_ 2015年01月 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

公務員になると、生活のいろいろな場面で勝ち組に!?

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員になると勝ち組でしょうか?勝ち組と言われることもありますよね。それは安定している職業だから。というのが主な理由かもしれません。公務員も安定はしているにしても、仕事自体はきつくなってきているので、勝ち組といえるか?どうかは意見が分かれそうなところですね。ただ、社会で公務員という職業の評価が分かる例があるそうなのです。

それがお金を借りるときです。ローンを組んだり、普通にキャッシングを利用したりするときもあると思いますけど、そういうときに公務員は審査がとても楽チン!ということを、ある予備校の講師の人が言っていました。公務員というのは、そういう会社にとってこれ以上ない優良顧客なんだと。だから、よほどの金額じゃない限りは、審査は簡単に通ってしまうみたいです。

銀行とか、消費者金融というのは、それだけ公務員への信頼が厚いということを意味していると思います。公務員というのは、世の中のどんな職業よりも、毎月の給料が滞ることはない。だから、返済に回せるお金が尽きることはない。という、凄い厚い信頼があるのだと思います。そこは本当に公務員の特権だと思います。

国民からは嫌がられている存在かもしれませんけど、公務員というのは、企業から見たら非常に優遇したくなるお客さんみたいで、人生イージーモードとはいきませんけど、普通の人よりはやや有利になる場面もあるということで、これはどれだけ凄い収入を得ている人もない特権みたいです。今、年収1億円という人がいても、その人が公務員じゃなければ、その収入がいつまで続くか?は不明ですから、どうしてもお金を貸すときには躊躇することもあると言います。

そういう意味で、公務員という仕事は毎月の給料はそこまで多くなくても、やはり給料の滞りがないという安定性が特に評価されている面も大きいです。公務員になると、いろいろと便利な面、有利な面もあると思うので、それをモチベーションに公務員試験の勉強等を是非頑張ってもらいたいと思います!

市役所職員の給料、年収の平均は高いとも低いとも言えない?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


市役所に勤める職員の年収はどれくらいなのでしょうか?市役所というのは、地方公務員の中のかなりの人たちが勤めている場所であり、公務員試験を受ける受験生のうち、かなりの部分が関係してくると思われます。市役所といっても、全国に相当数の市役所があるので、一概に給料はいくらとは言えません。また、そこまで詳細なデータはないので、ざっくりと言うしかないのです。

全ての自治体の給料額を載せられないので、代表的なところを例に挙げると、横浜市の場合は、40歳の平均月収というのが約44万円くらいです。つまり、40歳の平均年収は500万円以上はあるということですね。各種手当てやボーナスなども付加したら、さらに高いということですけど。横浜市は全国の中でも特に大きな市役所ですから、どこまで参考になるか?は分かりません。

政令指定都市レベル以外の市役所の職員の給料というのは、なかなかデータがネットにありません。ですから、ある程度大きな自治体になってしまうのですが、じゃあもう1つ例を挙げるとさいたま市は同じく40歳を例にすると、48万くらいですね。横浜市よりも高いですね。これは平均なので、職員によっても異なると思いますけど、こちらも年収にすると500万円以上は悠にありますね。

民間企業と比べると、この500~600万円くらいの年収というのは、割と高い方かもしれません。企業によっては、これより全然高いところもあると思いますけど。市役所と言っても政令指定都市なので、もっと小さい自治体の場合は給料にも差が出てくる可能性があります。ただ、大きく変わることはないと思いますけど。

市役所の職員は高給とは言えないかもしれませんけど、それなりの金額はちゃんと貰えますから、給料的に心配するようなことはないと思います。公務員はちゃんと真面目に働いていれば、昇給もしやすいですし、自動的に給料は上がっていくと思うので。公務員の場合は、人事院に基本的に給料を決められており、高くはないですけど、低くなることもないと思うので、そこは安心して良いと思いますけどね。

公務員になる前に、合格した後に自分が市役所で働く場合には、給料はどれくらい貰えるのか?については当然気になると思うのですが、参考になるか?は分かりませんけど、こんな感じだと思います。個別の市役所で金額には差が出てくると思いますけど、生活はできるほどの給料は貰えるはずですから、心配はしないで大丈夫だと思いますね。

公務員試験の市役所試験の勉強期間はどれくらい必要か?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験で市役所を受ける人もたくさんいると思います。市役所といっても政令指定都市レベルの大きな市役所から、もっと小さい規模の市の市役所があります。今回は後者のいわゆる市役所試験について書いていきたいと思います。前者は地方上級という採用試験のカテゴリーに入ると思うので、今回取り扱うのは、比較的規模の小さい市役所の採用試験です。

市役所の試験はだいたい夏以降に行われることが多いです。春に行われるのは地方上級と市役所上級で、政令指定都市や中核市と呼ばれる市の職員を採用する試験です。夏以降に市役所B日程、C日程という形で、市役所の職員を採用していきます。さて、この市役所試験の筆記試験の勉強期間はどれくらい見積もれば良いか?というと、半年くらいあればなんとかなる場合も多いです。

市役所の筆記試験の問題はたいてい教養試験のみで、専門試験が出るところもたまにありますけど、そんなに多くないです。専門試験が課されるところはさらに長い期間がいりますけど、教養試験のみの市役所であれば、半年あれば十分じゃないか?と思います。市役所試験の場合は、このように科目数が少ないというのもありますけど、合格点もだいたい低いです。

ボーダーラインは5割とれていれば突破できるところも多く、6割あればだいたい受かると思いますよ。市役所試験はどこもたいてい二次試験以降に重点を置いているので、一次試験はほぼ足きりくらいの感覚ではないでしょうか?一次試験はそんなに苦労しなくても突破できると思います。ボーダーも低く、勉強しないといけない科目の数も多くないので、半年みっちりやれば、一次試験に受かるくらいの実力はつけられると思います。

また、一次試験で教養論文が課されるところも多いと思いますけど、これも択一試験と並行しながらやっていけば十分間に合います。1日30分くらいでも時間を費やせば、半年あれば十分合格答案は書けると思うので。市販の参考書を使いながら、知識の詰め込みと書く練習は半年あれば十分だと思います。択一試験だけじゃなくて、論文の勉強もちゃんとバランスよくやることが大切です。

大学に通いながら、会社に勤めながらという方でも半年あれば、一次試験合格レベルに達することは十分可能じゃないか?と思います。市役所試験の場合は問題は二次試験以降になってくるので、一次試験を合格しただけではあまり喜べません。一次試験に合格してようやくスタート地点に立ったようなものなので、そこからがいよいよ本番という感じです。

二次試験以降は面接やグループディスカッションなど、人物試験が何回かありますから、それらを突破していかないといけません。倍率も非常に高いと思うので、市役所試験の場合は、早めに面接対策などもやっておかないときついですね。筆記試験を受ける前からもう面接対策を始めておいた方が良いと思います!

