_ 2016年02月 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

会社説明会や面接の遅刻ではお詫び、謝罪ののメールや電話をしないと落ちる?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


就職活動をしていると、どうしても1日の間に複数の会社に行かないといけないことがあります。会社説明会、面接などの選考を1日の間に複数こなすことも稀ではありません。さらに大学での授業も重なると、本当に大変だと思います。したがって、日程と時間帯を考慮して、なんとかいけると思えば、1日に複数の予定を入れることもありますが、電車の乗り降りとか、前の説明会や専攻が長引いてしまうとか、いろいろな事情があると思います。

その結果、次に予定している会社に遅刻してしまう可能性もありますが、その辺は会社としてはどう見ているのでしょうか?少なくとも会社説明会であれば、遅刻をしてもそんなに問題にはならないと思います。会社説明会はよほど遅刻しない限りは、数分とか、10分程度くらいならば中に入れてくれるでしょう。そして、問題なく聞けると思います。

もしかしたら遅刻した部分が記録されているかもしれませんが、でもしょうがないですよね。1日に複数の予定を入れないといけないことは、ある程度企業側も認識しているでしょうから。だから、何かが狂って、遅れてしまうことはありますから、少しは考慮してくれると思います。だから、別に会社説明会に少し遅刻したくらいならば、そんなに問題発生しないでしょう。

じゃあ面接やグループディスカッションなどはどうか?というと、こちらに関しては個人面接であれば、多分待ってくれます。待ってくれるにも限度はありますけど。少しの遅れなら待ってくれるでしょう。ただ、評価はその分下がる可能性大です。でも、事前に遅れそうだときちんと連絡をしておくと、ちゃんと社会人としての対応ができているということで、評価が変わらない可能性もあるので、少しの遅れならば面接が始まる前に連絡をしておくと良いと思います。

面接の少々の遅刻は良いですが、グループディスカッションや集団面接の場合には、遅刻は他の人の問題もあるので、待たずに始められている可能性も高く、遅刻をすると受けられないことも承知しておきましょう。そして、SPIなどの筆記試験に遅刻をすると、こちらは時間厳守なので、制限時間が少なくて良いならば受けられる可能性もありますが、無理と言われることもあるので注意です。

会社説明会の遅刻は電話やメールでの謝罪などの連絡はしないで向かって構わないと思います。しかし、会社説明会に遅刻したら会場でお詫びを直接社員に言うと良いでしょう。グループディスカッション(集団討論)や面接などの遅刻は、電話で謝罪と遅れるという連絡をしておくと良いです。評価を下げられずに済む可能性がありますから。ただ、その場合でも限度があるので、長時間の遅刻だとさすがに評価は下がるでしょう。それでも面接の遅刻でお詫びの電話をしておくのとしていないのでは大分印象が変わります。

会社説明会や面接は遅刻すると落ちる、不採用というわけではないものの、やはり遅刻はできるだけしないようにしてください。でも、少しの遅刻ならば、就活生も忙しいの分かっていますから、それほど不利にならずに選考を受けていけるかもしれません。説明会は到着した後で、面接は向かっている途中でお詫びや謝罪をしておくと良いでしょう。

就活や公務員試験の自己PRで人間関係、協調性は評価高い?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験や就職活動の自己PRで協調性や人間関係を題材にするのは結構良いんじゃないか?と思います。もちろん、それをアピールするためのエピソードがないといけませんが、それがあるならばこういったアピールポイントは非常に有効だと考えます。それは働くうえで絶対に書かせないものだからです。人間関係で躓く人は意外と多いです。

そして、それが原因で民間企業でも、公務員でも辞めてしまう、退職してしまう人は多くいます。民間企業でも公務員でも離職率はある程度懸念していますし、採用する際にもすぐに辞めないか?という部分は間違いなくチェックしていると思うのです。そうであれば、すぐに辞めないと思わせられる自己PRとして人間関係が上手い、協調性があるとか、そういった点は良い方向性なのではないか?と思います。

