_ 2015年08月 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

独立行政法人の就職はコネがないと無理?コネ採用は存在する?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


独立行政法人に就職をする場合、コネなどは必要なのでしょうか?独立行政法人は公務員として働く場合と公務員ではない場合があります。独立行政法人は、以前にも増して独立行政法人内での自主運営の度合いが大きくなり、財源なども交付金等に頼らずに、自ら徴収するなど独自性を強めてきているという傾向を強めてきていると思います。

そのため、採用についても、コネなどがあっても不思議ではないのでしょう。国や自治体の機関としての性格も持ち合わせていますが、民間企業に近くなってきているので、採用に関して、民間企業でコネ採用があるならば、独立行政法人であっても不思議ではないですし、そもそも市役所などの公務員の採用にあっても、縁故採用はあるとされているので、ないと言うほうが難しいでしょう。

ネット上で調べてみると、結構コネ採用をやっているという暴露情報も見つかります。採用のプロセスは、民間企業にも近いものだと思いますから、その中で一部コネ採用があるとしても、全部がコネのわけはないと思うので、コネがない人が独立行政法人で働くのが難しいというわけではないと思います。コネがあれば有利にはなると思いますけど、ない人が多いでしょうからね。

これは民間企業、公務員試験問わずコネ採用は少なからずありますよ。天下りもあると言われていますからね。これは気にしてもしょうがないと思います。独立行政法人の場合はどう考えるか?微妙ですが、コネがいけないものとしても、コネは多分なくならないでしょう。コネ採用をするメリットが存在する限りは誘因は存在し続けますから。独立行政法人のトップが直接採用活動にかかわるといったことをしないと、防げないでしょうね。

民間企業の場合は、コネ採用をしようが自由なわけですが、公務員試験は一応禁止されていたはずだと思います。独立行政法人の場合は、運営の仕方は民間よりになってきたが、組織の性質というか、立ち位置的には公務員よりだと思うので、コネは望ましくないような気はします。コネを法律によっておおっぴらに認めれば、コネ採用はOKになりますが、国民の反発もあるでしょうからね。現状はこっそりやるという方法をとるというのが現実的なのかもしれません。

コネ採用を疑われたとしても、ちゃんともっともらしい理由を提示することは可能でしょうし、コネ採用っぽく見えてもコネ採用と断定はできませんから。だから、やっているのか?やっていないのか?は外からは分からないが、ないと断定するのはもっと難しいというのが現状ではないでしょうか?

大学職員は安定している?仕事は楽?←有名大学に限る

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


大学職員は安定していると言えるのでしょうか?大学職員は公務員のような働き方にも似ている面もあり、人気の職業です。仕事が楽と言われることもあり、給料もそこそこで、クビやリストラに遭いにくいということもありますから、安定しているということも言えるかもしれませんが、全ての大学がそうとはいえないのです。安定していると働き方が出来る大学もあるでしょう。

それは一部の有名大学になると思います。特に私立大学は、新たな大学が年々設立されており、世の中のニーズに合わせたいろいろな大学が存在しており、人気の大学とそうじゃない大学で分かれつつあります。人気の大学は、一生というか、いきなり不人気になることは考えづらいので、関東の私立大学で言えば、早慶上智、マーチ、成成明学獨國武、日東駒専、大東亜帝国あたりはの大学が経営不振になることは考えづらいです。

知名度でいうと、このあたりの大学までは十分あるだろうし、人気もそれなりにあるでしょう。いつの時代になっても、各偏差値に合わせてニーズは一定はあるはずで、今後数十年は安定した大学経営が期待されますから、そこで働く職員もある程度は安定した仕事ができるのではないでしょうか?これより下になると、一気に知名度も落ちると思います。

偏差値的にも50を下回ると、それだけ人気も落ちると思われますし、中にはほとんど名前を知らないという大学もあるでしょう。そういう大学が今後も問題なく経営を成り立たせていけるか?はわかりません。大学は増えていくが、子供の数は減りつつあるので、ある程度上の大学のであれば、何もしなくても毎年受験生を多く集められますし、経営は十分成り立つでしょう。

ただ、知名度が劣るところはいろいろと画策をしないと受験生を集められず、経営が成り立たない可能性もあります。そして、受験生を集めるための仕事が激務になることもあり、知名度が劣る大学ほど、結局仕事も忙しくなるというジレンマもあるかもしれません。そう考えると、大学職員が安定しているとか、仕事が楽というのは、大学によります。

