_ 2015年07月 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

警察官の筆記試験の勉強はいつから始めれば良いのか?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


警察官の採用試験の勉強は一体いつから始めれば良いのでしょうか?警察官の試験は、筆記試験としては択一式の教養試験と論文試験があると思います。教養試験のみで、専門試験はまずないので、その分は負担は軽いですが、時間は多めに見積もっておいた方が良いと思います。大学に通いながら勉強する人が多いと思うので、1日で勉強できる時間も限られます。

教養試験は、専門試験に比べて勉強の時間に比例して得点が伸びづらいので、合格点が5,6割だとしても、それを越えるためには、私は半年くらいは見積もった方が良いと思います。教養試験は得意、不得意がもろに出やすいと思うのです。だから、時間がかかる人は結構かかってしまうでしょう。

だから、点数とれる人は、本当に、数ヶ月で十分一次試験を越えるだけの実力はつきますが、ダメな人は本当に時間がかかります。時間はかかりますが、最終的には合格に必要な点数はとれると思うので、時間を多めにとっておくことが必要なんです。大学4年生の春に試験があるので、その半年くらい前から勉強を始めると良いでしょう。

予備校などに通う場合もこの時期から遅くとも通っていることが必要だと思います。予備校は基本的にどのタイミングで、いつ入学しても対応してくれますが、早い方が授業の間隔にゆとりが生まれるので良いと思うのです。そうなると、大学3年生の冬休みあたりには遅くとも予備校に入るか?独学で勉強を始めるか?した方が良いと思います。

論文試験の勉強もあるので、こちらも教養試験の勉強と並行して行なっていく必要がありますから。論文の勉強は勉強開始と同時にやっていってほしいですね。専門試験の勉強もやる人は、1年間くらいを用意するので、いきなり始めなくても良いのですが、教養試験しかやらない人は勉強時間が少ないですから、いきなり始めないと間に合わない可能性もあります。だから、半年程度を見積もるのであれば、いきなり教養試験の勉強とともに、論文試験の勉強も始めていくことですね。

警察官の筆記試験、教養試験の難易度は?簡単なのか?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


警察官になるには、まず筆記試験を突破しないと始まりません。筆記試験は主に教養試験と論文試験になると思います。教養試験というのは、高校まで出習ったような科目が中心になります。国語、数学、英語、社会、理科というのが、基本になります。したがって、勉強しなくてもある程度点数とれるのでは?と思うかもしれませんが、これらの科目を全部完璧に覚えている人はいないでしょう。

というか、やったことない科目、ほとんど習った記憶のない科目も中にはあると思います。厳密に言えば、社会は日本史、世界史、政治経済、地理などがあります。理科は化学、物理、生物、地学などもあり、ほとんど触れたこともない科目も中にはあると思います。だから、勉強はしないといけません。それ以外に数的処理という、一見簡単そうだけど、実は難しい厄介な科目もあるので、結構ハードです。

科目数が多く、全部で15科目くらいあるでしょうか?これで5~6割くらいは最低とらないといけません。合格点自体は低いかもしれませんが、これら15科目くらいを全て仕上げて、本番で確実にこれくらいの点数をとっていくには、ちゃんと勉強をしていかないといけないでしょうね。逆に言うと、ちゃんと勉強ができれば、これくらいの点数はとれると思います。警察官の問題は、行政職の公務員の問題よりは多少簡単だと思いますから。

これら15科目の中に得意科目、苦手科目はそれぞれあるでしょう。得意科目は良いとしても、苦手科目をどうするか?というのが重要で、苦手科目も全部克服する必要はありませんが、ある程度はやっておく必要がありますから、それらをトータルして、本番までに5~6割くらいはとっていくようにしましょう。それができれば、とりあえず筆記試験の教養試験は大丈夫でしょう。期間はどれくらいかけるべきか?については、半年くらいは最低見積もってほしいと思います。

論文試験か?作文試験のどちらかが一次試験で課されると思います。これは択一式の教養試験とは別です。こちらも警察官で出題されやすいテーマに絞って、対策をしていった方が良いです。こちらも教養試験同様、無勉ではほぼ通用しません。論文を書きなれていない人が多いと思いますから。市販の参考書でも良いので、一冊買って、教養試験同様に対策をしていきましょう。その前に自分が受ける予定の自治体の警察官の採用試験では、論文なのか?作文なのか?どちらを課しているのか?確認しておきましょう。

警察官の筆記試験は、公務員試験の中では相対的に簡単な方かもしれませんが、甘く見ていると落ちます。だから、しっかりと計画性を持って、早めに取り組んでいきましょう。ちゃんと勉強をすれば、ある程度点数はとれるはずですし、合格する可能性も十分あります。簡単とは言いがたいですが、難しくはないと思うのです。是非、警察官になりたい人は頑張ってくださいね。


警察官試験 早わかりブック 2017年度

警察事務の公務員試験の難易度や倍率は結構高いと思う

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の中では警察官を受験する方もいますが、それとは別に警察事務を受験される方もいます。警察官とは違い、公務員としては市役所勤務などに近い働き方かもしれません。警察官はあまり・・・。という方は警察事務を受験する方もいます。警察事務は簡単ではありませんが、筆記試験は割と通りやすいと言われています。倍率はそれなりに高いのですが、受験者のレベルが落ちるそうなのです。

