_ 2015年05月 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

公務員試験の面接試験に絶対に忘れてはいけない持ち物

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の面接は、1回で終わるところもありますが、2回、3回それ以上と続く場合があります。1回で終わるなら良いかもしれませんが、2回目以降もある場合には、是非持ち物としてクリアファイルか、封筒を持っていきましょう。そんなこと言われなくても持って行くつもりだった。という方は問題ありませんが、忘れていたという方は是非持って行ってください。

どうしてこういったものが必要か?というと、恐らく2回目以降の面接の書類、面接カードとかが配られる可能性があります。1回で終わるならば、面接カードが配られることはないでしょう。配られるものはあるかもしれもしれませんが、それはカバンにそのまま入れてしまってもそんなに問題ないようなものかもしれません。

面接カードは、しわくちゃにしてはいけないし、綺麗に持って帰らないといけないので、さすがにクリアファイルや封筒に入れて保護してあげることが必要だと思いますけど、そうじゃない連絡用の配布物は本人がよければ多少汚れたり、しわがついたりというのはそんなに問題にはなりません。クリアファイルが主流かもしれませんが、大き目の封筒でも構わないと思います。

面接カードは、当然綺麗に扱わないといけないものですよね。多少汚れたりして、それが合否に響くのか?は分かりませんが、そういった心配をしなくて良いようにちゃんと丁寧に扱うようにしましょう。特別区とかは、去年まではそのタイプでした。1回目の面接のときに2回目の面接カードが配られましたが、今年からは1回になるので、あまり関係はなくなりつつあるのかな?と思います。

市役所試験などは何度か面接が続くと思うので、そういう配慮をしていく必要があるでしょう。配布物はどれも丁寧に扱ったほうが良いので、どの面接においても是非これらのものは持って行ったほうが良いです。忘れると替えが効かないです。配布される前、会場に到着する前に気付けば、近くで買うとかできるかもしれませんけど、会場に着いた後に気付くと、買えるのは配られた後ですね。それから買うまでに汚さないように、しわくちゃにしないように扱うのも大変です、他の人に貸してもらえないですし、特別区の職員の人に言っても貰えないでしょうから、是非忘れないようにしてください!

特別区の専門試験で55問から40問を選ぶときのアドバイス

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


特別区の専門試験って、55問中40問選択の試験じゃないですか?これが微妙に厄介だったりする場合があります。それは40題を選ぶときにどうするか?ということです。41問以上マークしたら採点されないとかではなかったと思います。確か、1番最初にマークした問題から40番目までが採点されるはずです。でも、ミスはしたくないですよね。

これは私が使っていたやり方なので、別に踏襲しなくても良いですけど、参考程度に聞いておいてください。私は確実に合っていると確信できる問題は解きながら、その都度マークしていきました。そして、最後まで解きますよね。でも、40問以上はマークはできていません。どれくらいかな?半分くらいはマークが余っていたかな?

一応、多分合っているだろうと思える問題はこの時点ではマークせずに、確信できる問題だけをマークしていきました。そして、全ての問題が解き終わると、最初の問題から見直しを始めて、3択以下までしか絞れないものはその時点で却下して飛ばします。そして、2択まで絞れたもの、または合っていると思うんだけど、自信のない問題を順番に見ていき、とりあえず最終的な答えを出しました。

そして、それらの問題を1個1個見ていき、より正解の確率が高そうな問題を残り40問になるまで埋めていって、最終的に40題を解答するという形をとっていたと思います。だから、55題を全部解き終わってから、それらの作業に使える時間を残しておく必要があります。できれば20分くらいは残しておきたですね。

専門試験は90分なので、1時間と10分で55問の解答を終えるというのがベストだと思います。早い人はもっと早く終わると思いますけど、120分のところが多い中で、90分で、おまけに70分で終わらせないといけないとなると、焦る人もいるかもしれませんから、焦らないようにはしてほしいと思います。見直しなどの時間をとるために、ケアレスミスをしたらもったいないですから。

面接カードやエントリーシートの書き方で大切な1行目、1文目

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験や就職活動では、いろいろな項目についてエピソードを交えて書いていくことになると思います。面接カードやエントリーシートと呼ばれていると思いますけど、そこで大切なのは実は1行目だったりするのです。1行目が大切というか、1番最初に目に入ってくる部分が特に大切ということです。ブログだったら記事タイトルです。

面接カードやエントリーシートの場合には、そういったものがないので、基本的には1行目になります。1行目というか、1文目ですね。最初の句点までにどれだけ相手を惹き付けられるか?読む人に興味を持たせるか?が重要です。人の顔をみたときとかと同じで、第一印象を形成するのに大切になってくるのです。

したがって、何気なく1行目を書いている人は、そのまま相手に伝わってしまっているので、工夫次第で、相手に伝わる印象も変わってきます。インパクトや驚きを与える。興味を持たせるということが必要なのです。そこで1行目、1文目にどういう書き方をするか?ですが、先ほど言ったインパクトや驚きに加えて大切なのは以下で何を書くのか?を簡単に紹介することです。