それが実現するとしたら、ある程度有名大学、ある程度知名度のある大学に限られるということでしょう。だから、大学職員ならば、どこでも安定していて、仕事が楽とは言えないのです。それは応募する前に知っておくべきでしょうし、将来性のことも考えて大学職員を目指す場合には、応募する大学を選んでいきましょう。有名大学であっても、確実に安定しているとも、仕事が楽とも、確実には言えないと思いますけどね。忙しいし、不安定な大学も中にはあるかもしれないし、今後そうなるかもしれません。

警察官の面接は圧迫面接になりやすいが、合格するコツや秘訣は?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


警察官の面接では、圧迫面接になることも多いとされています。それは警察官という職業が、それだけストレス耐性が必要な職業だからということも言えるのではないでしょうか?実際、警察官は心理的なストレス、肉体的なストレスともにのしかかってくるでしょう。激務になることも多いですし、精神的に疲弊する仕事、命を懸ける仕事もありますからね。本当に大変です。

そして、犯罪と向き合う仕事で、犯人と対峙したり、話したり、いろいろな場面が想定されますが、相手は理屈が通じづらく、普通の人間とはちょっと違う人を相手に話すわけですから、当然普通の会話のようにはいきません。理不尽な目に遭うこともあるでしょうし、思い通りにいかないこともあるでしょう。そういうのが日常だということです。

大変ストレスというか、心理的な負担が重くのしかかりやすい仕事であることは間違いないので、それに耐えられる人間か?どうかを面接の時点で確かめるのでしょう。警察官の圧迫面接が、いわゆる圧迫面接と同様なのか?どうかはちょっと分かりません。面接官にもよるでしょうし。ただ、1つ重要なのは、とにかく冷静さを失わないことです。

もちろん、面接官相手に歯向かう人はいないと思うのですが、いろいろな部分で冷静でいられているか?を面接官は見ているわけですよね。一見、心を乱されていないように見えても、目線がぶれているとか、そういう仕草があると動揺しているのか?と恩割れるかもしれません。目線については基本的なことですし、面接官も気付きやすい部分ですから、特に注意して臨まないといけません。

それ以外にも動揺しているか?どうかを見極めるポイントはいくつかあると思います。そういった点を面接対策や模擬面接のときに訓練していくというか、受かるための対策を、圧迫面接の対策をしていきましょう。予備校に通っていると、そういった面接対策はかなりレベルの高いものが受けられるかと思いますけど、独学だと模擬面接もそうですし、圧迫面接の練習はなかなかできないかもしれません。そういうところでも差が生まれやすいのです。警察官になるためには圧迫面接を平然とこなして、ちゃんと対策してきたとおりに受け答えをするというのが大切なんでしょう。

内定承諾書、誓約書の法的効果と内定辞退の可否について

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験において、内定承諾書なるものを記入させられるか?はちょっとそれぞれで違うと思いますが、民間企業では多くがこういった書類に記入することになるでしょう。呼び方は承諾書、誓約書などいろいろありますが、企業側が一方的に用意したそういった書類は、基本的に法的効果はありません。これは契約書ではないので、法律的な双方の義務が発生するわけではありません。

内定を出した時点で、企業には学生が希望した場合には入社させないといけない義務が生じますが、内定を貰っても学生には入社する義務はないし、そういった承諾書にサインしても、同様です。何の効果もありません。公務員試験の受験生は労働法とかで勉強しているのではないか?と思いますが、一般の就活生は知らない人も多いと思います。

知らないと、そういったものを記入したらもう内定辞退はできないものと思い込んだり、そう思ってサインを躊躇ったりする場合もありますが、基本的にはサインをして構いません。後で嫌になったら内定辞退は可能です。ただ、場合によっては企業から損害賠償をされるケースもあります。損害賠償を請求されるというだけで、それが裁判所によって認められるか?どうかは分かりません。

請求されたとしても、入社するための用意した備品等が多くですから、現実的にはそんなに多額の金額になることは考えづらいです。現実に発生した損害ですから、そんなに高い金額を請求されるとは考えづらいです。だから、少なくとも損害賠償を怖がって、行きたい企業を蹴るまでのことをしないといけない金額にはならないだろうということです。

現実的には裁判に付き合っている暇はないでしょうから、訴えるケースはそうはないと思います。裁判は費用もかかえれば、時間もかかるし、それに要する社員がいると、その分仕事がしづらくなるなどの問題も起きますから、たいていのケースでは損害賠償請求はしないと思われます。こういった細かい法律を知っておくと、得すること、損を回避することもできますから、是非これから会社で働く人は労働法について知っておいてほしいですね。

内定のお礼状のメールや手紙の宛名は誰宛にすべき?

