_ 2015年09月 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

公務員試験の択一試験、論文試験でマイナンバー関連の出題が増えるかも

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


マイナンバーについての議論が昨今、非常に多くされています。消費税増税にともなう軽減税率の話題に際して、特に最近注目されてはいますが、マイナンバー制度自体は、結構前から創設に向けて議論されており、それがいよいよ実現に向かっているという段階です。マイナンバーについて知らなかった人も、最近のニュースで知る機会も増えたでしょう。

そして、マイナンバーは公務員にとっても非常にかかわりの深い話で、多くの公務員は無縁とは言えません。実際マイナンバーを運営する側に立つ人も多いでしょうから。マイナンバーについては、導入以前からデメリット、欠点の部分、懸念材料が特に叫ばれてきました。特に個人情報については多くの国民が懸念している部分だと思います。

マイナンバーによって仕事や給料にも影響が出る可能性もありますし、本当に国民の生活ががらりと変わる可能性があるでしょう。マイナンバー制度については、以前からもそうだったかもしれませんが、いよいよ公務員試験でも狙っていかないといけない部分になりつつあります。筆記試験では時事や社会科学の分野で出題がされそうな気がします。

今までのテキストにも一応載っていたと思うのですが、今後発売されるものにも同様に記載がされるのではないでしょうか?というか、もっと詳しく、内容が充実した状態で載るかもしれません。時事対策本をやれば、筆記試験の問題は或る程度解けるかもしれませんが、論文とかで聞かれた場合には、より詳しい内容を知っていないといけません。いろいろな試験種を受けると、そのまま聞くか?はともかう、関連付けて出題してくるところもありそうなのです。

論文などで聞かれた場合には、中途半端な知識では対応できません。だからこそ、新鮮なニュースが伝えられている今のうちに結構調べておくと良いかもしれません。マイナンバーは、制度ものものについてだけではなく、それに関連していろいろな分野の出題が考えられますから、いろいろな方向について知っていた方が良いでしょう。税についてもその一例になりますが、直前にいろいろと頭に詰め込むのも大変でしょうから、丁度関心が生まれやすい時期、今後もずっとマイナンバー関連のニュースが続くかもしれませんけど、新聞、ネットなどを通じて少しでも知識を増やしていきましょう。

面接官「マナーを守らない人をどう思う?」→別に良いんじゃない?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


マナーを守らない人をどう思うか?こういった質問を私は面接受けたことがあります。これはとある県庁での面接です。そのときには、全く予想していない質問だったので、冷静にちょっとだけ考えさせてもらい、マナーとしてどうしても必要だと多くが認識しているものであれば、ルールに昇格させた方が良いといった回答をした記憶があります。それはマナーは守らないといけない根拠がないので、守らない人がいても非難をすることができるが、その非難は必ずしも正当性はありません。

若者、老人関係なくマナー違反をする人はいます。マナーは、あくまでもマナーであり、守らないといけないルールや法律ではないわけです。だから、どうしても要請の多いマナーであれば、それはルール化して、客観的に守らないといけない根拠を与えないといけない。それをしないで、守らない人を非難することの方がむしろおかしいのでは?となります。マナーとされているものを守らない人間も、守らせようとする人間も、どちらも自分たちの利益を追求しているだけなので、どっちが正しいとは言えません。

少なくとも、それが禁止行為でないならば、少なくともやってはいけないとも言いがたいのです。こういった私の回答が面接官にどう評価されたのか?は知りませんが、マナー違反って言葉が必ずしも、正当性を保っているとは限らない。というか、それが本当にマナー違反の範疇に収まるならば、マナー違反ということを言っている側がおかしいと論じることもできます。マナーというのは、言ってしまえば自己都合的なルールの集合の概念であるので、マナー違反をする人間が増えれば、恐らくそれをマナー違反を主張する人間は減ります。

だから、非常に曖昧な概念で、状況によって変わりうる概念でもあるのです。マナー違反という言葉に囚われて思考停止に陥らないようにしてほしいと思いますが、面接でこういった質問を受ける可能性もあります。正解はないので、空気を読んだ回答をするのか?自分の正しい思った回答をするのか?は自由です。結果にどれだけの影響を与える質問か?は知りません。