過去の転職回数が多い人は公務員試験の面接で不利?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員への転職を目指す方はこれまでの自分の経歴をぶつけて勝負することになるわけですけど、その際に転職回数が何回もあり、そのうえで公務員への挑戦をするとなると、やや不利になるのでしょうか?これはよく転職をするときに言われていることですよね。転職回数が多いと、不利になると。それはケースバイケースで、企業ごとにも異なると思うので、何とも言えません。

転職をして着た回数が多いと厳しいというのは、完全にイメージの問題であって、回数が多いと、別にその人が自動的に無能とかになるわけではないと思います。ただ、転職回数が客観的に見て多い場合には、そこを面接で突っ込まれる可能性もあります。何回から多いのか?というのは、年齢とかによりますから、なんともいえないですけど、過去の転職が5回を越えると多いと評価されるかもしれません。

転職回数の多さがイメージがよくない理由としては、やはり何回も転職しているということは、少しのことですぐ辞めるってことだから、採用してもまたすぐに辞める可能性があるということが懸念されている可能性があります。実際、多くの面接対策本には、公務員として採用したい人として「すぐに辞めなさそうな人」というのはよく挙がっていると思います。

公務員の採用現場でも、これが最優先事項ではないにしろ、仕事を辞めないでちゃんと全うしてくれそうな人か?どうかは見られているのです。では、もしかしたら転職回数が多いことが不利に働くかもしれないのですが、転職回数が多くても、すぐに辞めないことをアピールすれば、大丈夫な場合もあると思います。どうやってすぐに辞めないアピールをするのか?というと、公務員への熱意を表すしかありません。

というのも、辞めたことをマイナス視するのではなく、プラス視するのです。それは公務員になりたいからこそ、わざわざ会社を辞めてまでこうして、転職してきたということをアピールするのです。それは転職って、そう簡単に決意できるものではないと思うので、普通はそれなりの覚悟がいるはずです。つまり、今回の転職だって、適当に決めたっわけじゃないですよね?公務員になりたい意思があったからこそ決意したはずです。

つまり、面接官に今の仕事を嫌になって投げ出して、転職をしに来たと思われたら終わりですから、公務員になりたくてなりたくてしょうがないから、今の仕事を辞めて、公務員の試験を受けに来たと思わせる。それは公務員への志望動機で表すのが1番だと思います。この質問は必ず聞かれると思いますから、そのときに私は今の仕事を投げ出してまで、公務員になりたい!公務員になってこんなことをやりたい!それを精一杯伝えるのが1番だと思います。

それがちゃんと伝われば、過去はともかう今は公務員に対して本当に真剣なんだと思ってくれて、転職回数の多さというのも、大して気にならなくなる可能性もあると思います。転職を過去に何度も繰り返していると、それはそれで不利になる可能性もありますけど、それだけで落ちるわけではないので、それを覆せるだけの公務員へのありったけの熱意を語ることを心がけましょう。

神奈川県早期チャレンジは2015年から日程が秋にずれ込む

  • カテゴリ:未分類
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


まだ歴史はそんなに長くないと思いますけど、毎年4月に実施されていた神奈川県早期チャレンジがどうやら2015年からは日程変更になるようです。廃止にならなくて良かった反面、今まで4月に受けられていた試験が日程変更になるということは、いろいろな影響をもたらすでしょう。時期はいつになるのか?というと、どうやら10月みたいですね。


これも恐らく民間企業の就活の繰り下げによるものじゃないか?と思いますけど、10月に日程が移動するということで、どういう影響があるか?について解説していきたいと思います。まず、1つ言えることは時期が大幅に繰り下がったことで、受ける人の数が減るでしょうね。今までは公務員試験のいわば開幕戦の時期に行われていたために、受験者数は全国からかなり集まってきていました。

しかし、これが10月に変わるということはどういうことか?この時期になってしまうと、1個くらい内定を得ている人も多くいると思います。つまり、神奈川県庁が第1志望で、かつ地方上級の試験で受かっていないと人以外はそこまで受けてこない可能性があります。これは民間企業の就活生も同様です。そもそもこの神奈川県早期チャレンジは元々民間企業を中心に就職を考えてきた人にも受けてもらえるように作られた試験ですから。

10月だと、内定率は5割は越えていると思うので、4月の時期と比べても就活生の受験者数は減ると思われます。したがって、どちらも受ける人数がかなり減ると思うので、募集人数が極端に減らない限りは、受験者数はかなり減ると思うので、倍率もおそらく下がるだろうと思われます。例年、20倍以上の倍率だったと思いますけど、これが少しは減るのではないでしょうか?

また、それによって、鬼のように高いと予測される一次試験のボーダーも下がると思われます。国立大学法人以上に高いのではないか?とされていましたけど、少しは下がってくれると良いですね。6割くらいまで下がってくれれば、かなり一次試験でも望みのある人が増えると思います。そういった意味では、今回の神奈川県早期チャレンジの日程変更はプラスの要素も多そうですね。

今年からは神奈川県早期チャレンジは神奈川県秋季チャレンジとなって、生まれ変わるということですから、今年の場合はいつもの時期には受けられないので注意してください!特別区とか、東京都とか、国立大学法人も6月になったので、国家総合職を受けないと、1番最初に受けられる試験はどれになるのでしょうかね?