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


内定を貰って、それに対するお礼状を書く場合もあると思いますが、その際の宛名はどうすれば良いのか?迷うかもしれません。宛名を指定しないと、誰に届くのか?ワカラナイというのもあるかもしれませんが、この内定を出すのにかかわった人たち全てに対してお礼を言うのが良いと思うので、特定の誰かにしない方が良いような気もします。

つまり、「人事部」など、ある程度まとめてしまっても良いのではないか?むしろ、特定の誰か、社長とか、そういう書き方じゃない方が良いのではないか?と思います。これに関しては誰宛にしないといけないとか、ルールはありませんし、マナーが存在するとも言いがたい状況です。だからこそ、ケースバイケースで良いと思いますが、人事部の人間は多くが、採用活動にかかわっているでしょうからね。

あとは内定通知書が送られてくると思いますが、そこに書かれている名前を書いても良いかもしれませんね。これもしっくりくると思います。内定通知書は、多くの場合、内定を出すに当たっての責任者の名前ではないか?と思うので、社長宛にするよりは、まだ自然ではないでしょうか?迷った場合の参考になればと思います。

誰の名前を書いても、明らかに不自然な状況にはならないでしょう。だって、就活生が知ることが出来る会社の人の名前なんて限界がありますから、採用活動を通してしか知ることはほぼ不可能でしょう。そうなると、その中で知った名前は採用活動にかかあった人だということになると思います。だから、自分が知っている名前を書けば、社長であっても明らかな不自然さにはならないと思います。

宛名は大切な部分ですが、誰を書いたから正解とは言えないと思います。明らかな間違いはあっても、明らかな正解もないです。公務員試験の場合は、もっと悩むでしょうね。人事部とかない可能性もあるので。内定通知書の名前か?まとめて人事部とするのが、私は自然のように思います。内定を貰ったことに対するお礼状、メールでも、手紙でも良いと思いますから、気をつけてかいてください。

公務員のボーナスの夏と冬の支給時期は?いつ貰えるのか?

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員のボーナスというのはいつ頃貰えるのでしょうか?国家公務員と地方公務員で微妙に日にちは違うのですが、どちらも6月と12月に貰えます。年に2回支給ですね。金額は人によって違うのですが、民間とは違い、ボーナスカットというのは、現状考えづらいです。毎月の給料も安定していますが、ボーナスも安定していると言って良いのではないでしょうか?

公務員が何でボーナス貰えるの?と疑問を持っている人もいるかもしれません。ボーナスは、考え方は人によって違うかもしれませんけど、本来は民間企業であれば、売り上げが上がった分、業績が上がった分を社員全員で分配するといった意味合いもあるでしょう。だから、経営が苦しい場合には、当然ボーナスどころの話ではないのです。

じゃあ、公務員の場合はどうなのか?公務員は売り上げみたいな指標はありません。だから、ボーナスのような考え方はしづらいのです。ただ、売り上げには表れないが、何かしらの実績や貢献をしてきたと思うのですね。要は、任された仕事を遂行した分が普段の給料になり、その遂行した仕事が何らかの成果を生み出した、住民に貢献したという分をまとめて払うのがボーナスではないでしょうか?

数値で表すのは難しいものの、そういう目に見えない、捉えづらい貢献や成果は間違いなくあるでしょう。だから、ボーナスの考え方に則るならば、公務員もボーナスを貰えて良いのでは?と思います。公務員の場合は、普段の給料もそこそこ貰えているケースが多く、高給取りの職業みたいな感じで世間的には扱われつつあるかもしれません。ただ、仕事自体は大変です。

民間も大変でしょうけど、公務員の給料が相対的に高いのは間違いないが、これが普通くらいであってほしいです。民間企業の平均給与はどんどん下がり続けていき、今後300万円台までいくんじゃないか?と言われていますから、こちらの方がむしろ以上なんじゃないか?と思います。世の中の多くの人は、収入に悩み、生活が苦しいでしょうから、これをなんとか立て直すのが公務員の仕事であり、国の役割だと思うんですけどね。公務員の方々、政治家の方々には本当になんとかしてほしいですよ。

公務員試験から民間の就活に切り替えるのは無謀か?

