_ 2014年10月 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

特別区の教養論文の本番で番号の書き忘れに注意!

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


特別区の一次試験で課される論文試験では、毎年話題になるのが「番号の書き忘れ」です。これは結構いるみたいなんですよね。自分が番号をちゃんと書いたか?不安になる方が。多くの方は2つあるうちのどちらを選んだか?まず最初に番号を記入してから論文を書き始めるのではないか?と思うんですけど、それでも書いたか?不安になるのでしょうか?

番号書き忘れたか?不安な人もいれば、書き忘れた!と言っている人もいるし、結構いるのかな?と思います。番号を書き忘れたとしたら、おそらく採点されないんでしょうね。内容を読めば、どちらのテーマで書いたか?は判断がだいたいは可能だと思うんですけど、そこまで面倒見てくれないでしょうからね。

番号を書いたことを確実に認識していないと、試験が終わってから一次試験発表までずっと不安を抱えることになります。一次試験が発表されるまで、特別区の場合かなり時間がかかりますよね。その間待っているのが凄い辛いですよ。番号書き忘れで落ちたら、やってられないでしょうからね。したがって、試験中に絶対に自分は番号を書いた!ということを確認してほいしです。

ちゃんと書いたことを確認できれば、不安を抱えて過ごすこともなくなるので、是非そのことは試験本番では意識してほしいと思います。特別区の場合は一次試験が終われば、多くの方は一次試験受かっているかな?という不安と期待を抱えながらも面接対策を始めるんですかね?まだ試験が筆記試験が残っている方もいるかと思うんですけど、面接対策はあまり早くやる必要はないと思いますけど、遅くなってもダメだと思うので、ちょうどいい時期で始めたいですね。

2015年から日程が変更になったので、後に残っているのは地方上級や国立大学法人の試験だと思います。この2つの試験種を受ける人は多いと思うので、上手く筆記試験の勉強や他の面接試験の対策を兼ね合いをしながら、特別区の面接対策をしていきましょう。特別区の面接は倍率は低いかもしれませんけど、簡単に受かるわけではないので、とにかく油断しないように頑張ってください!

就活でコートを着るなら知っておきたい「脱ぐタイミング」

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


就職活動中の方、これから始められる方も多くいると思います。季節的にはこれからどんどん寒くなっていく時期であり、就職活動をされるときにはコートを着用される方も増えるでしょう。ただ、コートを着る場合にはそのマナーについて知っておく必要があるでしょう。是非知っておいてほしいのは、コートをどこで脱ぐか?というタイミングです。

そのタイミングを誤ると、何か不利益があるというわけではないと思いますけど、知っておくと良いのではないでしょうか?タイミングというのは、1番言われているのは、建物に入る前でしょうね。会社説明会や面接を企業のオフィスで受ける場合には、会社のオフィスそのもののビルとか、建物に入る前ですね。また、合同説明会みたいな場合でも同様です。

合同説明会の場合は、よく就活生が建物の外か、中か忘れましたけど、コートを手に持って長蛇の列を作って待っている光景を見たことがあります。というか、毎年の風物詩でしょう。寒い時期にコートを脱いでこんなに待たされるというのは、さすがにちょっと・・・。と思うので、個人的には合同説明会に参加するメリット等も含めて、あまり合同説明会はオススメしません。

合同説明会は良いにしても、個別の企業の説明会のときにはコートは建物の中に入る直前で脱げば大丈夫です。おいということは、建物の外で脱ぐことになるので、ちょっとだけ寒さを感じる瞬間があると思いますけど、我慢しましょう。そして、脱いだコートは手に持ってそのまま建物の中を歩くようになります。コートを脱ぐタイミングってのは、あくまでもそれがマナーとされているものなので、これが適切か?というと、微妙な気はします。

建物の中に入った瞬間に脱いでも、ほとんど変わらないじゃないか?といえば、そうなのかもしれません。マナーにうるさい人が多いかもしれないので、リスクを犯したくないのであれば、一応それを守っておいた方が良いでしょうけど。普通に考えたら、建物の入り口付近で誰かが監視しているようなことは考えづらいですけど。一応マナーはこうなっているみたいですから、知っておいてください。

冬に就職活動をされる方もたくさんいると思いますけど、コートを着る方も多くいると思います。コートは暖かいかもしれませんけど、着用される場合にはいろいろと面倒なことも多いです。今言ったコートを脱ぐタイミングや手に持って歩かないといけないなど、かさばる面もあります。したがって、非常に面倒な点も多いので、コートを着用される場合には覚悟はしてくべきでしょう。それか、コートを着なくても良いように服装に工夫をしていくとか、考えても良いかもしれません。

武蔵野市の職員採用試験の教養論文の内容が衝撃的すぎる!