公務員という立場を踏まえた上での回答が求められたいたのかも知れません。そうだったとしても、それがどういう回答なのか?というのは、なかなか難しいですけど。公務員という立場を考慮するならば、多数が支持しているマナー違反という概念をある程度支持するような回答が望ましいのかもしれませんが、面接なのでなんとも言えません。

マナー違反っていうのは、他者に対する迷惑行為を指して言われているものです。ただ、迷惑をかけない人間はいないだろうし、他人の迷惑だけを非難しているのならば、それこそ説得力がないでしょう。どの迷惑はよくて、どの迷惑は悪いと選別している人間も同様かもしれない。マナーという言葉はそれだけ都合のいい魔法の言葉にも思えてきます。

大手牛丼チェーン店が値下げ→消費者は喜ぶべきか?

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


牛丼の値下げ合戦が再び始まるようですが、消費者はこれを喜ぶのでしょうか?私は喜べないのですが。多くの場合、商品を値下げするときにのしかかる負担は従業員ですよね。それは給料が減るとか、労働時間が長くなるとかで、そこで相殺される可能性がある。単価が低いということは、どこかでコストを削らないといけませんが、そのしわ寄せはだいたい従業員に向かいがちです。

つまり、従業員の待遇が悪くなるとすれば、彼らはやる気を失う。モチベーションが下がります。その結果、彼らは何をしでかすか?分からないことになる。彼らの多くはバイトです。バイトをしている時点で、そもそも世の中に対する不満を抱えている状況の人もいる。その人がさらに待遇を下げられたら、どうなるでしょうか?最終的に困るのは消費者かもしれないということです。

食品に異物を混入した事件とかもありました。それも犯行の動機は働き方への不満です。働き方に対して不満分子はすでにある程度溜まっていると思う。それがいつ爆発するか?であり、爆発するための燃料投下が行われたといっても良いかもしれない。価格の値下げ分が、従業員の給料や労働時間に影響を及ぼさないのであれば、特に問題はないかもしれないが、実際はそうではない。

そもそも牛丼チェーン店での待遇自体もそんない良いものではないでしょうから、何も無い普段から不満は溜まっている可能性もある。ワンオペなどが行われていた店もあることから、基本的には1人あたりの給料は下げずに、1人あたりの労働時間を多くしたり、1つの作業に割く人数や、ある瞬間に割くバイトの数を減らしたりすることで、コストカットをして、それを価格に反映させる手法が多いと思います。

どれを選んでも実際にそこで働いているバイトの働き方はきつくなります。それが積もり積もって、結果すき家で起きたことはバイトの大量辞職で、それによって事実上の閉店に追い込まれた店舗が続出したことです。これはお店側に迷惑がかかった例だが、消費者にかかる例も考えられる。そんなこと起きやしない、起きても自分は大丈夫と油断しているとどうなるか?私は低価格が売りにお店は基本的には利用しません。従業員の不満分子が溜まっているお店で食事をすることがどれだけ危険か?考えてみてください。

認知症の人が作った遺言は有効なのか?無効なのか?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


民法で出題が予想される遺言のテーマですが、先ごろ議論されているものとして、認知症の人が作った遺言はどうなるのか?ということが話題になっています。遺言の作成には意思能力が必要なため、認知症になってしまっていると、そのときに作られた遺言は無効になりそうな雰囲気もありますが、決してそうではないのです。遺言の内容次第です。

遺言の内容が複雑でない場合、シンプルな場合には、認知症であったとしても、遺言効力が認められるケースは多くあると言います。ただ、遺言の内容がどんどん複雑になっていくほど、遺言の効力が認められない可能性が高くなっていくのです。ケースバイケースだということですね。診断書があれば1番良いということになります。

その当時意思能力を失っていないという客観的な証拠があれば、余計に遺言の効力は認められやすくなります。あとはポイントとしては、公正証書遺言という形が取れますから、こちらの方が望ましいとされています。自筆遺言の方が一般的ではありますが、多くの方は知っておいてほしい制度ですね。受験生の方は当然知っていると思うのですが。