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の勉強をしていたが、民間企業に切り替えることは可能なのか?気になっている方もいるかもしれません。それは公務員試験の勉強をずっとしてきたが、ちょっと間に合いそうにないとか、公務員試験を受けてはいるが、どこも受からないから、民間企業の就職活動に切り替えようか?とか、そういう事情があるのではないでしょうか?

公務員試験の勉強をしていたが間に合いそうにないケースの場合は、遅くても4月から5月頃に切り替えるわけですよね。ということは、民間の就職活動も本格的に始まってそんなに経っていないので切り替えは可能だとは思います。ただ、ずっと公務員試験のことしか考えていなかったとすれば、具体的に民間の就職活動をどうやってやっていくのか?理解するのに時間がかかるかもしれません。

そして、公務員試験を受けてきたが、どこにも受からないから民間企業に切り替えようか?という方もいるでしょう。この場合は、どれくらいの時期になるのでしょうか?早くて9月くらいなんでしょうかね?そうなると、民間の就職活動は丁度中盤戦という感じでしょうか?まだ間に合わないこともないですが、出遅れは必至でしょう。

また、民間に完全に切り替えると翌年の公務員試験は受けない。完全に今年民間で内定を取りに行くということになりますよね。民間の就職活動をしながら、公務員試験の勉強を引き続き続けていくというのは、結構難しいですからね。両立するのは無理ではないですが、完全に民間に切り替えるつもりならば、公務員試験の勉強をしている余裕はそんなにないのではないでしょうか?

切り替えるということは、公務員試験の道を諦めるに近い選択でもあるので、結構リスクはあります。切り替えるのが無理というわけではないでしょう。ただ、切り替えたからと言って良い結果が出るとは限らないので、底は何とも言えません。ただ、切り替えるのはせめて9月くらいまでならば、間違いではないと思うので、後は民間と公務員試験を続けるのでは、どちらがより可能性があるか?比較してみましょう。

悪法、いらないと言われる男女雇用機会均等法の問題点

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


労働法やその他法律科目等で勉強することも多い、「男女雇用機会均等法」ですが、これって結構評判悪いんですよね。全部が全部がダメというわけではないものの、労働全般における男女の平等を謳った法律なわけですが、一見すると凄い良いことを言っている法律にも見えますが、結構問題を抱えているのです。男女平等や今回の法律については、論文や集団討論のテーマにもなりやすいので知っておきましょう。

さて、何が問題か?というと、問題点はいくつか指摘されていますが、私が問題だと思うのは、募集における男女平等の点です。現行法では、求人の募集において男女どちらかしか募集しないのは違反になります。つまり、女性だけが欲しいと思っていても、「女性のみ募集」とは書けないのです。男女どちらかに偏らず、どちらでも募集しないといけない。そうなると、問題があるわけですよね。

つまり、女性しか募集していないお店が法律に違反するから仕方なく「男女どちらでも可」のような掲示をしていたとする。そして、男性が応募してきた。当然、男性は採用する気がないので、何か理由をつけて落とす。選考の空間は誰にも見えないところで行われているので、性別を理由に落としても分からないし、理由を聞かれても適当に答えれば良い。というか、答える義務はない。

初めから男性は門前払いと書いておいてくれれば、こんな無駄な時間を過ごすことにはならないわけですよね。だから、最近は適法なのか?は分からないが「女性歓迎」みたいな感じで濁して書いてあることもあります。これは「女性しか募集してないですよ?」という暗黙の了解になるわけですが、それを知らない人が「女性歓迎」ならば、男性が応募しても良いということになるから、同じように応募して撃沈する可能性もあります。同じように時間が無駄になってしまうわけですね。

実際、募集の時点で男女平等を強制使用としてもムダなんだから、被害者になる求職者が増えるだけなんだから、最初からそんな義務をこの男女雇用機会均等法に盛り込む必要がない。という意見なんですよね。そもそも、どんな場合でも男女を平等に取り扱うのが本当に良いのか?というのも疑問ですよ。人間には感情がありますからね。公務員でやるなら良いとしても、民間までやる必要あるのでしょうか?

