_ 2016年04月 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

東京都庁の面接が和やかか?厳しい圧迫面接か?は落ちる、受かるに関係ない?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


東京都庁の面接は従来の2回から1回に変更になりましたが、なかなか難しいと思いますよ。都庁の面接の倍率自体はそこまでではないものの、簡単に受かるわけではないですし、結局特別区との差別化や志望動機などを詳しく聞かれていくので、みんな悩みぬいて面接対策をして、本番に挑むと思います。都庁の面接はかなり多くの人数が受けるため、対応する面接官の数も多いでしょう。

すると、いろいろな面接官が出てくるわけですから、それぞれの性格などが色濃く反映されると思います。すると、都庁の面接の中には圧迫面接と思われるものが出てくる可能性もあります。いわゆる厳しい感じの面接ですね。これは都庁以外でも遭遇する可能性は十分ありますけど、面接官が圧迫面接を意図しているのか?はそもそも分かりません。

都庁の面接官の中には厳しい雰囲気の面接をする人もいるし、和やかな感じの面接をする人もいるはずです。だから、それは圧迫面接か?どうかということも含めて、確率や運の問題であって、都庁の面接が厳しい圧迫面接になるか?和やかな面接になるか?というのは、受験生次第というよりは面接官次第の問題が大きいと思います。そうであれば、都庁の面接が和やかか?厳しい感じか?というのはあまり関係ないと思います。

恐らく両方の報告があると思うんですよね。東京都Ⅰ類Bの採用試験は多くの受験生が面接を受けるので、面接の再現もかなりデータがあるはずで、それらを見ると和やかの方が多いとは思いますけど、厳しい感じの面接を受けたという人もいるはずです。だから、本番がどっちになるか?は分かりませんが、自分の面接が和やかでも、厳しいとしても、それは合否にはあまり関係ないと思いますから、気にしない方が良いです。

むしろ、和やかよりは圧迫気味の方が良いかもしれないのです。それは和やかな面接にないある重要な要素があるからです。つまり、圧迫面接のような厳しい面接をして、受験生を不快にして、しかも落とすというのは、はっきり言って恨まれる可能性もある。恨まれるまでいかなくても都庁に対して悪いイメージを与えますから、結果的に落ちることはあっても、落とす目的でそういう面接はやらないでしょう。

圧迫面接で受験生を不快にしておいて落とすというのは、それがいろいろなところで口コミや評判として出回って、都庁のイメージダウンにつながりますから。だから、和やかだけど落とす目的っていうのは、まだ可能性としてはあります。初めから採用する気ないとか、落とすつもりとか、そういうのはまずありえないと思いますが、都庁Ⅰ類Bの面接で和やかか?厳しい圧迫面接か?どちらが来ても、冷静に対策した通りに対応すれば良いでしょう。東京都庁の面接で和やか、厳しい圧迫面接と思われるもの、どちらが来ても合否には直接は関係はしないと、私は考えます。

公務員試験の憲法に使う勉強時間を経済学に回すと点数が伸びる人も多い?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の憲法という科目はある意味勉強するのが難しい科目だと思います。それは単純に覚えていくだけで、そこまで覚えづらさもないと思いますし、勉強しやすい科目だと思います。しかし、だからといって、時間をかけていけば点数がどんどん伸びていくという科目とも言い難いのです。科目の性質上、本番の試験で、未知の選択肢、問題が出やすいのです。

そのため、憲法はどれだけ勉強を続けても本番で満点をとるのが難しいと言われています。でも、憲法って公務員試験の中心となる科目ですし、どうしても気合を入れて、時間をかけてやりがちな科目かもしれません。でも、ある程度のところまでいったら、それ以降は時間をかけても点数にはあまり反映されづらいのです。

