_ 2015年10月 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

自動車の免許を持っていないと公務員試験では不利になる?

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験においては、もしかして免許を持っていないと不利?と思う方もいるかもしれません。大学生などが受けるケースが多いので、持っている人が多いんでしょうけど、持っていないくても不利にはならないと思います。免許を持っていないと困ることがないわけではないかもしれませんが、少なくとも面接の時点で持っていなくても良いと思います。

募集要項に免許を持っていないとダメということは書かれていませんし、面接でも聞かれません。私は何度か受けましたが、1度も聞かれませんでした。履歴書や面接カードにも資格記入欄はあったかな?でも、運転免許を確認する欄はありませんでしたね。実際、公務員をやっている方で運転免許持っていない人もいますから、そんなに心配しなくても良いでしょう。

その人はそれで採用されたわけですからね。民間企業と比べると車を運転する必要性は少ないと思いますし、免許を持っていなくても、それが面接とかで影響するとは思えません。というか、確認すらされません。だから、余裕があるのならば大学卒業までに取得された方が良いかと思いますけど、今持っていないからといって不安に思うこともないでしょう。

ほとんどの大学生は免許持っているのかな?と思いますけど、免許をとるメリットがなければとりませんよね。お金もかかるし、時間もかかるし、免許をとっても車をもてないと運転できないので、意味がない、必要ないと感じる人もいるかもしれません。若い人は特に車は買いませんからね。だから、会社の車を運転することはあっても、自分の車を運転する人はかなり減ってきています。

だから、東京は交通も便利ですし、仕事で車を運転する機会がないのであれば、免許なんか持っていなくても困らないでしょう。身分証明書は他でも代用が利きますから。したがって、少なくとも公務員試験においては、自動車の免許を持っていなくても不利にはならないでしょうし、影響もほとんどないと思いますよ。どうしても必要ならば事前に言ってくるでしょうからね。

公務員試験の経営学は捨てるのはNG!頻出範囲とおすすめの参考書

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の経営学を勉強している方、しようと思っている方も多くいると思いますが、経営学は絶対に捨てないでほしいと思います。捨てるのはもったいないです。勉強すればちゃんと得点になると思える科目ですね。勉強の仕方としては、暗記オンリーですし、行政学とか、社会学とやり方も似ており、これらの科目が問題ないならば、経営学も恐らく勉強しやすいでしょう。

経営学は社会学と結構似ているんですよね。人の名前や概念や考え方の名前などをただひたすら覚えていくことが多く、カタカナの名前が特に多いです。だから、ちょっと覚えにくい部分もありますが、それは何度もやればいつかは覚えられると思いますよ。覚えづらいのはどの科目も多少は共通していますし、経営学も同様です。

その中でも覚えやすい部分もありますから、一部範囲を捨てるというのであれば良いとは思いますけど、全部を捨てるのはもったいないです。やりさえすればちゃんと得点になりますから。経営学は、社会学や行政学内容がほぼ同じ部分が全体の2割くらいある感じですかね?そこが個人的には頻出範囲な気もしています。特に特別区では、そのあたりをよく見ます。

これら3科目で共通している範囲が一部あるはずです。そこが案外出やすいので、そこを勉強しておくと、3科目分の勉強になりますから。そして、参考書が必要な場合には、予備校のTACから出ている経営学のVテキストがあります。これくらいしか専門的な経営学の参考書はありません。経営学は過去問はいくつかありますが、参考書はほとんどないので。

このVテキストは、TACに通っている受講生が使っているもので、経営学に関して言うと、過去問のレジュメや解答解説よりは断然内容が濃いですし、かなり詳しい内容が載っています。国税専門官とかでは、かなり難しい問題も出る可能性があるので、そういった試験種を受ける方、特別区でもそうかもしれませんが、経営学で満点をとりたい方は、過去問とは別にこのVテキストが1番オススメできると思います。特別区の経営学はちゃんと勉強をしていれば、ガチで満点狙えますから。

公務員試験の高卒試験は大卒よりも難しい?倍率はどうか?