これは男女雇用機会均等法の募集以外の項目でもいえることですが、それは民間企業に勤める人が圧倒的多数だから、彼らの雇用が危ぶまれると生活も危うい。だから、法律で仕事をしているときもそうだが、仕事にありつけるときでさえも、民間に国民の安寧な生活を保障するように迫っているのではないか?と思います。でも、これがおかしいのではないでしょうか?国民の最低限の安定した背活を支えるのは民間の仕事なんですか?これは派遣労働者の待遇改善や正社員の解雇規制も同様だが、国民安定した生活のための就労を何で民間が背負わないといけないのでしょうか?国民をまず守るのは国の責務ではないのでしょうか?

秋以降の公務員試験の面接の服装はクールビズで良いのか?

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験は、多くの試験種は8月くらいで面接が終わるところが多いかもしれませんが、特別区の区面接、国家公務員の官庁訪問、市役所B日程、C日程の場合は、秋以降も面接が続く場合があります。したがって、その場合にはちょっと涼しくなってからも面接を受けないといけないということになります。ただ、その場合の面接の服装はどうなるのでしょうか?

公務員試験の面接の場合は、夏に行われる面接は、だいたいクールビズでOKというところが多いです。ただ、それは夏だから、暑いから仕方ないという措置でしょう。ただ、気温が下がり、涼しくなってくるとクールビズの大義名分がなくなり、必要ないのでは?となってきます。その境目はいつなのか?ということが気になるかもしれません。

環境小が考えているクールビズの期間がだいたい毎年5月1日から9月30日までなので、10月くらいまではクールビズで公務員も仕事をしているということになります。そうなれば、受験生としても9月いっぱいの面接まではクールビズの格好をしていても変ではないのでしょう。9月いっぱいですと、まだ30度を越える人もあるかもしれませんが、最低でも25度くらいは平均気温あるのではないでしょうか?

9月いっぱいまではクールビズをしていてもおかしくない気温はありそうなので、その時期の面接はクールビズでもOKでしょう。そうなると、例えば市役所C日程とかは、9月に一次試験があるので、面接は10月以降になる可能性もあります。そうなれば、そういうケースではいきなりジャケット着用で面接を受けたに行ったほうが良いのかもしれません。

10月あたりから気温が少しずつ下がってきて過ごしやすい日が増えてくると思いますから、10月を境にクールビズとジャケットやネクタイ着用の通常のスーツ姿で行くべきか?が変わってくると思います。環境省の基準では9月30日まではクールビズ期間なので、その日まではクールビズの格好で面接に行っても構わないでしょう。これから公務員試験の面接を受けるときには参考にしてもらえればと思います。

国立大学法人の筆記試験は1問も落とさない覚悟で臨もう

  • カテゴリ:未分類
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


国立大学法人の試験がもうすぐありますね。今年から8月に変わったので、何か変な感じがするかもしれませんが、時期が大幅にずれたことで、難易度が下がる可能性があります。それはすでに内定を手にしている人がいるため、その人は受けない可能性がありmす。また、面接の時期ですから、面接とかぶっていれば受けない可能性もあります。従来の5月から変わったことで、受かるための何度も変わると思います。

今年はボーダーや倍率に変化がある可能性もあり、多少受かる可能性が上がる可能性もありますが、それでも教養試験のみの一次試験です。論文はありません。教養試験のみで決まります。だからこそ、教養試験が苦手だと厳しいのですが、例年7割弱くらいと言われているボーダーを突破するのはそう簡単ではありません。

国立大学法人の試験当日に心がけてほしいのは、とにかく冷静に解いてほしいということです。時間はそこそこ余裕があると思います。2時間で40問なので、時間がたっぷりあるとまではいきませんが、余裕はそれなりにあると思うのです。だから、1問1問を丁寧に解いていきましょう。1問のミスが本当に命取りになりやすいですから、ミスは絶対に許されないです。

他の試験種と比べても1問のミスが与える影響は相当大きいです。論文もありませんから。教養試験のみで決まりますから。そういう意味では、本当に1問ずつ丁寧にしっかりと確認をしながら解いていきましょう。そういう解き方をしても時間は間に合うと思うので。数的処理に時間をできるだけ残せるようにしていくと良いでしょう。ボーダーがそれなりに高い分、本当に1問も落とせません。