公務員試験の化学は捨てないで、計算以外の範囲をやると良いかも

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の自然科学で、皆さん化学ってやっていますか?化学は文系の人からしたら敬遠しがちな科目だと思います。確かに凄い難しそうなイメージありますよね。高校時代に勉強した方は尚更かもしれませんけど、私自身もちょっと化学はきつそうだなと予感していました。でも、ちょっとだけ勉強してみたんです。簡単ではなかったですよ。

ただ、思ったほど難しくないというか、なんというかな?知識さえ身に付ければなんとかなりそうな問題が多い印象でしたね。スーパー過去問ゼミの化学の問題をやっていると、意外と計算問題は多くない。計算問題は面倒そうだったので、私は計算問題は絶対にやらない!と決めて、それ以外の知識問題だけをやっていくようにしたのです。

そういうやり方の勉強でも、ある程度の範囲はカバーできたと思います。計算問題が出題される範囲は完全に捨てて、知識問題のみの範囲だけをやっていっても、全体の7割くらいはカバーできたんじゃないか?と思います。化学は出るところは2問くらい出ますから、少しでもやっているとのやっていないのでは全然違うと思います。

したがって、化学って、自然科学の中では敬遠されやすい科目だと思いますけど、私みたいに少しでもやれそうな部分だけをやっておくと、1問でもとれるときがあるかもしれませんね。数学や物理と比べれば、大分暗記だけでなんとかなる部分も多いと思うので、是非時間のある方は化学はやってほしいかな?と思います。

化学の勉強方法としては、そんなに時間をかけている余裕もないと思うので、いきなり過去問からとりかかって良いと思います。過去問からいきなりやるのはきついという人は大学受験用の参考書を使うというのも手だと思います。ただ、参考書を使うと時間もかかりますし、いきなり過去問に取り掛かって、完全暗記する感じでも良いと思いますけどね。

理解した方が良いのでしょうけど、そこまで化学に時間をかけている余裕はなさそうですから。他にもやらないといけない科目が山ほどあるので、化学はやるにしても最低限の時間で、最低限の労力で、なんとか1問でもとるくらいの感じで、取り組んだ方が良いと思います。そのためにはいきなり過去問に取り掛かっても良いのではないか?と思います。化学はそんな感じで、ちょっと気楽に1点でもとれたら良いなと思うくらいの感覚でやってみると良いかもしれません。

報道や取材の自由はどこまで?「博多テレビフィルム提出命令事件」の概要

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


憲法の過去問題集をやっていれば、必ず目にしたことがあると思われる「博多駅テレビフィルム提出命令事件」について今回は概要をさらっと解説していきたいと思います。これはかなり古い話なんですね。1968年に博多港にアメリカの原理力空母が寄航することになったのですが、そのときに当時の学生らが抗議活動と阻止のために博多港に詰め寄りました。

その際、警察の機動隊や鉄道職員らが彼らを抑えることになったのですが、後日機動隊などが学生らを抑える際に看過し得ない暴力行為や警察の職権濫用行為があったとして、その後福岡地裁でその事件の真相について争うことになったのです。裁判では、当時の警察の暴行行為等があったか?いなかについてはちょうどその映像を収めたフィルムがあるとして、テレビ局4社にその証拠となる映像の提出を求めました。

しかし、4社ともこれを拒否します。理由はいろいろあると思うのですが、今後の報道の自由の侵害への懸念やそもそも別の証拠の映像なんていらないでしょう?そんな必要ないでしょう?という理由から4社とも証拠映像のフィルムの提出を拒否します。そのテレビ局4社の態度に対し、福岡高裁は、「フィルム提出は報道の自由を侵害する程度が少ないこと、証拠のフィルムが審理にとって、極めて重要な要素になること、そして報道の自由といえども、公共の福祉の制限を受けること」を理由に、4社のフィルム提出拒否の抗告を棄却したため、今度は最高裁に抗告を行ったが、これも棄却となりました。

最高裁の半旨もさほど差はないと思いますけど、再度述べさせていただきます。「報道機関の証拠フィルムの提出命令が許容されるか?いなかを分ける基準は、犯罪の程度、性質、当該フィルムの持つ証拠としての重要性、価値、構成な裁判を実現するための必要性、そして当該フィルムを提出することによる、報道機関が被る被害の程度、侵害される取材の自由の程度を比較衡量して決められる」とし、今回の場合は証拠フィルムの価値があまりにも大きく、かつ報道機関の受ける被害の程度が少ないことなどから、提出命令は許容の範囲内であるとしました。よって、本件提出命令が憲法21条に抵触するものではないとしたのです。

もとは別の裁判が発端だったのですが、それによって別の重要な判例が生まれる結果になったということですね。この判決により、報道の自由は表現の自由を規定した憲法21条の保障のもとにあると結論づけました。この最高裁判決を受けて、福岡地裁は後日、テレビ局4社の放映済みの取材フィルムを差し押さえました。判例自体は憲法でも有名ですし、この事件名も聞いたことあると思います。

報道の自由、取材の自由にかかわる最も有名な判例じゃないか?と思うので、是非憲法を勉強しているときに出題があれば、元々どんな事件だったのか?といったことを思い出していけると、より理解が深まるのではないでしょうか?ある程度の概要は覚えておけると良いと思いますね。これを機になんとなくでも理解しておきましょう。

公務員への転職は在職期間が短い、早期離職は不利?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員への転職を目指される方もたくさんいると思います。公務員は民間企業で働いている方からしても、やはり魅力的な職業になりつつあるということなのでしょう。さて、公務員を目指す人は民間企業にもたくさんいるのですが、まだ入社して間もないような若い方でも、公務員への憧れからすでに転職したいと思っている人もいるのではないでしょうか?

公務員にやっぱりなりたい!と思う人は多いと思いますけど、この国では早期離職というのはあまり良いイメージではありません。入社してから最低3年くらいは我慢しろ。と言う人もいるくらいですから、若手社員がすぐに会社を辞めることを咎める声というのはよくあると思います。実際、そんな声は無視してしまえば良いのですが、問題はそういう早期離職が公務員試験を受けるときに不利にならないか?ということです。

他の人が勝手に言っていることは無視してしまえば良いけど、それが選考のときに不利になるとなれば、無視もできないかもしれません。それを無視いたら不利になるというのならば、公務員になれる確率が大分減ってしまうので。実際はどうなのか?というのは、個別に試験種や面接官によって違う。としか言いようがないですけど、少しでも若いうちに転職をするというのは悪くないと思います。

確かに民間企業での年数が多くても、歳がいっている人というのは、どうしても躊躇してしまいがちなところもあると思うので。例えば、入社して1ヶ月とか、半年とか、相当極端なものじゃない限りはそこまで関係ないような気はしますけどね。間違いなく前職をやめた理由を聞かれると思うので、そのときに前職をやめた理由(公務員を志望した理由)について、面接官が納得するように答えられれば、特に問題はありませんから。

多くの人はここで躓きやすいので、この質問については「「前職を辞めた理由を教えてください」という質問の答え方」のページで解説しているので、是非ご覧ください。逆に今勤めている会社を辞めて、新たに公務員として働きたい理由が確固たるもので、面接官を唸らせるというか、感心してもらえるようなものならば、何年勤めたとか、何年で辞めたとかはあまり関係ないように思いますね。

転職で公務員を目指す場合には、いろいろと大変だと思いますけど、しっかりと対策をして面接に臨んでください。筆記試験はやや軽めに作られていると思うので、そこまでは苦労しないかもしれませんけど、面接がほとんど全てでしょうから、社会人経験者採用の場合は、特に面接対策をしっかりと取り組んでいきましょう!