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


高卒で公務員になるのは?大卒でなるよりも難しいのでしょうか?簡単なのでしょうか?倍率という指標を持ち出すと、ちょっとw借りやすくなるかもしれませんが、例えば2014年の国家一般職のそれぞれの倍率を見てみるとどうでしょうか?大卒の最終合格者になるまでの倍率は約6.5倍で、高卒は約7倍です。そんなに差がないですね。

募集人数がそれぞれで違うので、申込者も変わりますが、倍率で言えば、試験種によると思いますけど、国家一般職の場合には、それほど差がありません。倍率じゃ難易度の比較はしづらいのですが、1つの指標にはなるでしょうか?気になる方は他の試験種も見ておいてほしいと思います。他の試験種もそこまで差はなさそうですけどね。

ただ、高校の時点である程度頭の良い人は大学進学をすると思うので、国家公務員などで通用する上位層があまり多くないというのは言えるかもしれません。公務員試験の問題は、国家公務員の場合には結構難しいんですけど、高卒の場合は多少難易度が下がりますから、そこまで地頭が重要じゃないかもしれません。

ただ、どうしても元々頭のいい人が多いと、それだけ受かりづらいというのはありますから、その点では高卒の時点で公務員試験を受けるような人は、そこまで頭のいい人が揃いづらいというのがあると思うので、多少は筆記試験に受かるための難易度が下がるかもしれないですね。筆記試験を越えないと先が見えませんからね。

難易度を比べるのは難しいですが、高卒と大卒の試験の難易度はあると思いますよ。試験問題の難易度がやっぱり違いますからね。大卒程度の試験は、専門科目があるので、大学で習うレベルの試験に対応していかないといけないので、やはり試験勉強の大変さもありますけど、その中で合格していく大変さもあるでしょう。高卒は高卒で難しいですけど、多少は差があると思います。ただ、そこまでの差はないでしょう。

公務員試験の面接で沈黙しても落ちない!評価は下がらない!

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の面接では沈黙はしてはいけないのでしょうか?そんなことはありません。沈黙を悪いことと捉えないことが重要です。逆に素早く答えたから良いか?というと、別に評価が上がるわけではないです。志望動機や自己PRなど、絶対に聞かれる質問は沈黙するのはマズイかもしれませんが、そうじゃない質問は問題ないと思います。

予想できない質問に迅速に答えたことがそもそも正解か?という話です。私が面接官であれば、ある程度受験生が悩むだろうなと思う質問をして、素早く返答があれば、正直ん?と思います。そんなにすぐに答えが出るもの?と思うでしょう。それは悩むであろう質問にほとんど考える時間を使っていないのですから、この人は真面目に考えて答えを出しのか?と思うと思います。

つまり、誰もがある程度は悩むだろうという質問に対しては沈黙というか、考え込んでしまう時間があったとしてもそれは悪くないでエス。むしろ当たり前です。ある程度の時間ならば面接官は待ってくれるでしょう。考える時間が長ければ長いほど、その1つの質問に対して真剣に向き合っている証拠だと思いますから、それで評価が下がることは考えづらいです。

素早く返答がくることが必ずしもダメなわけじゃないですが、面接官としては、あれ?と思うかもしれません。だから、少なくとも沈黙してしまうことは当たり前の行動であり、それが面接官の評価を落とすことにはならないのです。よりいい答えを出すための努力なわけですから。遠慮しないで沈黙して良いと思いますよ。1つ1つの質問に試験に向き合う姿は、面接官の脳裏にも焼きつくでしょうし。

沈黙することは悪いことと捉えている受験生が多いかもしれませんが、決してそんなことはないということを覚えておいてください。沈黙しないで答えられる質問は、すぐに答えて良いと思いますが、沈黙を恐れないことも面接を勝ち抜くために必要だと思います。沈黙になることを恐れて、瞬時に回答をして、いい加減な回答になってしまい、全然評価されないよりはマシですから。

公務員試験の説明会で質問をすると有利になる?質問はすべき?