そうなると、忘れない程度には再確認をしてもらいたいですが、それ以上の勉強は必要ない。むしろ、まだまだ勉強が足りない科目に時間を使った方が得策とも言えます。だから、模試などを受けて、過去問を解いていて、だいたい自分でも分かると思います。これ以上やっても無理かな?と。特に使っている過去問、スー過去でも、クイマスでも、それ以外でも、1冊が8割がた完璧になったら、それ以降の勉強はそこまで点数に反映されない可能性があります。

憲法は出題数も普通くらいですね。4問か?5問くらいでしょうか?社会科学でも憲法の知識は使いますが、憲法は苦手という人がほとんどいないと思います。そして、割と覚えやすいです。そうなると時間をかけてやりがちなのですが、実はその時間を別の科目に使った方がトータルでの点数が上がる可能性があるというのは覚えておきましょう。

勉強次第で伸びる科目があるはずです。特に経済学です。数的処理も憲法と同様に時間をかけても伸びづらい科目ですけど、経済学は時間をかければ伸びる余地が大きいです。経済学は苦手という方も多いと思うので、ある程度の勉強を憲法でしたら、それ以降は経済学など、苦手な科目に時間を使うと筆記試験で受かる可能性が上がるのではないでしょうか?

熊本県で震度7の地震が発生し、公務員試験の論文で震災関連の出題がある?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


熊本県で大規模な地震がありました。震度は7を記録した地域もあり、九州全体にかなり影響があるものと思われます。東日本大震災を経験された方、それ以外の大きな震災を経験された方もいると思いますが、やはり前回の東日本大震災の記憶がまだ新しいというところが、被害がそれほど大きく出なかったところも関係しているような気がします。死者数、負傷者数は現在のところ、震度7を記録した震災では少なく感じます。

少ないから良いというわけではないものの、前回の大震災により対策を立てられたり、心の準備ができていたりするケースが増えていたと思うのです。それにより、結果被害の数それほどではなかったではないか?と思います。被害を完全に食い止めるノア不可能でしょうけど、やっぱりできるだけ抑えることはできるはずで、それは1人1人の意識の問題でしょう。

震災は明日来るかもかもしれない。そういった心構えができている人は、こういった事態への備えができ、生き延びられる可能性が高まると思います。そして、実際に震災が起きたときにはどう行動すべきか?あらかじめインプットしておきましょう。専門家の意見によると、大きな地震が起きたときには、机の下に隠れるのではなく、まず玄関のドアを開けて、靴を履くことが大切なんだそうです。

つまり、地震が収まれば良いですけど、そうもいかない場合にいつでも逃げられる準備をしておくということ。特にドアを開けないと建物が変形して、ドアが開かなくなり、逃げようにも逃げられなくなる可能性がありますから。これが現在のところ、地震が起きたときの最善の策だそうです。この熊本県での地震発生を受けて、今年の公務員試験でも震災関連の出題が増える可能性もあります。

特に論文試験においては、どこかの自治体で震災関連のテーマが出てもおかしくない。狙われる可能性があるので、より注意深く勉強していくと良いと思います。震災は誰にとっても関係のある出来事ですから、常日頃から意識をそういったところに向けておき、いつでも対処できるように自分自身を訓練しておくことが大切だと思います。

企業に義務付けられた障害者雇用制度の法定雇用率などの数字は最新のものをチェック!

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


障害者雇用に関しての法律は以前から存在していましたが、たまに内容が変わるので、最新の数字をチェックしておいてほしいのです。チェックしたものが最新のものでないということになれば、それをいくら覚えてもしょうがないのですから。障がい者の法定雇用率は5年ごとに変わるらしく、2013年が1番最新の法定雇用率になるようです。

ということは、2018年ごろにはまたこと法定雇用率は変わるということなので、チェックしておいてください一応、2013年以降の障害者雇用に関する法定雇用率は民間企業が2.0%、(前回は1.8%)、国や地方公共団体は2.3%(前回は2.1%)、都道府県の教育委員会は2.2%(前回は2.0%)となっています。一応、これが最新の数字ですが、2018年くらいにはまた変わると思うので注意してください。