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


東京都の武蔵野市は毎年多くの受験生が受験する試験種です。ただ、募集人数がかなり少なく、その割には受験者が多いので、倍率はとんでもない高さになっているようです。5次試験まであるようですけど、一次試験では教養試験と教養論文が課されており、教養試験は良いとしても、論文の方はちょっと変わった問題というか、予想とは違った問題が出てきているようです。

私も全てを把握しているわけではないですけど、過去に出題されたテーマ例をいくつか見てみましたけど、論文というよりは作文に近いかな?という印象です。公務員としての仕事にあまり関連がありません。通常の教養論文の試験は公務員の仕事とかかわりのあるテーマが出題されて、それについて公務員として(〇〇市や〇〇区の職員として)どう対応していくべきか?ということを書かせる内容だと思います。

しかし、武蔵野市の場合はそういう感じではないようです。例えば、「貴方の人生のハードルについて、経験を踏まえて述べよ」といったものです。公務員はほとんど関係ありませんね。また、驚いたのが去年です。吉井英二氏のブログに掲載されていた情報によると、去年の2013年のテーマは「『箱』というテーマについて あなたが思うことを述べなさい」だそうです。は???って感じですよね。論文でも、作文でもなければ、大喜利に近いんじゃないか?お笑い芸人の発想が必要なのか?というテーマに思えてきます。

要は、この「箱」というテーマをどう捉えるか?何かに例えるのか?例えるとしたら何なのか?そこからそれぞれの人の発想力勝負です。ですから、事前の対策はほとんど意味をなさない。1000人いたら1000通りの解答ができそうなテーマだと思います。したがって、これをどう採点するのか?ちゃんと公平に公正に採点できるのか?という疑問はつきません。面接以上の運ゲーになりそうな予感ですね。

公平に採点できるとは到底思えないんですよね。採点基準も分からないですけど、比較というか、優劣をつけるのが非常に難しい。主観が相当程度入りそうなテーマな気がします。来年はどういうテーマが出題されるか?分かりませんけど、武蔵野市の場合には、非常に難解というか、論文としては書きづらいテーマが多く出題されているようなので、あらかじめ知っておいてください。

先ほども言ったように、事前の対策が意味をなさないテーマが多いようですから、その場で頭を捻って考えるしかありません。ただ、一般的な論文試験の勉強で得たことが全く生きないわけではないでしょうから、他の試験種のためにもしっかりと通常の教養論文の勉強はしておきましょう。先ほど挙げた「箱」の話だって、結局公務員の仕事に関連して書いた人が結構いるようなのです。というか、公務員の仕事に関連する論文の書き方しか勉強していないので、それに関連させて書くのが1番書きやすかったという事情もあるかもしれませんけどね。ですから、通常の論文の勉強をしっかりやっておくと、武蔵野市のようなテーマでも、すんなり書けるかもしれません。


公務員試験の教養論文の勉強にオススメなのは本書になります。個人的に1番納得して勉強を進められる気がします。よく出題されやすい論文テーマが約20個ほど掲載されており、それについて実際に過去に出題された問題とその解答例が載っていますけど、非常に解説が分かりやすいのです。この問題は具体的にに何を聞いているのか?そして、何を書けば問いに答えたことになるのか?これを書いた理由は何なのか?解答例をただ載せるだけじゃなくて、どうしてこういう解答例になったのか?詳しい解説があるので、受験生としても読んでいてしっくりくるのではないか?と思います。
地方上級・国家一般職[大卒]・市役所上・中級 論文試験 頻出テーマのまとめ方 2015年度

東京都武蔵野市の採用試験は倍率が超高く、難易度も高い

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


東京都の野武蔵野市の採用試験を受験される方もいるのではないでしょうか?東京都庁や特別区とほとんど同じ日程で行われてきた試験種です。5月の早い時期に実施されますけど、市役所試験のような採用試験になっていると思います。何よりも、試験が長いのです。なかなか内定が出ない。5次試験まであります。とにかく長い。

というのも、倍率がとんでもなく高いのです。例えば、昨年の試験結果でいえば、一次試験の受験者が約1700人に対して、最終合格者が18人でした。倍率でいえば、約100倍になります。毎年こんな感じなのか?というと、必ずしもここまで高倍率とは限りませんけど、最低でも50倍くらいはあるのではないでしょうか?他の試験とかぶっていないとなると、やはり高倍率は避けられませんね。

武蔵野市は、独自日程ということと募集人数が極端に少ないために、受験者数も多くなって、自然に倍率が高くなってしまうのです。ですから、5次試験まで実施しないといけないのかもしれません。5次試験というと、公務員試験の中では異例の長さでしょう。民間企業とほぼ同じくらいの選考の多さではないでしょうか?ですから、武蔵野市で最終合格までいくのは相当難しいだろうと思われますね。

5次試験までの中身というのは、一次試験が教養試験と教養論文です。その後、集団面接、集団討論、個人面接が2回ほど行われるみたいです。やっぱり民間企業と同じような試験が行われると思った方がいいです。何といっても、倍率100倍近くありますからね。これを最終合格までいった人は非常に運が良いというか、凄いんだろうなと思います。