今からアルバイト経験について書きますよ?みたいなことが相手に伝わることが大切です。そして、以下で書かれていることに興味を持たせるには?どうするか?話の核心部分をさらっと出してしまうことです。気になる気になる!と読む人を思わせるためにです。テレビ番組でも、CM後の内容をCM前にさらーと出すことあるじゃないですか?あれと同じ手法です。

例えば、自己PRの例でいうと、「私はアルバイトお店の売り上げに貢献してきました」というのでは平凡です。「私はコンビニのアルバイトで、1日の売り上げを2倍にして、時給も2倍になりました」といった内容にした方が、続きが読みたくなりますね。全部をここで書く必要はないですけど、ある程度先の内容が想像できるような書き方をすると良いと思います。そして、具体性を出すことです。何のアルバイトをしていたのか?何をやって、どういう成果を挙げたのか?が具体的にここで結論として分かってしまうように書くと良いでしょう。

で、その詳細を以下で詳しく説明していくという流れが良いと思います。読む人の第一印象で、先入観をもたれてしまって、続きを読むときにもかなり影響があると思います。面白そうと思えるか?また同じような内容か?と思われるかでは、最後まで読んだときの感じ方も違うと思うので、結果的に合否に大きく影響を与えてしまいます。

国家総合職の人事院面接の時間は?案外短い

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


国家総合職の二次試験は人事院面接になりますが、これは合格しても、官庁訪問を行って、そこで内定をとらないと採用されません。そういう意味では、人事院面接は通過点に過ぎないかもしれませんが、ここを通らないと官庁訪問で内定をとっても意味がないので、しっかりと対策をしないといけないのです。

国家総合職はそこまで面接の配点は高くありませんが、面接はやはり重要です。筆記試験で良い成績を残せれば、それだけかなり有利ということは言えるものの、面接対策はしっかりとやらないとなかなか受からないでしょう。面接の時間はあまり長くないようですよね。20分程度のようです。今年も同じか?どうかは分かりませんけど。

面接時間が20分というのは、そんなに長くは感じないでしょう。長いところは30分以上やっているところもあるので、普通くらいかな?という感じです。面接でどんなことを聞かれるか?詳しい面接の内容などはネットで調べるか?予備校などで調べるか?してみてください。私は国家総合職受けていないので、詳しいことは話せませんから。

国家総合職はここからが長いですよ。早い人は早く決まるのかもしれませんけど、長い人はここから人事院面接、官庁訪問を通じてずっと面接などを受けていくことになるかもしれませんからね。他の試験種で内定が出れば、そこに決めるということもあるかもしれませんけど、国家総合職が第一志望の方は、ギリギリまで続けますよね。

国家総合職の面接対策は大変だと思いますけど、あの難しい筆記試験を受かったのですから、そのチャンスを是非生かしてほしいなと思います。倍率はそこまで高くないですし、受かる確率はそれなりありますが、筆記試験の出来次第ということも言えますから難しいですけど、まだ本番まで時間がありますから、是非頑張ってください。

千葉県庁の面接で採用可能性を高める志望動機の考え方

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


千葉県庁の志望動機を考えるときに必要なのは、千葉県庁のホームページを見て欲しいと思います。千葉県庁の職員採用のホームページには、千葉県庁の求める人物像が書かれているのです。千葉県への志望動機を考える際には、地元出身だからといって、それをメインにしてもあまり響かない可能性があるのです。それは地元出身だったら何なのか?と思われてしまう可能性もあるからです。

地元出身だと、能力的に優れているとか、県外出身の人よりもいい仕事ができるという根拠があれば良いかもしれませんが、それがないと地元出身という理由はあまり有利にならないというか、志望動機として評価されない可能性もあるのです。そうなると、じゃあ千葉県の公務員として相応しい理由を考えれば良いのです。

そこで先ほど言ったように千葉県の職員採用のホームページを見るというのが良いのです。求める人物像には何と書かれているか?というと、1.県民志向・・・時代の変化を柔軟に感じ取り、県民の視点に立って行動できる人物だそうです。これは今何が必要か?ということをあなたが感じ取ることが出来ているか?ということに言い換えられるかもしれません。つまり、今、時代のニーズ、県民のニーズに沿ったもので、特にこの仕事をやりたい!この仕事を通じてこれを実現したい!ということを述べると評価されるかもしれません。

そして、次は2.地域経営の視点・・・経営感覚を持って、いろいろな主体と一緒に政策を考えていける人物だそうです。これは例えばアルバイトをしていたときに、こうしたらお客さんがより利用しやすくなるのではないか?と考えて行動したエピソードとか、売り上げを実際に挙げたエピソードとかを志望動機に練りこむというやり方が良いかもしれません。日頃からこういった考え方ができるため、自分は千葉県庁の(求める人物像に合致するから)職員に向いていると、だから千葉県を志望するんだということです。

