_ 2014年11月 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

特別区の希望区で江戸川区単願の受験生の倍率は高いかも

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


特別区の場合は、江戸川区を志望するときには、いわゆる単願という形になります。それはどういうことか?というと、特別区の申し込みの時点で、3つの希望区を選ぶことになるんですけど、そのときには3つ選べないということになります。通常は3つまで選べます。3つ選ばなくても大丈夫です。しかし、江戸川区の場合は、江戸川区を選んだ時点で、他の区はもう選べません。

すなわち、江戸川区志望の方は、特別区を受ける場合には江戸川区以外の区役所で働くことはありえないということですね。江戸川区を志望する人は江戸川区だけにしか採用される可能性がないということです。江戸川区を希望区に選ぶ場合には江戸川区で働く前提になりますので、まずそこを知ったうえで行っていただきたいと思います。

そして、江戸川区志望の方の場合は、採用試験を受けていく過程も少し異なってくるのです。江戸川区志望の方は一次試験は普通に受けます。これは他の区を志望している方と同様の試験問題を解いて、同じように採点されて、合否発表を待ちます。一次試験は江戸川区単願でも、さほど変わりありません。問題は二次試験以降ですね。ここで違いが出てきます。

二次試験は人事院面接になります。通常の場合は人事院面接に合格しても、次は区面接が待っているので、最終合格しても、まだ採用が決まるわけではありません。区面接で合格して採用が決まるということになります。しかし、江戸川区志望の方は、区面接は受けません。人事院面接の2回の面接が最後の面接になります。つまり、人事院面接に合格すれば、採用が決まるということです。

江戸川区の場合は、最終合格=採用になるのですね。ここがちょっと特殊です。最終合格しても区面接があると、安心はできません。やはり採用漏れがありますから。ただ、江戸川区の場合は面接が1個少なくて済むということで、やや簡略化された形になります。したがって、江戸川区の場合は、他の区を希望した人よりも簡単なのか?というと、そうとは言えないと思うんですよね。

面接が1個減ったからといって、受かりやすいわけではなく、江戸川区志望の方は他の区志望の方はあまり関係ない。江戸川区志望の方は江戸川区志望の方とのみ、面接で争うことになると思うので、江戸川区志望の方が一体何人いるのか?それが分からない以上は倍率も分かりません。特別区全体では、1.5倍弱くらいの倍率ですが、江戸川区志望の方は、もっと高くなってしまう可能性もありますし、気が抜けないでしょう。倍率は発表されていないので定かではありませんけど、2chでは予想で2倍とか、3倍とか、4倍くらいの声はちらほら聞こえます。1.5倍よりも高くなる可能性は十分あるだけにしっかりとした面接対策をしていきましょう!


特別区で江戸川区を受ける方も、それ以外を受ける方もしっかりとした面接対策をしていくことが重要だと思います。江戸川区の場合は、人事院面接の時点からかなり江戸川区に踏み込んだ内容を聞かれるみたいですから、その分他の特別区の受験生よりもやらないといけないことも多いかもしれません。そのときに役立つかもしれないのが本書になります。これは現役の採点官の方が面接官目線から、面接ではどういうところが見られているのか?どういったアピールが面接官に有効なのか?面接に受かるにはどうしたら良いのか?面接官と言葉のキャッチボールを上手く行うにはどうすれば良いのか?といった内容についてマンガ形式も含めて解説してくれていて、まずは面接官の気持ちを知ることが大切かもしれないですね。
公務員試験 現職採点官が教える!合格面接術 2015年度

お金を稼ぐために莫大な金がかかりすぎる就活をする意味って?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


就職活動って、予想以上にお金がかかると思います。当然、交通費、スーツやコートなどの服装にかかるお金が中心でしょうけど、就職活動にかかる期間が長くなればなるほど、費用はどんどん積もっていきます。かなり早く内定が出て、早々に切り上げた人は最低限の費用しかかかっていないかもしれませんけど、1年くらいやっていたり、次の年もやるとなると、これは莫大な出費でしょうね。

さらに、もしかしたら今後企業を受けるのに受験料をとる企業が出てくるかもしれません。大手IT企業のドワンゴが以前、2525円の受験料を払わないと受けられない(地方在住の学生は免除)という試みを行いましたが、それに追随する企業が現れると、今後さらに受験料という費用がかかってくる恐れもあります。

この受験料に関しては、賛否両論あると思うのですが、私はどちらかというと賛成です。実際、多くの企業が受験料を課せば、当然受ける企業は今まで通りにいかない。減ります。よほどのお金持ち以外は受けられる企業の数が減りますから、チャンスは減るということがいえるものの、1企業あたりの倍率も減るので、内定を獲れる確率はそんなに変らないものの、単純に学生は負担は減りますね。

50社とか、100社受けることが現実的に不可能になるので、負担は減ります。そして、学業に時間を見出せます。私としては、こういう案はありだと思っています。こういうことをやると、お金を負担しきれない学生が就職活動が困難になるということもありますけど、それは大学受験も同じです。それに、今だってたくさん受ければ、交通費がとんでもなくかかりますよ。

それが本当に受けたいところしか受けないようになれば、受験料の負担があっても、交通費等が圧倒的に減りますから、ある程度従前のものと費用負担はそれほど変らないのではないか?と思います。受験料を課しても、就職活動の問題そのものが改善されるとは思いませんけど、少しでも良い方向に導くための1つの案じゃないか?と思います。

それでもお金が多くかかるという状況は変わりませんね。これだけ多くのお金がかかると、(雇ってもらうのに、これだけ多くの費用をかけているということは)実際仕事をする必要がないと見るのが正しい。ということを誰かが言っていましたけど、見方によってはそんな気がしてきますね。現代の人はお金に困っていなくても働くことを選ぶ。どんな人もいずれ働く必要性は出てくるかもしれませんけど。それは働かないと一人前として見てもらえない世の中の風潮もありますし、働かない人を嫌悪する人が多いから、後ろ指さされないために働く人も多いと思います。

実際、世の中のそういう風潮や見方というのは、働く必要のない人まで働かせしまう。そうなると、働く必要もない働いてしまうと、本当に住む家とか、貯金とかがなくて困っている人が就ける職がまた1つ減ってしまう。ということも言えますし、本当に効率的に職が回されて、賃金が得られる状態には日本はなっていないと思われます。普通の学生であれば、別に卒業後に就職できないと死ぬということはないでしょうけど、あなたは一体、何のために就職活動をするのでしょうか?

公務員試験の英語が苦手な人にオススメな単語帳

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の英語は教養試験で主に出題されます。英語はどこの試験種でもそれなりの数出ますし、数的処理の次くらいに重要な科目といえるかもしれません。ある程度得意な人は別に今から本格的に勉強しなくても大丈夫だと思います。いきなり過去問をやってみるという勉強法で良いと思います。

しかし、英語が苦手という人、まともに単語も分からないような人はまずは単語を必要なだけインプットしていかないといけないと思います。単語の知識が不足していると、まず解けません。簡単な問題が出る試験種でも、単語がちょっと疎かになっている人は読んでみてもよく分からないと思います。そこで、是非単語だけでもなんとかしていくべきだと思うのです。

単語がある程度人並みレベルになれれば、大分変わりますよ。単語をたくさん覚えただけでいきなる英語の問題が解けるというものでもないですけど、そこからちゃんと過去問を解いていって、問題の解き方を学んでいく、経験していくと段々と変わっていくはずです。単語をインプットする作業とそれを使って、問題を解く練習の2つが必要ということです。

ある程度問題を解いていくと、解き方に慣れると思うのです。英語の問題が解けるようになるためには、ちゃんと練習も必要だと思います。さて、そういう英語が苦手な方にオススメな単語帳は「ターゲット1900」になります。英語の単語帳はどれを使っても大差ないと思います。載っている単語が微妙に違うだけで、あと量もちょっとずつ違いますけど、どれを使っても勉強に差が出るとはあまり思えません。そうなると、あとは中の見やすさ、レイアウトの綺麗さとかで選んでいくのが良いかな?と思います。

私も高校時代にちょっと使っていた面もあり、受験生にもかなり人気の一冊だと思います。見やすく、載っている単語の数や種類も丁度良く、英語が苦手な人もそうですけど、ある程度できる人にとっても復習用とか、さらに単語を身に付けていくときにには大変有益だと思います。単語帳は公務員試験用のものはほとんどないと思うので、大学受験用のもので良いと思います。1日10個でも20個でも、少しずつ覚えていく。1回では覚えられないと思うので、忘れても良いから何度も繰り返す。そうやって、単語帳を常に使っていくと、大分語彙力は変わってくると思います。

公務員試験で英語ができないと、多少不利になるのはやむを得ないですけど、なんとか半分くらいはとれるようになれば大分違うと思います。半分くらいならば、公務員試験の英語でも十分可能ではないでしょうか?苦手な人は上げる余地がそれだけあるということですから、前向きに英語の勉強に取り組んでいけると良いと思います。

英単語ターゲット1900 5訂版 (大学JUKEN新書)

「公務員は安定していると思いますか?」という質問の答え方

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の面接で、公務員について聞かれることはよくあります。公務員は安定していると思っている人が多そうですし、実際、それを目当てに公務員を目指すという人もいるでしょう。それがいけないとは思いませんけど、面接官としては、あまり公務員の安定性に期待をしてもらっていても困ると思うんですよね。クビになりづらい、倒産がないとなると、仕事に緊張感がなくなる可能性もあるので。

したがって、「公務員は安定していると思うか?」という質問をされても、あまり「安定していると思う」と、自信満々に答えない方が良いと思います。ただ、サラリーマンよりは相対的には安定しているのではないか?とは思いますけどね。だから、回答の方向性としては安定性は多少はあるけど、安心できるほどではない。安心してはいけない。といった感じが良いのかな?と思います。

例えば、「一般の会社員の方と比べると、安定していると言えるかもしれませんが、以前と比べると、各自治体の財政上級はどんどん悪くなってきていますし、現在と同様の身分を公務員が教授していける保証はありません。したがって、公務員という身分に甘んじることなく、精一杯住民の方へ奉仕する気持ちで仕事を全うし、多くの人を惹きつける街を作っていきたいと思います!」みたいな感じはどうでしょうかね?