このテーマについては、最近の話題なので、今後もしかしたら公務員試験の出題対象になるかもしれません。判例でもあれば、その判例が出題されるかもしれません。予備校等に通っている方は、恐らく裁判があった場合には、その結果や判旨が説明されると思いますし、知らせてくれる可能性が高いと思いますが、独学の人はニュースとかで見るしかないですね。自分で情報を取り入れていかないといけないのです。

認知症という病気が割と最近メジャーになってきたものですから、それと遺言の関係性もそうですが、遺言だけじゃないですね。主に民法において、認知症がかかわるトラブルというのは、恐らくすでに多く存在していると思います。例えば、深夜徘徊をしている人が何かトラブルを起こして、その損害賠償を巡る裁判などは起きていますよね。そういった近年特有の話題も今後出題可能性があるかもしれないので、過去問に載っていないかもしれませんけど、認知症については、今後も世の中で注目されていくと思いますから、受験生も公務員試験の出題可能性がありそうな部分だけでも拾っていけると良いと思います。

警察官の採用試験の面接官が採用したい人、合格する人の特徴は?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


警察官の面接に受かる人というのは、どういった人でしょうか?いろいろな要素があるでしょうが、1つ絶対に存在していると思うのは、警察官を職務を全うできる人じゃないか?と思います。それはつまり、警察官という仕事を続けられる人、辞めない人という意味です。公務員に共通していると思うのは、仕事を辞めない人、そういう人を面接官は欲しがっているということなのです。

面接官が1番恐れるのは、採用した人がすぐに辞めてしまうことです。行政職の公務員でも、それがよく言われています。警察官の方が実際どちらかというと仕事は厳しいと思います。比べるのも難しいかと思いますけど。したがって、行政職の公務員の採用面接ですら、辞めない人か?どうかを見極めていようとするのであれば、警察官の採用面接でも同様の点を見られていても全く不思議ではありません。

つまり、警察官の採用面接に受かるためには、自分は警察官として職務を全うする。嫌なことがあっても、辛いことがあっても辞めない人間だということを面接官に訴えないといけないのです。それができれば、採用の可能性も上がるでしょうし、できないと、不採用という可能性が一気に高まってしまうでしょう。

警察官の場合は、警察官としての職務以前に警察学校での生活がきつくて、そこで辞めてしまう人も多くいるみたいです。だから、想像以上にきつい職業だということでしょう。きついのは分かっていると思いますけど、想像以上を想定しておいた方が良いのかもしれません。警察官は辞められてしまうと、やはり安全面、治安の面で損失が大きいですから、行政職の公務員と同様に困る自体ですよね。

辞めないことが最大の警察官への適性とも言えるのかもしれませんが、その部分は間違いなく重要だと思います。それだけが全てというわけではないです。もちろん、それ以外の警察官の適性という部分も同様に重要でしょう。ただ、長期的に雇う前提なのですから、辞めない人を採用したいという思いは間違いなくあるでしょうから、そこは突き詰めていかないと採用されないでしょうね。

第二外国語を自己PRにすると公務員試験の面接では有利か?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の筆記試験は、せいぜい英語しか出ませんが、面接では第二外国語について実は聞かれることがあります。大学で第二外国語を採っている人は多いので、どの言語を取っているか?とか、どの程度喋ることができるか?などを聞かれることがあるのです。たいていの受験生は、第二外国語はほとんど真面目に勉強してないというか、そもそもそんなに身についていないと思います。

外国語学部などで、専門的に勉強していない限りはなかなか身につかないでしょう。少なくとも勉強する場が大学だけではきついと思います。だから、多くの受験生間では差がつかないと思います。ただ、だからこそ第二外国語を真面目に勉強して、成績がそれなりによくて、かつ人並み以上に使える人は、公務員としての評価が上がる可能性があります。

別に言語能力だけで決まるわけではないですが、自治体は多くの外国人もきますから、英語はもちろんのこと、いろいろな言語が話せる人の方が重宝するのです。だからこそ、英語を含めて日本語以外の言語が話せる職員は貴重なのです。中国語、スペイン語、フランス語、ドイツ語、ロシア語、韓国語あたりはある程度できれば評価対象になるかもしれませんね。