さらに3.危機管理・・・様々な危機に的確に対応可能な人物だそうです。これはバイトとか失敗してしまったときにどう盛り返したか?とか、何か問題、トラブルを抱えたときにそれをどう克服したか?といったことを述べられると良いのではないでしょうか?最後が4.創造性とチャレンジ精神・・・創造性とチャレンジ精神を持って政策を立案から遂行できる人物だそうです。これは1番難しそうなので、あまり考えなくても良いかな?という気はします。これに当てはまるエピソードや経験を持っている人はあまりいないんじゃないか?と思いますから。

この中で、1つでも当てはまる経験などをしていれば、それはつまり千葉県が求めている人物に当てはまり、=千葉県が欲しい人物、千葉県で活躍できる人物ということになります。自分にはそういう資質があるので、それを生かせる千葉県を志望したとなれば、非常にスムーズな流れです。自己PRにも、これらの求める人物像に合致する話ができればなお良いですし、その自己PRと志望動機がリンクする形は聞いていて、自然だと思います。


公務員試験の面接のときに是非1度読んでもらいたいのが以下の参考書です。公務員試験の面接対策として、その試験種を受けるときにも対応可能だと思います。本書の優れているところは、公務員試験の面接官の立場に立って、どうしたら受かるのか?採用してもらえるのか?採用したいと思わせることが出来るのか?について詳しく解説してくれていて、その方法論も提示してくれているところです。本書に書かれているのは「公務員試験の面接官が採用したいのは、単純に公務員を辞めない人だ」ということです。問題は、面接の中でどうやって、自分は公務員を簡単に辞めないと、仕事を真面目に全うすると伝えることが出来るか?という点ですが、その具体的な方法論について本書は教えてくれているので、オススメです。その他にも、近年の公務員試験の面接でよく聞かれている質問をまとめてくれていて、それぞれにおいていい回答、ダメな回答とその理由を解説してくれているので、想定質問とその対策をする際に納得しながら、理解しやすく行えるのではないでしょうか?
面接・官庁訪問の秘伝 2016年度採用版 (公務員試験)

公務員の通信講座で合格率高いのはヒューマンアカデミーか!?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験は予備校に通って勉強される方もいれば、通信教育という形で勉強されている方もいます。予備校と違って、自分の勉強スケジュールを組んで、いつ学ぶか?どこで学ぶか?何を学ぶか?というのを全て自分で決められて、自分のライフスタイルの進め方に合わせて、学生でも社会人でも、自分のペースで勉強していけるというのが予備校に通うケースとの違いに成るでしょう。

予備校は決まった日に決まった時間に決まった場所で決まった授業を受けなければならず、そういうやり方だと上手通えない、通いづらいという人もいるでしょうし、それだと逆に非効率の人もいると思うのです。そういう人にこそ通信講座は向いているかと思います。通信講座として有名なのは「ヒューマンアカデミー」です。

このヒューマンアカデミーでは、基本的にすでに収録した授業のDVDを自宅等で観て、勉強をしていきます。決められた時間に見る必要はなく、学校や仕事に行く前、返ってきた後などいつでも良いので、都合が悪くて授業を欠席するなどということはありません。自分が時間を作ることが出来るとき、暇なときを選んで見ればOKなのです。

予備校と違うところは、あらかじめ収録したDVDを観るので、予備校では1度授業を聞いたらもう終わりじゃないですか?分からないところが残っても、後は自分で復習してなんとかするか、質問をするしかありませんが、DVDであれば、巻き戻したりして、気の済むまで視聴することが可能です。分からないところは何度でも再生して見ることができますし、どうでも良いところは早送りして見ることが出来ますよね。そこも予備校よりも通信講座の優れているポイントになるでしょう。

また、校舎に通う必要もないので、本来ならかかる時間を勉強に充てることも可能です。自宅に教材、DVDが届き、好きなように勉強していくことができるスタイルは、予備校で教室で学ぶスタイルよりも優れていると言えるのではないでしょうか?気になるのは筆記試験だけではなくて、論文や面接はどうなっているのか?ということかもしれませんが、論文に関して言えば、DVDで授業を行った後、課題論文を書いて、本部に送付すると添削をしてもらって、返送されてきます。

面接についていえば、ジョブカウンセラーが、面接についての指導を行ってくれます。模擬面接みたいな感じかもしれません。予約をすれば、校舎に行って講師から直接面接指導を受けられますから、本番の面接のための実践練習も十分積んでから本番に臨むことが出来ます。この論文の添削と面接の指導は何度でも受けられます。