ただ、日程的にどこともかぶっていないのであれば、お試し感覚で受験してみても良いかもしれません。特別区や東京都庁が日程がもっと後になったので、その前の練習にも良いかもしれませんね。同じような試験種では、神奈川県の早期チャレンジもあります。こちらは4月の後半ですし、一次試験は教養試験のみです。ですから、こちらもいずれやってくる本命の試験に備えて、慣れのために受けておくと良いかもしれません。


武蔵野市専用の過去問というのは、なかなか見つからないのですが、レベル的に近いと思われるのはやはり市役所試験ではないでしょうか?市役所試験の筆記試験のレベルはそこまで高くないので、教養試験だけでも過去問題集を使って、事前に勉強をしておくと、武蔵野市の筆記試験にも十分対応できると思います。武蔵野市は一次試験は倍率3倍くらいと、そんなに難しくないと思いますけど、二次試験以降も勝負ですから、武蔵野市を受験したいと思っている方は、まずは一次試験を確実に突破できるように頑張っていきましょう!
市役所上・中級 教養・専門試験 過去問500 2015年度 (公務員試験 合格の500シリーズ 9)

就活等の会社説明会の後にお礼状、メール等は必要か?

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


就職活動がスタートすると、まずは合同説明会、個別の会社説明会に出席するところから始められる方が多いのではないか?と思います。会社説明会は興味のある企業の生の部分を見られる機会であり、オフィスの中とか、実際に働いている社員の人とか、そういう光景を間近で見られる良いチャンスですよね。ですから、参加される場合には是非有効活用していってほしいと思います。

ただ、こういった説明会に出た場合にはお礼をする必要はあるのでしょうか?あまり説明会でお礼をするというのは聞いたことがないと思いますけど、気になっている方もおられるようです。というか、実際にしている人も少なからずいると思うんですよね。じゃあ、お礼をした方が何らかの形で有利になるのか?というのは皆さん気になるところかもしれません。

普通に考えたら、会社説明会の終了後にお礼をするというのは、あまり行われません。やっている人の方が間違いなく少ないでしょう。そこに目を付けて、お礼のメール、手紙、電話などをすると、人事担当者の印象に残って良いという人もいますが、少なくとも電話に関しては相手の手間もかかるので、避けた方が良いでしょう。メールや手紙は勝手に届くだけで、後は気付いたら開くだけですから、そんなに手間にならないでしょうけど。

印象に残るのはその通りかもしれませんけど、説明会の後にお礼をするのはあまり自然な気はしません。また、面接の後にお礼状を贈ったりするのも、個人的には別にいらないかな?という気がします。他の人は分かりませんけど、私なら「明らかに媚びにきている、点数を上げにきている」というのが目に見えているので、それで評価を上げたりはしません。

他の人事担当者は分かりませんけど、私ならあえてそういう就活生を評価したりはしないでしょう。お礼をするのは、せいぜい内定をいただいた後で十分でしょう。そんな説明会のときからお礼をする必要はないと思っているので。そういう人もいる可能性もあるので、説明会後にお礼をするのは一長一短な可能性もあるということです。

就職活動では、説明会から面接を通して内定を獲っていかないといけません。ただ、多くの人はリクナビ、マイナビを通してエントリーをしていますよね。それはそれで構わないのですが、リクナビやマイナビはほぼ全員が使っている超有名サイトなので、利用者が格段に多い分、そこに掲載されている企業は、エントリー数が自然に多くなってしまい、倍率がどこも非常に高くなってしまうのです。すると、確率的に考えて内定を獲るのは難しいとなってしまいます。

そこでオススメしたいのは他の就職活動支援サイトも併用するということです。リクナビ、マイナビ以外のサイトも活用すると、客観的な内定の確率が上がるでしょう。例えば、「いい就職.com」では、就活生の悩みを解決するセミナーや説明会の開催、履歴書やエントリーシートの添削、模擬面接を通して面接に関する指導やアドバイスを行ってくれます。いつでも専門の相談員がいるので、不安なこと気になったことを相談することができます。1人で行いがちな就活も支えてくれる人、力になってくれる人がいると、やはり違いますよね。本気で内定を手にしたいならば、オススメしたいと思います。

日本の若者の就職応援サイト「いい就職.com」

2015年度から国立大学法人の採用試験の日程が大幅変更!