だから、日程的にも一般の行政職を受ける方の方が多いでしょうから、警察事務を受ける人は、そんなにレベルの高い人はいないのではないか?ということです。警察事務は筆記試験は勉強をちゃんとすれば通る可能性が高いでしょう。ただ、問題は面接試験です。面接はどの試験種も一緒ですが難しいでしょうね。

過去の試験結果を見てみると、例えば神奈川県警の事務職を見てみると、2014年は全体の倍率は5.6倍とあまり高くありません。一次試験、筆記試験の倍率はというと、2倍もないくらいです。ただ、二次試験、面接試験は3倍近くあります。つまり、かなり人物重視と言えるでしょう。二次試験は面接だけとは限りません。受ける自治体によっては、グループディスカッションや集団面接をやるところもあるかもしれないです。

具体的な倍率は受ける自治体によっても違うでしょうけど、神奈川県警の2014年のⅠ種試験はこんな感じで、かなり人物重視です。逆に筆記試験はかなり低倍率なので、勉強すれば通るでしょう。面接試験の倍率は、むしろ地方上級とか、特別区、東京都庁などの一般的な行政職の公務員試験よりも高い可能性もありますから、意外と難しいのです。

上記の3試験種は筆記試験の倍率が高く、面接試験の倍率はそこまで高くないですから。そう考えると、その逆の警察事務は、この3試験種よりも難易度が高いと言えるかもしれません。面接の方が努力でどうにかできる部分が少ないので、面接が得意な人を除いては、筆記試験が倍率高いのは問題ないが、面接で倍率高いのは困るという人が多いと思いますから。

ただ、警察署で勤務するわけですから、人物重視になるのはしょうがないかもしれないです。学力を必要とする職種とも思えないですから、最後は人柄や性格が警察向きか?という部分を重視するということになるのではないでしょうか?面接の倍率が意外と高いので、思った以上に難しい試験種になると言えると思います。筆記試験はなんとかなるとしても面接が高い壁になる人も多そうです。

働きながらの社会人で警察や消防のためのオススメ予備校

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


行政系の公務員ではなく、公安系の公務員を目指している人もいますよね。警察や消防などです。そういった方々がそれらの職に就くのは大変です。一般的には、予備校に通ったりして、勉強をして合格を目指すという方が多いです。警察や消防は、行政職の公務員と比べて、市販されている参考書や問題集の数が多くない印象ですから、予備校に通う人が必然的に増えるというのは自然だと思います。

警察も消防も筆記試験がありますし、面接試験もあります。それらを対策していくのは予備校に通うのが1番手っ取り早いといえるのではないでしょうか?特に働きながら目指している人もいます。社会人として警察官や消防士を目指すというのは、簡単ではありません。ましてや予備校に通う時間的余裕もあまりないでしょう。その中で彼らが合格するために考えるべきことが1つあります。それは働きながらでも通える予備校を探すということです。

予備校通わなくても合格できないことはないですけど、通った方が確率は上がりそうですね。ただ、働きながらだと、仕事に時間をとられてしまい、通っている余裕がないという実情もあります。その中で、予備校で勉強するためには、オンラインの予備校がオススメです。オンラインというのは、WEBから授業を受けるということです。ネットから授業を受けると、どうして社会人に向いているのか?というと、それは時間と場所の制約を受けないからです。

通常、予備校に通うと、予備校が作った授業スケジュール(何曜日の何日にどこで授業をやるか?)に沿って行なわれるため、どうしても仕事をしていると、都合が合わなくて通えない授業がどんどん出てきてしまうと思います。ただ、ネットからの授業だと、あらかじめ収録された動画をWEB配信して、それを視聴するので、場所はパソコンやスマートフォンが使えるならどこでも構わないですし、時間もそれぞれの見たいときに自由に視聴すればOKなのです。

こういう便利なところがあるからこそ、働きながらの人はオンラインの予備校が合っているのです。こういった予備校の代表としては「」が挙げられます。ここは今言ったような動画による授業を行なってリおり、早送りや巻き戻しも自由にできますから、関係ないところを飛ばしたり、ちょっと分かりづらかったところをもう1度聞いたりもできます。そういったメリットは、オンラインの授業だからこそできることですよね。

そして、この資格スクエアでは、料金が非常に安いというのも魅力です。通常、予備校に通うと、1年間で20万、30万円くらいはかかるでしょう。ただ、資格スクエアでは、年間12万円です。1ヶ月1万円で動画見放題です。授業は択一試験(教養試験)の授業、論文や面接試験の授業の動画が含まれており、論文の添削、面接カードの添削、模擬面接の実施などもサービスに含まれているので、安心です。最終合格までトータルで面倒を見てくれます。

この資格スクエアについての特徴をざーっと書いてみましたが、資格スクエアについてより詳しい内容を知りたい方、警察官や消防士コースのもっと詳しい内容を知りたい方などは、ホームページにアクセスしてみても良いと思いますし、ホームページからは無料で警察、消防コースの資料請求ができますから、それを取り寄せると、ホームページにも載っていないような、より詳しい情報、より魅力的な部分が理解できると思いますから、良かったら参考にしてみてください。