時事対策本「速攻の時事」のオススメの使い方、勉強の仕方

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


そろそろ時期的には「速攻の時事」の最新版が発売になる頃だと思います。公務員試験の時事対策本としては、素行の時事が1番有名というのはありますけど、特にコンパクトに上手くまとめられていて丁度良いと思います。時事はやりだしたらきりがないですし、これくらいの量でまとめられているものを一冊読んでおくだけで良いと思います。

速攻の時事は本自体は薄いのですが、読み始めると案外時間がかかります。内容がかなり詰まっています。ここ1年くらいの各分野の話題がかなりさらってあるので、勿論初めて聞いたこともあるでしょうし、当然1回読んだだけでは頭に入りきりませんけど、読み勧めていくのも結構時間がかかると思います。だいたい毎年大きなトピックが10くらいあって、それらの中に細かいトピックがいくつかあります。

細かいトピックだけでも、全部で50以上あるんじゃないでしょうかね?それくらい公務員試験で狙われそうな、出そうな部分は多くあるということですね。勿論、速攻の時事に載っていない話題でも時事で出ることはありますから、これを完璧にしても満点はまずとれないと思います。特にノーベル賞や選挙関連の話題というのは特に出やすい印象ですから、細かい部分までちゃんと抑えておくようにしましょう。

時事対策は2月始めたとして、1番最初の試験は早くても5月頃だと思うので、3ヶ月くらいは勉強できますね。速攻の時事を使っていくという前提に立ちますと、最低でも3週はしてほしいですし、5週くらいはできればしてほしいなと思います。時事はなかなか覚えづらいですからね。そういう意味では、小さいトピックを1日に2~3くらいずつさらってもらえると良いかな?と思います。

そうやって最低でも1ヶ月に1周はして、本番までに最低3週はすると。寝る前とかにやると丁度良いかな?と思うんですよね。私は寝る前に時事とか、論文の参考書をよく読んでいましたよ。だから、そんな感じで毎日時事の勉強を速攻の時事を使用して行っていくと良いと思います。それを毎日繰り返していって、本番までにある程度解けるようにしておくと。

そして、個人的にオススメしたいのは模試ですね。試験種によっては、模試で時事問題も出題されますから、それを解き終わった後に復習をしておくと、それが本番でも類似の問題が出るかもしれません。模試は一応本番を予想して作っているので、予備校の模試を受けたときにはそのときの問題と言うのも大切にしてほしいと思います。

「あなたのどういう部分が公務員に向いている?」という質問の答え方

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の面接では、受験生の公務員としての適正を見るような部分もあります。実際、公務員としての適正がないような人を公務員にしても住民が困る結果になる可能性もあるので、採用する側としてもそこをしっかりと見ていくのでしょう。そして、面接では受験生自身が自己分析ができているか?どうかをチェックする質問がされることがあります。

それは例えば、「あなたのどういうところが公務員に向いていると思いますか?」という質問です。自分自身で公務員としての適正をどう思っているか?それを受験生に考えさせる質問です。いくら公務員になりたい気持ちが強くあっても、自分が公務員に向いていないとしたら、それはいくらアピールしても採用されない可能性があります。人間いろいろな面を持っているので、公務員に向いている部分が1個もないなんて人はまずいないと思います。

ただ、公務員として向いている部分を自分自身で見つけられないと、当然面接の場ではアピールにはなりませんから、公務員として採用したいという気にならないと思うのです。問題は自分自身がどういう人間か?ということをちゃんと分析して、公務員の仕事というのは、どういうものなのか?どういう仕事があって、どういう力や能力が必要なのか?それを自分は持っているか?を考えてみる必要があります。

この質問は案外くる可能性があるので、是非考えておいてもらいたいと思います。じゃあ、具体的にどうやって答えるか?っていうと、この質問はほぼ自己PRを形を変えて聞いているのに等しいと思うので、それと同じで良いと思います。具体的なエピソードがあればなお良いですけど、過去にこんな経験をしてきて、どのときにこういった成果を得られた。そのときの経験、またはそのときに対処した能力は、公務員のこういった仕事において、必ず役に立つと思います!

基本的にはこんな感じで自己PRを形を変えたものとして認識してもらって良いと思います。それを話して面接官がどう思うか?というのもあると思いますけど、自分の中では是非1番自信のあるものをチョイスして、公務員として適正があるんだ!とアピールできれば最高ですね。公務員の仕事というのは非常に幅広いですから、どこかしら公務員に向いている部分はあるはずですよ。

本人が気付いていないだけという可能性もありますからね。自分はよくどういう人間だという風に言われるか?それは公務員の仕事において役立つ場面はないのか?それを探してみると良いと思います。自分が公務員になったら、自分の適性を生かして、こういったことをしてみたい!こういう公務員になって、こういう役立つことをしてみたい!と言えれば最高かもしれませんね。

公務員試験の勉強と部活を両立するのは厳しいか?