そういった特徴がありますから、上手く利用していけば、人によっては予備校に通うよりも合格率というか、合格可能性は高いといえるかもしれません。ヒューマンアカデミーは以上のような特徴と魅力を持った通信講座になりますから、気になる方はホームページを自分でもご覧になるか、無料で資料請求もできますから、取り寄せてみるとここで紹介しきれないような情報や溢れる魅力を感じ取れるかもしれません。通信講座公務員試験を目指したいという方には是非オススメしたいと思います。

資格・教育「ヒューマンアカデミー」

「休日の過ごし方は?」という質問の答え方のアドバイス

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


休日の過ごし方について、もしかしたら面接で聞かれるかもしれません。というか、実際に聞かれた例があるみたいです。これはいろいろな意味で悩みますよね。私なんかインドアなんで、そのまま答えていいものか?と悩むと思います。公務員試験の面接官はどう思っているか?分かりませんけど、インドアの人というのは、あまり印象がよくないように思っているような気がしてしまうのです。

皆さんはどんな過ごし方をしているのでしょうか?公務員になるにあたって、適切な休日の過ごし方があるとは思えません。公務員だって、日頃の仕事で疲れて、ずっと家で寝ているとか、あると思いますよ。休日って何のためにあるか?というと、リフレッシュをして、身体を休めて、また仕事に集中するためにあるのですから、それができるならばどんな過ごし方をしたって良いわけです。

だから、家で1日中寝ているというのも本来なら全く問題はないはずです。ただ、面接官がどう思うだろうか?と心配する気持ちも分かります。その他、面接官から見てあまり印象が良くないだろうと思われる過ごし方をしている人もいるかもしれません。そういう過ごし方を自分でしていると思っている際には、そのままいわない方が良いのかもしれませんね。

本来は休日の目的に鑑みれば、過ごし方に優劣はないと思いますが、面接官も人間なので、過ごし方に優劣をつけてしまいがちなんです。印象の良い過ごし方とそうじゃない過ごし方が多分あるのではないか?と思います。一般的に言って、印象が良さそうな過ごし方はアウトドアで、そうじゃない過ごし方がインドアじゃないか?と思います。

先ほど言ったような、1日中寝ているとか、ゲームをしている、漫画を読んだりアニメを見ているなどです。逆にスポーツをして遊んでいるとか、ボランティア活動をしているとか、好きなチームの観戦に行っているとか、そういう休日の過ごし方は印象が良いという人が多いのではないか?と思いますね。前者はどうしてもひきこもりのイメージがあるのでしょうかね?

どちらも趣味に興じているというだけなんですが。週に5日は外で仕事をしますし、現在学生であっても、週の大半は大学に行ったり、予備校に行ったり、バイトをしたり、サークル活動をしたりと、アウトドアな過ごし方をしているのですから、休日くらいひきこもっていても何ら問題はないと思いますが、最後にもう1度いうと、面接官も人間なので、そういう過ごし方1つにも優劣が生まれやすいのです。だから、アドバイスをするとすれば、アウトドアな過ごし方を話すようにしましょう。

1個くらいはそういうアウトドアな過ごし方や趣味を持っているのではないか?と思います。それがないという方でも、アニメ干渉が好きならば、それを映画館で観たことにして、映画鑑賞と言うとか、いろいろとアレンジの仕方はあると思いますから。考えるのに苦慮する方は、そういう風にインドアの趣味や過ごし方をアウトドア風にアレンジしていきましょう。

公務員試験の面接官が見ている、見られているポイントは?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の面接で見られているポイントって、何でしょうか?1つに絞るのは難しいかもしれませんけど、面接官が1番考えていることを想像することはできるかと思います。確実にそれが正しいとは言えないものの、ある程度当たっているのではないか?という部分は「いかに辞めそうにない人か?」という点ではないでしょうか?

逆に言うと、この人はすぐに辞めそうだと思われたら多分面接では低い点をつけられてしまうのでしょう。民間企業もそうですけど、公務員を採用するときには特にこの点が見られている気がします。公務員として採用する際のコストも当然税金が使われているので、仕事を真面目にしないような人を採用することもそうですが、すぐに辞められてしまう人というのは本当に大きな損失なのです。

そして、公務員というのは、世の中のどの職業よりも、なくてはならない職業です。したがって、辞められる人数が多いと、それこそ住民の生活に支障をきたす。サービスの提供が追いつかないといった事態が起きる可能性があります。だからこそ、面接では辞めそうにない人を採用する意味は大きいのです。

優秀な人を公務員として採用したいという気持ちもあるはあるでしょうが、優秀さというのは面接において判断が難しいです。どういう受験生がそもそも、働いたときに優秀といえるのか?まだ公務員として働いてもいない人を、面接だけで優秀か?どうかというのは見分けがつきづらいというのもあるでしょう。

同時に公務員になったときに辞める可能性が高そうか?という部分についても、確実なことは言えません。これも推測による部分は大きいでしょう。ただ、優秀じゃない公務員を雇ってしまうよりも、すぐに辞めてコストが無駄になりかねない人を採用するリスクの方が大きいのではないでしょうか?優秀じゃない人の度合いにもよりますけど、優秀じゃなくても公務員は務まるとは思いますよ。今働いている公務員全員が優秀というわけではないのですから。