校舎に通う必要ない、ネットからを授業受ける公務員の予備校

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験を受けるために予備校を考えている方もたくさんいると思います。そういった方はいろいろな選択肢が選べますね。今は通学講座だけじゃなくて、DVDや通信講座も選べますから、特に受講生に人気なのが、この通信講座で、何が人気か?というと、わざわざ予備校の校舎に通う必要がないという点です。つまり、自宅で授業を受けることができるのです。

自宅だけではないですね。パソコンやスマートフォンが使える環境ならば、どこでも構いません。つまり、大学生は大学のキャンパスの中でも授業を受けられるのです。仕組みとしては、パソコンやスマホから、特設のサイトにアクセスして、そこからあらかじめ収録している授業を視聴するだけです。録画されているものを見るので、早送りとか、分かりづらい部分をもう1回巻き戻して聞くとかもできるわけです。

校舎に通って行なう通学講座では、こういったことは無理じゃないですか?そういった便利な面があるのです。そして、何よりも凄いのは場所や時間を選ばないということです。場所は自宅でも、どこでも良いですし、時間も予備校があらかじめ決めた時間帯に沿って校舎に行って授業を受けるというスタイルをとる必要がありません。自分の受けたいときに、都合の良い時間たいにパソコンやスマホからアクセスして、見たい授業を選んで視聴ができる。これが大きいですね。だから、朝起きたときとか、学校から帰って来た後とか、夜寝る前とか、いつでもOKなのです。

そういった優れた通信講座、特にWEB通信講座と呼ばれていますが、ネットから予備校の授業を受けられる環境を特に推進しているのが「クレアール」になります。このクレアールという予備校は、ネットからの通信講座に特化した予備校で、他のどの予備校よりもここに重点を置いて、受講生に教えてきています。クレアールは、今まで話した全ての特徴を含んでいますが、さらにオススメなのは、音声ファイルを使って、学習ができるという点です。

音声ファイルというのは、授業の内容を録音したファイルをダウンロードして、自分が持ているMP3プレイヤーなどに送れば、電車の中などでも学習ができるのです。音声だけですけど、混んでいる電車の中ではパソコンやスマホ出の勉強は厳しいでしょうが、イヤホンをつけて音声だけ聴くのは可能ですよね。電車の中の通学時間なも貴重な時間ですし、その時間をどう勉強に利用していくか?大学に通うための電車の中の時間も1年間くらいトータルで考えたら相当な時間になるはずです。

その多大なる貴重な時間を勉強に費やすか?音楽を聴いたり、漫画を読んだり、ゲームをしたりで、何もせずに過ごすか?勉強する学生とそうじゃない学生は、最終的に勉強時間にかなり差が出てきます。それが合否にも関係してくる可能性があります。そう考えると、このクレアールが考えた音声ファイルは、どんな時間でも勉強をするための環境に変えてくれるという優れもので、是非利用してもらいたいですね。

以上のような特徴がクレアールにはあります。ネットからの利便性を生かした授業を行い、音声ファイルなどの優れたツールもあります。そして、気になる論文の添削や模擬面接については実際に校舎に行って行なうことになると思いますが、こちらも基本的に無制限に行なってもらえるので安心ですね!近年の公務員試験はこの面接試験が鍵ですから、配点も大きいですし、筆記は受かっても面接に落ちるという人も多くいます。面接苦手な人ほど、こういったクレアールの模擬面接無制限は役に立つでしょう。

面接対策のための模擬面接が無制限、好きなだけ受けられるというのは、本当に大きいと思います。論文対策講義や面接対策講義は同じくネットからの授業になります。クレアールは料金的にも他の予備校よりも安いです。だから、金銭的な負担も少ないですね。もっと詳しくクレアールについて知りたい方、どういうコースがあるのか?料金はどれくらいなのか?受けられるサービスはどういう範囲まで含まれているのか?について知りたい方は、クレアールのホームページから無料で資料請求ができるので、予備校選びで最良の選択をするために、良かったら気軽に請求してみても良いかもしれませんね。

珍しい学部、キラキラ学部出身者は面接でそこを質問されるかも

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験や就職活動の面接で、履歴書や面接カードに恐らく学歴を書きますよね。通常は大学を書くときには、大学名、学部名、学科名まで書くと思います。そのときにたまに珍しい名前の学部がありますよね。法学部、経済学部、文学部とかじゃなくて、例えば、何だろうか?明治大学の情報コミュニケーション学部とか、立教大学の異文化コミュニケーション学部とか、法政大学のグローバル教養学部とか、あまり聞きなれない学部もたまにあります。たまに「キラキラ学部」と言われることもありますが。

有名大学でも、こういう横文字を入れたような珍しい学部が多くなってきました。首都圏出身なので、例えが東京の大学ばかり申し訳ありませんが。こういう聞きなれない珍しい学部出身だと、そのことについて聞かれる可能性があるのです。それは「〇〇学部って、どんなことを学ぶの?」といった質問です。面接官も分からない、想像できないよう名前の学部ということでしょう。

そこで、4年間学ぶこと、これまでに学んだことを全くその学部を知らない人に簡潔に、分かりやすく説明しないといけません。学んでいる内容なんて、一概に言えるものではないでしょうけど、それを数十秒程度でまとめて話さないといけないので、大変です。普通の学部出身ならば、あまり聞かれることはないかもしれません。