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


2015年度の公務員試験は特別区と東京都庁が日程が大幅に変更になりました。実はそれだけではなかったのです。国立大学法人についても、例年の5月から8月に変更になりました。8月というと、市役所B日程よりもさらに後ということになります。5月から公務員試験の筆記試験が始まって、6月の後半当たりで一段落して、あとは面接試験などを残すのみというのが例年のパターンでした。

残っているのは市役所試験くらいというのが多くの人にとってのパターンだと思うのですが、来年は国立大学法人もまだ残っているということになります。平成27年度は8月23日に1次試験が行われるみたいです。8月の後半というのは、多くの試験種では二次試験も終わっており、せいぜい特別区の区面接や官庁訪問などが残っているくらいだったと思います。

ただ、特別区や東京都も日程が大幅にズレたので、これらの試験種の二次試験が例年よりも遅くなります。ちなみに特別区のホームページでは、まだ正確な発表はされていないものの、8月の上旬から中旬にかけて二次試験が行われるとされています。ということは、直前の国立大学法人の対策と特別区の面接対策はちょっと被りますね。

被るにしても同じ面接対策で被るなら良いかもしれませんが、面接対策をしながら、筆記試験の対策もしないといけないというのもね。これはまた大変だと思います。国立大学法人は例年多くの受験生が受けていますよね。他に日程が被っている試験種がなかったので、倍率も凄く高くなりやすいですし。教養試験のみで受けられますからね。

ただ、今回8月の後半になったということで、なんとなく倍率は下がりそうな気がします。それはこの8月の後半を迎える前に1つくらい内定を獲っている受験生がある程度増えるだろうと予想され、そういった人は国立大学法人が本命という方を除いては、受けにこないのではないか?と思うからです。今回の日程の大幅変更が良かったのか?そうじゃないのか?という受け止め方は人それぞれかと思います。国立大学法人を受験予定の方は、今回の変更を知っておきましょう。


国立大学法人を受験される方は、本書を読んでおくことをオススメします。国立大学法人では、申し込みの際に志望動機を記入しないといけません。そのときに本書のインタビュー記事が役に立つでしょう。そもそも、どんな仕事をしているのか?が分からない受験生が多いと思いますけど、本書では、現職で働く職員7人に「これが私の仕事です」といった内容で、自分が日頃どんな仕事をしているのか?どういった点が魅力的か?説明してくれています。面接対策をする際にも、非常に有効だと思います。また、過去問題や予想問題についても掲載されているので、そういった問題集が見つかりづらい国立大学法人の試験種ではバイブルにしたい一冊ですね。
国立大学法人等職員採用試験攻略ブック 27年度 2015年度 (別冊受験ジャーナル)

2015年から特別区と東京都庁の一次試験の日程が変更!

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


2015年の特別区Ⅰ類と東京都庁Ⅰ類Bの試験の日程が変更されることになったようです。いつに変更になったのか?というと、今までは5月の第一日曜にだったのが、とりあえず来年は6月の7日ということで、これは従来の日程でいえば、国税専門官、労働基準監督官、財務専門官の国家専門職の一次試験の日程と完全に被りました。国家専門職の日程がズレない限り、この特別区と東京都庁をのどちらかを受験される方は国家専門職は受験できなくなります。

今回の日程変更の理由については、特別区人事委員会採用試験情報(http://www.tokyo23city.or.jp/saiyo/h27schedule.htm)のページに載っています。

>※学生の学修時間の確保や教育の充実、海外の大学等への留学を推進するため、平成27年度大学等卒業・修了予定者から民間企業等の採用選考活動が8月1日以降に変更されることに伴い、人事院は、国家公務員総合職採用試験の第1次試験を現在より約1か月後ろ倒しして、平成27年5月24日(日)に実施することとしました。
特別区職員 I 類採用試験についても、国家公務員総合職試験と同様の措置を講ずるため、現在の日程から1か月程度後ろ倒しとし、第1次試験を上記のとおり実施することとしました。


国家総合職も変更されているようで、その煽りを受けた感じですね。ただ、その他の試験種は変わらないのでしょうか?6月以降に従来の一次試験日が実施されてきた試験種はそのままって感じなのでしょうか?そうなると、国税専門官等は従来と同じ日程で実施されるということでしょうか?今回の変更については、Twitter上で反応を見ていましたが、どっちかっていうと、好意的に受け止めていた人が多かったかな?という印象です。

それは試験日が被ったことで、倍率が下がることを期待している人みたいです。特に特別区を受験予定の方の歓喜というか、倍率が下がることへの期待は多かったように思います。特別区は今まででも東京都庁と被っていて、今回さらに3つの試験種とかぶることになったので、普通に考えたら分散するでしょうね。採用予定者数が格段に減らない限りはある程度は倍率が下がることが予想されます。

それは東京都庁や国税、労基、財務にもいえると思いますけどね。ただ、倍率が下がるといっても、おそらく面接試験の方はそんなに変わらない気がします。下がるとしたら筆記試験の方かな?という予感はします。これらの試験種の日程が被ったことで、どこか1個しか受けられませんけど、その倍率は下がる。でも、今までならこの5つの中から2つ受けられたのが1個しか受けられない。併願ができなくなってしまったのです。

一長一短ともいえると思いますけど、どちらの方が良いんでしょうね?前述したように、先ほど倍率が下がるから、むしろ好意的に受け止めていた人もいる。ということを話しましたが、逆に併願ができなくてなってしまって、困っている、嘆いているというつぶやきも見かけました。人によって、今回の決定をどう受け止めるか?は異なっているということです。少なくとも、これら5つの試験種の中で、最初から1つしか受験しない予定だった人にとっては、メリットしかないでしょうね。倍率が下がる可能性が高いので、合格可能性は高まったといえるでしょう。