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の説明会では、どういったことを聞けば良いのでしょうか?質問をしないといけないわけじゃないですから、したい質問がない場合には無理矢理する必要はありません。しないといけないとか、したら評価が上がるというのは、個人的にはないと思いますけどね。間接的にはあるかもしれません。たまたま人事が顔を覚えていて、面接で一緒になって、無意識のうちに良い点数をつけてしまっているとか。

そういうケースがないわけではありませんが、実際に有利になることはそんなにないのではないでしょうか?したい質問がない方はしなくてもいいんですけど、思いつかないだけで、実はその質問したかった!みたいなのはあるかもしれませんから、思い浮かばなくても何か聞きたいことはないか?と考えてみるのも良いかもしれません。

例えば、何でしょうね?多くの人は働き始めた後のことを聞くのかもしれませんが、受験生時代のことを聞いても構わないと思いますよ。面接のことはちょっと分からないかもしれません。というのも、面接は何が原因で受かった、落ちたというのが分からない。本人は予想しかできないため、あまり正確なアドバイスにならないかもしれませんから。聞いても構わないですけど。

筆記試験のことはかなり参考になるかもしれませんね。特に説明会が行われるのは、筆記試験本番までの数ヶ月前くらいでしょうから、直前期に何をしていたか?とか、どうやって追い込みをかけていたか?とか、面接対策はいつから始めたか?とか、そういった情報を聞き出してみると参考になるかもしれません。あまり他の人も聞かないと思いますからね。

説明会において質問をしないといけないわけではないものの、せっかくの機会ですからしても良いと思います。する必要がないと思っているの出れば、しなくてもいいですが、して損をすることでもないので、どうしても聞きたいことがあって、それが今しか聞けない。またはこの人に聞かないといけないというのであれば、勇気を出して聞いてみても良いと思いますが、目立ちたいとか、顔をボ得てもらいたいとか、有利になりたいという理由で質問をするのであれば、あまり効果は期待できないかな?と思います。

公務員試験の説明会のスーツは黒以外はダメ?紺色やグレーは?

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の説明会に今後出席していく人が多いと思います。そういった場では服装の指定はされないことが多いのですが、多くはスーツでくるので、浮きたくない人であればスーツを着ていくと良いでしょう。で、例えば特別区とかは、前年の説明会の様子をホームページで公開していると思いますが、そこに並んでいるのは多くが黒のスーツを着ています。

こういった状況を見ると黒のスーツが常識なのか?黒以外の色は着てはけないのか?と思うかもしれませんが、そんなことはないでしょう。そもそも服装指定がない時点でスーツじゃないと必ずしもいけないという理由はありません。中には「服装自由」、「私服可」といった説明会もあると思うので、スーツじゃないといけない理由がそもそもない場合もあります。職員が畏まった服装をしているのに、参加者はスーツじゃないのは失礼という声もありますが、それだったら、スーツを指定しない方はもっと失礼じゃないのでしょうかね?

説明会を開催する側から見て受験生はお客さんなので、そりゃ主催側の職員は失礼のない格好をしますよ。ただ、受験生はそこを受けるか?どうか決められる立場にありますから、関係性を見れば、別にスーツじゃなくて失礼にあたらないのです。実際、スーツじゃないと不利になるとも思えませんし、浮きたくないとか、スーツ着て行かないともしかしたら不利になるのではないか?と心配な方がスーツを着ていくだけの話です。

説明会という場だけに限ってみれば、主催者側は1人でも多くの人に受けてほしいと、参加者をお客さんとして見ているので、服装によって失礼なるとか、そういうことではないのです。後は受験生がどう考えるか?どういう服装が相応しいか?という問題になります。スーツを着ていっても構いませんが、色についても別に常識の範囲内ならば、黒以外でも大丈夫でしょう。グレーや紺色などは、全然常識の範囲内でしょうし。

学生の服装が失礼にあたるとすれば、こちら側が採用してください!という面接などの場面に限られるので、それ以外の場面、筆記試験や説明会の場面では、そんなに萎縮する必要はないですし、深く考えなくて良いと思います。説明会がスーツじゃないとダメっていうならば、じゃあ何で筆記試験は私服で良いの?となりますよね。筆記試験にくる職員もちゃんとフォーマルな格好していると思いますが、そこが説明つかないのです。筆記試験については、立場は対等か、採用する側が上ですが、にもかかわらず多くは私服でくるわけですからね。

公務員試験の模試の受け方、申し込みのやり方、方法について

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


予備校に通っている方は、それぞれの予備校で説明があると思いますし、手続きをとれば良いのですが、独学の人はその辺はよく分からないですよね。模試を受けたいが、どうやって受ければ良いのか?というのが分からないという方へ簡単に説明をすると、模試はそれぞれの予備校に行って、申し込むか、ネットから申し込みができます。