住民サービスを充実させれば、それだけ住民は喜ぶし、多くの人が住んでくれるかもしれない。そうなると、税金も集まりやすくなり、自治体の財政状況はやや改善の方向に向かい、ひいては公務員自身の安定性にも寄与できるということですね。ただ、あまりお金のかかるサービスばかりをやっていたら本末転倒かもしれませんから、注意が必要だと思います。

この質問はそんなにされるような質問ではないと思いますけど、とにかく安定していると豪語すると、マイナス評価になるのではないでしょうか?公務員は安定していると言われてはいますけど、面接官としてはそこにあまり過度な期待を持ってほしくないと思っているんじゃないでしょうか?それよりはちゃんと現実を見据えて、油断しないように職務に取り組もうとしている姿勢を見せることが大切でしょう。公務員が安定しているというのは、相対的にはそうkまおしれませんが、絶対的な見方では、揺らいできているのかもしれませんね。


公務員試験の面接では、いろいろな質問がされますけど、実際公務員試験の面接官がどのようなことを考えているのか?どういった目線で見ているのか?について知っておくと、やや有利に面接を進められるかもしれません。本書は現職の採点官の人が書いた面接対策本で、実際にご自身が経験しただけあって、それなりに有益なことが書かれています。どういったポイントで面接対策を進めれば良いのか?面接官に評価されるにはどうすれば良いのか?といったことが詳しく書かれています。面接に合格したいならば、まずは面接官について知ってみるのも良いかもしれません。
公務員試験 現職採点官が教える!合格面接術 2015年度

財務専門官の筆記試験のボーダーラインはいくつ?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


財務専門館は国税専門官や労働基準監督官と同じ日程で行われます。この中では、やはり国税を受ける人が多いのかな?と思われますので、そこまで財務専門官への受験は多くならないかもしれません。おまけに2015年からは特別区や東京都方とも被る可能性もあるので、さらに受験者数は減りそうですね。したがって、ボーダー予想はちょっと難しいです。

例年でいうと、6割強くらいが必要と言われています。6割以下だとちょっときついかもしれないです。これは他の人の意見ですけど、財務専門官はやや受験生のレベルが高いみたいです。それは調べようがないので、なんとも言えませんけど、過去に受験した人の意見を汲むと、6割だとちょっときついくらいみたいで、もう少し欲しいみたいです。

これはあくまでも教養試験と専門試験の択一のボーダーですから、何とも言えません。専門記述の試験もありますからね。ただ、専門試験は受験生も誰も自分の点数を予想できないでしょうから、ある程度安心するには素点で50点はほしいみたいですね。50/80とれれば、62.5%なので、それくらいとれればとりあえず一次試験は突破できるのではないでしょうか?

問題のレベルはそこまで高くないかもしれませんけど、簡単ではないでしょうから、しっかりと勉強をしないとこの点数はとれないでしょう。例年だと、一次試験の倍率は3倍くらいみたいですけど、2015年からはどうなるのか?分かりませんね。特別区や東京都と一緒の日程ならば、当然倍率が下がることも予想されますし、ボーダーも下がる可能性もあると思います。

ボーダーは下がっても6割弱くらいじゃないかな?とは思っていますけど、これは何とも言えませんね。財務専門官は二次試験に何人残すか?その人数によっても大分違うでしょうからね。あくまでも例年の倍率ならという話であって、2015年はどうなるか?というのは、とりあえず初年度を見てみないと分かりませんね。

財務専門官を本来なら受ける予定だった方も、特別区や東京都庁と被ったから受けるの止めたという人もいるかもしれません。財務専門官でそれなりの点数がとれた方は、二次試験の対策、面接試験の対策をしてみてはいかがでしょうか?財務専門官の二次試験の倍率もそんなに高くないですが、面接試験は簡単に受かる試験でもないので、財務専門官への志望動機や自己PRについては早くから考えておいた方が良いでしょう。


財務専門官を受験される方は、以下の問題集をやっておいた方が良いでしょう。本番で出題される問題のレベル、科目ごとの出題数、時間配分などを確認しておきましょう。この問題集は国家専門職ひっくるめてのもので、国税専門官、労働基準監督官、財務専門官のぞれぞれの教養試験、専門試験の問題が収録されています。
国家専門職[大卒]教養・専門試験 過去問500 2015年度

内定が全然獲れなくて就活を諦めた、諦めるのは勿体無い!

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


就職活動をされている方いると思います。なんとか卒業までに内定を獲りたい!と思って、日々頑張っている方は良いのですが、これまで長きにわたって就職活動をしてきて、内定が全然獲れないし、今後も取れる気配がないと感じている人もいるかもしれません。ただ、ここで諦めたら絶対に勿体無いですよね。

それは時期が進めば進むほど、同じ年度で就職活動をしていく学生の数は減ってきます。内定が出た学生はすぐにではなくてもいずれ就職活動の舞台から退いていきますから。そうなると、どんどん競うべきライバルが減っていきます。そして、こんなことを言っては失礼ですけど、この時期にまだ就職活動をしている学生というのは、あなたと同レベルの人が多いということです。

つまり、なかなか内定までたどり着けずに苦しんでいる人が他にもたくさんいるし、それはあなたと同じなんですね。つまり、月日が経てば経つほど、どんどんライバルの就活生の数は減り、スペック的にも高い人たちはどんどん消えていきます。そして、残るのはそこまでスペックが高くない人たちということです。就職活動が佳境にいけばいくほど、どんどん内定が獲りやすい環境が整っていくということになります。

つまり、ある程度就職活動も終盤の時期にきていて、そこで諦めてしまうのは1番勿体無い。これまで落ちてはきたけど、たくさん選考を受けて、履歴書やエントリーシートを書いてきたわけじゃないですか!それが全て水の泡になるということですよ。それらの経験は無駄ではないはずですよね。それらは失敗かもしれないけど、次に生かすことのできるステップになるはずです。

卒業の時期が近づけば近づくほど、ヤバイ!というプレッシャーは感じるかもしれませんけど、それだけ内定を獲れる確率は上がってきています。追い込まれれば追い込まれるほど内定が獲りやすいはずなのです。したがって、最後の最後まで諦めないことが大切でしょう。就職活動をもう止めて、別の道を模索しているなら良いかもしれませんけど、就職活動一本で行くのならば、卒業ギリギリまで頑張ってみてください!

ある程度遅い時期から採用活動を始めるという企業もあるので、まだまだ求人は多く残っているはずですからね。就職活動はみんな辛いですからね。人生を左右する岐路にもなる瞬間かもしれません。それをどこまで頑張ることができるか?というのも、就職活動を、人生を左右する一因になるのかもしれません。

公務員試験の面接の受け答えはしどろもどろになってOK!

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の面接では、受け答えが完璧にできないとダメとか、あまりそういう風に思う必要はないと思います。完璧に出来ればそれは良いのかもしれませんけど、それは本人がそう思っているだけであって、面接官もそのように評価しているか?は分かりません。あまりに完璧すぎるのも逆効果になるかもしれないということです。

以前、「面接でスラスラと流暢に話せないと評価を下げる?」の記事でも書いたように、面接官は予備校に通って、しっかりと面接対策を行ってくる受験生をあまり好んでいないのではないか?ということをお知らせしました。それは予備校の面接対策は抜かりなく行われるために、ちゃんと対策を実践していけば、多少差はあるにしても、どの受験生も一定のレベルには達するでしょう。

しかし、受け答えの内容については、予備校の色が出やすい。これは市販の面接対策本などを参考にしても一緒かもしれませんけど、よくあるマニュアルに頼った回答になりやすく、面接官としてはもっと本音が見たいのに。と思っているかもしれないのです。回答内容によっては、あ!この人完全にマニュアル通りの受け答えになっているな!と思われてしまうかもしれません。

そう思われたら、やはり不利になってしまいます。したがって、あまりにも不自然なくらいに受け答えが流暢過ぎて完璧というのも面接ではよくないのかもしれませんね。ちょっとはしどろもどろなくらいの方が面接官受けは良いというか、素の受験生が見れてむしろ好印象かもしれません。多少ツッかかたりしたとしても、それくらいでマイナスにはならないでしょう。

面接というのは緊張して当たり前ですからね。だから、ちょっとしどろもどろになったくらいがむしろ自然に見えて、面接官としても安心するんじゃないですかね?練習をして流暢に話せることも大切かもしれませんけど、流暢に話せないとダメということはないでしょうから、流暢に話せないとダメとは思い込まない方が良いでしょう。

そのように思ってしまうと、プレッシャーが大きくなってしまい、余計に失敗してしまう恐れもあります。別に面接は完璧を求める必要はありません。どういう話し方になっても、伝えたいことがちゃんと伝われれば問題ないという風に考えましょう。面接は良い意味で気楽に身構えて挑戦できると良いのではないか?と思います。


公務員試験の面接対策をするときには、以下の参考書がとても役立つと思います。本書は予備校のTACが発売しているもので、毎年改訂されています。特に参考になるのは「公務員試験の面接官が欲しい人材とは、どういう人なのか?」という部分です。端的に言ってしまうと、「辞めない人」ということになるようですが、どうしてそういう人が欲しいのか?そして、辞めない人と思わせるにはどうすれば良いのか?というアドバイスがとても参考になります!また、公務員試験の面接では、特に頻出と思われる質問について、約20個ほどよく聞かれる質問と回答例(良い回答とダメな回答とその理由)を載せているので、そこも十分参考になると思います!割とボリュームあるので、面接対策はこれ1冊でかなり仕上がるのではないでしょうか?
面接・官庁訪問の秘伝 2016年度採用版 (公務員試験)