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


大学で部活動をしている人は多くいると思いますけど、そういう人でも公務員試験を目指している人はたくさんいると思います。公務員試験は部活動をしていると、やはり勉強時間が削がれてしまうので、していない人よりは相対的に不利になることは避けられないかもしれません。大学の部活動というのはいつから引退するのか?とかはちょっとよく分かりませんけど。


就職活動については、後ろ倒しになったということもありますし、始めるのが4年生になってから、またはその前とかで大丈夫です。だから、その頃にはもう部活動はやっていないかもしれませんけど、公務員試験の場合には現役のときに受かるためには、3年生になったときにはできるだけ勉強を始めていたいところですね。4年生になった途端、試験を受けることになるので、その1年前には勉強を始めておかないといけません。

そうなると、部活動をその時期にやっていると、間違いなくちょっと支障にはなりますよね。予備校に通っている余裕もないかもしれない。部活がどれくらいの練習時間で、どれくらいの頻度であるのか?にもよりますけど、普通の部活ならばちょっときついのではないか?と思いますね。公務員試験と部活の相性はあまりよくないかもしれないです。


予備校に関しては、別に予備校に通わないと受からないわけではないので、通わなくても良いといえばいいです。だから、そこは心配しなくて良いのですが、問題は1日の勉強量をちゃんと確保できるか?という点です。サークル活動の場合は、そんなに頻度も多くないでしょうし、1回の時間も長くないと思います。また、融通も利きやすいので、それほど問題になることは聞いたことがありませんけど、部活の場合はやはりやっている人がそれほど多くないので。

大切な部活動でも、公務員試験に本気で合格したい場合にはそれが障害になってしまうこともあるのです。どう両立していくのか?続けるのか?辞めるのか?といった葛藤は間違いなくあると思います。筆記試験の勉強は間違いなく早い方が良いので、部活動をやっている人はちょっと難しい問題ですよね。部活の頻度とかにもよるので、部活やっていると一概に無理というわけではありません。

バイトしながら、公務員試験の勉強をしている人もいますし、中には勉強量が少なくて済む教養試験だけの試験種もあるので、それなら全然対応可能かもしれません。これは個別の事情によりますから、何とも言えませんけど、部活をやっていると、そのままで公務員試験の合格は厳しくなる可能性があるということは事前に把握しておいてください。

公務員試験と民間企業の就職活動を併願する人の注意点

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験を受験するために勉強されている方は、民間企業の併願も考えているかもしれません。大学に通いながら、公務員試験の勉強もしながら、民間企業も受けていくというのは、非常に大変だと思います。公務員試験一本でやっている人よりも、相対的にかけられる時間も少ないでしょうから。それは民間企業の方でも一緒ですかね。

両方をやっている人は、少なくとも民間企業に受かれば、そこで働く可能性もあるわけですよね。公務員と民間企業のどちらが志望度が高いのか?は分かりませんけど、民間企業に受かって、公務員に受からなかった場合には、おそらく民間企業で働くということになるのでしょう。公務員試験の方ばかりに気をとられてしまうと、あまり民間企業の方に手が回らないというか、あまり情報感度が鈍くなる可能性があります。


民間企業の就職活動にもかけられる時間というのは、通常の就活生よりも相対的に少ないですから、そこでどうしても劣ってくる面があると思うのです。それはどの企業を選ぶか?という点にかなり集約されるかな?と思います。就職活動で内定が貰える、もらえないを分ける鍵の多くはここだと思います。自分はそう簡単に変えられないけど、受ける先は簡単に変えられるし、それによって合否の確率も全然違ってくると思います。

実際、どの会社に入社するか?というのは後の人生を大きく左右するものですからね。そのための企業選びに使える時間というのが公務員試験と両立している方は少ないですから、そこが後々問題になることもあると思うのです。これは公務員試験でも使えるツールなのですが、「10万件の企業口コミ。キャリコネ転職サービス」を利用すると事前に、企業とか自治体の働くうえでの評判を調べることができます。

どんな評判が載っているのか?といと、実際に働いたことのある社員から見て良かった部分とか、ダメだった部分とか、具体的な給料のこととか、残業、休日出勤などの入社する前に誰もが知りたい情報を暴露してくれています。こういったことは聞きたくても聞けないですし、聞いても本当のことを教えてくれるか?分かりません。匿名の書き込みだからこそ、書いた人を特定できませんから、真実をそのまま書いても大丈夫なんです。

これは転職者だけじゃなくて新卒の大学生もご利用になれます。また、民間企業だけではなくて、具体的な市役所とか、省庁なんかも口コミが載っている場合もあるので、気になる方は是非登録して利用してみると、民間企業の就職活動でも、公務員試験でも良い企業選び、志望先が見つかるのではないでしょうか?具体的な企業の名前、市役所や省庁の名前を検索してみると、結構ヒットしますよ。

埼玉県庁の筆記試験のボーダーは割と低いと思います

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


埼玉県庁は、地方上級試験の中でも割と筆記試験であまり人数を絞らない試験になると思います。例年面接試験の倍率と筆記試験の倍率がほぼ同じなのです。だから、非常に稀だと思うんですけど、筆記試験で落ちるケースも少なくなりますけど、面接で落ちる可能性は高くなってしまいます。筆記試験の倍率は例年2.5倍もないですね。2倍を少し越えたくらいって感じでしょうか?

だから、当然ボーダーも低いはずですよ。地方上級の試験は問題が難しいために、ボーダーはそんなに高くならないと思いますけど、埼玉県庁の場合はさらに低いということが予想されます。一般的なボーダーは5割5分~6割くらいじゃないか?と思いますけど、埼玉県はそれ以下ということになりそうです。


埼玉県は関東型になるので、教養試験も専門試験も一部選択性になります。それは多少多くの受験生にとっては助かる面になると思いますけど、ボーダーにそれほどの影響は与えないと思います。だからボーダーは5割を越えていれば一応の可能性は残っていると思います。5割5分くらいあればかなり期待して良いのではないでしょうか?

自己採点がほとんどできませんから、自分の正確な得点を知ることはできないものの、なんとなくは分かると思うんですよね。論文試験は二次試験なため、択一試験のみで一次試験は決まりますから。教養試験よりは専門試験で稼ぐ人が多いと思うので、なんとか専門試験も10問ほど選択回答ができるので、それを有効活用して良い点数をとっていきましょう!