大学で選べるのも恐らくこのあたりですよね。第二外国語よりは正直英語ができた方が良いと思います。英語の方が需要が大きいと思うので。また、中学からやっている分、多くの人は英語の方が第二外国語よりも多分話せますよね。だから、英語でも十分アピールになりますが、英語がそれなりにできる人は割といるのです。日常会話くらいならOKという人は結構いるので、そうなると第二外国語の方がアピール対象になるでしょう。

もしアピールできるほどの力があるのならば、聞かれてからではなく、こちらからアピールする方法もあります。例えば、自己PRなどで第二外国語の話をするとかです。だいたいの受験生はバイト、ゼミ、サークル活動でくると思うので、第二外国語を自己PRにしてきたら、それは新鮮に映ると思いますし、食いついてくれる可能性もあると思います。そういった点からも面接対策を考えていけると良いと思いますね。

警察官の採用試験では大学や高校を中退していると不利に影響する?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


警察官の採用試験は、大卒、高卒で枠が分かれていると思います。ただ、高卒にしろ、大卒にしろ、別に一定の学歴がないと受けられないということはほぼないです。高卒の人が大卒の試験を受けても大丈夫な場合が多いと思います。ただ、問題は中退をしている人です。大学にしろ、高校にしろ、中退をしていることが合否にかかわる場合があります。

中退をしているから、受けられないわけではありませんが、経歴における中退はあまり良い印象を生みません。どっちかっていうと、ネガティブな印象ではないでしょうか?したがって、中退をしていることが多少不利になる可能性は否めないのです。不利になるか?どうかはほとんどケースバイケースで、必ずではありませんが、言うなれば面接官次第ということでしょうか?

面接試験は当然経歴もチェックされるでしょう。これは警察官だけではなく、民間企業でも市役所勤務の公務員でも同様でしょう。仕事を始めるときには、どこを受けても過去の経歴や学歴をチェックされると思います。バイト程度ならば、中退は大したイメージダウンにはなりませんが、正社員を採用する場では大きく関係してくることがあります。

そして、警察官採用は、かなり人物重視で、相当信用が置けるか?どうかのチェックをするはずですね。身辺調査とかも徹底してやりますから。そうなると、大学や高校を中退していることが、信用を落とすと客観的に言えるのか?どうかはともかく、イメージとしてよくないという事実があるならば、それを信用に欠けるという理由にされてしまうこともないとは言えないでしょう。

これは考え方次第なんですよね。元を辿れば、警察官の採用試験に筆記試験なかいるのか?国語算数理科社会なんているのか?という問題もあるでしょう。筆記試験はほとんど足きりに近いと思うので、仕方ない面もあります。そして、面接試験だって、選ぶのは大変ですから、学歴的に瑕がある人を不利にして何が悪い?と言われたら、どうしようもないです。だって、面接官にある悌夫の裁量があるわけですからね。っていうか、何を理由に落としても、全員が納得する理由なんかないですよ。

例えば、全然まともに喋れない人を不合格したら、面接なんて緊張する場なんだから、上手く喋れなくて当たり前だ!と反論されるかもしれない。その反論自体の是非はともかく、全員が納得してくれる不採用理由はほぼ存在しないでしょう。そうなると、結局何かを理由にして落とさないといけないので、そこで面接官の裁量になってしまい、そのときの面接官によっては、大学や高校を中退していることが特に引っかかってそれだけで不採用になるとは言えないものの、1つ評価を下げる原因になるかもしれません。

公務員試験の合格者の体験談や体験記はどこまで信用できるか?