就活で着るコートは黒、紺色以内ならグレーかチャコールが無難

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


就職活動用のコート選びで悩まれている方もいるかもしれません。特に悩むとしたら色でしょうかね?一般的には黒か紺色などのダーク系統の色を好んできている人が多いと思います。好んでいるか?どうかは分かりませんけどね。周りに合わせるために仕方なくその色を選んでいる人もいるかもしれません。ただ、この2色はある意味王道といえるような色でしょう。

ただ、別の2色以外でも良いと思うんですよね。ビジネスシーンで社会人がよく着ているような色はだいたいOKだと思います。コートの色がどこまで合否にかかわるとは思えませんけど、後はグレー、またはチャコールグレーなんかが良いかな?と思います。黒や紺色に比べたら、少し明るい色ですよね。就職活動では、この2色のスーツを着ている人もたまにいます。

したがって、許容範囲の色だと思います。特に個人的にはチャコールグレーは好きな色なので、オススメしたいですね。チャコールグレーってどういう色か?というと、グレーと黒の中間のような色だと思ってください。グレーよりは濃くて、黒よりは薄いです。黒や紺色があまり好きでないという人は、こういった色を探しても良いと思います。

他にはどんな色があるか?というと、ブラウンやキャメルといった色でしょうか?こちらの色は就職活動やビジネスシーンではあまり見ない色のような気がします。大学生が私服で着ているコートにはよく見るだと思いますし、ややカジュアル感が強いかな?という気がしてしまいます。コートにもよるのかもしれませんが、間違いなくやや目立ちますよね。

先ほども言ったように、コートの色によって採用の可否が決まるとは思えませんし、コートは会社の中に入れば脱ぐので、あまり気にしなくても良いような気もしますから、後は本人の気持ちの問題でしょうね。同じような色でベージュは浸透してきているので、茶色やこのキャメルといった色も今後も増えていく可能性はありますからね。

ただ、黒、紺色、またはグレーかチャコールグレーが今のところは主流かな?と思います。一応、フォーマルな格好をする場なので、気に入らない色でも多少我慢する必要があるかもしれませんけどね。本人が気にするようであれば、他の人に合わせて行くのも良いと思いますよ。冬の間しか着ないものですから、無難な色を選んでみるので良いと思いますよ。

若者が勝てない選挙に行かない理由=若者が若者を叩く構造

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


来月には衆議院総選挙を控えていますが、選挙のたびに毎回話題に出る「若者の投票率の低さ」にはもう個人的には飽き飽きしている。若者が投票に行かないから、政治家は若者を無視して、高齢者ばかり優遇する。そう言われるのが毎回のお決まりのようですが、本当に若者が投票に行けば、政治家は若者を見るようになるのか?というと、本当にそうか?と疑問が沸く。

若者が選挙に行かない理由は様々だろうが、個人的に1番大きいと思われるのは、高齢者には勝てないだろうということでしょう。諦めみたいな気持ちが先行してしまっている。選挙で若者に配慮した日本に変えよう!と呼びかけるものは多数いるが、いまだかつて若者が政治の中心になったことがあるでしょうか?政治家が高齢者ばかり得する社会にするのは、高齢者の投票率が高いということとはあまり関係なく、政治家の多くが高齢者だから、だから自分たちが得する社会にしているだけだと思います。

仮にそうだとすると、余計に若者が主役になる社会なんて無理でしょう。政治家の多くを若手議員にでもしない限りはなかなか若者主導の政治にはならない。そうなると、若者の多くが諦めてしまうのも無理はない気がしますけどね。やっぱり前例がないというのは大きすぎると思うのです。若者が高齢者よりも優遇された社会は日本では、いまだかつてなかったのではないか?と思うのです。

つまり、若者主導の社会にする手段として選挙を利用するのは、現実的に無理が大きいといわざるを得ない。やるんだったら別の手段に訴えるしかないが、他に方法は特に思いつきません。唯一ありそうなのは、先ほど言ったように国会の中に若者と同世代の議員を多く送り込むくらいでしょうかね?それにも限界がありそうですけど。

ましてや、今の日本は若者が今後どんどん減り、高齢者はどんどん増えていく。相対的に数ではどんどん勝てなくなっていくでしょう。平均寿命もどんどん伸びていくだろうから、若者は本当に肩身の狭い社会になっていくのをただ見ているしかないのか?少なくとも国は若者の投票率が上がってほしいとは別に思っていないでしょう。彼らにほとんどメリットはないでしょうから。そうなると、現実的にはなかなか難しいが、草の根運動のように地道に若者自身が声を挙げていくしかないのだと思います。

しかし、現実に起きているのは「何故、選挙に行かないのか?」、「選挙に行かない奴はおかしい!」といった、若者から若者へのバッシングであり、仲間割れの構図にしか見えないのです。声をあげないと、若者が選挙に行くようにはならないが、やり方が狂うと、「は?ふざけんなよ!誰が行くものか!」と、余計に選挙への熱意を失うだけだと思います。選挙行くように呼びかける若者の行動は何だか空回りしているように見えてなりませんし、この状態でとても若者世代の投票率が上がっていくとは思えません。

元々、諦めかけている若者が多いのに、そこに追い討ちをかけるように選挙に行かない若者を叩くのは得策とは思えません。あと、価値観の違いも大きいように思います。高齢者の方は選挙に何があっても行くという義務感のようなものがあるように思うのですが、今の若い世代は本当の権利として捉えていると思うので、権利なんだから行使しない自由もあるという認識で行かない人も多いでしょう。この価値観は非常に崩すのが難しいでしょうからね。

東京都の町田市で公務員試験の予備校を探すなら

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の予備校を東京都の町田市あたりで探しているという人もいると思います。町田市は東京都の中でも結構栄えている町なので、予備校等は非常に多くあります。公務員試験の予備校でいえば、何社かこの街にも校舎がありますね。そこで、町田市でオススメしたい公務員試験の予備校は、やはり資格の予備校TACですかね?

私自身も通っていたので、どういう予備校か?というのはある程度よく分かります。町田市にあるTACはJRの町田駅から徒歩4分で、小田急線の町田駅からは何と徒歩1分という近さです。駅から出てすぐなので、非常に便利ですね。TACでは、申し込むコースにもよるんですけど、非常に手厚いサービスを受けられます。多くの方がだいたい申し込む総合本科生では、筆記試験の主要科目の授業が全て受けられます。

そして、論文試験の授業を受けると、その後には論文を書いて提出して、添削をしてもらうことができます。TACで総合本科生に申し込むと、その添削回数が無制限です。そして、面接対策の講義を受けた後には、模擬面接を受けることになると思います。この模擬面接も総合本科生だと無制限に受けられるのです!

さらには模試も無料で受験可能です。2月のチャレンジ模試から、4月あたりまで合計5回くらいですかね?模試が無料で受験できます。さらに、TACで開催する試験種ごとの直前セミナーなるものがあります。これは試験直前にピンポイントでの出題範囲の予想や論文などの出題テーマの予想など、そして合格のために何が必要か?といったことを過去のデータなどから選りすぐって伝えてくれる特別授業です。

そういった特別講義への参加費が結構割引されたりもします。外部生などは15000円とかかかってしまうのが、TACの受講生だと、10000円で受講できるといったメリットがあります。メジャーな試験種の直前などには、TACでこういった特別授業が開催されます。普段の授業では受けられない中身の濃い授業が受けられるので、非常にオススメしたいと思います。

TACでは、入学を希望する場合には、作文というか、意気込みみたいなのを書くと一定割合で授業料が割引されたりもするそうです。総合本科生など、一定のコースが対象みたいですけど、少しでも安く予備校を利用したいという方は、ホームページを見たり、資料請求などをすると、詳しい情報が分かって良いかもしれません。

資格の学校TAC<公務員>各種コース開講

法人への基本的人権の適用は?八幡製鉄政治献金事件の概要

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


憲法では、法人の権利についても出題されることがありますね。特に八幡製鉄政治献金事件は、法人の基本的人権はどこまで認められるか?というのが争われた判例になります。これは八幡製鉄という会社の代表取締役の人が、自民党に政治献金として、かなりの金額を献金したという事実を同会社の株主が知って、これはおかしいだろ!と訴えを提起したのです。

憲法の基本的人権は、自然人のみならず、可能な限り内国の法人にも適用されるとされています。じゃあ、今回の政治献金は基本的人権の何にあたるのか?というと、「政治的行為を行う自由」でしょうか。これが内国の法人に適用されるのか?ということが問題になったのですが、結論としては適用されるとされたのです。

つまり、自然人が行う政治的行為と同様に法人も自らの資金から寄付として、政党に献金を行う行為も保障されるべきものであるということです。会社は定款に定められた目的の範囲において権利能力を持つとされているが、それは定款に書いていない行為を禁ずるものではなく、その目的を達成するために必要な行為であれば、間接的、直接的を問わず構わない。とうのがポイントになる部分でしょうか?