東京都と特別区はこれによって、二次試験の実施日程も変更になるようです。詳しい日程はこれから発表されると思いますけど、二次試験の被り方っていうのも、従来とは異なるのかな?という印象です。平成27年度(2015年)の採用試験を受験される方は、こういうった変更がありましたので、是非チェックしておいてください。

「上司と意見が対立したらどうする?」という質問の答え方

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の面接では、公務員として仕事をしているとき、上司などともし対立したら、意見が合わなかったらどうするか?ということも聞かれる可能性があります。面接対策本なんかにはよく載っている質問なので、現実的に聞かれる可能性が高いのでしょう。普通に仕事をしていれば、そういう機会にぶつかることも多いでしょうからね。

ただ、意見が対立して、どちらも譲れないような場合、どちらも自分の意見が客観的に見て間違っていないと思える場合にはどうすべきでしょか?仕事をしていれば、あくまでも正解はなかなか判断できません。結果が良ければ正解だろうし、そうじゃなければ不正解になるのかもしれません。ですから、単なる意思決定にも責任は非常に重くのしかかるとともに、意思決定のプロセスの難しさがあると思うんです。

さて、この場合はどのように最終的に決めれば良いのでしょうか?明らかに相手の意見が間違っていると思える場合には、それを諭すこともできるのでしょうが、そうじゃない場合、でも、こちらとしても自分の意見の方がより妥当だと思える場合にはなかなか譲れません。そういったときには当事者同士で話していても多分埒が明かないので、別の誰かに相談してみるのが恐らく1番だと思います。

自分の意見と上司の意見を話してみて、どちらがより妥当か?それを自分の同僚や上司の同僚などに伺ってみて、参考の意見を聞いてみるのです。彼らの言うとおりにすべきというわけではありませんけど、第3者の意見として参考にはしてみて良いと思います。これでもスムーズに決まるとは限りませんけど、その第3者に伺った意見をもとにして、もう1度上司と話し合ってみて、最終的にどちらかが折れることになるのか?分かりませんけど、答えを出していくのが良いと思います。

こういったプロセスをとったとしても、よりベストな方を選べるとは限りません。それは先ほども言ったように、結果が出てからじゃないと判断できないことも多くあるからです。したがって、その選ばれた方がベストな選択肢だったか?どうかはその時点では分からないでしょう。ただし、大切なのは意思決定に至るまでのプロセスのとり方じゃないでしょうか?

こういうケースになることは、公務員として働いていればまあまあ経験することだと思います。要は適当に決めないということ、慎重に吟味して、どちらを選ぶか?という決定に際して根拠を持たせることが重要だと思うのです。その方法として、自分たち以外の人の意見も仰いでみる。というのは有効だと思うのです。当事者同士だけなら、意地になって譲らないということも考えられるので、より冷静に客観的に判断ができそうな人たちに聞いてみるのは大切ではないでしょうか?


公務員試験の面接では、以上のように答えづらい質問が複数聞かれますけど、そのときに回答の考え方のヒントをくれる面接対策本としては本書をオススメしたいと思います。本書は公務員試験の面接で頻出と思われる質問項目をかなりの数載せてくれていますし、それについて良い回答、ダメな回答の両方を載せると共に、それぞれが何故良いのか?ダメなのか?の理由も詳しく述べられているので、納得しやすいとともに、面接対策をしていくうえで、こうやって考えれば良いのか!といったヒントになる参考書だと思います。
公務員 面接・官庁訪問の秘伝 2015年度採用 (公務員試験)

冬に就活生の服装としてコートを着るときのマナーや注意点

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


これから季節的には就職活動を始める人も多いのではないでしょうか?公務員試験と両立して就職活動をする人もいるかもしれませんが、これからどんどん気温が寒くなっていきますよね。そのときに問題になるのが服装です。さすがに冬になるとコートを着始める人が増えてくると思いますけど、コートを着る場合にはちゃんとマナーを抑えておいた方が良いでしょう。

コートを着ている人は別に珍しくもないですけど、コートはオフィス内に入ると脱いで手に持って歩かないといけないので、あまり派手なものは選ばない方が良いでしょう。出る杭は打たれやすいのが日本なので、目立つ色やあまり見ない色のコートは選ばない方が無難といえます。じゃあ、何色が良いのか?というと、黒、グレー、紺色、あとはベージュでしょうかね?