ネットから申し込みができるのはTACやLECなど大手でしょうか。というか、だいたい公務員試験の模試というと、TAC、LEC、あとは大原くらいしかないと思いますけど。ネットから申し込みをする場合には、ネットから受けたい模試を選んで必要事項を入力して申し込みます。そして、コンビニや銀行振り込みなどが対応していると思いますが、後日お金を払います。

すると、郵送かな?で受験票が送られてくると思うので、それを持って当日受ける試験会場の校舎に行きます。そして、校舎に直接行って申し込むこともできます。こっちの方が手間は多少かかりますが確実かもしれません。模試を受けたい予備校の希望の校舎に行って、模試のパンフレットが置いてあるので、それに記入して窓口でお金を払うと、受験票が貰えるはずです。

模試のパンフレットみたいなのがどこにあるのか?分からない場合には、窓口の人に聞けば教えてくれるはずです。こちらはその日のうちに全てが完結するので、より確実です。模試の料金は予備校や模試ごとに違います。安いのは1000円くらいです。高いと5000円くらいかかります。当日は、試験会場の校舎に行くと、受験番号ごとに教室が書かれていると思うので、それを見て指定された場所に行きましょう。

どの予備校の模試に申し込むか?ということもありますが、どの校舎で受けるか?ということも決めないといけません。場合によってはもう埋まっている可能性もあるので、その場合には別の校舎で受けるか?自宅受験という方法があります。模試の季節(10~3月くらいまで)になったら、各予備校のホームページをチェックして、受けたい模試があるか?をチェックして、あれば締め切りになる前に申し込んでいきましょう。

模試のシーズンがちゃんとあるので、その時期を逃さないように早めにホームページを見ておいてください。時期によっては模試はまだ受けられるが、希望の試験種の模試がもう終わってしまっているということもありますから。そういったことのないように今から定期的にチェックしていって、希望のものがあれば、そこに申し込んでいってください。

神奈川県秋季チャレンジは試験会場が迷路で遅刻しやすい!

  • カテゴリ:未分類
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


神奈川県の早期チャレンジが今年から改定されて秋季チャレンジとなりました。従来は4月でしたが、今年からは10月ということで、受験生は減るのではないか?と思われます。この神奈川県秋季チャレンジを受験される方は、是非1つ気をつけてください。それは試験会場です。神奈川大学の横浜キャンパスが会場になりますが、1度行ったことがない人はまず迷います。

駅から離れていると同時に、住宅街の中にあるので、道がどうなっているのか?分かりません。スムーズに行けても15分くらいかかりそうです。行ったことがない人が向かうと、30分くらいかかるかもしれない。事前に地図などを用意して調べて行っても簡単には就けないかもしれません。ナビタイムとかがあれば良いですが、何も頼らないで行くつもりならば、是非早めに家を出ましょう。

それは迷う時間を考慮して早めに出るという意味もありますが、もう1つ重要な意味があります。たいていの受験生は遅れないように早めにくるので、自分も早めに出れば、東白楽駅に着いたときに受験生が多くいるはずです。つまり、道のりに自信がなくても彼らに着いて行けばなんとかなります(笑)受験生っぽい人は、見た目で分かると思いますよ。大量にいるはずですから。

遅く行くと、そういう受験生がほとんどいないと思うので、その手が使えませんし、少しでも迷うと遅刻してしまいますから。他の試験種の試験会場も中には迷うところはあるかもしれませんが、私も実際に行ってみて、神奈川大学の場所は本当に分かりづらいなと思いました。初めて行くという人は、事前に1回行ってみるのが1番ですが、そこまでの手間をかけなくても、やるべきことをやっていれば大丈夫です。

とにかく時間に余裕を持って早めに行きましょう。最寄り駅の東白楽駅に最低45分くらい前に着けると良いと思います。独立日程なので、受験生はそれなりにたくさんいると思いますから、彼らを目印に会場に向かうというのも構いません。どの試験種の会場よりも分かりづらいので、絶対に早めに家を出て、早すぎるくらいで良いので早く試験会場に着くようにしましょう。

アパレル業界の会社説明会や面接でカラコンはつけていい?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


会社説明会に参加するときの服装や格好はだいたいテンプレ化されていると思いますが、アパレル業界の場合にはそうとも限らないのです。アパレル業界の場合には、個別に指定されることもあるそうですが、私服で来てほしいと言われることもあるみたいですし、あとは自分らしい服装で。といった曖昧な表現を使うことも多々あります。就活生からすると、非常に困る表現だと思うので、悩むと思います。