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の面接は、はっきり言ってよく分からないうちに合格していることもあると思います。というのも、手ごたえはあったとしても、そもそも何が理由で受かったか?は分からないから。勿論、特定の部分のみではなく、総合的な判断で合格しているんだろうけど、評価された点や評価されなかった点は受験生には分からない。絶対に知らされない。

そうなると、予備校とかで合格者のアドバイスなどを聞く機会があると思うのだけど、それが果たしてどこまでタメになるか?はワカラナイということです。面接ではいろいろなことを話すし、いろいろなところが見られている。自分が仮に合格したとして、自分が面接で話した全てのことが評価されているとは限らない。というか、そんなことは普通はありえない。少なからず評価されていない部分もあるはず。

そうなると、自分が合格していたからと言って、後輩に託すアドバイスが必ずしも有益なものとは限らないのです。逆に言うと、不合格者であっても、ためになるアドバイスは存在するかもしれないのです。つまり、中身は良いことを言っているんだけど、話し方が挙動不審で、信用してもらえなかったとか、そういうケースがあれば不合格者のアドバイスはタメになるかもしれないのです。

ちゃんと堂々と話せる人が話せば、評価ががらりと変わる可能性もある。ただ、それも内容はよかったが、話し方がダメで評価されなかったか?なんて受験生には分からないのだから、結局は一緒です。つまり、合格者だろうが、不合格者だろうが、何が理由で受かった、落ちたはワカラナイ。分析のしようがないので、合格者のアドバイスは絶対に信用してものではないということです。

ただ、何かに縋らないと不安で仕方ないでしょうから、そこを見極める基準としては、自分がその話を聞いて頷けるか?どうかで決めてはいかがでしょうか?その話は必ずしも面接で有利になるテクニックか?は分かりません。だから、自分がその話を聞いて、信用できそうとか、確かに!と思えたならば、それを信じてみてはいかがでしょうか?それは参考書や予備校の講師の話などを含めてです。

筆記試験は正解があって、それに向かって勉強をするだけなので、勉強のやり方やテクニックにも正解はありそうですし、合格者のアドバイスもある程度頷けると思いますが、面接はそうは限らないと思います。一筋縄ではいきませんからね。答えがないし、そもそも受験生だって、絶対に評価される自信があってできる回答なんてほとんどないと思います。筆記試験の場合は、絶対に当たってるわ!と思える問題があるはずですけど、面接は全てが探りながらの回答になりがちなので、自分では一応ベストな回答だろうと思って、全ての質問に答えるわけですが、全てが評価されていることはまずないですから、何が評価されて、何があまり評価されなかったのか?は分からず、その経験談がアドバイスになるか?は分からないのです。

内定辞退します!→「面接で第1志望という言葉は嘘だったの?」

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


「御社が第一志望です!」と面接で言ったはいいが、後でその会社を内定辞退したら、それは嘘だったの?と後で言われてしまい、悩んでいる学生がいるらしいです。私からすると、そんなことで悩んでどうする?と思うくらいなのだが。嘘をつくことの是非についてはともかく、企業がじゃあ嘘をつかないのか?という話だと思うんですけど。会社説明会とかで真実を全部言うわけがないのです。

企業も公務員試験の自治体なども少なからず嘘はついていると思います。実際、「あれは嘘だったの?」という返しはちょっとずるい気がするのです。この人事が必ずしもそう思っていたとは限らないが、普通に考えたら、「第一志望ですか?」という質問は、単なる茶番であり、第一志望じゃないことが分かってはいるが、ちゃんと第一志望と言ってくるか?を確認するためにすると言われています。

その企業がその意図でやっていたか?は分からないものの、高確率でそうじゃないか?と思うのです。そうなると、第一志望じゃないことがある程度分かっていながら、この質問をして、学生はマニュアル通り答えたのに、後になって、その質問の意図すら翻して、第一志望は嘘だったの?という主張を、内定辞退を批判するときの理由に持ってくるのは正直ずるいと思う。

こういう批判の仕方が許されるとしたら、それは第一志望です!という言葉を本当に鵜呑みにしていた人事だけなのだが、本当にそうだったか?は分かりません。その可能性は低いと思いますけど。公務員試験でも聞かれますよね。この質問は、多くは第一志望と答えますよね。そう思っていなくても。それが1番合格可能性が高いと思うからです。そもそも、嘘をついていたから内定取り消しというのは一定の場合には認められます。