埼玉県庁の場合は、先ほど言ったように二次試験の方が圧倒的に難しいと思います。一次試験は2人に1人受かるくらいの難易度ですから、二次試験も多分一次試験の合格発表からほとんど時間がないと思います。だから、一次試験の合格発表の前から、一次試験を受ける前からやっていけると良いと思います。

埼玉県のトータルの倍率はそれほど高くはないものの、一次試験と二次試験の倍率がほぼ同じという非常に珍しい。そもそも採用予定者数が少ない市役所の採用試験などではたまにありますけど、地方上級のような大きな自治体ではなかなかないと思うので、それを踏まえて、筆記試験の勉強の段階から面接試験のことを考えていった方が良いと思います。

国家総合職は独学で可能か?予備校に通わないと無理か?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


国家総合職というと、公務員試験の中では非常に難しい。最難関とする声すらあります。感じ方は人それぞれで、本当に難しいという人もいれば、そんなことないだろという人もいます。国家総合職の場合は、筆記試験も難しいとされていますけど、官庁訪問が非常に厳しい印象ですね。官庁訪問自体、かなり過酷という声を聞いています。

例えば、予備校の扱いでは、行政職の公務員試験の講座の場合、地方上級、国家一般職の2つが中心になります。このコースを選ぶ人が非常に多いですね。それはこれを選べば地方上級、国家一般職を中心にして、特別区、東京都、市役所、国立大学法人などの多くの試験種をカバーできるからです。国家専門職などは別途、特殊な科目をオプションという形で補強していかないといけませんけど、そういった試験種もこれである程度はカバーできるでしょう。

ただ、国家専門職もそうなんですけど、国家総合職の場合は別に地方上級、国家一般職のコースとは違った特別なコースが用意されています。これは、要は国家一般職や地方上級レベルの勉強をしていてはダメだということなのかもしれません。国家総合職が難しいのは事実でしょうけど、どの程度難しいか?というのは、一概には言えません。少なくとも、予備校側は国家総合職は一段ランクを上げて、別のコースを用意するほどの難易度と考えていると思われます。

実際、予備校に通わないと無理か?というのは何ともいえないです。独学で合格している人もいるはずですから、絶対に無理ということはない。筆記試験もそうですけど、何よりも国家総合職は官庁訪問が大変です。最終合格をしても、かなりの人数が採用漏れになるようですから、最終合格しても全然安心はできないし、この官庁訪問で全てが決まるようなものでしょう。

だから、この官庁訪問、つまり面接対策に自信がない人は予備校に通った方が良いかもしれないのです。面接対策の講義を受けて、模擬面接をして、そして官庁訪問について1から学んで理解して、どうすれば採用してもらえるか?を自分なりに掴んでいく。それが国家総合職に合格するために必要だと思います。予備校に通えば、同時に筆記試験の授業も受けられますから、筆記試験の通過率も上がると思います。

国家総合職は内定にたどり着くまでに非常に長い道のりで、過酷ですから、簡単に受かる試験種ではないことは明白だと思うのですが、国家総合職は独学で可能か?予備校に通わないと無理か?というのは、ちょっと判断が難しいです。筆記試験はどうにかなったとしても、やはり官庁訪問でなかなか受からないと思うので、そこを自分はどう考えるか?独学でもいけそうか?予備校で対策を受けた方が良いか?ということは考えておきましょう。

水道橋駅の周辺で公務員試験のオススメ予備校

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の予備校を水道橋周辺で探しているという方もいると思います。水道橋は割と大きな駅ですし、いくつかの東京都内の大きな駅へのアクセスも結構いい場所にあるので、人気のエリアだと思います。水道橋の周辺に公務員試験講座を開講している予備校もいくつかあります。私自身、「資格の予備校TAC」に通っていて、かなり満足の内容でしたから、是非オススメしたいですね。

TACは水道橋にもありますし、オススメの予備校ですよ。TACは受講形態がいくつかあって、好きなものを選ぶことができます。まず、シンプルな通学形態です。これは家から予備校の校舎に通って、授業を受けるというタイプで、1番典型的な皆さんが想像しているタイプの受講形態だと思います。しかし、それだけではありません。

DVD通信講座があります。これは自宅に授業を収録したDVDとそれで使う教材が送られてきて、それをもとに勉強するタイプです。これは自宅で勉強するタイプですから、予備校に行かないといけないわけではありません。手間や時間は大分削減されるかな?と思います。そして、今1番人気かもしれないのが「WEB通信」です!

これはどういう受講形態か?というと、まさにWEB上から授業を受けられるタイプになります。パソコンやスマートフォン、タブレットなどを使用してインターネットの特設サイトにアクセスして、そこから映像で授業を視聴するタイプです。映像として授業を見るということ、1回だけじゃなくて何度でも繰り返し授業を見られるというところは先ほどのDVD講座と共通している部分も多いですね。

このWEBフォローだと、別に家だけで勉強する必要がありません。大学生であれば、大学で授業がないとき、暇な時間にパソコンやスマートフォンを持っていければ大学のキャンパス内とか、周辺のファミレス、カフェなどでもネットにつながる環境さえあれば、いつでもどこでも勉強ができますね。ネットが便利になったことで、予備校を使った勉強の仕方も進化した感じですね。やはりこういった特徴があるので、大学生や後は時間がなかなかとれない社会人にも人気の学習方法だと思います。

こういった非常に便利な学習方法が選べるということもありますけど、TACで1番人気なのは総合本科生というコースです。これは筆記試験で必要な主要な授業をほぼ全て網羅し、論文対策講義、面接対策講義に加え、模擬面接と論文の添削は基本的に無制限に受けられます。そして、5回ほどある模試も無料で受験できます。

この総合本科生はこれまで紹介した通学講座、DVD通信講座、WEB通信講座は全てあります。代表的なのを3つ紹介しただけで、他にも講座の種類はいくつかありますし、いくつかを組み合わせたスタイルというのも存在します。今は予備校に通うといっても、いろいろな受講の仕方があるので、ちゃんとよく調べないと理解するのも難しいと思います。TACの公務員試験講座についてもっと知りたい方は、予備校に直接問い合わせたり、資料請求などをしてみると良いと思います。

公務員で許容される髪型、髪色が男女で違うという謎

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員として働くときには、住民の前で仕事をするという建前もあるのでしょうけど、いろいろと身だしなみに気をつける必要があるようですね。私は公務員にそこまで厳格な服装や髪型、髪色を要求する必要があるのか?というのは疑問ではありますけど、現実的に奇抜な髪型や髪色をしていると、おそらく注意されて従わないとどうなるか?分かりませんからね。

今回は特に男女の髪形についてですけど、女性の職員の場合の髪型、髪色はよほどのものじゃなければ問題ないという意見が多いようです。それはちょっとした茶髪や髪型もよくある感じであれば、ちょっとオシャレにしていても、注意等はされないのではないか?と思います。逆に男性は自由度が狭いですね。それ納得いっていない方も多々おられるようで、Yahoo知恵袋等にはその不満がかなり書き連ねられています。

男女で服装もそうですけど、髪型でこういった感じで自由度が分かれるのは、単純に住民から文句がくるか?どうかというのは多分1番大きい。住民のご機嫌取りをそんなにしないといけないのか?という疑問もあるのだけど、男女で髪型や髪色の制限の仕方を変えることにどういう合理的な理由があるのだろうか?それに答えられるのでしょうか?