ただ、珍しいというのは、やっぱり興味を持たれてしまうのでしょうね。どうしても聞きたくなってしまう面接官もいます。その場でいきなり考えると、沈黙が長くなってしまうでしょうし、あまり的確な説明ができないと思います。だから、あらかじめ考えておいた方が良いです。現代風の学部に通っている方は、聞かれる可能性を考慮して考えておいた方が良いでしょう。

ただ、よくある学部でも同じようなことを聞かれる可能性はありますよ。その学部そのものについての説明(学ぶことの概要)ではなく、具体的にどんなことをそこで学んだのか?(学んだことの中心)について質問される可能性はあるので、自分が得意だった、良い成績を残した授業や思い出に残っている授業を探して、答えられるようにしておくと良いと思いますね。

面接でバイトの話題を出すと、「どうしてそのバイトを選んだの?」と聞かれる

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の面接では、アルバイトの話をすることもあるでしょう。ただ、アルバイトの話をすると、恐らく聞かれるのが「何故、そのアルバイトを選んだのか?」ということです。アルバイト先を選んだ理由について聞かれることもあると思うので、あらかじめ考えておいてください。それぞれ理由がありますよね。

私の場合はとあるスーパーで働いていましたが、選んだ理由はというと、家に近かったからとか、なんとなくですね。スーパーの仕事は仕事のイメージがしやすく、自分でもできそうだと思ったのが正直な理由です。はっきり言ってそんな積極的な理由はないです。同じような人もいるかもしれませんね。あまり印象の良くない理由で始めたという人もいると思います。

ただ、そういう方の場合、それをそのまま面接で言ってしまうのはあまりよくないかもしれません。印象がよくないのです。そういう回答がダメというわけではないと思います。どんな理由で働こうが人の勝手ですから。ただ、面接向きの回答ではないということです。それを印象の良い回答に変えるとすれば、仕事内容に言及するのが良いのではないでしょうか?

例えば、私のスーパーの業務だったら、お客さんと触れ合って仕事がしたかったから。とか、そういったものになるんですかね?これも非常に曖昧で、あまり回答とは思いませんが、アルバイトを始める動機なんて、そう印象の良い動機なんかないですよね。学生をやりながらのバイトなので、家から近いとかの理由は全く悪くないと思うんです。家から離れている、大学から近ければ良いかもしれないですけど、大学からも家からも離れているところで仕事をしていると、学生という本分に支障が出そうです。

バイトは本業じゃないので、学業の傍らにやっているので、家から近いからとか、大学から近いからとか、学費を稼がないといけないので時給が高かったからとか、シフトに融通が利きそうだったからとか、そういう学生であることを踏まえて、自分の本分が分かっているような発言は決して悪いとは思わない。そのバイト先じゃないとダメな理由というのはそうはないです。だから、これ以上限定しないといけない理由はほぼ皆無だと思います。

面接官もバイトはしたことあるでしょうけど、そんな格好がつくような理由で始めた人がいるのか?というと、なかなかいないでしょう。就職するわけじゃないのだから、はっきり言ってバイト先ってのはここじゃないとダメなんて人はほとんどいないです。最低限の条件さえカバーできれば、どこでも良いというか、志望順位が低くても働くという人は多いですよ。選んでいる余裕もない人もいるかもしれない。それが実情だと思うので、積極的にここじゃないといけない理由はなくて当然だと思います。したがって、学生の本分がちゃんと分かっているような回答ができれば、世間一般的にはおかしくない回答と言って良いでしょう。

数的処理の勉強を始める時期は?いつから始めれば良い?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の中でも最重要科目として位置づけられているのが数的処理ではないでしょうか?数的処理ができないと公務員試験は合格不可能みたいな印象もあるかもしれませんが、決してそんなことはないと思います。試験種にもよりますけど、ある程度できないとマズイところもあれば、あまりできなくてもOKというところもあると思うのです。

さて、そんな数的処理は一体いつから始めれば良いのでしょうか?公務員試験の勉強をこれから始めるという方であれば、気になるところかもしれません。数的処理は問題の数も多いし、凄い重要な科目というのは分かっているのではないか?と思いますけど、いきなり始めないといけないのでしょうか?基本的には苦手な人が多いと思うのですが、勉強を始める時期とどれだけの点数を目指しているか?にもよります。

勉強を始める時期がちょうど筆記試験の1年前くらいからと想定する場合ですが、私はそもそも最初から高得点なんか狙ってませんでした。5割取れれば最高という感じで、4割くらいとれれば良いやと思っていたくらいです。したがって、いきなりはやりませんでしたね。いきなりやる気も起きなかったというのもありますけど。最初は憲法とか、政治学、行政学から始めていた記憶があります。

数的処理を本格的にやりだしたのは、いつだったかな?あまり覚えていないけど、遅かったと思います。本番では結局、3~4割くらいの正解率が多かったと思いますので、狙い通りだったかもしれません。満点とか、高得点を狙っている人はそんなにいないと思いますけど、5割くらいを目指すのであれば、残り半年くらいから始めても間に合うのではないか?と思います。

早く始めた方が良いのはその通りですし、その人の成績の伸び具合にもよりますけど、5割くらいを目指している人が多い印象なので、別に1年前からいきなりやらなくても良いと思うんですよ。数的処理をいきなり始めると、それに躓いた場合に、公務員試験の勉強そのものに対してやる気がなくなってくる可能性もありますから。だから、数的処理はちょっと後回しにして、やりやすい科目から勉強するというのも良いでしょう。

もっと後から始めても、5割くらいを狙うならば、間に合う可能性は十分あります。最低半年以上残しておけば、真面目にやれば狙える点数だと思います。もっと高得点を狙うのであれば、勉強開始と同時に数的処理の勉強も始めないときついかもしれませんけど。勉強開始が遅くなってしまった場合には、5割くらいを目標にしてもいきなり始めないといけない場合もあると思いますけどね。

正社員を解雇しやすくする解雇規制の緩和に賛成?反対?