しかし、問題としては、それをどうやってアピールするか?です。これは本当に話す内容次第で評価ががらりと変わる可能性があります。だから、いかに自分が人間関係を構築するのが上手いか?それに長けているか?他人と協調性を持って接することができるか?それを端的に、明確に表すことができるエピソードを用意しないといけないのです。これって、明確に認識できるものじゃないですから、難しいのです。

TOEICで〇〇〇点とりました!とか、そういう系の自己PRは基準が分かりやすいですが、人間関係が上手く構築できているか?とか、協調性を図るのが上手いか?とか、いうのは基準がはっきりしない分、聞いた人の感性で評価が全然変わる可能性がありますから、エピソードの選び方には本当に慎重になった方が良いです。人間関係や協調性を伝えられる自己PRの題材が全てです。

だから、ちゃんと面接官とかに自分の協調性の上手さが伝わらないと思ったら、別の方向性で自己PRを考えるのも良いかもしれません。上手くはまれば評価してもらえるかもしれませんけど、この程度で人間関係の構築が上手いと言えるのかね?みたいに思われるリスクもありますから。自信のある人だけが民間企業の就活や公務員試験の自己PRで人間関係や協調性をアピールしていきましょう。エントリーシートや面接での自己PRで人間関係や協調性は割と使える題材だと思うものの、アピールの仕方がまた難しいのです。

面接カード、エントリーシートは「ですます、「だである」どっちが良いのか?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の面接カードや就活のエントリーシートでは「ですます」、「だ、である」はどちらが良いのでしょうか?これに悩んでいるという方もいるかもしれません。どっちが良いとかはないと思いますから、好きなほうで良いと思うんですよね。私なんかはブログ書くときには意図的に、両方混ぜています。どっちかに統一しないといけないみたいな風潮はありますけど、私はそうは思わないのです。

両方を適度に混ぜるというか、その場その場で語尾を変えた方が、文章を読んでいてすっきりしながら読めるので、私はあえて両方混ぜているときがあるのです。ただ、公務員試験の面接カードや民間企業のエントリーシートでは、それはやらない方が良いでしょう。別に混ぜちゃいけない理由はないけど、ルールとして、常識としてそういう決まりみたいなのがあるので、それにこだわる人も多いと思いますから。

だから、面接カードやエントリーシートでは、どちらかに寄せたほうがリスクは少ないと思います。しかし、選ぶ基準としては文字数というのがあります。「ですます」と「だ、である」では、後者の方が文字数が少なくなります。だから、書きたいことがたくさんあるようなときには、面接カードやエントリーシートで「だ、である」で、スペースを埋めるのが大変だなと思ったときには「です、ます」を使うと良いかもしれません。

しかし、1つの面接カード、エントリーシートで両方を使い分けえるのは、これまた印象的によくない可能性があるので、結局は1枚の面接カードやエントリーシートではどちらかに統一した方が良いのでしょう。選ぶ基準は結局は、全体の項目を見渡して、字数を埋めるのに苦労しそうか?むしろ、書きたいことを多すぎて絞るのが大変か?どちらの項目が多そうか?で決めると良いと思います。

別にどっちを使っても合否にはほとんど関係ない部分ですから、本当は悩む必要もないと思うんですけど、私なら面接カードやエントリーシートでは、「ですます」の方を使いますかね。これは好みなので、別に理由はないです。どっちでも良いと思うので、好きなほうを選んでみてください。公務員試験の面接カードや就活のエントリーシートでは「ですます」、「だである」よりも、結局は内容の方が大切ですから。

保育士の給料はなぜ安いのか?上がるのか?改善策はあるのか?