さて、服装以外でも悩むところはあると思うんですよね。それが例えばカラコンです。私服や自分らしい服装(格好)で来てほしいと言われたら、それは服装でアピールしたいという部分もあると思いますが、それ以外でも差をつけられそうな部分があれば、そこは工夫をしていきたいですね。他の人たちがあまり思いつかないような部分で。

それがカラコンになるわけですが、そもそも会社説明会とかにカラコンをつけていくことは問題ないのか?そこに疑問を持つ人もいると思います。一般的な会社説明会などでは、不適切とされているようですが、アパレルの場合は例外的、OKじゃないか?と思いますよ。というか、説明会の場では、そこまで1人1人を細かくチェックしている余裕なんかないです。

せいぜい見た目の服装を見ておくくらいだと思います。目の色がどうか?とかは見ている余裕は無いと思います。これが面接だったら話は別ですけどね。面接はじっくり1人を見られるので、当然カラコンをしていれば気づくケースも多いです。それを評価するか?しないか?は分かりません。普通の企業なら多くがマイナス評価しそうですが、アパレル業界ですからね・・・。

その面接がスーツを着てやる場合ならば、私はカラコンはつけない方が良い気がしますが、私服を指定されたり、私服でOKのような条件であるならば、カラコンは良いかもしれないですね。私服で良いような面接って言うのは、アパレル業界なら尚更だと思いますけど、それだけ見た目、服装などのセンスや表現力を見たいってことでしょうから、常識の範囲内でオシャレをするのはありじゃないですか?色は気をつけたいところですが、カラコン自体は条件次第でOKじゃないか?と思います。

公務員試験や就活で学歴詐称がダメなら面接でも嘘はいけない

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験や民間企業の選考を受ける際には、学歴詐称はしてはならないという風潮になっていますが、学歴詐称はダメだけど、自己PRとか、志望動機とか、その他の質問に嘘で答えることは良いみたいな風潮になっています。何故こちらは良いのでしょうか?学歴は嘘をついてもいつかバレるというのもありますが、それを抜きにすると、学歴を偽ってはいけない理由は何なんでしょうか?

何故か、面接で聞かれる質問には嘘をついても良いという風潮がありますが、こっちの方が嘘をつくべきではないと考えるのが自然じゃないでしょうか?というのも、じゃあ採用にあたって学歴と面接での話し、どちらがより重視されていますか?後者ですよね。学歴は一部重視される面もあるかもしれないけど、面接で全く話せない高学歴の人を雇う企業はそうはないと思います。

逆はありえるでしょう?凄い饒舌で話し方も上手い。でも、Fラン出身という人がいても採用される可能性は十分あると思います。つまり、企業が人を採用するときには、学歴よりも面接の中身を重視しているので、学歴で嘘をつくべきじゃないというのならば、面接ではもっと嘘をつくべきじゃないとなると思いますが。面接の質問が全て正直に答えることを期待してなされているとは限りませんが、例えば、自己PRとかは嘘をついてほしいと企業や自治体が思っているとは思えないのです。

自己PRだけに限りませんけど、多くの質問に対して、全て正直に答えている人はいないでしょう。それはみんながそうだから、そうせざるを得ないという事情もあるかもしれないですけど。そもそも、嘘をつかない受からないのか?も分かりませんから、嘘をつくことが得策と必ずしも言えるか?は分からないと思います。面接の話はばれないと思っているから、嘘をついても良いという風潮になっている面もありそうです。

学歴はほぼバレると思うので、詐称をしても意味がないという見方もできるかと思いますが、でも学歴詐称が良くないと思っている人は、面接で嘘をついていたら説得力が無いと思うのです。面接で嘘をつくのをしょうがないとするならば、学歴詐称はもっと寛容になるべきでしょう。企業が人を採用するときには、学歴よりも面接をより重視しているのならば、より企業を騙している、不誠実な対応をしているのは、面接で嘘をつく行為だと思います。

で学歴詐称がダメなら、面接でも嘘をついてはいけない

  • カテゴリ:未分類
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験や民間企業の選考を受ける際には、学歴詐称はしてはならないという風潮になっていますが、学歴詐称はダメだけど、自己PRとか、志望動機とか、その他の質問に嘘で答えることは良いみたいな風潮になっています。何故こちらは良いのでしょうか?学歴は嘘をついてもいつかバレるというのもありますが、それを抜きにすると、学歴を偽ってはいけない理由は何なんでしょうか?