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


正社員をクビにしやすくするべきか?解雇規制を緩和すべきか?ということはよく言われています。正社員が守られすぎているという意見もあれば、働かない正社員をもっとクビにしやすくすべきという声もあります。これは一理ないとは言えないと思います。企業は1度正社員を採用すると、かなり厳しい条件下じゃないと解雇ができません。正当な理由というか、解雇をいかに避ける努力をしたか?などを問われるのです。

すると、採用した正社員があまり仕事をしてくれないとしても、簡単にクビにはできません。それが企業にとっては重荷になる場合もあります。それを受けて、解雇条件を緩和して、正社員もバンバンクビにできるようにしていくべき。とする声もあるのです。ただ、その意見には正社員の生活の安定が失われると言われることもあります。それはその通りですが、それを言うなら非正規社員にも同じことを言わないといけない。

つまり非正規社員の待遇も正社員同様にしろと。少なくとも解雇要件は同じにしないと納得しないでしょうね。そして、この問題でそもsも問題なのは、何故正社員の生活の安定のために企業が負担を背負わないといけないのか?ということです。生活の安定を支えるのは企業の仕事じゃない。本来は国や自治体であるはず。セーフティネットを用意するのはそういった公的なところが担う仕事なのです。

先ほど言ったように、企業は正社員をクビにできないと重荷を背負うこともあります。それが正社員の生活を安定させるための措置だとしたら、何故か国や自治体が担うべきところが企業に転嫁されている状況なのです。これがおかしいと思う。正社員の解雇規制の緩和に彼らの生活の安定を理由に反対するのであれば、その反対意見は是非企業じゃなくて国にぶつけるべきでしょう。

国が用意しないといけないセーフティネットが万全じゃなく、企業が肩代わりしている状況はおかしい。公務員試験でも、民間企業の正社員の解雇規制の話は出るかもしれません。グループディスカッションや論文でも。そのときにいろいろな根拠をもとにして意見を言えるように日頃から考えておきましょう。私の意見としては、国や自治体がセーフティネットをちゃんと整えることを条件に賛成ですが、本当は正社員も非正規社員もクビになることを恐れないで生活していける環境がないとおかいしと思うのです。

就職できないと人生終わりとか、正社員になれないと終わりとか、正社員をクビになったり終わりみたいな、毎日何かに怯えながら生活している人はちょっと可哀想ですよね。公務員はそういう生活とはあまり関係ないかもしれませんが、他人事ではありません。公務員も突然クビにならない保証はありませんから。是非、他人事とは思わず、この国の労働者とどの生活面について考えてみましょう。

公務員試験や就活の面接での目線は面接官のどこを見るべき?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験や就職活動でも同様かもしれませんが、面接を受けているときの目線というのは、どこに照準を合わせれば良いのでしょうか?面接官の目をずっと見ているのもなんか気まずいと思いますし、ただ、ヘンな方向を見ていると、それも良くないでしょう。よく言われているのは鼻を見るということですね。これは良いのではないか?と思います。

目でもおかしくはないんですけど、ずっと相手のことを見つめているのも、面接官にプレッシャーをかけるような感じで、面接官としても変な気分になるのではないでしょうか?あまり心穏やかじゃないと思うのです。だから、目じゃなくて顔のどこかで良いと思うのです。目線が顔からかなりずれるのはあまり良くないと思うので、顔のどこかを見ていれば良いでしょう。

それが鼻なんです。そして、面接官が複数いる場合に、質問をした面接官以外に目線を変えるべきか?というのも悩むかもしれません。3人面接官がいて、真ん中の人が質問をしてきたら、その面接官だけをずっと見ているのか?左右の面接官にも視線を配るべきか?ということです。これは普段からやりなれていないと上手くできないと思います。そんな機会ってなかなかないでしょう。

どのタイミングで目線を変えれば良いのか?テレビに出ているコメンテーターなどは慣れてますよね。それは仕事でよくやっているから。でも、普通の大学生がそんな練習をする機会というか、そういったことを経験する機会って、今までになかなかないと思うので、急にやろうとしても不自然な感じになりかねませんね。模擬面接とかで練習してみるのも良いと思いますけど。

一応、練習してみて上手くいきそうなら本番で実践してみても良いかもしれませんが、やり慣れていない人はやらなくても良いと思いますよ。特定の面接官と質問をかわしているときに、関係ない面接官の方を見られても。という面接官もいるかもしれない。私が面接官なら、そういう必要ないですね。これはどう思うか?は面接官によると思います。正解はないと思うので、どちらでも良いでしょう。ただし、やり慣れていない人はあまりやらない方が良いのでは?と思います。