試験当日には、緊張するかもしれませんが、そういった意識で筆記試験に挑めると良いのではないでしょうか?筆記試験自体突破するのは難しいですが、筆記試験の倍率がそれなりに高いので、ここを突破すれば最終合格に近づくわけですからね。まずは一次試験を突破して、面接試験に進めるように本番の試験を頑張っていってください。国立大学法人が第1志望という方は特に。

内定のお礼状やメールはいつまで?出し忘れてたらマズイ?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


就職活動や公務員試験において、内定を貰った場合にはお礼をした方が良いのか?迷うかもしれません。少なくともお礼をしないよりはした方が良いのかもしれませんが、絶対にしないといけないものか?しないとマズイのか?というと、そうは思えないのです。人によって意見は違うかもしれませんが、お礼を出す人と出さない人で結構分かれているみたいです。

ただ、出すのであれば、あまり時間が経たないうちに出した方が良いです。時間が経てばたつだけ不自然ですから。メールであれば、その日のうちがベストです。手紙であれば、数日以内、遅くても1週間以内には届くようにしましょう。逆に出し遅れたとか、出しそびれたのに気付いて、送ろうとする場合、かなり日にちが経ってしまっているときには、出さない方が良いと思います。

内定を出してからかなり日にちが経ってからくるお礼状やお礼メールの方が不自然というか、人事に常識を疑われる可能性がありますから。出すのであれば期限を守った方が良いということです。民間企業の場合は、だいたい内定後に内定式や懇親会がある場合も多いので、そこでお礼をしなくても、後日内定式の場でお礼をするチャンスはあるのではないでしょうか?

ただ、お礼状は手書きで書いた方が良いのか?ということに関していえば、手書きを推奨している人は多いと思います。ただ、手書きじゃないといけないわけではないでしょう。メールの場合はそもそも手書きは無理ですから、お礼状として出す場合には、手書きじゃないと不自然か?というとそうではないと思います。だって、内定通知が手書き来ることの方が珍しいですよね。

そう考えると、内定に対するお礼が手書きじゃないといけないというのは違和感があります。手書きの方が印象が良いというのはあるかもしれませんが、別に手書きじゃないから機嫌を損ねるというのも考えづらいのです。手書きの方がベターというだけであって、別にパソコンで打った文章が価値が下がるとは思えません。というか、いちいちそんなところを気にするような人事はどうかと思いますけどね。

じゃあ、会社間のお礼をするときにいちいち毎回手書きで書いて手紙で送るのか?といったら、そんなことしないでしょう。だいたいメールですよ。または電話です。これから社会人になる人間が、社会人でもやらないようなことを実践する必要は私はそんなにないと思います。別に手書きでお礼状を出すのが間違いではないですが、パソコンで作るというのも同じく間違いだとは思いません。

私立大学職員に受かるにはコネがないと難しい?受からない?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


大学職員の中でも私立大学職員は、就職活動をしてそれで採用されることになります。ただ、大学職員は、国立大学の場合は、一応公務員試験に類するものなので、公正な採用がされていると思いますが、私立大学の職員は民間企業と同様の採用方法になるので、そうとも言い切れません。縁故採用、コネ採用がある可能性もあると思います。

コネ採用が公正じゃないというのも違うかもしれません。ただ、私立大学職員の採用については、コネ採用をしても問題ないので、実際に行なわれている可能性もあるということです。さて、コネを作らないと無理なのか?ということについては、コネがないと無理というわけではないものの、コネがあると大分有利とはなるでしょう。コネがないと受からないわけではないですが、受かるにはコネがあった方が良いのです。

大学職員とコネを作る機会なんてそうあるものではないでしょうけどね。普段から、大学の職員と友達みたいに接しているような人がいないときついわけですよ。例えば、高校の同級生が大学の職員として働いているとか、で、自分はそこの大学生とか、そういう状況でもあれば、コネになるのかもしれません。コネっていうのは作るものというよりは生まれるものって感じがします。

それはつまり、意図的に作ろうとしてもできるものじゃなくて、偶然生まれるものじゃないか?と思うのです。コネがあれば、筆記試験さえ通れば、なんとかなる可能性もあるため、コネは重要ですよね。コネ採用は批判されることも多いですが、面接で人柄を判断するよりも、普段から接していて、よりその人のことを理解しているわけですから、未知な人を採用するよりも知っている人を採用した方が安心感があるわけです。