この判決は自然人のみと思われていた憲法の人権の享有主体性を初めて、法人にまで認めた判決として有名です。憲法を勉強していれば、どこかでこの判例の名前くらいは聞いているのではないでしょうか?憲法をかなり勉強した方は、法人についても自然人と同様に、かなりの部分で人権を享有することが許されていることはご存知かと思います。

この判例を勉強するうえでのポイントは、政治資金を献金する行為が会社における目的の範囲内の行為か?ということ、法人も自然人と同じように人権の享有主体になりえるのか?という部分です。おそらく本番の問題でも、そのあたりに関係のある部分が正答、誤答のポイントになりそうな気がするので、よく覚えておいてください。

憲法では、非常にこういった重要な論点を含んだ判例があるので、1つ1つ出題ポイントなどを自分で考えながら問題を解いたり、解説を読んだり、調べたりしていってください。憲法は突き詰めると、本当に際限のない論点があるので、非常に大変な科目です。憲法は他の科目への波及度合いも大きいので、しっかりとやらなければなりませんが、あまりやり込みすぎるのも危険です。

国税専門官の筆記試験、面接試験の倍率は案外低い?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


国税専門官の倍率はどんな感じでしょうか?受験生には気になる情報かもしれません。一応今年の結果では、全体の倍率は7倍くらいだったと思います。そして、筆記試験が約3倍、面接試験が2倍弱くらいになると思います。これだけ見ると、別にそんなに難易度は高くないんじゃないか?という試験にも思えてきますね。

倍率だけ見ると、そんなに高くないです。普通くらいじゃないでしょうか?全体の倍率7倍くらいってのは、公務員試験の中でもまあまあ低い方かもしれませんね。特別区と同じくらいかな?筆記試験の3倍というのもまあまあ低い方かもしれない。特別区は5倍以上ありますし。ただ、問題のレベルが違います。特別区とは比べ物にならないほど。

特別区は特別区で、教養論文がやや難敵というか、不確定要素が高いものですけど、それ以外の択一試験のレベルは低い方でしょう。ただ、国税専門官の場合は、択一試験も難しいです。ちゃんと勉強すれば、それなりに点数は伸びるとは思いますけどね。ちょっと厄介な会計学とか、商法とかもありますし、それをどうするか?というのもポイントになりそうです。会計学については、「国税専門官を第1志望でない人でも、できれば会計学はやった方が良い!」の記事を参考にしてみてください。

面接試験は2倍弱と、倍率は高くはないですね。低いともいえないくらいだと思います。国税専門官の面接は「国税専門官の面接内容は単純明瞭!ストレス耐性の対策を」でも示したように、とにかくストレス耐性が大切だと言われています。ストレス耐性に関すること以外にもたくさん質問されると思いますけど、ストレス耐性に気を配れると、成功確率が上がるかもしれません。倍率はそんなに恐れることはないかもしれませんけど、簡単に合格できる試験ではないので、気を抜かないように!

国税専門官の場合は、最終合格をしても、採用面接という、自分の所属先、働く場所を決める面接があります。これは本当にただの勤務地を決めるだけの面接とされていますけど、採用漏れが全く出ないという保証はありません。毎年一定数は採用漏れが出ていると思うので、ここまで来ても気は抜けません。最終合格すれば、かなりの確率で採用は決まったようなものかもしれませんけど、絶対にそうとは言い切れませんからね。

2015年から特別区と東京都と同じ日程と行われることが予想されており、倍率はさらに下がる可能性があります。元々そんなに高い倍率ではありませんけど、さらに下がるとしたら、国税専門官を本命にしている人にとっては朗報かもしれません。その代わり、特別区と東京都庁とは併願ができなくなりましたけどね。国税専門官志望の人は是非頑張ってください!


国税専門官を受験される方は是非本番までに以下の過去問題集をやっておいてください。本番の試験のレベルを確認することもそうですし、時間配分をチェックすることも大切でしょう。国税専門官の過去問題集をやるか?やらないか?では本番での試験の出来も全然違うと思います。本書は問題と解説が分離できますから、厚い問題集をコンパクトにして、問題文だけを大学に持って行って勉強したり、電車の中で勉強したりできますから、とても便利ですよ!
本試験過去問題集 国税専門官 2016年度採用 (公務員試験)

就活用の冬のコートは基本ロング丈で、ショート丈はNG

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


就職活動では、さすがに冬になるとコートを着ないと寒いかもしれません。コートをこれから買おうと思っている方はその選び方に注意してほしいと思います。コートは色やデザインにも注目がいきますけど、丈の長さというのも非常に大切です。基本的に就職活動やビジネスのシーンでは、ロング丈を着るのが一般的だと思います。

どうして、みんな丈の長いコートを着ているのか?については、その発端は分かりませんけど、今ではショート丈を着ている人はまずいません。したがって、ある意味ロング丈がビジネスの格好をするときのコートの常識になっていると思うのです。例えば、紳士服店などで就職活動用のコートを買いたいと伝えると、ショート丈を奨められることはまずないでしょう。

何でか?っていうと、結局、スーツに似合わないのでしょうね。自分の頭の中でスーツ姿の自分にコートを着せてみると分かるかもしれませんけど、スーツのズボンって、スラックスみたいな感じじゃないですか?コートを上半身だけに着ていて、下はそのスラックスが全て見えている状態って、何か微妙な気がします。これがジーパンとかなら、別にそんなに違和感ないんですよね。

実際、私服を着ていく場では、ショート丈のコートの方がむしろ多いです。ロング丈のコートを着ている人はたまにいるくらいかもしれません。カジュアルとフォーマルの違いで、コートはどういうものが似合うか?というのも多分印象が全然違うのだと思います。制服の学生が着ているコートもだいたいロング丈じゃないですか?制服もフォーマルですからね。したがって、これから就活用にコートを買うという人は、基本的にショート丈は選ばないように。間違いなく浮くと思うので。

ショート丈といっても、基準は曖昧ですけどね。少なくとも男性であれば、ベルト見えるくらいの丈はやめておいた方が良いでしょう。ロング丈まではいかなくても、ミドル丈というのでしょうかね?ロングまではいかないけど、そこそこの丈の長さのコートもあると思います。あまり長い丈が好きじゃない方は、そういった丈の長さのコートを選んでも良いかもしれません。

ショート丈は一般的にはありえないと言いましたが、極端に短くなければ、ミドル丈みたいに中途半端に短い丈であれば、多分そこそこいるような気がするのです。好みもあるので、短い丈が絶対にダメなわけではないと思います。コートを着たまま、面接などを受けるわけではないので、自分が気にならないのであれば、どれを選んでも良いかもしれませんね。

2015年公務員試験の時事問題で予想される「ノーベル賞」

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


2015年の公務員試験で出題されそうな時事問題というのは、「速攻の時事」などを買っていただければ、それに載っているのでなんとなく分かると思いますけど、今年は日本人のノーベル賞受賞者が生まれたので、それについてはかなりの確率で出ると思いますよ。受賞者の名前とか、覚えていますか?

2014年の受賞者はいずれも物理学賞なので、混同しづらいと思います。ちなみに、以下に2014年の受賞者で日本人の方を載せておきました。受賞した功績の説明についてはWikipediaから引用させてもらいました。受賞者と受賞部門、そして、受賞理由(成果)について簡単に覚えておくと良いでしょう。キーワードを拾っていけると良いと思います。


天野浩(名古屋大学工学部卒、名古屋大学工学博士)
赤崎勇(京都大学理学部卒、名古屋大学工学博士)

高輝度で省電力の白色光源を可能にした青色発光ダイオードの発明


中村修二(徳島大学工学部卒、徳島大学工学博士)

世界に先駆けて実用に供するレベルの高輝度青色発光ダイオードや青紫色半導体レーザーの製造方法を発明・開発した。



中村修二氏に関しては、受賞理由となった研究をしていたときは日本国籍でしたが、受賞当時はアメリカ国籍なので、日本人扱いをするときには注意が必要ですね。2000年からカルフォルニア大学サンタバーバラ校で教授として研究を行ってきたようです。ちょっと注意しておきたいですね。

ノーベル賞については、最重要テーマになるのではないか?と思います。というのも、日本人が受賞すれば、まず話題になるでしょうから。時事問題はいろいろな試験種で出題されますけど、どこかの試験種ではまず出題されると思います。ただ、出る可能性のある人が3人いるので、どういう形で出るのか?はちょっと分かりませんけどね。

時事問題はこういうメジャーな、予想しやすい話題もあれば、え?こんなニュースあったっけ?というようなことも出ることが多々あります。時事問題はいくら完璧にやっても、そこまで高得点は狙えないと思うのです。ほどほどにやっていくことをオススメします。時事問題は具体的にいつから対策すれば良いのか?については年明けくらいからで良いのではないでしょうか?その頃から時事対策本なども出てくると思います。

特別区の人事院面接で聞かれたこと、意外すぎる質問

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


特別区の人事院面接では、ときに意外な質問を受けることがあります。意外というか、こんなことを聞いてどうするのか?と思えてくるような質問もあるようです。その1つが「川柳」です。川柳の何が質問なのか?というと、「特別区をお題にして、川柳を作ってくれ」という、何とも無茶振りな質問というか、振りですよね。

質問なのか?どうかもよく分かりませんけど、これを聞かれた受験生が過去にいるみたいです。しかも、少数というよりは割と多いみたい。毎年人事院面接の時期になると、2ちゃんねるのスレッドを観察していると、よくこれ聞かれたということが書かれており、それなりにいるみたいなんです。これを実際に聞くか?は面接官の裁量なんでしょうけど、聞かれた方も困りますよね。

実際、これを聞く意図については推測になりますけど、特別区のことをどれくらい理解しているか?を試しているのかな?と思います。そうだとしても、川柳なんて形で、それを確認しないでも良いのではないか?と思いますけどね。理解度を測るといっても、この17文字に収めないといけないことを考えると、理解度はそれほど測れないと思うのですが。それともまた別の意図があるのか?

聞かれる人の方が少ないでしょうから、完全に面接官の自分の判断で聞いているのでしょうけど、普通はこういう質問はしないと思いますけどね。何だか、特別区の面接官の批判になってしまいましたけど、一応、こういう質問が飛んでくる可能性もあるので、そういう情報はあらかじめ知っておいてほしい。ということです。仮にきても良いように対策を練っていた方が良いのでしょうかね?

