のインターンシップに行っていない人でも、話の内容次第では受かるでしょう。

公務員のインターンシップはどれだけ参考になるか?は分からないので、はっきり言って公務員試験のインターンシップに行くべきか?行かないのはマズイか?というと、微妙なところもありますけど、無理して行くようなものという気はあまりしません。結局は公務員の仕事を理解するためがメインなので、それが他でできるならばそれで良いですし、できないのなら、生で公務員の仕事を見ておきたいならば、参加する動機にはなりますね。

公務員のインターンシップは行かないでも良いですけど、行っても良いです。そんなに合否にかかわることでもなければ、公務員として採用された後に困ることでもないでしょうから。あくまでも公務員を志望する人たちに向けて、公務員試験を受けるか?どうかを見極めるための材料としてインターンシップはあると思いますから、受けることが決定している人にとっては公務員のインターンシップはあまり行く意味がないと思うのです。

裏金や不正発覚で東京五輪は中止?特別区や都庁の論文で出題可能性が減る?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


東京オリンピックの中止の可能性が浮上してきたと伝えられています。詳しくは分からないものの、裏金の不正疑惑という点が取り立たされており、それによって東京五輪が中止になれば代わりにロンドンで2020年に行われるなんて言われていますが、仮にこれが事実だとしても、私は中止にはならない気がします。今のところは。

今後の状況次第ではまだ分からないものの、開催4年前に開催地変更というのはよほどのことでない限り(国内で戦争が起きるとか)、まずないだろうと個人的には思っています。中止の可能性という意味では0ではないので、中止の可能性があるのは事実でしょうけど、どこまでその可能性が高いか?と言われると、そんなに高くはないと思います。

でも、こういった影響を受けて、今後公務員試験の論文、特に特別区や東京都庁では、五輪関係の出題は自粛される可能性もあるかもしれません。だいたいこういった自治体で東京五輪に関連する論文テーマが出るときには、その成功のためにといったことが内容になることも多いと思いますけど、問題が発覚して、中止の可能性が噂されている中では、出しづらい雰囲気がありそうです。

東京五輪が成功するには?と言われても、開催するか?どうかも分からない状況では、論文テーマに選ばれる可能性が少なくなったかな?と思います。とはいっても、出ないとは言えないですし、他の自治体や試験種では出る可能性は残っていますから、対策はしておいた方が良いですけど、力は多少緩めても良いかもしれないということです。というか、特に特別区や東京都庁はある程度の頻度で東京五輪の論文課題が出ているので、そろそろ出ないんじゃ?という予測も立ちます。

出ないとは言えませんから、対策をしないのはおすすめしませんが、出ない確率が高まったかな?という印象です。後は東京五輪に関するテーマでも、聞き方をちょっと変えてくるかもしれないので、いろいろな事態に対応できるようにしていると良いと思います。論文の話はともかくとしても、面接では何かしら聞かれる可能性はあるでしょうし、論文でも面接でも自分なりの東京五輪像を語れるように、知識をつけておいたり、自分なりの考えを持っておくと良いと思いますよ。

就活や公務員試験の面接で緊張、あがり症が出たら薬以外で克服できる?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


就活や公務員試験の面接ではどうしても緊張してしまって、あがり症だという人もいるのではないでしょうか?あがり症というのは、緊張してしまって上手く面接で話せないとか、頭の中が真っ白になってしまうといったことだと思いますが、緊張は誰でもするので、緊張自体をしないというのは無理ですし、現実的ではないでしょう。就活や公務員試験の面接であがり症や緊張を抑えるために薬を飲むという方法もありますが、そういったことをしなくても良い場合があります。

問題は緊張をした後にその緊張をどれだけ緩和できるか?鎮めることができるか?になると思います。緊張を鎮める方法、就活や公務員試験の面接であがり症になってしまう人がその症状を緩和するには、副交感神経を優位にすることが必要です。公務員試験の受験生ならば、生物の勉強をしたときにやったのではないでしょうか?

交感神経と副交感神経は拮抗して働くとされており、どちらかが優位に立っていて、その効果が出続けるというものです。つまり、優位になるのが1つ決まっているので、副交感神経を優位に立たせられれば、交感神経の働きが弱まり、緊張が和らぐのです。副交感神経は実際、緊張を抑える、興奮を抑える方向に働いてくれますから。これが就職や公務員試験の面接で使えるあがり症の克服の鍵になります。

では、交感神経を押さえて、副交感神経を活発にさせるためには、どうしたら良いのか?1番簡単なのは深呼吸です。深呼吸をゆっくりやていきましょう。息を吸って、吐くまでの動作をゆっくりとやっていき、それを何度も繰り返すと少しずつ気持ちが落ち着いてくると思うので、面接を受ける前にやってみると良いと思います。簡単にできる方法ですから。