この辺りの色は就活生でも着ているのを割とよく見ますから、浮くことは考えづらいです。ただ、ベージュに関しては女子学生はよく着ているのを見ますが、男子学生はあまり見ないかもしれないので、注意が必要です。黒、グレー、紺色に比べると、ベージュはやや派手目の色ですから、選ぶ際にはちょっと注意した方が良いでしょう。

そして、コートについては基本的には外で脱いで会社の中に入ることになります。脱ぐ場合にはあくまでも会社の建物の外で脱ぎます。建物の中に入って、ドアをくぐってから脱ぐのではなく、ドアをくぐる前に脱いで、手に持って、ドアをくぐって中に入るというのが一応の慣習みたいですね。ですから、脱ぐ瞬間というのは、ちょっと寒いかもしれませんが、我慢しましょう。細かいですけど、一応覚えておきましょう。

会社説明会や面接を受けに行く際にはコートは手に持って室内を歩いていくことになります。もし座席に座る機会が生まれたら、コートはカバンを下に置いて、その上に重ねて置くようにしましょう。決して、コートを直接下に置かないように気をつけましょう。また、会社によってはハンガーを貸してくれるかもしれません。さすがに会社内で過ごすときにコートを持って歩くというのは不便ですからね。

特に面接を受けたりする場合には明らかに邪魔になってしまうので、あらかじめハンガーを借りて、どこかにかけせさせてもらえるなら、それに越したことはないでしょう。コートは冬にしか使いませんけど、着用する場合にはいろいろと気をつけないといけないこと、配慮しないといけないことが多数あると思うので、あらかじめそれを知ったうえで就職活動を頑張っていきましょう。そして、寒い時期に頻繁に会社に行くケースも多いと思いますけど、風邪等をひかないように気をつけましょう。

就職活動をする場合には、いかにして内定を獲るか?がカギになりますけど、私から1つアドバイスしたいことは、リクナビとマイナビしか利用しない学生は失敗する可能性が高いと思うのです。それはこの2つのサイトはまず誰もが最初に利用しますよね。メジャーですから当然ですけど。だからこそ、就活生のほぼ全員が利用するといっても過言ではない状況です。すると、どうなるか?そこから応募した企業というのは、非常に倍率が高くなりやすいですよね。

利用者が多いということは、そこに求人が載っている企業というのは、応募が殺到しやすく倍率は自然に高くなりやすいのです。つまり、リクナビとマイナビしか利用していないと、常に高倍率の中で他の就活生と争わないといけないので、非常にきついです。そこで、オススメしたいのは「いい就職.com」を利用することです。こちらは初めて聞いた方も多いと思うのですが、リクナビやマイナビと比べると知名度はやや劣るかもしれません。その分、利用者はさほど多くないので、そこから求人に応募すると、倍率は上がりづらいと思います。

さらに、ここではただ求人に応募するだけで終わらず、履歴書やエントリーシートの添削、模擬面接での指導、各種説明会やセミナーの開催などを行っています。また、経験豊富な相談員に気軽に質問や相談ができる環境が整っているので、孤独で進めがちな就職活動に力強い味方が出来ますよね!就職活動のスタートからゴールまでちゃんとサポートしてくれる体制が整っているという点では、リクナビやマイナビではとても期待できないサービスが受けられますから、本気で内定を手にしたいと思っているのなら、他の就活生に差をつけたいと思っているのなら、利用してみても良いのではないでしょうか?

日本の若者の就職応援サイト「いい就職.com」

裁判所職員の小論文の試験はボールペンで書くので注意

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


裁判所職員の採用試験では、小論文が課されています。この小論文の試験は配点は低く、かつそこまで対策を要するようなテーマは出題されませんけど、1つ重要な問題があります。それは筆記用具はボールペンを使用するということです。鉛筆やシャープペンシルではダメなんですね。理由はよく分かりませんけどね。

ボールペンで書くとなると、当然失敗した場合には消しゴムでは消すことはできません。じゃあ、どうするのか?というと、二重線で訂正をするみたいです。よく履歴書などを書いているときに間違えた場合に行う修正方法と同じみたいです。ただ、できれば間違えないようにしないといけないでしょう。何箇所も間違えてしまうと、二重線だらけになってしまい、明らかに見栄えがよくないので。

修正液や修正テープが使えないので、ミスをしたらかなり目立ってしまいます。ですから、本番の小論文を書く際にはまず下書き路して鉛筆やシャーペンで書いてから、ボールペンで清書をするという方もいるようですね。時間があるのか?どうかは分かりませんけど、綺麗に書くならそっちの方が良いでしょう。ただ、下書きをしたからといって、確実にミスを避けられるとは限りません。

私も以前経験がありますが、履歴書を書いていて、シャーペンで下書きをしたのは良いものの、その下書きの時点で実はミスをしていて、そのミスに気付かずにボールペンで上からなぞって書いてしまったということがありました。気付いたのはボールペンでなぞった後でしたから、もう修正不可能でした。ですから、下書きをしたら、まずその下書きにミスがないか?をチェックしてから、ボールペンで清書をしましょう。

そして、そもそも裁判所職員の小論文ではボールペンを使うということを知らない方もいるかもしれない。直前になって気付くのかもしれませんけど。普通に考えたら論文を書くときに何でボールペンなんだ?って思うでしょうからね。他の試験種でボールペンで論文を書かせるところは見当たりませんし。裁判所職員の試験はかなり特殊な試験形態ともいえるでしょう。別に練習をするということもないですけど、本番の試験では、ミスをしないように気をつけてかいてください。ミスをない方が見栄えが良いので、多少評価は良いかもしれませんから。