ちなみに法定雇用率を守らないといけない、企業の基準というのは、以前は従業員が56人以上でしたが、今は50人以上の企業に限られることになりました。この辺もかなり細かい数字なので間違えないようにしましょう。こういった障害者雇用に関する法律の問題は法律の内容や実際にこの義務を守っている企業の割合などで問題として出やすいと思います。

それらの数字は時間が経つと本当に変わるので、最新のものを本当にチェックしていきましょう。時事問題や社会政策とかの科目で出題される可能性がありますから、ちゃんと勉強していきましょう。時事対策本とかを買えば、それに載っている可能性もあると思いますし、社会政策とかの参考書とかにも、最新のものを買えば記載されていると思います。

もしかしたら論文とかでも出るかもしれないので、こういった情報については細かい数字を知識としてちゃんと頭に入れておいた方が良いと思います。あとは法律や制度自体の細かい内容、数字以外の部分についてもちゃんと調べておくと良いと思います。公務員試験を受ける方にとっては必須の事項なので、忘れないで勉強しておきましょう。

公務員試験の第1志望が決まらない方へ、決め方、選び方の基準の例

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験において、第1志望の試験種って、どうやって決めていますか?無理に決めないといけないものではないのですが、第1志望の試験種があるならば、そこに照準を絞っていくことになります。公務員試験の第1志望の決め方、選び方の基準が確立されていれば楽ですが、そんなものはないですから。すでに決まっている人はそこに向かって、特に時間をかけて勉強していきましょう。決まっていない方は決めないといけないわけではないけど、複数受かった場合にはそこから選ばないといけません。

いくつか受けて、実際に複数受かってからどこに行くか?決めても良いんですけど、第1志望の試験種が決まっていると、それがモチベーションにもなると思うので、勉強が捗るというのはあるかもしれません。私はどうやって決めたか?というと、私は別に地元を第1志望にしたわけではありません。地元も受けたわけですが、そこは第二志望ですかね。

第1志望は、受かりやすさというか、自分が1番全力を出したとき、合格可能性が1番高そうなところはどこか?考え、そこを第1志望にして、そこに照準を合わせて勉強をしていきました。公務員試験も、民間企業も、行きたいところがあったとして、そこに受かる可能性は高くはないでしょう。というか、行きたい気持ちが高い、低いにかかわらず、1つ内定を取るだけでも大変で、1つ内定が出れば、それだけでも御の字という感じはします。

したがって、どこで働きたいか?という気持ちは私はそこまで差がなかったので、どこで働くことになろうとそこで頑張るという気持ちでいましたから、1つでも良いから内定を取るために、自分のタイプからいって、筆記試験と面接試験のシステムとか、倍率とかを考慮して1番受かる確率が高そうだと思った試験種を第1志望にしたのです。働きたいところがあっても、そこで働ける確率は高くないので、内定を1つでも取るのが難しいことを考えたら、受かる確率が高いところに1番時間や手間をかけるというやり方も1つありではないか?と思います。これが公務員試験の第1志望の試験種の決め方や選び方の規準の1つになります。

第1志望は別に決めないといけないわけではないので、決めないで勉強をしていっても構わないでしょう。受けたいところが複数あって、それらを併願していって、その中で順位付けができないならば、無理にやらなくても良いと思います。逆に第1志望しか受けないという人もいますから、それはどうやって決めたか?は分かりませんが、そこに全ての時間と手間を注ぐつもりの人がとっている作戦なので、そういう受け方もあるということです。

面接が苦手な人は公務員試験の採用漏れのリスクが高くなる?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


採用漏れというのは、非常に問題ですよね。どの受験生にとっても採用漏れは心に響きます。せっかく最終合格をしたのに、採用してもらえないというのはショックが大きいでしょう。しかし、こういった採用漏れはどの自治体にもありえますし、国家公務委員の採用試験ではさらに割合も大きくなります。地方公務員の場合には自治体によって結構違いがあります。