これでも緊張が完全に消えることはないですし、あがり症もどこまでマシになるか?は分かりません。でも、やらないよりはマシだと思うので、就活や公務員試験の面接の前にあがり症が出て克服したいと、緩和したいと思ったら、深呼吸をしていくと良いと思います。忘れてしまうことが問題なので、深呼吸をするということを覚えておきましょう。面接でのあがり症や緊張は薬に頼らないでも方法がありますから。

就活や公務員試験の面接であなたの強みや弱み、長所や短所の考え方の注意点

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の面接や就活の面接でも良いですけど、あなたの強み、弱みを教えてくださいという質問をされることがあります。特に公務員試験の受験生にとっては、長所と短所を聞かれることは予想しているのではないか?と思いますけど、これもそれと同様の質問と思ってもらって構わないと思います。こういう聞かれ方をされる場合もあるということです。

公務員試験の面接で、あなたの強みとあなたの弱みを教えてくださいと聞かれたら、これは追加質問というか、掘り下げられることまで想定して回答を考えましょう。というのも、民間企業の場合には長所、短所、あなたの強み、あなたの弱みを聞いた後、ある質問がされる可能性があります。それは「あなたの強みを生かして、当社にどのような貢献ができると考えますか?」です。

つまり、この質問ってほとんど自己PRを聞いているのに等しいのです。だから、単純にあなたの強みを聞いて終わりならば長所を聞いて終わりに等しいのですが、その先にその強みをどう生かすか?ということを聞かれる可能性があるので、そのことまで考えて回答を考えておきましょう。つまり、公務員の業務で生かす余地がない強みや長所を答えると、後の質問に答えられなくなってしまうのです。

あなたの弱みに関してはその先の質問はあまり考えづらいものの(全くないとは言えないが)、あなたの強みは何ですか?というt質問では民間企業でも、公務員試験でもその後の質問がありえますから、公務員試験でも就活でも長所やあなたの強みの考え方、答え方の例としては、会社での業務で、公務員としての業務で生かす余地がある、生かす場面があるものを選んでいきましょう。

公務員試験の面接ではあなたの強みや長所の質問はどちらかはされる可能性が十分ありますが、どちらの聞かれ方をしても良いように、そして、その後の追加質問に答えられるように、事前に面接対策をしていってください。公務員試験も就活も長所や短所、あなたの強みやあなたの弱みという質問は恐らく定番でしょうから。

学校事務になるには?倍率が高い場合は難易度も難しいと言え、受からない可能性も上がる

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


学校事務の職員採用試験の難易度ってどうなのでしょうか?市役所職員などの地方公務員などと比べると難易度はどうなのでしょうか?学校事務も都道府県や市町村に採用されるので、比較対象は地方公務員の市役所の職員などになると思います。採用試験の内容を考えると難易度の比較が出来るかもしれません。学校事務の採用試験の内容は行政職の公務員試験に似ています。

学校事務の一次試験は筆記試験である場合が多く、教養試験と作文か論文の試験になります。教養試験は公務員試験の行政職と同じような感じになると思いますが、難易度はやや下がる可能性もあります。専門試験の勉強をしなくても良いというのが1つ大きいでしょうか?作文か?論文になるか?は分かりませんが、こちらもある程度テーマの出題予想がしやすいものになっていると思います。

学校事務の難易度を語るうえで比較対象として市役所試験などを例にすると、教養試験や論文、作文試験の難易度はそこまで変わらないかもしれません。むしろ、学校事務の方がやや易しいという状況もあるでしょうか?ただ、問題は倍率で学校事務の倍率はどこを受けるか?によっても区々です。これは市役所職員のケースでも同様ですが。

そのため、学校事務に受かるには?そのための難易度といっても、結構違いがあるはずです。受かりやすいところとそうじゃないところに分かれており、受かりやすいところは倍率も低いでしょうし、受かりづらいところは倍率がかなり高い可能性もあります。それは市役所試験などの行政職の公務員試験も同様です。

行政職の公務員で言えば、1番上が国家総合職、次が国家一般職、裁判所職員、国家専門職、地方上級、国立大学法人、次が特別区、東京都庁になるでしょうか。市役所試験はこの3つの順位のうちに、どこに入るか?っていうのが問題で、倍率が区々なので、はっきり言って、難易度でいえば、3つのうちのどこにも入る可能性があります。

そう考えると、学校事務も試験内容は単純ですが、倍率が物凄い高いところは国家総合職の受かる難易度になる可能性もあるかもしれませんし、倍率が低ければ、特別区や東京都庁並みか、それ以下の難易度である可能性もあります。学校事務は倍率が何とも言えないくらいに変わりやすいので、それによって学校事務の難易度も大幅に変化します。学校事務に受かるには、学校事務になるには、そういう倍率が高いところを避けた方が良いかもしれないです。