何故か、面接で聞かれる質問には嘘をついても良いという風潮がありますが、こっちの方が嘘をつくべきではないと考えるのが自然じゃないでしょうか?というのも、じゃあ採用にあたって学歴と面接での話し、どちらがより重視されていますか?後者ですよね。学歴は一部重視される面もあるかもしれないけど、面接で全く話せない高学歴の人を雇う企業はそうはないと思います。

逆はありえるでしょう?凄い饒舌で話し方も上手い。でも、Fラン出身という人がいても採用される可能性は十分あると思います。つまり、企業が人を採用するときには、学歴よりも面接の中身を重視しているので、学歴で嘘をつくべきじゃないというのならば、面接ではもっと嘘をつくべきじゃないとなると思いますが。面接の質問が全て正直に答えることを期待してなされているとは限りませんが、例えば、自己PRとかは嘘をついてほしいと企業や自治体が思っているとは思えないのです。

自己PRだけに限りませんけど、多くの質問に対して、全て正直に答えている人はいないでしょう。それはみんながそうだから、そうせざるを得ないという事情もあるかもしれないですけど。そもそも、嘘をつかない受からないのか?も分かりませんから、嘘をつくことが得策と必ずしも言えるか?は分からないと思います。面接の話はばれないと思っているから、嘘をついても良いという風潮になっている面もありそうです。

学歴はほぼバレると思うので、詐称をしても意味がないという見方もできるかと思いますが、でも学歴詐称が良くないと思っている人は、面接で嘘をついていたら説得力が無いと思うのです。面接で嘘をつくのをしょうがないとするならば、学歴詐称はもっと寛容になるべきでしょう。企業が人を採用するときには、学歴よりも面接をより重視しているのならば、より企業を騙している、不誠実な対応をしているのは、面接で嘘をつく行為だと思います。

普段から選挙行かない人間がデモに参加したらダメなのか?

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


デモが世間をにぎわせていますが、ネット上で散見したTwitterのつぶやきで、「普段選挙に投票に行っていないのに、デモに参加するのはダサい」といったものが見られました。個人的にはちょっと気になったので、取り上げさせてもらいますが、これはダサいんですかね?ダサいと勝手に思うのは自由ですが、実際にデモをやっている人たちに対してダサいというのは、単なる悪口でしかないでしょう。

そもそも、普段投票に行っていない人間とデモに参加することが何かつながるのか?ということです。この人にどうしてダサいと思うのか?の理由を聞いてみたいところですが、ダサいことはないと思うんですけど。つまり「ダサい」という言葉を使っているということは、上手く論理的に説明できないけど、俺はそういう人が嫌いだ。という意思表示の表れだと思うんです。

だから、それがダメな理由は説明できないでしょう。「選挙行かない人間は、政治に文句を言うな」理論と多分同じだと思います。感情論ではないでしょうか?選挙に行かない人間は、政治に文句が言えない理屈も私は理解が出来ません。選挙で自分の政治思想を実現できる投票先がないから、別途文句を言うのは自然だと思います。むしろ、投票したところがないのに、投票に行ってから文句を言えという主張の方が理解が出来ないのです。

文句を行為とデモに参加する行為はそんなに違わないと思うので、この理屈のままだと思います。つまり、選挙に際して不満しかないのであれば、あえて投票しないで文句を言っている、デモをやっている方がどう考えても意思表示として政治家に伝わるでしょう。デモは連日テレビでも取り上げられて、痛いほど伝わってきます。投票では、与えられた選択肢の中から選ぶしかありませんから、その中に選びたいものがない場合には、望んでいないのにどこかを選ばないといけないというのは意味が分かりません。

どこの投票先も選べません。という意思表示は、別途文句を言うか、デモを起こしたりしないと伝わりません。その状況でどこかに投票すると、そこが気に入っているととられるでしょう。つまり、意思表示としては投票に行かないでデモに参加するというのは、どう考えても合理的だと思います。今、起きているデモについても、あの中に普段選挙に行っていない人も含まれている可能性はありますが、別にそれは問題ないと思います。