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


保育士の給料は結構安いと言われています。ある保育士自らの給料事情をTwitterでつぶやいたところ、給料が安いというのが最近の保育士の評判みたいになってしまっていますが、平均年収は約300万円で、極端に低いわけではないけど、世の中の平均よりは低いです。保育士の仕事内容はそれなりにきついでしょうし、大変だと思います。しかし保育士の年収は300万円です。手取りにすると、ボーナス抜きで20万強くらいみたいです。仕事内容のきつい部分と年収300万円が釣り合っているのか?というと、それは判断は難しいです。私は保育士ではないですから。

保育士の年収が300万円というのは、言うほど低いのかな?というのが率直な感想です。少なくとも生活に困るレベルではないです。上を見たらキリがありませんが、下を見てもキリがないと思います。つまり、平均よりは低いとしても、ワーキングプアのレベルではないのですから、世の中には年収300万円と同様の収入の仕事やそれ以下の仕事は山ほどあります。そう考えると、不満はあるかもしれないが、そういう仕事があること自体はちょっとしょうがない面もあるような気がします。

でも、なぜ保育士の給料は安いのか?上がらない理由は何なのか?というと、非常に大きいのは、サービスの受け手がお金をそこまで払えないから。というのは大きい気がします。それはどういうことか?というと、保育士の給料は保育園などを利用している人たちからの料金と公的な補助金で払われているのですが、当然補助金は「補助」の役割しか果たさないので、金額としては多くはないでしょう。

すると、メインの収入は利用者からの料金に依存することになりますが、保育園の利用者はどうしても収入面では恵まれていない人が多いのです。近年、保育園を利用する人たちで多いのは共働き、片親世帯の人たちです。彼らは普段働いているので、子供を預かってほしいのだが、なぜ働いているか?というと、そうしないと家計を維持できないからです。共働きにしろ、シングルマザーなどの片親世帯にしろ、収入に余裕があるという家はほとんどないと思います。

そうなれば、そういう収入の少ない人たちからは多くを徴収できません。そもそも払えないわけですから。だから、利用料の値上げに踏み切ると、そもそもそその金額を払えないから、利用自体をやめてしまい、益々収入源が減り、保育士の給料が上がらない。上がらないどころか下がる理由になってしまうので、利用料金は変えられないのです。つまり、現状としては保育士の給料が上がらない理由はこういった部分で説明ができ、かつ保育士の給料を上げる改善策、解決策は難しいと思われます。

料金を上げたら客離れが起きるのは、保育士に限った話ではなく、いろいろな業界でいろいろな会社が抱えている問題だと思います。補助金を増やしてもらうというのが、保育士の給料を上げるための1番の方法になるかもしれません。保育士の給料は上がるのか?という点については非常に難しいとは思いますが、補助金でなんとか改善を図るしか現状はないと思われます。

警察官になるには?受かるために必要な勉強期間と勉強時間

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


警察官になるにはいつから勉強をすれば良いのでしょうか?警察官の試験の準備といえば、多くは教養試験のための勉強期間になります。面接対策とかも一緒にやっておいた方が良いというのはありますが、筆記試験の勉強がメインになるでしょう。そこで筆記試験、これは教養試験と小論文試験などを含みますが、これらはどれくらいの期間勉強したら良いのでしょうか?そして、警察官の筆記試験に必要な1日の勉強時間はどれくらいでしょうか?

警察官の場合には筆記の難易度は高くないですから、勉強期間もそれほど多くはいりませんが、余裕を持ちながら6ヶ月くらいは用意しておくと確実です。警察官の勉強期間の平均は多分これくらいだと思うのですが、長い人は1年くらいやっている人もいるかもしれませんが、短い人は3ヶ月とかでしょうか?でも、警察官の採用試験の勉強期間は平均半年くらいだと思うのです。

そうなると、警察官の筆記試験の勉強はいつからやれば良いのか?というと、最低半年くらいはやるべきとなれば、筆記試験の当日から逆算して、6ヶ月前までには勉強を始めましょうということになります。予備校に通うのであれば、余裕を持っておいた方が良いので、さらに早くから通い始めた方が良いかもしれません。予備校での授業を聞いても、結局自分で復習をしないといけないので、予備校で授業を聞く数時間分が1日のうちかかりますから、それを考慮すると、独学の人よりも理解は進んでも、時間がかかる場合があるからです。