ただ、嘘をついていたから内定辞退が出来なくなるというのはありません。だから、内定を貰う前に入社する意思を示していたとしても、後から翻して良いですし、内定を貰った後に入社する意思を示していたのに、後からやっぱり内定辞退をするというのも、一応法律上はOKです。会社の方が内定者を拘束する。絶対に入社させようと強要することはできません。だから、今回の学生の行動は法律を基準にするならば、基本的には問題のない行為です。

モラルを持ち出すとまたややこしいことになりますが、企業側も嘘をつくでしょうから、モラルを基準にしてもお互い様ということになり、学生の行動はとかく問題行為とは言えないと思います。こんな問題で悩んでいると、働き始めても持ちませんけどね。こんなことをいわれて気にしているような人は会社でも、自治体でも働くのは厳しいですよ。こんなもんじゃ済まないくらいの理不尽だったり、辛いクレームや文句などもありますからね。

警察官の面接では違反歴があると不利?影響する?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の中でも警察官の採用試験になると、採用の仕方が結構シビアになってきます。例えば、過去に補導歴などの違反歴があると不利になるのか?ということを気にされている人もいるようです。前科はともかく、補導歴やスピード違反などの違反歴をそこまで調べているのか?も分かりません。調べれば分かるのでしょうけど、それがどこまで影響するか?でしょうね。

調べれば分かる以上は、全く不利にならないとは言えませんが、そんなに不利になるのか?というと、スピード違反であれば、そんなに大きなことか?とも思いますが、それを言ってしまうと、程度の大きいものまで認められてしまいそうなので、スピード違反等の細かいことでも警察官になる以上は注意しないといえないのはそうでしょう。

ただ、過去にそういう違反歴があったとしても、それだけで警察官に不適格とまでは言えないと思います。スピード違反って、うっかりでやってしまうこともあるし、そもそもやっているけど、見つからないケースもあるわけですから、スピード違反に限ってみれば、それだけで不利にするのか?というと疑問です。少なくともそういう過去がない人の方が有利というか、安心ではありますが、そんなに合否に関係あるのかな?と思います。

現在は真面目にやっているということがアピールできれば、過去にそういうことをやってしまっていてもそれほど影響があるとは思えないのです。実際、違反歴があっても警察官になっている人は多くいるので、不利になっていない保証はありませんが、致命的な問題にはならないということではないでしょうか?警察官の場合は、身内の調査も行われるため、そちらの方が影響すると思います。

身辺調査がどこまでなされるのか?どの程度まで合否に関係あるのか?は定かではありません。親兄弟などの犯罪歴や思想信条、政治へのかかわりなど、結構細かい点まで見られているという情報もありますから、自分以外の要素で合否に関係するとしたら、あまり納得できない人もいそうですけど、これはシークレットな部分なので、何とも言えません。違反歴のことと合わせて、主に面接でかかわってくると思います。

バイト、株の配当金、貯金を生活費に早期リタイアする層が急増中

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


人間の働き方がどんどん変わってきています。働き方というよりも生き方と言ったほうが良いでしょうか。いつからか?は分かりませんが、現在ブームになっているのが早期リタイアです。リタイア生活というのは通常60歳や65歳になってから行うもの、仕事を辞めるものという常識がありましたが、仕事したくない、辛い労働は嫌だとか、自由な時間が全然とれないという人がリタイアをしています。

早い人は20代からリタイア生活をしていて、だいたいピークは40代から50代でしょうか。まだまだ十分働ける年齢でも、会社を辞めて貯金を使って生活をする人が増えてきています。貯金切り崩して生活をする人もいれば、株式投資の配当金、株主優待などを利用して、月に10万円前後の収入を得たり、軽いアルバイトをして、それを生活費にして、貯金の減少を食い止めながら生活をしている人など多様ですね。

彼らに共通しているのは、基本的に仕事が好きじゃないということ。そして、正社員として働くと仕事に自由が取られすぎて、好きなことができない。そして、理由はともあれ、きつい労働から逃れたい(軽い労働ならやりたい)という気持ちでしょう。したがって、給料は随分減っても、自由な時間が生まれたり、きつい労働から解放されるのならば、そっちを選ぶ人が多くなってきているのです。