公務員試験の予備校は独学よりも合格率上がる傾向にあると思う

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の予備校に通うと、合格率というのはどの程度上がるのでしょうか?これは予備校側の発表がないので、予備校に通った人の合格率というのは、なかなか分かりません。そんなに高くないと思います。1人が複数を受けるので、1個くらいは合格していれば、それで合格率が上がるということになりますが、数字としてはどうなんでしょうね?1つの試験種も受からないという人を除いた数字を合格率とするならば、5割くらいではないかな?と思います。

これは推測ですから、何とも言えません。独学でやるよりも予備校に通った方が受けられるサポートが増えるので、客観的に言ったら合格率は上がると思います。私が通っていた「資格の学校TAC」では、予備校に通った方が明らかに独学よりも有利な点がいくつかありました。それを説明します。まず、面接において、過去の面接再現のデータが見られます。これは特別区、東京都、国家一般職など、それぞれの試験種ごとに、そこを受けた人の面接の再現が載っている冊子があり、それが見られます。

そこには面接時間、面接官の人数、質問内容、面接官の反応、合否結果などが載っており、かなり貴重です。面接対策講義でも同じようなテキストが配られると思いますが。これは予備校に通わないと多分手に入らない情報です。市販の面接対策本には「まず載っていないです。予備校が受講生から集めたデータをもとに集計した冊子ですから、予備校に通わないと手に入らない情報です。

実際、こういう情報がある受験生とない受験生はかなり差が出てくると思います。過去に実際に何を聞かれたか?とかの質問は、面接対策本には載ってないし、載っているのはあくまでも予想質問です。予想といっても全部予想できるわけじゃない。こういう冊子に載っていて、面接対策本に載っていない質問もあるわけですから、その分事前に予想できる範囲が広がります。冊子に載っている質問が実際に出るとは限らないものの、カバーできる範囲が広がるので、その分有利になるでしょう。

そして、次は論文の添削です。論文の添削は予備校に通わないとしてもらえるチャンスはあまりありません。ある程度論文について、公務員試験の論文について知っている人が採点しないといけないわけですが、そんな人が周りにいるとは思えないのです。すなわち、添削作業はほとんど予備校以外ではできないのです。添削自体はフィードバック作業になるので、これは参考にもなるでしょうし、ダメな部分を改善するときに役立つでしょう。

そして、最後が模擬面接ですね。模擬面接は、大切だと思います。慣れておく意味でも、ここで失敗しておけば、その分本番の失敗が減るでしょうし。模擬面接を受けられる機会は、予備校以外だとそうはないです。公務員試験に特化した面接をしてくれるところはなかなかないです。独学だと、面接のノウハウは頭に入っていても、実践が足りないから、そこで差が出てくる可能性もあります。TACでは一定のコースに入れば、論文の添削や模擬面接の受講は無制限にOKですから、やっぱりここも予備校ならではの強みになるでしょうし、合格率を上げる要因になるでしょう。

私が通ったTACの良いところをとりあえず3つ挙げてみました。独学と比べて、予備校に通った方が合格率が上がりやすいということは理解してもらえたと思います。私が通ってみて、TACは非常に良い予備校だと感じました。具体的にTACでは、どのようなことをどのようにして学ぶのか?今回紹介した以外にどんなサービスがあるか?どんなコースがあって、その内容は?費用はどれくらいかかるのか?について知りたいでしょうから、ホームページにも載っているので、それをご覧になるか?ホームページよりもさらに詳しい情報、公務員試験講座だけに特化した詳しい情報を知りたいのであれば、無料で資料請求もできるので、良かったら参考にしてみてください。

資格の学校TAC<公務員>各種コース開講

いじめ問題は素人の教師ではなく、プロである警察や探偵に任せたら?

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


学校でのいじめ問題というのは、本当に後が絶たないのですが、この問題はもう学校に任せていても無理でしょうと思います。そもそも学校の中で起きたから、まは学校に通っている児童や生徒が起こしたいじめだから、それを学校の先生や学校に解決させるのが無理があると思うのです。いじめ問題について、学校の先生は素人でしょう。あなた方と多分変わらないと思います。

彼らは教育全般については一応職務とされているのだろうけど、彼らの専門領域はあくまでも勉強を教えるという点です。それ以外の部分についていえば、親と変わらないのではないか?と思います。親が解決不可能ならば教師にも無理だろうと思います。実際、中学校の教師とかであれば、彼らは日常的に忙しすぎる。教職員全般の時間外労働が月に72時間あるらしい。「休みがない…学校の先生の過酷すぎる現状」によると。

あと、学校での仕事じゃなくて、家に持ち帰っての仕事が月に22時間、そして問題なのは部活動です。これを入れると、月の時間外労働は合計114時間になるらしい。勤務日数が月20日強だとして、1日あたり5時間近く時間外労働をしていることになる。さらに親の対応や生活指導、家庭訪問など、本当に学校を取り巻く業務があまりに多い。そんな中で、いじめ問題を教師に託するのは無理があるでしょう。

彼らはもうへとへとです。中学校時代を思い出してみても、当時は8時半まで行かなければならなかったが、教師はそんな遅い時簡易きてはいけない。民間企業ならば、8時半くらいは普通に多いと思うが、生徒よりも遅く学校にくる先生はいない。彼らは7時くらいにはもう来ているらしい。すると、家を出るの何時でしょうか?私たちみたいに家の近所に学校があるという状況ではない。電車にしろ、車にしろ、1時間くらいは見積もるとすると、遅くても6時には出ないといけない。すると、朝起きるのは何時でしょうか?5時とかになるのでしょうか?