「公務員試験の面接官が採用したいと思うのは、公務員を簡単に辞めない人」といった記述は以下の本にも書かれています。この本は公務員試験の面接全般に使えて、どの試験種を受ける場合でも参考にできる一冊だと思います。本書は、その公務員の仕事を簡単に辞めないと思わせるには、面接の中で、どういう風に話していけば良いのか?といった内容面のテクニックについても解説されているため、公務員試験の面接官に採用したいと思わせる、採用されたいという方には1度読んでもらいたい一冊になります。
面接・官庁訪問の秘伝 2016年度採用版 (公務員試験)

公務員のクールビズはポロシャツ、チノパンOKなら他の季節も緩くて良いのに

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員は5月あたりからクールビズ期間に入っていると思います。公務員は民間企業よりも率先してクールビズを重視しており、全国の官公庁や自治体では、普段とが違う格好の公務員の姿が見えます。こうしたクールビズは公務員の場合は、民間企業よりも緩いケースも多いです。いわゆる「スーパークールビズ」と呼ばれる服装も公務員に顕著だと思います。

公務員の場合は、クールビズで着られている服装は、かなり私服に近い部分もあります。勤務する場所や部署にもよるでしょう。場合によっては、本当にラフな格好が認められていますよね。例えば、ポロシャツやチノパンなどは顕著で、公務員でこうしたファッションを夏にしているのも珍しくなくなってきました。

クールビズ自体が、フォーマルの格好という意味では、大分そこから外れた格好になると思いますので、クールビズ自体をOKとなるならば、そういった格好もOKでも不思議ではないです。住民の目もあるので、すきな格好とはいかないようですけど、普段はできない格好ができるというのは大きいでしょう。

本当に民間企業じゃ許されないような格好が結構公務員はしていたりもします。特にアロハシャツなんかは公務員じゃないと無理でしょう。アロハシャツについては、どうなのか?という意見を持っている国民もいるようです。そこまで派手な格好をする必要あるのか?という意見もあるでしょう。アロハシャツは極端かもしれませんが、個人的には公務員の服装規定はもっと緩くて良いと思います。

男性公務員に比べて、女性公務員は服装や髪型についての規定は緩いと思うので、公務員はそんなに服装にがちがちである必要はないと思いますね。夏の間だけですけど、民間企業以上にクールビズはかなり緩いです。夏でそれができるなら、他の季節でもできるだろうと思います。公務員は、個人的にはあまり華美にならなければ私服勤務でも良いと思っています。その流れができて、民間企業にでもいければ、スーツを着る機会も少なくなって、堅苦しい思いをしないで済むでしょうし、何よりもスーツにかけるお金が大分節約できるでしょう。

市議会議員や都議会議員の給料は高すぎるくらいが丁度良い

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


地方公務員の中の市議会議員や都議会議員は公務員の特別職にあたる職業で、最近何かと話題になることも多いですね。市議会議員や都議会議員の地方議会の議員の選挙は倍率が全国平均で1.3倍という数字には衝撃でしたが、彼らは当選すれば任期中は公務員の扱いで、給料もかなり貰っているところもあります。それが批判に晒されることもありますね。

例えば、都議会議員の塩村文夏議員は自身の年収が約1600万円とテレビで公開していました。高いところはこれくらいで、低いところは1000万弱くらいらしいです。これにあと諸手当もつくらしいので、待遇はかなり良いように見えます。公務員だから、高すぎると批判されることもありますが、本当に高いでしょうか?高いとしたら、私はそれが適正だと思うのです。

むしろ高すぎるくらいの給料を貰って当然だと思います。それは彼らは終身雇用ではなく、任期つきの公務員で任期が終われば、その後はまた無職です。再選を果たせれば再び議員になれますが、そうなれなければ無職で収入が途絶えます。つまり、こうした議員を務めることは国家議員も同様ですけど、大変リスクがあるのです。

派遣と同様に不安定な職業だと思います。派遣はここまでの給料は貰えませんから、こちらこちらで問題だと思いますけどね。つまり、こうした議員は当然必要な職業であり、こうした職業に就くには、その不安定な状況を覚悟しないといけません。仕事をしていたら辞めないといけない。そして、当選するかも分からないし、当選しても任期が来れば仕事はなくなる。

再選できれば話は別ですが、それができなければ、収入は途絶える。先ほど説明した流れですね。そうなると、議員に対しては将来に対するリスクを背負わせることになるわけですから、そのリスクに対する分は補填しても不思議じゃないと思います。任期を終えた後に仕事を再び探す際の生活費などをあらかじめ保険として渡している分と考えると、1000万円を越える年収を貰っていても、そんなに高すぎるとは思えないのです。