中には教授の推薦とか、スポーツなどで活躍した人、大学の授業で優秀な成績を修めた人を採用している大学もあるようですから、コネも大切だが、それ以外にも大切な部分もあると思います。出身大学を受けないと不利なのか?という疑問もありそうですが、それはどうでしょうね?公務員試験でも出身自治体を受けないと不利か?ということはよく言われますが、必ずしも不利とはいえないと思います。

出身大学を受ける人が多いんでしょうけど、大学によっては倍率が高すぎて、違う大学を受けるというケースもあると思いますから、全員が出身大学を受けるとは限りません。採用する方も、出身大学から採用しないと困ることがあるとも思えないので、別に使えそうな人がいれば、別の大学出身でも採用されるのではないでしょうか?非常に狭き門ですが、コネを作るのは現実的ではないので、コネがない人は、それ以外で頑張るしかありません。

国民年金の保険料を払ってない、未納だと公務員試験に影響する?

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


国民年金を払っていないからそれが合否に影響するのか?と不安という方もいるようですが、基本的には心配ないのでは?と思います。大学生であれば、学生期間中は保険料の納付免除の申請をしていると思うので、問題ないと思います。既卒の方などは払っていない人、払えない人がいるかと思いますが、そもそも調べられないでしょう。年金を管轄しているの機関と自治体は独立した機関なので、そう簡単に個人情報を入手できるとは思えません。

調べようとしても調べられないでしょうし、そもそも調べないのではないでしょうか?年金保険料の納付は、建前上は国民の義務なので、それを果たしていないのは、公務員として不適格という意見もあるようですが、これを言い出したらキリがないでしょう。公務員に不適格な要素を誰も持っていないか?と言うとそんなことはないでしょうからね。

だいたい、年金保険料の未納の理由も、だいたいは払えないパターンが多いと思うのです。それは社会人は強制徴収なので、払わないわけにはいかないですが、公務員試験を目指しているような人は、学生を除けばフリーターや無職の人たちが多いため、収入が圧倒的に少ないです。公務員試験の勉強があれば、当然バイトをしていても働く時間は限られる。

すると収入面からいって、払っている余裕がないというのも頷けなくはない。そうなると、公務員試験の受験生で未納の人がいても悪質とは言いがたいのです。その程度で、公務員に不適格を言われるならば、じゃあ他の要素で不適格な人も排除してくれないと納得しない人もいそうです。要は判明していない事実で、公務員に不適格な要素なんて誰もが少なからず持っているはず。

年金保険料の未納問題もそのうちの1つでしかないと思う。実際、払えないで払っていない人はそんなに悪質とは思えないので、その程度の瑕疵は誰もが持っているのでは?と思います。だから、あえて不利にする必要もないと思いますし、採用権者も調べたり聞いたりはしないと思います。年金保険料を払っていなくてもまず不利にはならないと思います。

国立大学法人の職員は大規模な転勤はあるのか?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


国立大学法人に採用されると、転勤があるのか?という質問がありますが、転勤自体はありえます。それもどこに行くか?は分かりません。国立大学法人の場合は、採用される大学や研究機関の範囲で転勤があります。だから、その採用された大学や研究機関の管轄内であれば異動があると思います。その範囲は無限です。

近場という場合もあれば、凄い遠い場合もあり、転勤も結構大変です。全国に関連施設などがある場合には、いろいろなところに転勤の可能性があります。最高では海外という可能性もあるかもしれませんから、気をつけた方が良いというか、知っておいた方が良いでしょう。転勤は誰もが悩む可能性があるので、是非調べておきましょう。

関東地区とか、そういう区分で採用されるわけですが、転勤はその範囲内に収まるとは限らないのです。だから、本当にその時々によって、どこに転勤になるか?分かりません。転勤自体は長く勤めていたら避けられないと思いますから、どこになるか?は分かりませんが、転勤は避けられないと思って受けた方が良いでしょう。公務員も結構転勤が多いですからね。

近場の転勤ならまだ良いですよね。同じ県内とか、隣の県くらいならば、あまり転勤って感じもしないですけど、国立大学法人の場合は割と大規模というか、移動距離の大きい転勤の可能性があるので、それは知っておいた方が良いでしょう。転勤は誰もが避けたいですよね。民間企業だと結構転勤は可能か?みたいなことを聞かれることもありますが、公務員でも比較的転勤が多いところは聞かれると思います。