少なくとも私には見出せない。文句を言ってくる住民というのも、明らかに人の容姿にいちいち文句を言ってくるのはそれこそモンスタークレーマーだろうし、民間企業じゃないのだから、理不尽な要求にぺこぺこ頭を下げる必要性が大分乏しい(理不尽な要求を断ると会社の利益が下がるようなことはない)と思う。私は茶髪だろうが、金髪だろうが、ちゃんと仕事をしてくれるなら、何の文句も言わない。

「税金で食ってるくせいに」とかワケの分からないことを言ってくる人もいるけど、税金から給料が出ている代わりに住民サービスはちゃんとしているのだから、税金の対価はちゃんと支払われているはずです。だから、住民サービスや財の供給という形で、税金を支払ってくれていることへの還元が理屈のうえではされているので、「税金で(ry」なんて文句は理屈としておかしい。

髪型や髪色くらいで文句をいう職員も住民は、じゃあ金髪の外国人が公務員だったら、同様のことを言うのかな?これを言わないのであれば、じゃあ何故日本人は黒髪じゃないといけないのか?理由を説明しなければならない。1人間の幸福追求権を制限するものであるのだから、それ相応の合理的な理由が無ければダメだろう。それがないのであれば、ただの自己満ルールなんだね。自分の気に入らないことは何でもルールにするんだね。と言われて終わりだろう。ちなみに男女雇用機会均等法によると、男性のみの短髪強制や染髪不可というのは明らかに違法であり、これを違法でなくすためには、男性にも長髪、染髪を認めるか、女性も男性と同様に黒髪のみ、短髪のみという条件にしないといけない。

ネットだと、男性公務員が長い髪や髪を染めているとことについては賛否両論(http://www.toku-chi.com/pages/bbs/topic_detail.htm?id=3608705&listCount=50&page=1)みたいで、昔よりは理解できる人が増えたのかな?という印象です。国民の代表でもある公務員がこんな男女不平等なやり方を促進していたり、住民の文句や偏見を何でもかんでも聞いたり、合理性もほとんどないような規則を続けていたり、恥ずかしいですよ。昨今話題になった入れ墨の問題も、数センチ程度の小さいものですらダメで、服で見えないのにそれすらダメとかもあったし(入れ墨の問題はそれを使って脅したことがそもそも問題であったはず)、明らかにこれといった問題も生じそうにないものまで摘んでいく理由はどこにあるのだろうか?住民を教育していく意味でも、モンスタークレーマーの方がおかしいんだよ?と、ある意味説教していく方がよっぽど公務員らしいと思うんですけどね。

国家総合職の教養、専門試験の足きりはどれくらい?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


国家総合職を受験される方は足きりを気にしている方も多いと思います。足きりについては点数とか、具体的に何割くらいとかは公表されていないようですけど、一応TACのホームページ(http://www.w-seminar.co.jp/koku1/)には3~4割と書かれており、このあたりの点数がおそらく基準点になって、足きりラインになるのではないでしょうか?

最大で4割ということですから、問題がそれなりに難しい国家総合職では、4割を越えるのもかなり大変かもしれませんけど、ちゃんと勉強をされた方ならば、足きりラインは少なくとも越えられると思うんですよね。実際、足きりになるか?どうかを心配しているようだと、一次試験の突破も難しいと思いますから。足きりの心配をしないでも良いくらいに知識をつけていきましょう。

国家公務員の試験は数的処理の割合が非常に多いですから、そこである程度点数が取れないと厳しいですね。まとまって出題される科目で苦手だとやはり不利です。一般知識の方は1科目が1問ずつでしょうから、そういった科目がいくら得意であっても1問しか出ないと間違える可能性は十分あります。ましてや国家総合職の問題ですからね。

だから、一般知識の方で稼ぐというのは、現実的にはちょっと難しいでしょうね。そうなると出題数の多い数的処理と文章理解で稼ぐのが理想で、それ以外の部分については、最低限をとっていくという意識が良いかもしれません。4割はとらないと足きりになってしまう可能性があるので、最低そこを越えるためにはやはり数的処理でしょう。

1番得意、不得意が分かれやすいところですから、ここで稼げないと一気に他の受験生に引き離されてしまう可能性があります。ただ、教養試験よりも専門試験の方が配点が大きいので、教養試験はそこまで引き離さなければ、専門試験の方で挽回は可能かと思います。専門試験の方も高い点数をとっていくためには、たくさん勉強しないといけないですけどね。

足きりは教養試験、専門試験共に4割弱くらいに考えておきましょう。筆記試験であまり点数がとれないと、一次試験は合格しても二次試験での最終合格は非常に厳しいと思います。そして、その後の官庁訪問についても影響してくる可能性があるので、足きり回避は絶対ですけど、筆記試験の重要性は改めて強調しておきたいと思います。是非、勉強頑張ってください!