警察官になるには、どちらかというと面接の方が厳しいですし、こちらの方が重要なので、筆記試験はそれほど対策のための期間をとらなくても大丈夫な場合もありますけど、中にはやっぱり特定の科目が苦手だったりするので、警察官の筆記試験の勉強期間はとりあえず6ヶ月、半年は考えておくべきでしょう。ちなみに警察官になるための1日あたりの勉強時間はというと、こちらはできる範囲で良いと思いますよ。少なすぎなければ良いのではないでしょうか?1日数時間程度ずつやれば、間に合うと思います。

警察官の採用試験では、まず一次試験で教養試験と小論文などの試験が行われることが多いので、そのために適切な勉強をしていきましょう。警察官の問題は難しくはないですが、勉強時間や勉強期間はしっかりととっていかないと、油断すると受からないですから。本番は面接なので、そこになんとか立つためには、まずは筆記試験を通過していきましょう。

クールビズOKでも、公務員試験の面接にスーツの上着は持って行った方が良いかも?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の面接試験は、たいてい6月かた7月くらいに開催されるので、どうしても暑い時期にやらないといけない。筆記試験が5月とかにあるから、どうしてもその時期になってしまうのだろうが、これは採用試験側の都合というものもあるかもしれません。しかし、受験生からしたら、この時期に面接をやるのは非常に厳しいと言えるでしょう。それは暑いからです!

しかし、暑いのはだいたい外だけで、面接をやる会場や建物の中はクーラーで冷えていることが多いです。つまり、面接中や面接の前の控え室などはある程度快適に過ごせるはずなのです。しかし、電車の中でクーラー効きすぎじゃない?とか、寒くない?と思うことがたまにあるという人もいるのではないでしょうか?クーラーをある温度に設定しても、それが全員にとって快適に感じる温度にはなりえないのです。

だから、電車の中のクーラーとかは寒すぎ!と感じる人が出てきてしまいます。私はゲームセンターの中のクーラーが特に寒いと感じますね。それと同様のことが、面接の試験会場でもありえます。人によってはちょうどいいが、別のひとからしたらクーラーが効きすぎじゃない?とか、寒すぎる・・・という感覚になる人もいるかもしれないのです。

だいたい夏の面接試験はクールビズでも良いというケースが多いですが、家からスーツの上着を脱いで行くのではなく、そういった事態に備えて、上着は一応持って行く。着なくても良いですから、持って行くということもした方が良い場合もあります。我慢できるならいいんですけど、冷えやすい人というのもいると思いますから、当日の会場のクーラーの効き具合というのも分かりませんし。

そうなると、公務員試験の面接の当日に会場にスーツのジャケットを絶対に持って行かないといけないわけではないですが、持って行ったほうがもしものとき安心です。普段からクーラーに弱いとか、効き過ぎとか、寒すぎると感じるケースが多いような人は、特にそういう必要性があるかもしれないので、覚えておくと良いと思います。公務員試験の面接のときにはスーツの上着は一応持って行くとより良いかもしれないということです。

公務員試験の面接カードや履歴書の職歴欄の書き方の注意

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の面接カードや履歴書を書かないといけない機会があると思いますが、そのときには職歴を書く欄があります。その職歴は、アルバイトが可の場合もあれば、アルバイトを書いてはいけない場合、「アルバイトは除く」と書いてある場合もあります。多くは新卒の大学生が受けにくるので、アルバイト以外には職歴がない場合も多いでしょう。

そういったときには職歴はどうやって書けば良いのでしょうか?アルバイトに関して、特に記述がない場合には、アルバイトを書いても構わないということになるでしょう。その場合には、バイト歴を書けば良いということになりますが、特別区とかは、面接カードに職歴欄があると思いますけど、確か「アルバイトは除く」と書かれていたと思います。

今もそうなっているとは言えませんが、可能性はあるので知っておきましょう。この場合には何を書けば良いのか?新卒の大学生やフリーターをしている方は、アルバイトしか経験がないと思うので、そうなると職歴は何もかけません。でも、しょうがないです。その場合の書き方の問題です。書くことがなにもない場合には空欄が良いのか?「特になし」と書くのか?