あまりに多い時間外労働を経て、次の日こんなに朝早く起きないといけないとなれば、本当に今思うと、教師は本当にきつい生活ですね。そんな彼らにいじめ問題という誰もがあまりかかわりたくないと思ってしまう問題を押し付けることは、私は適切とは思えないのです。先ほど言ったように彼らは素人なんです。部活動の顧問についても同様で、これも素人であるケースも少なくないと思います。

学校の先生は実は、教員免許をとる段階で習ってこなかった部分、専門外の部分について、実際に働き始めたら多く任されてしまうのだと思います。いじめが起きたら教師は叩かれることは多いが、いじめ問題に気を配っている余裕もなければ、一素人に言ってどうするのか?という思いもあります。いじめ問題は警察や探偵に任せてほしいと思う。そっちの方が教師、いじめられている生徒や児童双方にとって良い結果をもたらしてくれるのでは?と思います。探偵に依頼するケースはちょいちょい増えているみたいですけどね。本来ならば、部活動の顧問とかも、もっと詳しい人を雇ったらどうなのよ?と思います。教師に兼任させないで。

公務員試験の論文を書くときのベストな書き出し、始め方は?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の論文を書くときには、どうやって書き始めれば良いのか?その書き出しがちょっと分からないという方もいるみたいですね。別に書き出しは、小説を書くわけではないので、上手い表現などを使っていく必要は無いと思いますし、そこまで気を配らないといけない部分ではないともいますが、個人的にしっくりくるのは、問題の深刻さを煽る表現が良いのかな?と思います。

どういうことか?というと、例えば「少子化」がテーマならば、少子化が進んでいる現代日本に起きている、またはこれから起きる可能性のある現象や問題を出して、「少子化が今の日本では問題となっており、それが今後進んでいくと、〇〇や〇〇といったことが起きることが予想され、社会に対する影響は非常に大きいと考えられます」といった感じですね。

論文のテーマになっているものが今どれだけ深刻さを極めているのか?そして、それが改善されないと、今後どうなっていくのか?それをどこまで詳しく書かなくて良いと思います。触りの部分ですから、概略だけ書いておけば良いのです。「だからこそなんとかしないといけないよね」と、その後につながっていくような内容を書き出しで書ければ、スムーズにいくのではないか?と思います。

書き出しから序盤にかけては、序論の部分なので、今実際に起きている問題や今後起きる可能性のある問題について触れたり、それが起きている、起きる可能性がある背景や原因について述べる箇所でしょう。そうなると、書き出しの部分については、論文で実際に出たテーマが本当に深刻で、すぐに対応策を考えないといけないんですよ?と再確認させるような内容にしていけば良いのではないか?と思います。

別にこれは一例なので、こういった書き出しじゃないといけないわけではありません。これ以外にも別に良い書き出しがあると思うので、自分で納得したもの、自然だなと感じた書き方をしていってください。私は今回紹介した書き出しが特に自然に感じるので。論文は構成の仕方や表現方法も一応評価対象にはなると思いますけど、大切なのは中身ですから、そこを1番に考えて対策をして、本番では書いていってほしいと思います。

就活に滑り止めは存在しない!確実に内定が出る企業はない

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


就職活動においては、基本的には滑り止めの企業は存在しないと思った方が良いと思います。それは滑り止めというのは、自分の客観的な実力と企業のレベルが把握できて初めて作ることができると思うのですが、大学受験みたいに偏差値順に大学が並ぶということは、就職活動ではないでしょう。強いて言うならば倍率で受かりやすい、受かりづらいがあるくらいだと思います。

大学受験は自分の偏差値と受かる大学、受からない大学がある程度相関関係を持つと思いますが、就職活動では、そもそも客観的な自分の実力というものが分かりません。偏差値なんかありません。そして、企業の方を見ても大偉業は倍率が高そうだな、中小零細の方がまだ倍率が低そうだから受かりやすいかな?という見方ができるくらいです。受験みたいに〇〇大学の〇〇学部は偏差値がいくつと出るわけじゃないです。

個別の企業の難易度は分からないのです。おおまかに大企業中小零細で分かれるくらいでしょう。そうなると、自分が受かりやすい企業を見つけるということはほとんど無理ですね。募集人員を応募人数が下回っているような、定員割れを起こしているような企業があれば話は別ですが、そもそもそんな情報は公開されません。だから、自分にとって受かりづらい企業は見つけられるかもしれないが、受かりやすい企業っていうのは、中小零細を受けるという、アバウトなことしかできないのです。

だいたい滑り止めが存在するならば、1人が50社くらい受けることは珍しくないので、その中で内定は絶対にとれるでしょう。大学受験と違って、就活は無料で受けられるので、滑り止めだけで何社も受けられますから、全部は受からないにしても、1社は最低受かるでしょう。でも、受からない人がたくさん出る。滑り止めなんかが存在するならば、無い内定の人はほとんど出ないはず。

にもかかわらず、たくさん受けながら内定が1つも出ない人が大勢いる理由は、そりゃ滑り止めが事実上存在しないからです。勉強はやることがはっきりしているから良いけど、就職活動は、採用基準が分からないし、企業によって違うし、ということで、中小零細に落ちて、大企業に受かるということも普通にあります。だから、滑り止めという概念はほぼなく、たくさん受けて、その中から相性の合う企業に出会う確率を増やすしかないというのが、真の滑り止めになるのではないでしょうか?