同じような身分で派遣のような人たちも同様に不安定ですが、こちらは問題だと思う。彼らは仕事を終えて、契約更新されなかった場合には、その後の生活費どうするんだ?という問題は当然残り、こちらをなんとかすべきのように思います。最近は法制度を整えて、契約更新をできるだけ促進するように国も務めています。市議会議員や都議会議員にはそういう仕組みはありませんから。選挙で当選するしかないのです。

世の中の不安定な職業というのはいくつもあります。派遣は民間の仕事だから、ちょっと性質が異なる部分もありますが、派遣についても仕事を安定させるか、給料を多く渡せるか、どちらは絶対に必要だと思います。公務員の場合は、それは絶対にやらないといけないことで、それが給料を多く渡すという意味合いで行われて言うならば、高すぎると思える年収も私は合点がいきます。

面接で緊張するのは当たり前だし、失敗するの当然

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


面接で緊張するのは当然ですね。緊張しないという人は相当そういう場に慣れているのか?そういう体質なのか?は分かりませんけど、羨ましいですね。面接は誰もが緊張して当たり前です。それは公務員試験、就職活動、アルバイト関係ないです。面接は誰もが緊張するものなのです。

したがって、緊張することを恐れないことです。緊張している・・・ヤバイ!って思うのではなく、やっぱり緊張してきたか。と当然のように考えた方が良いと思います。あと、緊張して失敗するかもしれないと思っている人はいますが、その失敗が緊張に起因して起きたものなのなら、それは失敗ではなく、想定の範囲内でしょう。

要は完璧な面接なんてできる人はほとんどないのですから、緊張すること自体を織り込まないといけないですし、失敗することも多少は織り込んでいかないといけないでしょう。だから、これも似たようなものですけど、失敗することを恐れないでしきましょう。失敗して当然と思いましょう。何故、失敗を恐れるか?というと、自分以外の受験生の面接を見られないからです。

見られないと、他の人がどういう感じで面接を受けているのか?分かりませんから、どうしても、他の人は上手くやっているんだろうなー。とか、そういう不安に襲われて、自分も失敗できない!と、自分を追い込んでしまいやすいのです。だから、他の人も当然緊張するし、当然失敗はします。他の人が完璧な面接をやっているとしたら、大間違いだと思います。

ある意味、自分に対する安心感を与えるために、他の人だって上手く面接はできないんだ!絶対にしている!だから、自分も緊張して良いし、失敗して良いと思った方が気楽になれますよ。面接に対する不安も和らぐと思います。そういった意識で面接が近づいてきたら、自分自身を楽にしてあげると良いのではないでしょうか?面接が終わった後も気にすることも少なくなりそうな気がします。

就活のSPIをやる目的は?企業は何を見る?何が分かる?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


就職活動で実施されるSPIの試験は何を見ているのでしょうか?どういうやる意味があるのでしょうか?勿論、足きりの意味が大きいのでしょうけど、脚きりをするならば、他にも手段はあるし、わざわざお金をかけてまでSPIを実施する意味合いとしてはあまり大きくない気もしています。あえてSPIをやる意味があるということですよね。SPIは筆記試験なわけですから、地頭を見るという意味合いもあるかもしれませんね。

今は一般入試以外の方法で大学に入るケースも多いですし、履歴書だけじゃ一般入試なのか?内部進学なのか?AOや推薦入試なのか?は分かりませんから、大学名だけじゃなくて、きちんとした学力を見るためにSPIをやっているのかもしれません。これはよく言われているSPIを実施している理由ですね。

一派入試で入っても勉強しない学生はたくさんいますから、それも見るためなのかもしれませんが、地頭を見る試験としてはあまり適切だとは思えません。だって、基本的にSPI専用の対策をみんなするわけですから、そもそも地頭で勝負しに来ている人はまずいないでしょう。対策するのであれば、入学方法や入学後に勉強していたか?とかを見るのは不可能じゃないか?と思います。

また、SPIで出題される問題はかなりパターン化しているものですから、対策をすればある程度の点数はとれるでしょうから、地頭を見たいのであれば、学歴を見るのとあまり変わらない気がします。ありえそうなのは、SPIそれ自体ができるか?どうかではないでしょうか?つまり、SPIっていうのは、先ほど言ったようにほとんど過去問というか、類題が出るわけですよね。

すると、要は対策さえすればちゃんと点数がとれると。全員がそういうわけではないですけど、そういう傾向があるということですよね。対策さえちゃんとやれば、通過できる可能性が高いとなれば、「最低限やるべきことをしっかりとできる人か?」を見ている可能性も否定できないのです。企業側からすれば、SPIの足きりを通過できないような人は、どうせ仕事も真面目にやらないという認識なのかもしれないです。