特別区ついて、というお題ですから、特別区に関する特徴を捉えていれば良いのでしょう。特徴といっても、自分なりの特別区に対する印象やイメージを盛り込めていれば良いような気はします。これは数ある質問のうちの1つに過ぎないので、他にもたくさん大切な質問があるはずですから、この質問ばかりに時間を使わないようにしましょう。

特別区もそうですけど、人によって聞かれることは違います。基本的には面接カードに沿って行われるので、面接カードの内容が違えば、当然質問も異なってきますけど、面接カード以外からの質問も勿論きますし、その面接カード以外の質問についてもそれぞれの面接によって異なるでしょう。したがって、特別区だけではなく、公務員試験全般の面接対策も必要でしょう。


特別区にかかわらず、公務員試験の面接では、できるだけ採点基準や面接官がどういったところに注目して見ているか?というところを知っておくと有利ではないでしょうか?本書では、現職で採点官を務められた方の貴重な体験談というか、アドバイスが書かれています。これが絶対的な正解というわけではないでしょうけど、1つ目安になる貴重な意見ではないか?と思うのです。採点基準や面接官が特に見ているポイントを知って、そのうえで面接対策を進めていけると、もしかしたら面接の合格率が上がるかもしれません。
公務員試験 現職採点官が教える!合格面接術 2015年度

公務員になれれば一生安泰ではない?逆に将来に不安?

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員は安定している職業と言われることがあります。まあ、リストラもまずないし、倒産もありえないし、職を失うリスクは相対的に少ない職業である。というのはいえると思います。それを安定と呼ぶのかもしれないですけど、だからといって将来が安泰というわけにはいかないと思うのです。公務員が安泰な職業だとすれば、それは少なくとも定年まで問題なく務められることができればの話ではないでしょうか?

公務員は、昨今言われてきているのかもしれないですけど、ブラック企業に等しいところもあるのではないでしょうか?残業時間が物凄く多いとか、残業代はちゃんと出るのかもしれないですけど、残業が多すぎるところは、本当に精神も肉体も疲弊しまくりですよ。自治体によっては、そういうところもあると思うので覚悟しておくべきです。

また、これはある元公務員の人が言っていたのですが、その人の部署では、残業があまりにも多すぎて、自分なりに工夫をして、月に100時間あった残業時間を20時間ほどに削減することに成功したらしいのです。しかし、ある日上司から「もっと残業しろ!」みたいなことを言われたり、わざと決裁を遅らせてきたり、あからさまな嫌がらせを受けていたというのです。「残業時間が少ないのは働きが足りない!そんなことでは出世できない!」と言われ、その人は公務員を辞めたみたいです。

この上司も頭おかしいのか?と思いましたけど、残業が多いと何が偉いのでしょうね?同じ仕事ならば早く済ませたほうが有能といえると思うのですが、残業時間が多くないと出席できないと言うのであれば、この部署や自治体は無能じゃないと出席できないおかしな職場なんでしょうか?私もその話を読んだときには、「こういう公務員もいるのか・・・」と呆れましたけど。

公務員として働いていれば、こういった理不尽なこともあるだろうし、職場環境というか、働き方もどんどん以前よりも過酷になってきているのはおそらく間違いない。つまり、公務員になれば将来が安泰と思っているかもしれませんけど、そもそもずっと公務員として働き続けられるのか?この過酷な状況に耐えられるのか?という問題は常に孕んでいると思います。

どこで働くか?にもよりますけど、公務員という職業も、世間で言われているブラック企業と、あまり変わらなくなってきたところもあると思うので、公務員は決して楽な仕事ではなく、実際公務員を退職する人は毎年山ほどいると思います。それだけきついんです。ですから、公務員になれたとしても、一生安泰とは思わない方が良いかもしれません。公務員としてずっと生きていくためには、それに耐えられると肉体と精神力が必要でしょう。

特別区の申し込みで希望区を書かない、空欄にするという選択

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


特別区の採用試験の申し込みの際には希望する区を3つまで選ぶことが可能です。3つまで選ぶことが可能ということですから、別に選ばなくても良いということになりそうですね。過去には選ばないという人もいたと思うんですけど、3つまでは選ばなくても良いでしょうが、1つも選ばないというのは、現在OKなのか?はちょっと分かりませんね。

ただ、申し込みの時点で別に希望する区や組合がない場合、また特別区で働けるならどこでも良いという場合には、空欄というのもありでしょうかね。システムの都合上問題があるのであれば、空欄のままで次の画面に行こうとするとエラーになると思います。記入に不備があるとか、多分指摘されると思うので、もしそうなったら最低1個は選ばないといけないということでしょうけど、そうならないなら空欄でも良いということかもしれません。

そして、希望区を空欄にした場合にはどうなるのか?そこが気になるかもしれません。これは最終合格をした場合には、希望区は考慮されずに、区面接の提示があるというだけだと思います。希望区をあらかじめ選んでいても、そこから電話や手紙がくる保証はありませんけど、書かなければどこから着てもおかしくない状態といえるでしょう。

3つまで選べるということから、3つを選ばないといけないことはないので、1つや2つでも問題はないでしょう。ですから、1つくらい選択しておいた方が良いのでは?と思います。選ぶのが難しいという方もいるかもしれません。選び方はいくつかあると思います。採用人数が多いとか、23区について調べてみて、行きたいと思える区、働きたいと思える区を探してみるとか、方法はいろいろとあると思います。

希望を出しても、それが叶う可能性はどれくらいあるか?分かりません。希望の区から提示がきたとしても、そこに採用されるか?は分かりませんから。住めば都だと思って、どこも希望を出さず、採用されたところで一生懸命働く。プロ野球のドラフト会議みたいな感じで、採用される場所を選んでも別におかしくはないと思いますけどね。

23区はどこもどれぞれの特色があると思いますし、皆さんも現時点で抱いているイメージというのがあると思います。ただ、そのイメージというのも、その区で実際に長く働いてみると覆されるイメージもあります。ですから、案外受験生の時点で希望区を選んでも、それが本当に自分が働きたいと思えっていた区のイメージと合致するか?どうかも分からないですね。そういう意味では、先入観でここが良い!と決め込むよりは、どこでも良いから決まったところで精一杯働くというのは良いかもしれないですね。

独学で公務員試験の勉強をする方は、何から始めるべき?

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験をこれから勉強するという方で、独学で始めるという方も多くいると思います。独学の方の場合は、まず何から初めて良いのか?分からないかもしれません。筆記試験の科目は非常に多岐にわたり、その中でまずどれをやるか?別にどの科目から始めないといけないという正解はないと思います。ただ、どうせなら憲法からやってほしいかな?と思います。

憲法は難易度的に見てもそれほど高くなく、暗記がほとんどです。そして、憲法は教養試験、専門試験問わずいろいろな科目への波及度が大きいです。憲法は公務員試験で課されるあらゆる科目の基礎になる科目であり、憲法が疎かになってしまうと、後々筆記試験の成績があまり伸びないということもありえます。だから、憲法は非常に大切な科目なのです。

公務員試験の最初はいきなり難しい科目をやってしまうと、いろいろとモチベーションを下げたりすることもあるので、あまり多くの方が苦手になりそうな科目をやるのは、別に間違ってはいないですけど、私はあまりオススメしません。いずれはやらないといけませんけど、いきなりやる必要は無いんじゃないですか?例えば、経済原論(マクロ経済、ミクロ経済)、数的処理、民法などはもっと後で良いと思います。

憲法は多少範囲は広いです。ただ、毎日やっていくと1ヶ月くらいやれば、かなりモノになると思います。先ほども言ったようにほとんど暗記です。実際に起きた判例をもとにその判決結果とその理由などを暗記する勉強が中心になりますから、誰でもそこまで問題なく勉強ができるのではないでしょうか?

勉強方法としては、基本的にはスーパー過去問ゼミなどの過去問題集を1つ買ってきて、それをとりあえずやってみる。というので良いと思います。その1冊を何週も何週もやる。ひたすら読み込むというのが基本的な憲法の学習方法でしょう。ただ、それでもちょっと難しいとか、理解しづらい部分がある場合には、その部分だけ別途参考書を読んでも良いかもしれません。以下の参考書をオススメしたいと思います。


憲法の勉強方法は基本的に過去問題集をやり込むだけで十分だと思いますけど、一部理解しづらい分野などもあるので、そのときには部分的に参考書を読むか、1度参考書を読んでから問題を解くというのが良いかもしれません。そのときにオススメしたいのは以下の参考書です。実際に予備校で法律科目を教えている郷原先生が書いたもので、タイトルからも分かるとおり、本物の予備校で行われている授業をほぼそのまま文章化したものです。受験生が抱えている悩みを解決してくれて、1つ1つ説明が丁寧なので、これを読んでから過去問題を解くと、かなり理解が進むと思います。
郷原豊茂の憲法まるごと講義生中継 〈第2版〉 (公務員試験 まるごと講義生中継シリーズ)

東京都庁の面接で落ちる人と受かる人を分ける要因とは?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


東京都庁の面接は二次、三次と2回あるわけですけど、倍率だけ見ると大したことはあまりありません。ただ、全員がどれだけ頑張っても落ちる人は絶対にいるわけですから、しっかりと頑張らないといけません。面接は対策をいくらやっても、運要素、不確定要素に吹き飛ばされてしまうことも多々あると思います。面接ってのは、そういう試験ですから。

ですから、落ちる人というか、落ちた人というのも何がダメだったか?というのはあまり理由がない場合もあると思います。自分としてもちゃんとやれたし、手応えもあった。でも、落ちたというケースは東京都に限らず、どういう試験種であってもあるでしょう。面接ってのは、そういうものだと、諦めることは必要かもしれない。ただ、そういう中でも強いて言うならば、東京都で働きたい!東京都じゃないとダメだ!という意気込みがイマイチ面接官に伝わらなかった。面接官の立場からいって、あまり感じられなかった。それはあるかもしれません。