これはどちらが良いのでしょうか?「ない場合は空欄で」みたいなことが書いてあれば空欄で構わないでしょう。ただ、そういったことが書いていない場合でも、職歴に関しては空欄でも構わないと思いますけどね。特になしと書くのも、空欄も何が違うか?って言ったら、何も違わないわけです。得られる情報として一緒なので、空欄にしていればバイト歴しかない(正社員歴はない)という解釈になりますから、何の問題もないはずです。

かといって、「特になし」と書いても問題はないとは思います。そんな部分で合否に影響するとはあまり思えないのです。書き方に正解はあまりないと思うのです。結局、それを見た人がどう感じるか?の問題なので。書くスペースがまっさらで線とかもひかれていないような場合ならば、空欄よりは「特になし」の方が何か良いかもしれません。線がひかれている(職歴の欄はそのケースも多い)場合には、特に書かなくても良いかもしれません。印象は人によって違うので、何とも言えませんけど、どちらを選んでもあまり変わらないとは思いますけどね。

集団討論や集団面接で他の人が話しているときにうなずく必要性はある?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験もそうですが、就職活動でも頻繁に行われる集団面接や集団討論において、よくうなずいたほうが良いと言われることもありますが、うざずいた方が本当に良いんですかね?うなずく必要性とうのは、議論においては本来はないとは思いますが、話している本人からすれば周りがうなずいてくれると、何か安心感みたいなものがあるのではないでしょうか?

ちゃんと話を聞いてくれているという感覚があると思うのです。心うちではどう思っているか?は知りませんが、見た目だけでもうなずく素振りを見せてくれると、各自が意見を言いやすくなる、話しやすくなるというのもあるかもしれません。つまり、結局は集団討論においてはグループとしての結束力もあるわけですから、協調性を保つためには、頷いてあげることも結構重要になってくるかもしれません。

一方、集団面接についていうと、頷く必要性は大分減ってしまいます。グループディスカッションの場合には、話す相手が安心して喋ることができるという意味合いが大きいものの、グループ面接の場合は、うなずく必要性はほぼないですよね。それはグループディスカッションは円卓を囲んでやるので、みんなの顔が見られますが、グループ面接はだいたい横に並んでやるので、自分以外の他人の顔が見えません。

そうなると、他人がうなずいてくれているとか、関係有りませんね。むしろ、面接官のほうをずっと見ていることが多いのでうなずいてほしいとしたら面接官でしょう。一応、集団面接においても、ちゃんと他人の話を聞いていますよアピールを面接官にするという意味ならば、全く無意味ではないかもしれませんが、面接官が仮に1人の場合には、基本的に話している人だけを見ているでしょうから、他の人がうなずく素振りを見せても、目に入ってこないので、評価対象にあまりならないかもしれません。

実際、民間企業の就活や公務員試験でグループディスカッションでも、グループ面接でも、うなずいている学生の方が評価されるのか?は分かりません。私の考えでは、集団討論の場合には頷いたほうが討論自体の円滑さを考えるならば、良いだろうと、必要性は大きいと思いますが、集団面接の場合には、必ずしもうなずく必要性は高くないような気がしてきますが、正解は分からないので、各自で判断するしかありません。話している人の方を向くくらいはした方が良いかもしれませんが、うなずく必要まで、そんな演技をする必要まで本当にあるか?どうかというと、あまりうなずけないのです。

救急車の出動を有料化することの是非は?メリットとデメリットは何がある?

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


救急車を有料化すべきか?無料のままにすべきか?という議論がありますが、どちらが望ましいのでしょうか?論文や集団討論のテーマになる可能性もあるかもしれませんので、考えておきましょう。そもそも、何故救急車を有料化すべきという声が挙がるようにあったのか?というと、単純な理由は、救急隊員の人数が足りないため、1件あたりの到着時間が遅れてしまう傾向にあるからです。

つまり、出動しないといけない件数を減らすことが目的であり、かつ有料化によって本来救急車を呼ぶ必要の無い軽傷の人による出動要請を減らすためということもあるようです。救急車の有料化のメリットは今いったものが挙げられます。出動件数が減るので、1件あたりの到着時間が早くなり、救える命が増えるということもあるでしょう。では、救急車の有料化のデメリットはなんでしょうか?