採用漏れが事実上ほとんどないような自治体もありますし、採用漏れの割合がとても高い自治体もあります。高いところは2,3割くらいが採用漏れというケースもありえるかもしれません。採用漏れを避けるには、最終合格の順位を上げるしかありません。それしか確実に回避する方法はありませんが、順位を上げるのも大変です。

筆記試験はともかく、面接試験は面接官の点数で決まるので、こちらの努力が必ずしもそれに反映されるとは限りません。だから、面接試験は点数の予想ができません。そして、面接の場合には配点がとても大きいので、これが最終合格の順位に影響します。そうなると、面接が得意な人は最終合格しやすいということも言えますが、最終合格したときの順位も高くなりやすいのです。

したがって、当然面接が苦手な人は最終合格する確率も下がりますし、最終合格しても、面接の点数が低ければ、採用漏れのリスクが高くなるということになります。面接が苦手だから、必ず面接の点数が低くなるとは言えませんが、その傾向にはあると思います。最終合格しても安心できないのが公務員試験ですから、やっぱり面接が苦手な人は就職試験厳しいですね。

面接って練習すれば上達することはすると思いますが、自分が上手くなったと思っても、面接官がどう思っているか?は分からないという意味でも難しいのです。そして、元々苦手意識があって、かつ本番までにそれを払拭できていないと、余計に面接に対する不安から上手く喋れなかったりする可能性もありますから、最終合格するためだけではなく、採用漏れを避けるためにも、面接の練習を、対策をして、少しでも自信をつけて臨むことが、採用漏れのリスクも下げることになると思います。

就活のインターンシップに参加する時期はいつから大学何年生から?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


就職活動におけるインターンシップは大学何年生から始めれば良いのでしょうか?いつから始めるべきか?については早ければ良いとは微妙に言い難い部分もありますが、暇な時間があるならば、1年生や2年生から参加しても損をすることはないと思います。その時期に仮に参加できて、したとしても、実際に就職活動をするころには企業の感じがやや変わっている可能性もありますから、早く始めるのが一概に良いとは言えないでしょう。

それに1年生や2年生のときに参加するものは採用にほぼ関係ないでしょうから、3年生になってから参加するものと比べると、メリットは落ちます。特定の企業における仕事を疑似体験できる機会という意味では貴重ですけど、そういうのを体験していないと不利になるわけではないと思いますから。すでに志望企業が決まっている場合には、そこがインターンシップをやっていれば、早い段階から参加してもいいとは思います。

1年生や2年生から参加して、3年生、4年生になったときに目熱やエントリーシートで、そういう早い時期からインターンシップに参加していたという事実を述べれば、それだけ志望同度合いの高さのアピールにもなります。そのために参加するだけならば、意味合いはちょっと薄いかもしれませんけど、すでに入りたい企業が決まっているならば、そこを見学してみて、実際に様子を知る意味はあるのではないでしょうか?

したがって、インターンシップに関しては大学何年生から、いつから参加すべきか?に関しては志望企業が決まっているのであれば、いつ参加しても構わない、大学1年生から、または2年生から参加しても構わないでしょう。志望企業がインターンシップをやっていれば、早いうちから、周りが就職活動をやっていないうちから検索して参加しても良いでしょう。

しかし、インターンシップに参加する意味は内定の確率を上げる意味でもあるので、そういうインターンシップは3年生からになると思いますから、採用確率を上げたい、内定をもらえる確率を上げたい、少しでも就活において有利になりたいという方は3年生になってからいくつかのインターンシップに参加していくと、選考において有利に扱ってくれる可能性があります。インターンシップに参加する時期はいつからが良いのか?大学何年生からが良いのか?というときには、こういったポイントを考慮していきましょう。