どの自治体を受ける場合もそうですけど、どうしてそこじゃないとダメなのか?という理由をきちんと伝えられるか?というのが1つポイントになるかと思います。特に日本の首都東京で何をしたいのか?その思いや熱意がどれだけ伝わるか?というのが1つ大きいのではないでしょうか?それが伝わるか?というのは、面接官にしか分からないものであり、受験生からしたら、確実に伝える術はないのですが。

伝わったか、伝わってないのか?も分かりませんし、そういったところで運というか、受験生からしたら何ともしがたい面があると思うので、確実に受かる方法みたいなものはないですよ。そこはやはり筆記試験とは違う。受かった人も、落ちた人も、何が原因で受かった、落ちたというのは判断がつかないと思うんですよね。せいぜい推測できるくらいでしょうから。

ただ、受かる人と落ちる人を分ける原因があるとすれば、先ほど述べた部分かな?と思うのです。面接官から見た場合の、そこの思いや熱意がどれほど伝わったか?その程度で合否が大きく分かれそうな気はします。受験生としては、自分として誠意一杯やるしかないですが、その結果受かるか、落ちるかというのは、やはり運が大きいと思いますよ。思いや熱意を伝えるといっても、何をどのように伝えればOKというような1つの正解みたいなのは存在しないですからね。

伝える側の問題もありますが、話を聞く側の面接官の問題もあるので、落ちた場合に一概に受験生に非があるともいい難いです。それも含めて面接なので、公務員試験を受ける以上は、その非常な面も受け入れないといけないとは思いますけどね。嫌なら、受けるなと言われるだけでしょうから。だから、面接は非常に難しいのです。やるだけやって、後は祈るしかないと思います。


公務員試験の面接では、結局面接官次第の部分も大きいですから、以下のような参考書を読んで、面接官がそもそも何を考えているのか?どんな基準で、採用、不採用を決めているのか?それは一読に値するのではないでしょうか?現職で採点官を務めた方が語ってくれている貴重な話なので、合格を掴むための面接対策をするうえでは、戦略を練るときに非常に有益な一冊になるかもしれません。東京都庁の面接を含めて、公務員試験の面接で合格したい方には特にオススメです!
公務員試験 現職採点官が教える!合格面接術 2015年度

東京都三鷹市の職員採用試験は、倍率も難易度も高い

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


東京都の三鷹市の採用試験を考えている方もいるかと思います。毎年特別区や東京都庁と同じ日程でしたが、特別区と東京都は2015年から6月にずれることになりましたので、三鷹市がそのままだとすると、三鷹市は受けようと思えば、誰でも受けられる試験になるかと思います。毎年倍率はそこそこ高いです。だいたい20倍前後くらいですね。

試験は第4次試験まであって、非常に長い道のりです。それが特別区や東京都庁がズレたことによって、三鷹市の日程が従来のままであれば、倍率はとんでもなくなりそうな予感がします。筆記試験の倍率は2~3倍程度と大したことはありませんけど、面接試験がトータルで5~10倍くらいあるんですかね?これはきついですね。

教養試験だけの試験種かと思ったら、三鷹市はちゃんと専門試験まであるみたいです。詳しい科目はホームページの募集要項をみてほしいと思いますけど、市役所上級試験とほぼ同じ出題科目みたいです。試験難易度はそれほど高くはないと思われます。市役所試験と同じくらいじゃないでしょうか?したがって、一次試験は倍率も高くないですし、ちゃんと勉強すればなんとか突破できると思います。

ただ、問題は二次試験以降ですね。面接などの人物試験が例年3回あって、4次試験まであるので、なかなか最終合格までいかないのが結構辛いかな?と思います。面接自体の倍率も先ほど言ったように高いので、面接対策が非常に重要になります。これだけ面接自体の倍率が高いと、対策すれば良いというものでもないような気もしますけどね。一次試験はまあなんとかなるでしょうけど、二次試験以降は大変そうです。

東京都内の独自日程の採用試験では、武蔵野市も同じような試験です。ただ、武蔵野市よりはまだ三鷹市の方がまだ倍率は低いです。武蔵野市の場合は、倍率100倍くらいありますからね。三鷹市も来年はどうなるか?分かりません。特別区と東京都庁の日程がズレたため、来年以降三鷹市の倍率は物凄く上がることも十分考えられるからです。

三鷹市の場合は、やはり募集人数が凄い少ないです。東京都内の市役所職員としては少ない方だと思います。だから、倍率も上がってしまうのでしょう。独自日程ですから、被っている試験種もほぼないので、倍率が上がるのはしょうがないです。1つでも受けられる試験種を受けたいという方、三鷹市で働きたいという方は、最終合格までいく難易度は非常に高いですけど、是非頑張ってほしいと思います。

縁もゆかりもない市役所、県庁の志望動機の作り方

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験で縁もゆかりもない市役所、または県庁を受ける場合、面接ではどのような志望動機を話せば良いのでしょうか?結構多くの人がそういった自治体を受ける可能性があります。特に東京都庁や特別区を受ける人は、都内在住じゃない人も多くいるでしょう。そういった人が面接を受けるときにはちょっと苦労するかもしれませんね。

では、具体的に縁もゆかりもない市役所や県庁などを受けるときに、何をヒントに志望動機を考えるべきか?その自治体の状況について調べてみることでしょう。何を調べるか?どんな課題を抱えているのか?それを調べてどうするのか?それを解決するために、貴方は何ができるか?を話すのが1番いい気がします。

できるだけ、その地域や自治体に関心を持ったきっかけを話せると良いと思います。小さいきっかけでも良いと思うのですが、きっかけがないと、ちょっと説得力にかける気がするのです。どうして、〇〇市や〇〇県を受けようと思ったのか?そのきっかけをまず探すことでしょう。どんなに些細なことでも良いと思うので。

そして、その自治体が今抱えている問題は何か?について調べてみて、それを解決したいと思ったから。それを志望動機に入れると1番しっくりくるかな?という気がします。つまり、何かのきっかけで、ある自治体に興味を持ち、その自治体がある問題で困っている。それを見かねたので、自分がその自治体の職員になって解決したい!貢献したい!という思いを志望動機を作れば良いと思います。

そのためには、その自治体が抱えている問題の解決策を自分なりにイメージできている必要があります。面接でそれについても聞かれると思うので、そこでちゃんと面接官に対して、納得してもらえるような話ができる必要があると思います。ポイントは、その自治体に関心を抱いた、受けようと思ったきっかけ、そしてその自治体が今抱えている課題や問題を解決したいという思いを志望動機について含めると良いのではないか?と思います。

実際、公務員試験で自分とはあまりかかわりのない、ましてや住んでいない地域の自治体を受けるというのは、結構難しいです。面接官に納得してもらえる志望動機はなかなか考えづらいですから。その中でも、なんとか志望動機を考えていかないといけませんけど、今回のことはヒントの1つにしてもらえればと思います。


公務員試験の面接対策では、自己PRや志望動機など、面接官の心に訴えかける内容でないといけません。ある程度話す題材などが決まっている方であれば、後はそれをどうやって表現するか?言い方として考えるか?そこが焦点になるでしょう。受験生の多くが悩みそうな面接対策において解決策を示してくれる一冊になると思います。公務員試験の面接では、本当に複雑で分からないことが多々あるかと思いますけど、そのときに役立ってくれる一冊ではないでしょうか?
直前マスター! 公務員試験面接必勝法 (スーパー勉強法)

就活で女子学生が使うレディース用のコートは黒かベージュ!

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


就職活動で使用されるコートの選び方で悩んでいる方もいるかもしれません。コートは冬になると頻繁に使う方もいるようでしょうし、目立つものですから、浮かないものとか、相応しいものを選びたいという人が多いと思います。さて、女性の方の場合は、男性と比べてもよくコートを着ている印象です。男性はコートを着なくても大丈夫!という人が多いかもしれません。

女子学生は真冬は就活中はだいたいコート着ている気がします。基本的にはレディース用のコートはいろいろな種類がありますけど、トレンチコートを着ている人が多いのかな?と思います。色はだいたい黒かベージュですかね?別にこの2色が正解とか、これ以外着ちゃいけないわけではないありませんけど、だいたいこのあたりの色が多いというか、流行色なんですかね?

男性と比べると、レディース用のコートでは、ベージュを着ている人が目立つ気がします。ベージュのコートっていうのも、ダーク系の色が好まれる就職活動のコート選びでは、割と異色のカラーじゃないですか?多分、最近の流行から広まった色じゃないかな?と思います。ベージュのコートに関しては、着ている人がそれなりにたくさんいるので、多分安心感もあると思うんです。

就職活動で使うコートについては、基本的に派手な色じゃなければ、何色でも良いと思います。ただ、やはり人気なのは黒だと思うんです。スーツが黒を着ている人が多いので、それと合う色ということもあるでしょうし、黒のスーツなんだから、コートも黒が合うだろう。と選んでいる人も多いと思います。黒は自然に選んでしまう色ですよね。

ですから、黒は100%間違いない色だと思います。浮きたくないとか、コートの色で不利になりたくないといったことを心配している人は、まず黒を選べば問題はないでしょう。ただ、最近はレディースもののコートであれば、ベージュも普及してきており、こちらも着用する人が多いので、浮くことはあまり考えづらいかな?と思います。このどちらかの色で就活で使うコートを選べば、失敗することもないのではないでしょうか?