女性登用や女性が活躍する社会は少子化が加速する

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


国は積極的に女性登用、女性の活躍を謳っているが、それは少子化対策が逆行するものではないか?と思われます。女性の社会進出が進んだことが少子化の一因であると言われることもあります。実際、そうなのか?というのは簡単には答えは出ませんが、関係はありそうです。ただ、女性の収入が増えたことで、結婚した場合に子供をたくさん産み育てる余裕が生まれるという意見もあります。

理屈で言えば確かにそうかもしれませんが、でも現実はそうなっていないんですよね。それは女性の社会進出が進んだ近年の方が、昔と比べて少子化が進んでいるからです。これも結果論なのか?何か因果関係があるのか?不明確なところです。女性がたくさん働けた方が女性の収入が増えて、子供をたくさん産めるというのは、そもそも間違いだと思います。

それは女性の社会進出が進めば進むほど、男性の収入が落ちるからです。正規雇用から漏れる人数も増えますし、女性の収入が上がる分、男性の収入が落ちるので、トータルで見たときの1つの家庭の収入トータルはそんなに変わらないのではないか?と思います。これは差別的なやり方なのか?分かりませんが、同じ職でも男性よりも女性の方が給料が安い傾向にありますよね。

すると、今まで男性が就いていた職に女性が就くようになると、女性が稼げる収入は減ります。すると、女性の社会進出が進めば進むほど、労働人口トータルでの収入が下がるという傾向にもなり、経済的な理由で結婚が厳しい、子供が埋めないという家庭が増えるのではないか?と思います。これも確実な根拠があるわけではないけど、データからいうと、女性の社会進出が進めば進むほど、1つの家庭における収入は下がる傾向にあり、それが一因となって少子化は進みやすくなる。

国がやっているのはそれになるのでしょうね。少子化にとっては良いかもしれないが、女性は働かないでほしいとも言えないでしょうから。それとこれは原因の1つであって、それ以外にも少子化の原因はいくつもあると思うし、そっちで対応可能ならばその方が良いのかもしれないです。それが現実的に可能なのか?は分かりませんけど。女性登用を進めても少子化にならないような国があれば良いのでしょうけどね。

公務員試験は大学何年生のとき、何歳のときに受けるものなの?

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験を受けるのは、一体大学何年生のときなのか?こうした疑問を持っている方もいるかもしれません。ある程度詳しくなっている人は知っていると思いますが、別に何年生のときに受けても構いません。多くは大学卒業をすることを前提としているので、大学4年生のときに採用試験を受けますが、3年生でも、2年生でも、留年していても、卒業していても受けられます。

4年生のときに受けるのが卒業と就業が直結することになるので、一般的です。ただ、3年生のときに受けると、採用時は4年生の春になりますね。どうするの?ということになりますが、中退するという選択もとれます。就職活動と違って、卒業しないと内定取り消しになるとか、そういうことは基本的にはありませんから、中退するという選択肢もあります。

ただ、多くの人は大学を卒業したいでしょう?だから、卒業のタイミングに合わせるというだけであって、中退する前提ならばもっと早くから受けることも可能です。しかし、採用試験の試験種によっては、年齢制限があるので、その範囲内に収まってないと受けられないので、若すぎると受けられないというケースも中にはあると思います。

大卒程度の試験は21か22歳に下限が設定されていると思うので、現実的には大学3年生は可能かもしれませんが、2年生受けるのは厳しい場合もあります。浪人や留年をしていると条件を満たす可能性もありますけど。理論上は、大学4年生以外のときにも受けられるということです。公務員試験は年齢制限がありますから、上限に達するともう受けられません。だから、チャンスを多く作るという意味では早くから受けておいた方が良いかもしれませんし、練習のために受けておくのも悪くないでしょう。

軽い気持ちで目指してもしかしたら受かるかもしれませんから。プレッシャーが無い分、もしかしたら受かるかもしれないです。そういしたら、改めて中退して公務員になるか?どうか考えれば良いと思います。大学を中退するのももったいないかもしれませんが、公務員になれるチャンスがあるのに、それを見逃すのももったいないかもしれません。いろいろな人生があるので、チャンスが多いほうが良いと思うので、ちょっと早めに勉強を始めて、早めに受けてみるのも良いのではないか?と思います。