そういう願望を持っている人は案外多いと思うんですよ。ただ、それを実行するには、もしものときのための貯金をある程度作らないといけなかったり、働かないこと(場合によってはフリーターになることへの)への世間体の問題などです。そんなの関係ないと思えた人が実際に実行できているわけです。だから、やりたいけど出来ない人とか、やるために準備中だという予備軍を含めたら相当な数かもしれません。

貯金を切り崩して生活するタイプのリタイアを目指している方、リタイアしたら全く働かないという方は数千万円以上の貯金が必要でしょうが、月に5~10万円くらいの収入は得ようかな?と考えている方は、数百万あれば十分かもしれないです。家賃の安いところとか、生活費を切り詰めて節約すれば、それだけの収入でも、赤字にほとんどならずに生活できる。つまり、貯金減少を食い止めながら生活できるということになります。

当たり前だった働き方、生き方が崩れつつあるので、そういう層の出現は国にとっても大きな問題になるかもいしれません。ただ、それは従来の労働自体が原因として根底にあるわけですから、そこを放置してきた国や自治体の責任でもあると思いますけどね。多様な生き方を選択する人が増えてきたことは、ある意味好意的に捉えています。

上野動物園で絶滅危惧種のニホンライチョウのひなが全滅、繁殖失敗

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


上野動物園で、絶滅危惧種であるニホンライチョウのひなが全滅したというニュースがありました。絶滅危惧種は日本国内にもたくさんあるわけですが、ニホンライチョウもそのうちの1つですね。ライチョウは国の特別天然記念物にも指定されているくらいですから、非常に国にとっても打撃が大きそうです。5羽のひながいたらしいのですが、うち3羽がすでに死亡していて、残りの2羽も死亡したということです。

人工繁殖にかけていたらしいのですが、やはり難しいというのは否めないでしょう。こういった繁殖は別の動物でも行われていますが、なかなか上手くいかないケースも多そうです。絶滅危惧種が絶滅しないように配慮しているのは、どこの国もそうなんですが、そもそも絶滅危惧種が絶滅したら何で困るの?という疑問に答えられるでしょうか?

別に趣味で絶滅危惧種を保護しているわけではないのでしょう。これを聞かれて答えられる人はどれだけいるでしょうか?絶滅危惧種が絶滅すると、1番問題になりそうなのが、生態系が変わるということ。ライチョウがそうであるかは別として、ある生物が絶滅したら、その生物を食べていた生物にも影響が出ます。そして、それは食物連鎖によって人間にも最終的には影響があるかもしれません。

そういう流れもあるので、生物によっては絶滅すると、いろいろな影響が生態系に現れるということです。それは人間にとっても例外ではない。影響が良い方向に運ぶ可能性もあるのかもしれませんが、変化を望まないというのは、政治も生態系も一緒なのアモしれません。ライチョウに限りませんけど、鳥って良いですよね。次は鳥に生まれたいなと思います。

空を自由に飛べることとか、見た目が格好良かったり、綺麗だったり、独特の魅力があります。私はニホンライチョウについてはよく知りませんけど、中にはこういった生物が好きな人もいるし、国も保護しようとするし、貴重なものほど守ってやりたいのでしょう。絶滅したら、どう望んでもライチョウは見られませんから、多くの方にとっては関心がないかもしれませんが、繁殖の成功に躍起になる人たちがいるんですよね。

公務員試験の論文試験では、正論よりも空気を読むことが大切か?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の論文は、恐らく正論よりも空気を読んだ回答の方が評価される傾向にあると思います。正論というのは、一般的な価値観や考え方とは乖離した意見だが、なかなか反論が難しい意見のことです。つまり、一般人の感覚とは違うわけだから、その論文を読んだ人の価値観や考えとも合わない可能性があります。いくら言っていることは正しくても、何かこの論文ウザいと思われたら評価されない可能性もあります。

それは採点しているのも人間なので、当然感情が入ってはいけないものの、入らない保証はないし、入ってしまうのは普通だと思う。例えば、今話題になっているのは喫煙や飲酒の年齢を引き下げるか?についてですが、これが論文のテーマになったとしましょう。その場合、何歳が妥当か?とか、18歳が妥当か?という意見が多いでしょう。