裁判所職員の一般職を受験される場合には、以下の過去問題集を使って、小論文の対策をしていくと良いかと思います。裁判所職員の小論文のテーマは独特ですから、過去10年分にどんなテーマが出題されたか?そして、どのように書いていけば、合格点がとれるのか?そういったポイントを解説してくれている参考書になります。配点は少ないですけど、きちんと小論文の対策をしていきたいと考えている方には是非オススメしたいと思います。
dlicense公務員試験対策 裁判所 一般職 論文試験(小論文) 【直前対策】 H15~24 本試験問題(全10問) 答案例集

公務員試験で、「環境、エネルギー問題」で論文を書くときのアドバイス

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の論文では、環境やエネルギー政策についての過大が出ることもあるでしょう。このテーマは昔からのお馴染みのテーマになると思いますけど、環境問題やエネルギーについては永遠のテーマでしょうから、今後もどこかの試験種で、コンスタントに出題が予想されると思います。今の日本でも、特にエネルギー問題は叫ばれていますよね。

環境問題としては、やはり地球温暖化に関連するテーマが出ると思います。エネルギー問題もそれに付随して、電力に関する問題が多いのかな?と思います。日本には四季があるので、気温などが変わりやすく、1年中同じ場所に住んでいると、何かしらの防寒や暑さ対策が必要になってくると思います。今回はそれについて書いていきますけど、以前使っていた参考書で良いアイデアが載っていたので紹介したいと思います。

それは東京都内の例だったのですが、都内では川が多いわけですよ。しかも、多くの川は理由はよく分かりませんけど、暗渠化されている。台風がきたときなどに氾濫しないためとか、あるのかもしれませんけど、これを露出させてやると非常に効果的というのです。というのも暗渠化されている川を露出させると、それだけ気温が下がっていくのです。

夏には多くの方がクーラーを使用しているでしょう。それはしょうがないと思います。ただ、都内の多くの川を露出させて外気温を下げると、それだけ室温も多少下がってくるでしょうから、そこまでクーラーの温度を下げる必要がなくなる。場合によっては、クーラーをつけなくても済む日が訪れるかもしれない。これは地球温暖化の問題と電力問題(エネルギー問題)を両方解決することが可能になると思います。同じような地理的条件を備えていれば、別の地域でも可能な政策かもしれません。

冬の話では、家の中に大きな窓を作る。そういった家をこれから多く設計して建てていくことが大切とされていました。冬の季節はいかに太陽光を家の中に取り込むか?といのが大切らしいのですね。窓を大きく設定することで、直接ではないにしろ、太陽光が家の室内に映り込む面積が増えて、その分多少室温が上がるのではないでしょうか?そういった家作りを行政は支援していくと良いかもしれません。

夏と冬の対策としてはざっとこんな感じでしょうか?エネルギー問題については、同時に国内では今原子力発電所の問題が叫ばれています。すでに廃止が決定している国もありますけど、日本では推進派と廃止派が分かれている状態です。原子力を廃止したら国が立ち行かなくなるなんて声も聞こえますけど、それは原子力を推進する理由にはならないでしょう。そもそも、安全と引き換えに原子力発電所は稼動されたのなら、安全じゃないと判明した時点で、これは他の問題を度外視して廃止に追い込まれるのは当たり前の話なのです。

じゃあ、何が問題か?っていうと、安全じゃないものを安全と謳って、それに頼って国を発展させてきた行政府でしょう。安全じゃないことが判明したのに、引き続き国民が危機的状況にさらされる謂れはありません。つまり、原子力発電所が廃止に追い込まれていくのは、国が安全性を見誤ったのだから、理屈で考えてもこれはしょうがないと思います。

ただ、そのときに国民の生活がそれだけ不便になったり、危機になったりすることがあれば、それは原発廃止派を責めるのではなく、行政府を責めるべきなのです。ミスをしたのは行政府なのですから。彼らは安全性を見誤ったのです。原発廃止派の人たちは、安全と引き換えに稼動された原子力発電所が改めて安全じゃないと分かったんだから、廃止しろ。とごく自然なことを言っているだけですから、そこに本来は反論の余地はないはずなのです。

しかし、原子力発電所がないとそもそも日本は立ち行かなくなるということ自体が嘘みたいですけどね。火力発電で十分代替できるという意見もあります。それは現在、火力発電所の多くは止まっているから。何で止まっているか?というと、火力発電所を全て稼動させると、作った電気が余ってしまうからだそうです。電気は余っても保存しておけないので、全て稼動させてもムダが生じてしまうから。ですから、今存在している火力発電所をいくつか稼動させれば、原子力発電所を停止させても、特に問題は生じないだろう。とされているのです。