女子学生が就職活動をするときに知っておきたいこと、悩みそうなことを先輩の女子学生からサーチし、それをまとめました。女性が働きやすい職場の見つけ方、内定を貰うために面接官等にウケつメイクの仕方、ファッションの着飾り方、敬語の話し方、OG訪問の仕方など、女子学生が就職活動中に直面する様々な悩みについて、まとめられた書籍になります。Q&A方式になっているので、内定を手にするための女子学生ならではの就職活動のノウハウについて学ぶことができると思います。
ホンネの女子就活 2016年度

公務員試験で実施される集団面接の対策やコツは?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の試験種によっては、集団面接が行われることもあります。だいたい面接が1回しかないところでは、個人面接で終わりますけど、面接が複数回行われる場合には、集団面接が入ってくることもあります。集団面接が行われる場合でも、個人面接は別に行われるところが多く、集団面接や集団討論など、1度に多くの受験生を裁く形式の人物試験は割と早い段階で行われると思います。

つまり、個人面接が先で最後に集団面接が行われるということはまずないのです。普通に考えたら受験生をしっかりと確認して合否を決めるのは個人面接でしょう。すると、集団面接は別の見方をしているのではないか?と思うのです。個人面接は「この人を採用して良いか?」という点が重視されるに対して、集団面接は「ダメな人は誰かな?」というのを見ている気がするのです。

集団面接は4、5人くらいを1度に見るわけですから、1人あたり多くの質問はできません。1グループ20分くらいとすると、1人あたりせいぜい3問くらいかな?と思うんですよね。個人面接で3問ってありえないですよ。10~20問くらいされるんじゃないかな?と思うんですよ。3問しかしないで、その人の何が分かる?という意見もありそうですが、そうだと思うんです。

つまり、集団面接はその受験生をよく理解しようとする面接ではないと思うのです。あくまでも誰を残すべきか?というよりは、誰を落とすべきか?というかなり消極的な意図があるのではないか?と思います。個人面接に向けて、明らかにダメな人を落とそう。ちゃんと受験生を具に観察する面接は個人面接に任せよう。といった感じなのではないか?と思うのです。

つまり、受験生がとるべき対策としては、自分をアピールするというよりは無難にこなすのがまず大切なんじゃないか?と思うんです。要は優秀さみたいなのをアピールするのはあくまでも個人面接であって、集団面接は普通に振舞う。要はおかしな人とか、こりゃダメだ・・・。と面接官に思われないことが大切だと思うのです。優秀さをアピールしても良いのかもしれませんけど、そこまでしなくても通過できるんじゃないの?とは思えるのです。優秀さをアピールしようとして、空気を読まなかったり、逆にマイナス評価をされないようにしましょう。

集団面接を実施する意味はを推理してみると、あくまでも自分が選ばれるというよりは、自分が落とされないことがより大切な気がしてきます。そういった意味では、多少集団面接に臨む際の対策も変わってくるかもしれません。集団面接で特に意識してほしいのは、回答よりも振る舞いの方かな?と思います。入退室の仕方とか、話し方とか、椅子への座り方とか、歩き方、見た目の印象で面接官にがっかりされないことが大切になってくるのかな?という気がしています。勿論、質問に対する回答も、いい加減ではダメですから、ちゃんと練っておくべきだとは思いますけど。今回話したように、集団面接と個人面接の採用する側の思惑は多少違うと思うのです。それを面接対策にも反映させられると良いですね。


公務員試験で実施される面接試験に関しては、どのような点に合格の秘訣があるのか?それを面接官視点、受験生視点から解説してくれています。公務員試験の面接は民間企業の面接とは違うでしょうし、どういった点が見られているのか?どのように面接を受けると合格に近づくのか?それを現職ならではの視点から丁寧に解説してくれているので、面接対策をする際には参考にしてもらえると良いかと思います。面接対策のバリエーションも多くて、参考になる部分は多いかと思います。
公務員試験 現職採点官が教える!合格面接術 2015年度

就活中に着るコートの時期はいつから、いつまで?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


就職活動などをしている場合には、そろそろコートのことを考える季節になってきたかもしれません。さて、コートはいつからいつまで着るのでしょうか?これには正解はないと思うんですけど、各人が必要だと思う時期は着ていて良いと思いますよ。コートがないと寒くてちょっときついと感じているのなら、その間は着ていて良いのではないでしょうか?

要は寒いときには季節関係なく着ていて問題ないと思うのです。例えば、4月とかになっても、たまに凄い寒くなるときあるんですよね。そういう日でもコートを着ることは何らおかしいことではないと思いますし、実際着ている人はたくさんいると思います。だいたいは12~3月くらいのシーズンに着ることになりますけど、臨機応変にその前後の時期でも着ても大丈夫でしょう。

ただ、実際コートを着ると、脱いだり着たり、または会社の中に入ったときには持って歩いたりと面倒なことが多いですから、コートを着る時期はできるだけ短い方が良いかもしれません。要するにコートを着ないでも、単に厚着をすれば大丈夫な間はできるだけそうした方が良いと思うのです。コートを着ると、いろいろと大変なのです。

基本的にコートを着る季節というのは、周りがやっぱり着てきますからね。特に女性学生は早めに着てくる可能性もありますから、他の就活生の様子を見て、着る時期を判断するというのでも良いでしょう。コートを着ているのが自分だけで浮いてしまうのが嫌だという方は、そういう判断をしても良いのではないでしょうか?

コートはいつ着るか?というよりも、他に気をつけないといけないことがあるので、そちらの方により気を配りましょう。就活生として、最低限のマナーが守られていないと、それが選考などに影響があるかもしれません。ですから、例えば、コートはどのタイミングで脱げば良いのでしょうか?そういったことは知っているでしょうか?知らないでいると、恥をかくというか、知らない間に誰に見られているか分かりません。

ちなみに、着てきたコートを脱ぐタイミングについては「就活でコートを着るなら知っておきたい「脱ぐタイミング」」の記事を参考にしてみてください。そういう常識なのかもしれないけど、就職活動中にコートを着るなら知っておくべきマナーの方に注意を向けて、コートを着ていってください。普段、大学などに着ていっているコートと同じ感覚で使っていると、実は間違っていたことがあるかと思いますので、コートに関して、就活中に自分なりに調べておけると良いですね。

国会一般職の面接カード「専攻分野」の書き方について

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


国家一般職の人事院面接では、面接カードを書かされるわけですけど、そのときには、「専攻分野」という項目があるみたいです。大学で専攻した分野を書くという項目なんですけど、基本的には自分が専攻した分野というのは、何を指すか?というと、おそらくゼミなどでとった授業になると思います。中には「学部名を書くのか?」と思っている人もいるようなんですが、多分学部名ではないでしょう。

学部を書くのであれば、「学部、学科」といった項目になっていると思います。少なくとも専攻分野は、学部の中で何を専攻したか?例えば、経済学部ではなくて、経済学部の中で何を専攻したか?もっと細かい領域を聞いていると思います。実際、自分が専攻したものって何?というような人が多いと思うので、1つヒントというとおそらくゼミで扱っている分野を書けば、専攻分野になると思うのです。

しかし、中にはゼミに入っていない人もいると思います。そういう人はどうするのか?空欄にするのか?私は空欄にするのはあまりオススメしません。1番良いのは、自分が履修した授業の中で、特に力を入れた授業を書いておけば良いでしょう。それは成績が良かったとか、たくさん勉強したとか、そういったものです。専攻分野なので、ある程度詳しくないといけないと思うのです。

面接カードに専攻分野の欄があるということは、面接のときに詳しく聞かれる可能性もあります。ですから、聞かれたときにある程度答えられるようなものを選ぶようにしましょう。自分が履修した中で、特に興味関心を持った授業があれば、自然に自分でも調べたりして、知識はどんどん増えていって、面接でも語れる知識が増えていっているのではないでしょうか?

そういった授業があれば、それを書くのがベストだと思います。ない場合には無理にでも探した方が良いのかもしれません。「何もない」と書いたり、空欄にするのは、個人的にはあまり印象が宜しくないと思うので。とにかく自分の中で特に知識があると思われるもの、面接で聞かれても答えられそうなものをとりあえず書いておく。というのが最善策ではないか?と思います。今はゼミ入らない学生も多いでしょうし、ゼミが必須じゃないところも多いので、何かを専攻している大学生も減ってきていると思うんですよね。そういう意味では、この欄は改良が必要かもしれません。


国家一般職の面接カードを書く際、面接対策をする際には以下のような参考書を読んでおくとベストかもしれません。面接試験では、面接それ自体もそうですけど、面接カードを書く時点で、かなり合否に影響を与えている可能性があるのです。通常、公務員試験の面接では事前に面接カードを書いて、それを面接官がチェックしてから面接に入る試験種が多いと思います。つまり、面接の前に見る面接カードがイマイチだと、その時点で先入観で、「この人はダメかもな」と思われているかもしれない。すると、そこからいくら面接を頑張っても、最初のマイナスが面接官の頭に残り続けて、どれだけアピールしても挽回できずに不合格というケースもあるかもしれません。ですから、面接それ自体と同じくらいに面接カードを書くことも、合格するために大切な要素になるのです。
公務員試験 合格する面接・訪問カードの書き方 '15年版

寒い冬の就活等で男女が使うコートは何色が良いのか?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


冬の公務員試験というと、各種試験種ごとに説明会に出席する人も多いでしょう。時期にもよりますけど、大分肌寒い季節に説明会ってありますよね。また、就職活動をしている方も各種企業ごとに説明会やら、面接やらを受けに行くと思います。この時期は非常に寒くなりやすいので、服装には是非気をつけてほしいと思います。

さて、就職活動もしている方は特に気にしているのはコートだと思うんです。コートを今の時期あたりから買うべきか?買うならどういうのが良いのか?というのを迷っている人がいると思います。特にコートのデザインや色ですかね?このあたりは無難なものを選びたいと思っている人が多いと思うんですけど、確かに無難なものを選べば別に問題はないと思います。では、無難な色は何色なんでしょうか?