ただ、この考え方にも欠陥はあって、全員が同じだけの点数をとってしまったら足きりにならないと同時に、みんなSPIでは結果を出したことになり、SPIの対策を真面目にやった=仕事もきちんとこなしてくれる人材だろうとなり、足きりができません。点数に優劣はついていたとしても、みんな80点以上とか、そうなれば、1番下位の人でも、最低限の点数はとっていると評価できるでしょうし、仕事も真面目にするでしょうから、なかなか切る理由がなくなってしまいます。SPIの利用目的というのは、企業によりけりでしょうから、何とも言えない部分もあるでしょうけどね。

夏の公務員の面接は半袖シャツ、ノーネクタイ、ジャケットで良い

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の面接の時には多くの人はクールビズの格好を連想するのではないでしょうか?クールビズで来てくれと、あらかじめ指示がある場合もありますが、ない場合もあります。指示があれば、基本的には皆クールビズの格好をしてきます。疑うことなく、素直にクールビズの格好で来るのです。

ただ、クールビズの指定がない場合には、これはまた微妙に分かれます。指示がなくてもクールビズの格好が妥当だろうと判断している人もいれば、指示がなければさすがにクールビズはマズイだろうと判断しているケースもありますから、ここでその人の性格が現れるということですね。どちらが正解か?というのは面接官に聞いてみないと分からないところではあります。

ただ、どの試験種の面接を受けても、恐らく面接官の格好はクールビズだと思います。クールビズじゃなくて、きちんと正装をしている面接官がいたら、それこそ不自然かもしれません。民間企業ではありえますが、公務員試験の面接では、夏の面接ではクールビズの格好をしているのがむしろ当たり前くらいです。

クールビズを明示している試験種もそうじゃないところも、基本的にはクールビズに対しては特に意識はないと思います。公務員自体が主体となって、民間企業の人間にクールビズを推奨しているので、当然受験生にも推奨しても不思議ではないし、実際面接官自身がそれを自分の服装で体現しているのですから。

だから、クールビズの代名詞でもある半袖のシャツやブラウスを着ていって構わないと思います。クールビズという指示があるところは勿論ですが、指示がないところもクールビズを認めている可能性は高いと思います。面接官がクールビズなら尚更です。クールビズの指示がないと、受験生の中にはきちんと長袖、ネクタイ、ジャケットありで来る人もいますが、そういう人は保険をかけているに等しいですからね。

どっちが正解か?というと、民間企業の場合はまた微妙に事情が異なりますが、公務員試験の場合は、どんな場合でも、夏の面接はクールビズで問題ないと思います。半袖のシャツ、ブラウス、ノーネクタイ、ノージャケットで構わないと思います。公務員試験の場合は、やはり理解がより進んでいると思います。

「やってみたい仕事」を答える際は社会からの必要性も混ぜた方が良い

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験お面接などでやってみたい仕事を語る機会があると思います。または志望動機にそれを入れる場合もあるかもしれません。そのときには、もちろんあなたの「やってみたい気持ち」も入れてほしいのですが、社会からの必要性というのも是非考えてほしいと思います。社会のために働くのが公務員という見方もできると思いますから。

やってみたい仕事は、ある意味現在行われている仕事の中から選ぶ作業になるのかもしれませんが、やはりそれらの仕事は実際に社会から必要とされているからこそ行われている面もあると思います。だから、基本的に多くの受験生が選ぶやってみたい仕事というのは、社会から需要のあるものになるはずです。

ただ、やってみたい仕事を話すときに、自分がやりたいという気持ちだけを語るよりは、社会からの要請の応えたいといった意味合いの部分も語れると公務員としての資質が垣間見えると思うのです。先ほども言いましたが、公務員は社会のタメに働いていますから、究極的には個人の好き嫌いにかかわわず、必要な仕事、任された仕事は何でもやらないといけません。

それはどうしてか?というと、社会からの要請に応えないといけないからです。だから、むやみやたらにこれがやりたい!というアピールや、その熱意だけを述べても空回りしてしまう可能性があります。やりたいのは伝わったけど、やりたい仕事に携わることが出来る時間の方が圧倒的に少ないはずですから、大部分はやりたくないか?興味をあまり持てない仕事になってしまうのではないか?と思うのです。

面接官もそれは分かっているでしょう。だから、やりたい仕事を話すときには、自分がやりたいからという要素だけではなくて、社会から必要とされていて、ここをこうしないといけない、そうしないと住民や国民が困ってしまう。だから、私がやらないといけないんです!みたいな感じで語れると、この人はどんな仕事を任せても、任務をまとうしてくれそうだと、公務員と言う職業を分かっていると評価してもらえるかもしれません。

志望動機とか、やってみたい仕事というのは、独りよがりになってはいけないと思うので、誰のためにやるか?やりたいからやるというよりは、やらないといけないから、やる必要があるからという部分を出していけると、公務員らしさが出てくると思うので、参考にしてもらえればと思います。