学歴が高卒でも大学卒業程度の公務員試験を受けられる!

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験は大卒や高卒などの専用の枠がありますが、これは別にその学歴の人じゃないと受験できないわけではありません。例えば、大卒程度の公務員試験の場合は、大学卒業または大学卒業見込みの人以外でも受験できます。年齢制限がありますから、大卒程度だと、22~30歳くらいまでが多いと思いますから、高校生は受験できないと思いますけど、大学生以外でも受験可能です。

つまり、大学に通っていない人でも、年齢の下限や上限をの範囲を満たしていれば、受験できます。高卒の人も大卒程度の試験を受けられます。また、逆に大学生が高卒程度の試験を受けることも可能です。高卒程度の試験は、年齢の幅が狭いので、大学生も受けられえる年齢は狭いと思いますから、実際受けられるのは、大学3年、4年生とかは受けられない可能性もありますが。

しかし、大学生であっても、若いうちから公務員試験を意識していれば、大卒程度の試験を受ける前に高卒程度の試験を受けることはできますから、それに受かってしまえば、その時点で公務員になることもできるということです。その場合には大学を中退するか?ということになりますから、現実的にそれは嫌なので、大卒程度の試験を受けるということになるのでしょうけど。

大卒程度の試験というのは、試験のレベル、特に筆記試験のレベルが大卒程度ということですから、高卒の人が大卒の試験を受けるのと大学生が高卒の試験を受けるのでは、難易度に差がありますね。実際、大学生であってもきちんと勉強しないと歯が立たないので、高卒の人も同じように勉強すれば、筆記は何とかなると思います。

高卒程度の試験の問題を見たことないので分かりませんが、レベルは大卒よりも下がるのでしょうか?とはいっても勉強しないときつそうではありますけど。大学生が高卒の試験を受けるのはあまり現実的ではありませんけど、高卒の人が大卒の試験を受けるのはありでしょうね。大学を中退してしまった人などは、学歴は高卒ですが、高卒の試験はもう年齢的に受けられない人も多いと思いますから、公務員になりたいならば大卒程度の試験を受けてみるというのもありでしょう。

公務員試験の面接官は素人が多くなりやすいことを認識すべき

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の面接突破の鍵は面接官にあるかもしれません。というのも、公務員試験の面接官はほとんど素人に近いかもしれない。彼らは普段は人事とは全く縁の無い仕事をしている人たちも多いです。そんな彼らが毎年面接の時期が近づいてくると、いきなり面接官に任命されて、その職務を全うするわけですね。面接官を臨時でやっている。そりゃ一応任命される場合は適性が考慮されるのでしょうけど。

特別区とか、東京都とか、国家一般職とか、面接しないといけない人数がかなり多い試験種は、いろいろなレベルの面接官が混じりやすいです。実際、面接を受けると分かると思いますけど、3人くらい面接官がいたら、1人くらいはあれ?って人がいる可能性もあります。それは面接官としての適性が本当にあるのか?と思えてくるような人です。

彼らは面接で人を見極めたり、選んだりするのに慣れていない人が多いので、それを踏まえて面接対策をしていきましょう。つまり、民間企業でいうと最終面接に近いです。民間の最終面接は社長とか面接官としては素人同然の人がやったりしますが、その場合には彼らは何を基準にして見極めたら良いか?分かりません。公務員試験の場合は事前に指示があるかもしれませんが、指示された基準を満たすか?満たさないか?という判断は自分でしないといけません。

どういう要素にそれを求めたら良いのか?当然慣れていませんから分かりません。すると、必然的に印象の部分が大きく合否に作用してしまうのです。新卒の採用の場合には、公務員も民間も能力よりも今後の期待、成長性を見て選ぶ傾向にある気がします。最低限の力は必要でしょうが、それを満たしたら後はほとんど印象の部分が大きく作用しやすいと思うのです。何故なら、そういった部分でしか判断材料がもてないからです。印象以外に評価を決める際の自分なりの根拠を持てない人多くいると思います。

経験をたくさんしていて、現実に使える公務員を選べているという自負がある人は、過去の経験から自信を持った根拠を掴みやすく、どういう質問をして、どういう点を見るか?自分なりに分かっているはずです。その場合には印象も入ってはくるでしょうが、今後の期待や成長に賭けて採用するケースなのかな?と思います。そういう経験豊富な面接官が必ずしも良い人材を採用できているか?は分かりませんけどね。

ただ、経験が少ない面接官は今後の期待や潜在的な成長力を見極める自信がありませんから、現段階の面接で見せるその場限りの姿から印象を形成し、その良し悪しで決める傾向にあるかもしれません。先ほども言ったように、それ以外に根拠がもてないのです。経験がないってことは、良い人材が採った経験がないから、どういう人がそういう人材に当てはまるのか?が分からないのです。そうなると、自分の中の印象しか決定打がないということになってしまうのです。全員が素人同然というわけではないものの、傾向としてはそういう感じになりやすいと思います。