多くの人が着ているのは、やはり黒が多いと思うんですよね。スーツの色が黒という人も多いでしょうから、黒が見た目的に特に合うと思うのです。ただ、別に黒以外の色でも最近は多く見かけます。女子学生が着ているベージュなんて色は全然珍しくなくなってきました。そういった黒とはちょっとかけ離れた色もこれから普及してくるかもしれません。

その代表格がベージュだと思います。ただ、現在ではそういったやや斬新な色はベージュくらいかな?という印象です。それ以外の色で、やや派手というか、明るい系統の色は今はまだやめておいた方が良いのではないでしょうか?基本的には暗い色が好まれる雰囲気ですから、黒以外では紺色、グレーあたりがとりあえず許容範囲なのではないでしょうか?

その例外になりつつあるのがベージュじゃないでしょうか?女子学生だけではなく、最近は男子学生にも普及してきているようで、着ている人もそれなりにいるみたいですけど。就職活動などで使用するコートは説明会だけではなく、面接等でも着ていく可能性のあるものでしょう。ですから、直接人事担当者や面接官の目に触れるものです。面接は、あなたを取り巻く全てが評価されていると思った方が良いでしょうし、どういうコートを使っているのか?というのも採用基準になりがちです。

したがって、上手い表現が見当たりませんけど、簡単にいうと「空気を読む」選び方をして、あまり常識と言われているものからかけ離れないことが大切なのかもしれない。内定を獲るためには人事担当者にとって「良い就活生」を演じていかないといけないので、そこをとにかく考えて就活で使うコートは何色が良いのか?そして、デザインなども選んでいきましょう。

公務員試験におけるスーツの色は何色が良いの?

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験においてスーツはあまり着用頻度はありません。就職活動をされている方は、説明会や面接やらが日常でしょうから、ほとんど毎日着ているという方も多いかもしれませんけど。公務員試験の場合は、さほどスーツを着る機会はないでしょう。強いて挙げるならば、年明けやその前に開催される個別の説明会やセミナー、そして面接のときくらいでしょう。

それ以外はおそらく勉強しているだけでしょうから、スーツをあえて着る必要はないのです。しかしながら、面接試験というのは公務員試験において非常に比重の高い試験です。ですから、それを疎かにすることはできません。そして、そのときに着るスーツについてもある程度気を使っていく必要はあるでしょう。問題はどういったものを着れば良いのか?ということかもしれない。

だいたい話題になるのは色でしょうか?スーツの色については正解はないと思うんだけど、アドバイスをするとしたら、黒または紺色にしておきましょう。としか言いようがないと思います。スーツの色っていうのも種類があるわけではないのだけど、この2つを主に着ている人しか見たことがない。たいていは黒ですね。8割以上は黒じゃないでしょうか?紺色がたまにいるくらいで、グレートとか、その他の色を着ている方というのはまず見ないですね。

そういう色のスーツを着ている人を見ないから、それらを着ていけないということにはなりませんけど、一応、周りに合わせているのか?黒か紺色のスーツこそが正解と感じている人が多いのではないでしょうか?スーツの色が面接試験にどの程度影響があるか?というのは分かりませんけど、常識の範疇に収まっている色ならば、どんな色でもそれだけで評価を下げるというのは考えづらいですね。

ですから、最終的にはご自身の判断になりますけど、私としては黒なら間違いないと言います。それか紺色くらいにしておいた方が良いと思います。スーツの色が面接試験の合否に大きな影響を与えているとは思えませんけど、どう採点されているか?は読めないので、確実なことは申し訳ないですけど言えません。

少なくとも不利になることはない色としては黒なのでしょう。黒を選ぶ心理としては、スーツは黒が好きとかではなく、単純に周りと比べて浮かないため、不利になることを恐れないためといった理由が多いと思いますから、特にスーツの色にこだわりがないのであれば、無難に黒を選ぶようにしましょう。それが公務員試験における最良のスーツの色の選び方ではないでしょうか?

LECのトライアル模試は簡単じゃない?実は難易度高い?

  • カテゴリ:未分類
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


12月くらいからLEC東京リーガルマインドで、トライアル模試が開催されます。受験される方も多いかと思います。このトライアル模試はまだ本番の試験までには時間がある時期に実施されることもあるし、名前も「トライアル」とついていることから、問題は簡単なのでは?と思うかもしれませんけど、多分そうじゃないと思うんです。中にはかなり成績の良い人も出てくるでしょうけど。

例えば、TACでも同じような「チャレンジ模試」というのが実施されますが、こちらも簡単ではないですね。むしろ難しく作ってあるとある講師の人が言っていた記憶があります。チャレンジ模試は私は受けたことはありますけど、確かに思ったより難しかった。トライアル模試は受けたことないのですが、人によってはチャレンジ模試よりも簡単とか、難しいとい感じている人がいるみたいで、難易度の比較は難しいです。

ただ、1つ言えるのは本番の筆記試験の問題(少なくとも東京都庁、特別区あたり)よりは難しいと思います。筆記試験が難しい試験種(地方上級や国家一般職など)より難しいとは言えないかもしれませんけど、それ以外の試験種の本番の問題よりは多少なりとも難しいのではないか?それは他の模試もそうです。模試というものが本番よりも意図的にやや難しく作られていると思うのです。

それは模試の結果を受けて、危機感を感じてもらって、本番までにさらにギアを上げて勉強に集中してもらうという予備校側の狙いがあるのかもしれません。ただ、それを知らないと、ただショックを受けるだけの機会になってしまう人もいるかもしれませんから、一応予備校側の模試に対する思いなどは是非理解しておいてほしいと思います。

ですから、模試は成績がイマイチで当たり前くらいの感覚で良いと思います。さすがに、これはちょっと・・・。と思えるような成績はいけないと思いますけど、平均点よりもやや下くらいの点数ならそこまで気にしないで、勉強をとにかく頑張るだけで良いと思うんですよね。平均点も絶対に高くはありません。多くの人からしたら、こんなに低いの!?と思えるような点数でしょう。それはこの時期はまだ勉強が進んでいない人が多いというのもありますし、問題がそれなりに難易度高い根拠にもなるかもしれませんね。

ですから、模試はちょっと難しいのだから、できなくても気にしない。気にしている暇が合ったら勉強する時間に充てる。とうのが賢い選択でしょう。良い結果が出たならば、油断はしないで、それをモチベーションに変えて、さらに勉強に身が入ると良いでしょうね。模試はあくまでも参考程度に、模試を受けるたびに徐々に成績が上がっていけばいいので、トライアル模試はその出発点でしょうから、あくまでもあまり気にしないようにしましょう。


模試はそれまでの勉強の成果を確認するとともに、これまでの勉強のやり方が正しかったのか?を検証する機会にも利用できます。成績が良かった人、普通の人、イマイチだった人はさほど間違っていたとはいえないでしょうけど、平均点からかなりかけ離れているような人、ショックを受けるレベルの人は勉強方法にやや問題があったのかもしれません。本番までに立て直せるように、勉強方法を適切に正していくと、次の模試では良い結果につながる可能性もあります。参考程度に見て欲しいなと思うのは以下の本です。受かるための勉強法とは、落ちてしまう勉強法とは、何なのか?1度知ってみると良いかもしれません。

公務員試験を独学でも、面接対策だけ予備校に通うのも良い

  • カテゴリ:未分類
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の予備校に通っている方は、月日が進んで4月以降くらいになると、いよいよ面接対策の講義が始まるのではないか?と思います。面接対策はそんなに長い回数の講義を重ねるわけじゃないですけど、結構中身のある講義をしてくれていると思います。予備校に通っている方はそのまま面接対策講義を受講すると思いますけど、独学でやっている人も面接対策のための講義だけを予備校で受講したいと考えている人も多いのではないか?と思います。

独学でやっている方は筆記試験の方はおそらくなんとかなる方が多いのだと思います。ただ、面接試験の対策だけは自分でやっていてもなんとかならないのが多いのではないでしょうか?なんとかならないって言い方も変ですけど、1人じゃ不安という方が多いのではないか?と思うのです。したがって、専門的な講義を受けたいという方も多いのではないか?と思います。

以下は私の体験談ですけど、私が通っていた資格の予備校TACでは、たまたま面接対策講義を担当していた嶋田先生という方がいるのですが、この方が言っていたことはかなり頭に残っています。全て覚えているわけじゃないですけど、結構頭に残る良いことというか、タメになることを話してくれていたのです。

特に社会人経験者の人たちに対する「前職を辞めた理由」について、答え方の工夫を促していて、普通に前職を辞めた理由を答えてはダメだ。見方を変えて、こういう風に答えた方が良い。といったようなことを述べていて、当時は別に社会人じゃなかったですけど、目から鱗だった記憶があります。なるほど。そういう見方をして応えるのか。と、感心していました。

そんなわけで、私が通っていたTACでは面接対策講義については、それなりに中身のある講義がされていたと思います。ですから、結構おすすめできるんじゃないか?と思うんです。TACの場合は、面接対策講義だけを単科生として受講できます。つまり、面接対策の講義だけを選んで受講できるのです。費用は1万ちょっとみたいですから、割とリーズナブルじゃないかな?と思います。

TACから貰った面接対策のテキストは結構ボリュームがあって、使えるものだと思います。特別区、東京都、地方上級、国家一般職など、試験種ごとにちゃんと詳しい面接の解説がなされており、加えて過去にそれぞれの試験種を受けた受験生からの証言による面接の再現(聞かれた質問、面接官の反応、面接全体の様子など)がなされていて、大変参考になると思います。面接対策だけ予備校の力を借りたいと考えている方は、「資格の予備校TAC」はオススメしたいと思います。

資格の学校TAC<公務員>各種コース開講