ただ、タバコや酒を法律で禁止にしようという意見が出たとしたら?論文のテーマ的に逸脱していないという前提になりますけど。「飲酒や喫煙の年齢の引き下げについてどう考えるか?」みたいなアバウトな聞き方ならば、全く逸脱している意見ではないでしょう。空気は読めていないかもしれないけどね。その人が酒やタバコを廃止する理由を述べて、それが客観的に一応的を射ているのならば、本来は評価されても良さそう。

ただ、出題者側はそんな論文を求めていなかったり、あまりに一般人の感覚から乖離している意見を出されると困るでしょう。健康への影響を理由に酒やタバコの年齢の是非を語る人も多いのではないか?と思います。すると、別に20歳を越えているから酒やタバコの影響がないわけじゃない。何歳だって影響はある。ならば、影響が出ることが悪いのであれば、20歳を越えていてもタバコを吸ったり、酒を飲むことは悪いことになる。例えば、そういった理由も全くヘンなわけじゃないと思う。つまり、廃止論を唱える異見も極端という言い方はできるかもしれないし、多くに受け入れられない可能性はあるが、客観的におかしな意見とは言えない。

むしろ、年齢による制限は廃して、数本数とか、飲む量に制限を設けたら?という意見もあるかもしれない。これも一般人の意見とはちょっと乖離していると思う。でも、一理ないわけじゃないと思う。大人になれば過度な飲酒や喫煙は自己責任になる。つまり、やりたければやっていいとなるのだから、健康を理由に飲酒、喫煙の年齢の是非を争うならば、こちらも健康が基準になっているという点では、全く別次元の話ではないし、おかしな理屈ではないのです。

ただ、出題者としては予想していない角度からの論述だったり、現実的に反対が大きそう(一般人の感覚とは乖離していて受け入れられない)な意見の場合は、いくら説得力があっても点数にならないかもしれないのです。空気を読みつつ、多数にあわせつつ、世間から乖離しない間隔を持ち合わせた解答が必要なのかもしれないです。

警察官の体力テストの重要度や基準はそれほど高くない?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


警察官になるときには採用試験の一環として体力測定があります。この体力測定は、何だか凄い厳しそうという印象かもしれませんが、実態はそうでもないみたいです。どこを受けるか?にもよると思いますけど、基準を公開している警察署もあります。体力測定で行う種目と合格基準というか目安ですね。警察署によっては、結構きつそうな基準のところもあります。

ただ、その場合でも与えられた種目全部の基準をクリアする必要はないみたいで、そのうちのいくつかをクリアすれば良いみたいなところもあります。後、実際に警察官の体力テストを受けた人の中には、あまり、その重要度を感じなかったという人もいて、体力テストはとりあえず人並みくらいあれば良いのではないか?と考えている人もいました。

体力テストが重要じゃないことはないと思いますけど、少なくとも人並み以上の体力や運動能力があれば、問題ないとして扱われる可能性もあります。あまり基準を上げすぎてしまうと、クリアできる人が少なすぎて、人数が足りなくなってしまう可能性もあるのではないでしょうか?体力テストに心配な人というのは、運動の経験がほとんどない人くらいではないでしょうか?

過去に部活動で運動部に入っていた人とか、日常的に運動をしてきた人であれば、体力テストで落ちることはそんなに新派しなくても良いと思います。警察官の体力テストは、だいたい種目が決まっているので、日頃から対策も兼ねて練習をしていくと良いでしょう。腹筋、腕立て伏せなんかは家の中でもできますし、あと握力も器具があればできますね。

あまり自信がないという方も、時間があれば対策次第では十分本番までに上がっていくと思います。基準自体もそんなに厳しいところは多くないと思うので、運動に自信がないという方でも案外いける人もいると思います。あと、得意なもの、苦手なものがそれぞれあると思うので、得意なもので数値を伸ばして、苦手なものは少しでも基準に近づける。基準を下回っても多分大丈夫です。実施する種目の数にもよりますが、全部クリアしないといけないところも少ないと思うので。詳しく知りたい方は、いくつかの警察署の採用試験の体力テストについて調べると、恐らく種目と簡単な基準が出てくると思います。それを見てみましょう。