そりゃ有料化されるので、お金がない人は救急車を呼べませんから、結果救えたはずの命も救えなくなります。より多くの命を救うために有料化したのに、結果救えない命が出てくるとなれば、本末転倒な気もしてきます。そして、救急車を呼ぶのは本人ではなく周りの人間である可能性もありますが、周りが勝手に重症ではない、重篤ではないと判断し、実は救急車を呼ぶべきだったのに、呼べずに助からない可能性もあります。

以上が救急車を有料化することのメリット、デメリットになるでしょうか。個人的に意見を述べさせてもらうと、そもそも救急車を呼ぶべきか?呼ぶべきじゃないか?という判断が誰にとってもできるわけじゃないので、どっちか分からない場合にとりあえず呼んでおけという判断はあながち間違いとは思いませんけどね。重症じゃなければ、重篤じゃなければ呼んではいけないという社会の圧力ができると、結果呼ぶべきケースで呼ばないケースが増えるだけな気がします。

呼ぶべき、呼ぶべきじゃないの判断の問題がまずありますが、救急車を実際に有料化して、呼ぶ必要がないケースが減るのと呼ぶ必要なのに呼べないケースが増えるのではどちらが多いか?これを考えるのが大切ですが、実際、呼ぶ必要がないケースが減って、それによって1件あたりどれくらいの時間が短縮されるのか?それによって何人分の命が助かるのか?そういった予測も必要になるでしょう。

公務員試験の問題はなぜ自治体で自ら作成しないのか?という問題

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の入試問題は、一部については別の団体が作っています。当然お金もかかっているでしょうね。自治体で作成すれば、それだけ余計にお金がかかるというのもありますが、お金はかけても良いと思うんですよ。そして、さらに作り方の問題で、専用の部署を作って、そこで問題作成をやらせるようなことをすると、別途お金はかなりかかりそうですが、職員全員に1問ずつとか、科目などを分けて作らせれば負担は少ないです。

実際、公務員試験の筆記試験って1年に1回しかやらわけですよ。教養試験、専門試験合わせても100問程度にしかならないのだから、1人1問作らせれば全然間に合いますし、ほとんどお金なんかかかりません。職員も手間も大してかかりません。で、最終的に誰かが全ての問題をチェックすれば良いでしょう。実際そういうやり方か?どうかは知りませんが、自治体でも作っているところはある。で、その問題の質はどうか?というと、他の団体が作っているところとそんな変わらない気がします。

失礼かもしれないけど、専門に試験問題の作成を請け負っているところが作っている問題でも、何だこれは?というのがたまにあるんです。問題文の文章が変っていうか、どう解釈すべきなの?と迷うような表現、文法になっているのもあって、専門的に作っているのでもこういうのになってしまうの?と思い、ならば自治体で素人に作らせても変わらない気がしてきます。

特別区とかの場合には、自治体が自ら作っているようで、別に問題の質に疑問を感じることが特別多いわけではない。自治体が作らないで、専門の団体や業者に作らせると、多くのお金がかかるどころか、問題用紙が持ち帰り不可なので、問題に関する不備に関して誰も指摘がいかず、不備な問題が不備のまま放置される可能性もあります。つまり、試験自体が公正に行われていないということです。

この点に関しては疑問を持っている人は多くいるようですが、やれないことはないのだから、ある程度職員数が多いところじゃないと厳しいかもしれないけど、大きな自治体はそういった方向にいってくれないかな?と思います。独自問題を出しているような自治体は、完全にそっちの方向にいっていると思うのですが。少しでも増えてくれたほうが受験生にとっては望ましいのではないでしょうか?