千葉県庁の筆記試験ボーダーはやや高いが、二次でリセットされる

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


千葉県庁は採用予定者数の割には結構受験者数が多い印象ですね。全体の倍率は9倍近くあるので、地方上級の試験の中では結構高い方じゃないかな?と思います。でも、千葉県の場合は筆記試験の倍率が結構高いです。4~5倍くらいはあり、これも地方上級の中ではまあまあ高い方だと思います。

千葉県の場合は筆記試験は関東型になるのでしょうかね?全国型と比べると、選択できる余地があるので、多少解く方としては余裕があるかもしれません。筆記試験の問題自体は他の自治体と基本的に変わりませんけど、ボーダーについては結構高いんじゃないか?と思います。倍率がまあまあ高いので、他の自治体よりも高めの点数が必要かもしれません。

地方上級は問題用紙は持って帰れませんから、自己採点は出来ないですし、ボーダーを予想するのも難しいですけど、6割くらいは必要なのかな?って感じですね。ボーダーも結構高い方だと思うので、千葉県は結構筆記重視の自治体かもしれません。ただ、千葉県の場合は1つ注意しないといけないことがあります。それは筆記試験の取り扱い方についてです。

千葉県の場合は、是非知っておいてほしいのですが、筆記試験がリセット方式なのです。これはどういうことか?というと、筆記試験の結果は二次試験には持ち越されないというか、影響を与えないということです。一次試験を通過した人の中には、一次試験の成績によって順位付けがあるはずです。全員同じ点数ではないですから。しかし、リセット方式の場合は、一次試験を通過したものは全員同列です。

これがリセット方式と呼ばれるもので、1位で突破した人とギリギリで突破した人が横並びになるということです。これは嬉しいのか?悲しいのか?分かりません。二次試験以降は完全に面接で決まるということですから、筆記重視と言って良いのか?も分からなくなりますね。二次試験は倍率は2倍弱くらいですから、そんなに高くはありません。

倍率はそこまで高くはないものの、最終合格を決めるのは面接を中心とした面接試験ですから、筆記試験のことは忘れて、面接試験だけに集中しないといけませんね。一次で出遅れた、点数が低かった人も関係ありませんから。東京都みたいな感じで、足きりの倍率ではないですけど、それに似たような感じかもしれません。千葉県は筆記試験がリセット方式と言うのは是非覚えておいてください。

面接重視?倍率の高い埼玉県庁の面接の内容とは?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


地方上級の試験では、埼玉県庁を受験される方も多いかもしれません。この埼玉県庁はやや筆記試験の倍率が低くて、面接重視とまではいきませんけど、面接の倍率はやや高いといえるかもしれません。したがって、きちんと対策をしていかないと、最終合格までたどり着くのは非常に難しいといえるかもしれません。

筆記試験の倍率は2.5倍くらいと低いです。ただ、面接の倍率も2.5倍くらいあると思われます。だから、面接の場合は受かる可能性の方が少ないので、非常に難しいと思います。そして、埼玉県庁の場合は面接の形式もやや変わった感じで行われる可能性もあり、対策がちょっと難しい面もあります。今もそうなのか?は分かりませんが、数年前の形式では、面接は2回あって、二次試験の中で2回行われます。

1回目は時間は15分くらいだったかな?2回目は30分くらいと長めです。どちらも個人面接なのですが、1回目は1つの部屋に4人くらいが呼ばれて、4箇所同時に面接を行うという非常に特殊で変わった形式の面接が行われていました。4つのブースが同時に面接を行うので、室内はやや騒がしくて、質問等が聞き取りづらい気がしてきます。

仕切り等はあってないようなものなので、ほとんど他の人たちの声が聞こえてきて、自分たちの面接が非常にしづらいです。そういう条件のもとでやらないといけないので、凄いやりづらいですし、こっちの声もちゃんと面接官に聞こえているのか?分からず、凄い不安になるかもしれません。時間節約のためなんでしょうかね?同時にやるにしても別の部屋にしてほしいと思います。

こういった感じの面接が1回あって、次にすぐだったと思います。建物を移動して、別の場所で2回目の面接がすぐにあります。今度はちゃんと1人ずつの部屋になり、面接官は3人います。ここではかなり深く突っ込まれた質問をされると思いますから注意が必要です。もしかしたら圧迫面接みたいな感じになるかもしれません。

それぞれの面接の配点などは分かりませんけど、二次試験として2回面接があり、この2回を経て最終合格が決定されます。先ほど言ったように埼玉県庁は面接の倍率が結構高いので、一次試験を突破しても最終合格に至るのは結構難しいと思われます。ですから、特に面接で全てが決まるに等しいので、是非しっかりと対策をして本番に挑んでください。ちなみにここは面接のときにはクールビズを指定される可能性があります。過去にはそうだったので。

国家総合職は難しいのは都市伝説?実は受けた方が良い?

  • カテゴリ:未分類
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


国家総合職というと、公務員試験の中では最難関というイメージがあるかもしれません。実際、難しいことには変わりないと思うのですが、実はそうじゃないという意見もちらほらネットを見ているとあるのは事実です。簡単なわけではないけど、皆さんが想像しているほどではないよ?ということかもしれません。

実際、私の通っていた予備校にいた人が国家総合職の試験を受けたらしくて、その人は特別区が第1志望だったと思います。だから、試しに受けたのかもしれませんけど、思っていたよりも筆記試験ができたということを言っていたと思います。その人の話を聞く限り、やはり想像ほど難しくないのかな?と、ちゃんと国家総合職用の勉強をすれば、可能性はあるのかな?と思います。

国家総合職が難しいと煽るのは、多くの場合は予備校関係者で、それはどうしてか?というと、独学じゃ無理だから、予備校に行って勉強しないと厳しい。そういう言い方をしないと予備校に来てくれないから。という見方をしている人もいました。それが事実ならば、やはり国家総合職がかなり難しいというのは幻想に近いのかもしれません。

国家総合職は私は受けたことないですし、実体験としては語れませんけど、案外難しくないという人は割といるようです。そして、毎年日程的には独立して行われており、どことも被っていないので、試しに受けてみるのも良いかもしれませんね。2015年からは就職活動の後ろ倒しにあわせて、従来の日程からずれるらしいですけど。

最初に受けるのが国家総合職という人もいるかもしれませんが、ここで仮に筆記試験を突破できなくても、想像していた以上にできたならば(専用の対策をしていないなら尚更)、後に受けていく試験にも大分自信が出てくると思います。難しいとされていた試験でそれなりの点数がとれたならば、これから受けていく本命の試験でもやれるはずだ!と思えるのではないでしょうか?

そういった意味で、本命の試験の前に練習として受けておくのも良いかと思います。筆記試験はこういった感じですけど、二次試験以降は多分大変だと思いますよ。官庁訪問の倍率もかなり高いみたいですし、面接を何回も繰り返さないといけない可能性もあります。国家総合職で本気で内定をとろうと思ったら、やはり大変なことには違いないと思います。ただ、筆記試験が難しくダメだと思っているのなら、そこはもしかしたら違うかもしれないということです。