学校給食か?お弁当か?論文や集団討論のテーマになるかも

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


学校給食を導入すべきか?という話が各自治体ごとにあるんだと思います。学校給食をかなり進めている地域もあれば、全く進んでいない地域もあります。保護者としては学校給食を実施してくれた方がありがたいのでしょうが、自治体はそれを受け入れるか?否か?というところで悩んでいる面もあるのです。

この問題は論文やグループディスカッション等でテーマに挙がるかもしれません。自治体の価値観、考え方、姿勢、そして財政的な問題と絡めて語らないといけない問題でしょう。保護者の言い分をどこまで斟酌していくか?あと、忘れがちなのは当事者である生徒、児童の問題もあります。彼らの気持ちも考えてどっちが良いのか?学校給食か?お弁当か?それともそれ以外か?を考えるべきだと思います。

ヒントとして挙げると、学校給食についての実施する主体である自治体のデメリットはやはり財政だと思います。教育にかけているコストも多いだろうが、それがさらに上乗せされてしまう。そして、メリットとしては子供に安全で栄養面に配慮した、健康的な食事を提供することができるという点でしょう。

逆にお弁当のメリットは、自治体からするとお金がかからない。給食のための材料費、給食を作る人の人件費などがかかりません。あと、横浜市が掲げているのはお弁当を子供持たせることによって、親子間の愛情のつながりを目指したいという狙いもあるそうです。横浜市は学校給食が進んでいない自治体の1つですが、市の考え方次第では、そういう意味合いをお弁当に持たせているところもあるそうです。

お弁当のデメリットは少なくとも自治体の側にはあまりない気がしますね。親が面倒になって手抜きの弁当を作って持たせて、子供の健康状態がちょっと心配になるくらいではないでしょうか?親にとってみてもお弁当はほぼデメリットしかなくて、学校給食の方がメリットが大きいのでしょうが、肝心の子供はどうか?これは子供にもよると思いますけど、以下が代表的かな?と思います。

学校給食のメリットは、みんなと同じものを食べるから疎外感が少ない。きちんと栄養が取れる。逆にデメリットはメニューを選べないから、嫌いなものを食べないといけない。嫌いの程度がかなりの料理があった場合に食べないとお腹が空くし、食べたらそれはそれで苦痛だし、どっちに転んでも子供にとっては辛いでしょう。その日乃メニューによっては給食自体が恐ろしく感じるかもしれない。

お弁当のメリットは、ある程度リクエストができるから、どうしても食べられないほど嫌いなものは入れないことも可能です。ただ、デメリットとしては最近はいじめの原因になるからという理由でキャラ弁が禁止されるところもあるみたいで、お弁当の格差が何らかのトラブルに繋がる可能性もある。これはかなり稀なケースだとは思いますけどね。

この3者のメリット、デメリットを比べて、学校給食が良いのか?お弁当が良いのか?それ以外が良いのか?または組み合わせるのが良いのか?について考えてみてほしいと思います。時代も変わって、学校給食のメニュー自体も豪華になっていて、コストは以前よりもかかるところもあるみたいです。また、給食がバイキング方式とかになっているところもあるみたいで、本当に今の子供たちは恵まれているなと思います。

公務員試験で使う面接カードは必ずコピーをとっておこう

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の面接カードを書き上げた後は、必ずコピーをとっておきましょう。それはコピーをとらないと後々問題が生じる可能性があるからです。特に先に郵送等で提出してしまうケースもあると思います。面接当日に提出するような場合はまだ良いかもしれませんけど、当日を向かえる前に提出してしまうものについては、控えをとっておいたほうが良いです。

それは当日までに面接カードに何を書いたか?分からなくなってしまうかもしれないからです。面接は面接カードをもとに行われるので、面接カードの内容があやふやになってしまうと、想定質問とかも考えづらくなってしまいます。面接カードを先に出すのが複数の試験種である場合には、尚更どこにどんなことを書いたか?分からなくなってしまう場合もありますから。

コピーは1枚とれば良いでしょう。それを見ながら、各試験種ごとに面接対策をしていきましょう。どういう質問がくるかな?とか、それに対してどう答えれば良いかな?とか、そういったことを考えるときに必要となると思います。面接対策本なんかも併せて使っていくと思いますけど、コピーがあるとやっぱり便利だと思います。

特別区なんかはそもそもコピーをとっていかないといけません。これは受験生のためじゃなくて、面接官が見るためのコピーです。特別区の場合には、面接当日に提出ですから、自分用のコピーは用意してもしなくても良いかもしれませんけど、本番用の面接カードを汚してはいけませんし、どうせコピーがいるのだから、面接官が見るようのコピーをとるときに、一緒に自分の分のコピーもとってはいかがでしょうか?

特別区は今年から面接の感じが変わるとされているので、どうなるか?分かりませんけど、コピーをとって提出するという部分については例年通りかな?と思います。特別区もそれ以外の試験種もコピーを確実にとっておいて、面接カードは汚さないようにそちらで面接対策をしていった方が良いと思います。