地方公務員は、あまりそういう転勤はないかもしれませんが、国家公務員と国立大学法人など、特殊な働き方をしているような人は転勤は付き物なのかもしれないです。転勤だと、知らない地で生活や仕事をしないといけなかったり、知らない人と仕事をしないといけなかったりするので、大変だとは思います。だからみんな嫌なんですよね。新入社員の気持ちでしょうから。だた、国立大学の職員の場合はそれは受け入れていくしかないのでしょう。

警察官に受かるには予備校に通わないと無理?絶対に必要?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の中でも、警察官を目指している方は予備校などに通わないと無理なのでしょうか?予備校に通っている人はたくさんいますが、通わないと無理ということはありません。ただ、警察官の場合は、筆記試験の問題集や参考書がそんなに多くありません。だから、市販のもので対策が万全にできるか?は分かりません。ただ、行政職の一般的な市役所などに勤務する公務員のための筆記試験の参考書などでも代用できなくはないですから、なんとかならないこともないでしょうけど。

ただ、問題は二次試験です。筆記試験はなんとかならないことはないですが、面接はきついでしょう。面接は、当然自力で面接対策をする人と予備校できちんと講義を受けて、かつ模擬面接をしている人と比べたら、かなり差が出ているはずです。独学の人と予備校に通う人の差が生まれやすいのはここです。つまり、よほど面接に自信のある方は良いかもしれませんが、そうじゃない方、自分でも面接が苦手だと思っている方は、予備校に通った方が良いかもしれません。

予備校も実は今すごい便利なんです。というのも、オンラインで授業が受けられるスタイルが人気なんです。大手の警察官向けの口座を開いている予備校も、教室で講義をする形に加えて、ネットからの授業配信に力を入れていますから。例えば「」はそのネット配信による映像講義に特に長けている予備校で、基本的に筆記試験や面接試験の講義は、パソコンやスマートフォンからのネットで行い、それを視聴する形になります。

だから、基本的には予備校の校舎には行きません。あらかじめ収録した講義をネットから観るだけでOKなんです。これによって非常に大きなメリットがあります。それは現役の大学生や社会人、フリーターの人は、勉強と仕事という本業を抱えているので、予備校に通って授業を受ける形だと、どうしても出られないケースが多く出てくることが予想されます。でも、ネット配信の場合は、すでに存在している動画を見るだけですから、そもそも予備校に通う必要がありません。

自宅からパソコンやスマホから見られます。自宅じゃなくてもOKですね。ネットがつながればどこでも良いです。さらにいつ見るか?もあなたの自由です。通常は日にちや時間帯は予備校に合わせないといけませんが、ネット配信ならば、都合のいいとき、都合のいい時間帯を選んで視聴できますから、本業の合間に、本業のない時間に、自分で好きなタイミングで、好きなように授業が見られるのです。これによって、授業を見過ごしたとか、一部見られなかったとか、そういう損失がなくなります。だから、学生や社会人、フリーターにとっては、オンラインの映像講義は相当メリットあります。

また、教室で受ける講義って、1回聞いたら終わりですよね。ただ、映像の場合は巻き戻しができるわけですよ。つまり、Youtubeで動画を見ているときと変わらないわけです。聞き逃したところ、1回聞いただけじゃ分からないところは巻き戻して、何回でも見られます。そして、どうでもいいようなところは飛ばして、早送りもできますから、より理解が深まりやすいというのはありますよね。大手の予備校もそういうところに気付いて、徐々にネット配信による映像講義の充実させようとしています。

ただ、この資格スクエアは、その映像配信に特化して専門の予備校です。ちなみに論文の添削や面接カードの添削、模擬面接も含まれていますから、そういったサービスもちゃんと受けられます。そして、費用が安いです。1年間利用しても12万円ほどです。2倍くらいかかっても不思議じゃないですからね。この資格スクエアについて、または警察官コースについて、より詳しい内容を知りたい方、興味を持ってきた方は、ホームページをご覧になるか?資料請求が無料でできますから、資料を取り寄せると、ちゃんと資格スクエアの警察官講座に特化した詳しい情報が載っていますし、それはホームページよりも全然詳しいはずですから、最良の予備校選択をするために、資格スクエアをこれから通うかもしれない予備校の候補の1つとして、無料ですぐに送ってくれますから、気軽に取り寄せてみると良いかもしれませんね。