実際、過去には国内の原子力発電所が結構な日にち全て停止した時期があったようですけど、そのときに何かトラブルが起きたか?というと、起きてないんですね。つまり、原子力がないとヤバイ!と叫んでいるのは、単なる利権絡みなのかな?と推測してしまいます。そして、そういった自分たちの利権のために原子力の必要性を訴えている人間にまんまとひっかかっている多くの国民がいるかもしれないということです。


今回の環境やエネルギー問題も含めて、公務員試験の教養論文の勉強用には以下の参考書をオススメしたいと思います。本書は近年頻出の論文テーマが20個ほど掲載されており、それぞれのテーマで論文を書くうえで必要な知識を身に付けることが可能です。そして、実際に過去に出されたテーマとそれに対する解答例が載っており、かなり丁寧すぎる解説があります。例えば、問題文から分析して、「これは何を聞いているのか?」、「何を書けば問いに答えたことになるのか?」、「ここで絶対に書かないといけないことは何か?」といった受験生が疑問に思う点をかなり細かく解説してくれています。何でこれを書いたのか?その理由づけがちゃんとされているので、納得して読み進めやすいと思います。
地方上級・国家一般職[大卒]・市役所上・中級 論文試験 頻出テーマのまとめ方 2015年度

公務員試験の予備校は、教養試験のみでも充実している!

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


教養試験のみしか勉強する予定がない人、教養試験のみの試験種しか受験しない人も予備校に通っている人はたくさんいるはずです。実際、予備校には教養試験のみの試験種、市役所試験、国立大学法人などの講座も開設されており、多くの方が日夜そこで勉強をしています。独学で勉強していて問題ない人は良いです。

ただ、独学でもちょっときついかな?と感じている人、またはこれから勉強を始めるうえで教養試験のみだけど、予備校を考えている人は、予備校に通っても十分意味はあるでしょう。市役所試験や国立大学法人など、教養試験のみの試験種専用の講座もちゃんと開いてくれているからです。特に教養試験できついと思うのは数的処理ですかね?数的処理を苦手にしている人は多くいると思います。

数的処理は独学でなんとかなる人は良いですけど、そうじゃない人はやはりプロの講師の方に直接教わるのが良い気がします。私自身も数的処理は全くできませんでしたが、予備校で数的処理を習って、少しずつ進歩していって、解ける問題も増えていった経験があるんで、良い講師にめぐり合えれば、苦手な人でも十分できるようになる可能性はあるでしょう。

数的処理以外の科目もちゃんと万全の体制で教えてくれます。特に出題数が少ないけど、範囲がめちゃめちゃ広い人文科学や自然科学については、どういったところを重点的に勉強したら良いのか?といった勉強方法の問題、そして具体的に内容自体も詳しく教えてくれます。市販の参考書よりも予備校で貰うレジュメを使った方が案外勉強もしやすい面もあるので、予備校に通う価値はあると思います。

また、最近の予備校は映像による授業もとりいれています。普通の通学スタイルだけではなくパソコンなどからいつでも、どこでも見たい授業が観られる。そんなサービスを多くの予備校が導入しています。通学なら、決まった時間に予備校に通う必要がありますけど、こういった映像による授業なら、時間は関係ありません。場所も関係ありません。朝だろうが、深夜だろうが、自宅だろうが、外出先だろうが、パソコンさえあればいつでもどこでも視聴可能です。

しかも、普通の通学スタイルの授業と違って、繰り返し視聴することが可能です。ここは映像ならではのメリットですね。何度でも飽きるまで、理解できるまで授業を視聴することができます。この映像による授業は、それだけとることもできるでしょうし、通学スタイルと組み合わせることも可能なようです。今の予備校はそういった幅広いサービスを提供しているので、どんな方にも不便なく満足してご利用いただけると思います。


個人的に特にオススメしたい予備校は「資格の予備校TAC」ですね。ここでは、上記のような映像による授業を導入していますし、他にはDVD講座などもあり、あらゆる受講形態の中から利用者にとって1番利用しやすいサービスを選ぶことが可能です。また、講師の質が特に良いとされています。特に関東のTACでは、数的処理と自然科学についてはめちゃめちゃ教え方が上手い!と評判の関野喬先生が在籍しています。彼の授業を受ければ、数的処理と自然科学はかなり進歩できるでしょう。また、他にも面接対策、論文対策の授業も受けられますし、論文の添削、模擬面接も受けられるはずです。教養試験だけの方にもメリットが多い予備校だと思うので、詳しい情報を知りたい方は資料を請求したり、ホームページを閲覧してみると良いのではないでしょうか?
資格の学校TAC<公務員>各種コース開講

就活生は合同説明会には行くべき?行く必要ない?

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の受験生はこれから各試験種ごとに説明会が開かれていくと思います。また、就活と両立している方の場合は、これから就職活動をスタートしていくと同時に合同説明会が開催される時期だと思います。合同説明会はだいたい就職活動の始まりとともに開催されることが多く、参加される方も大勢いることでしょう。ただ、参加しない人も大勢いるはずです。

そして、参加したほうが良いのか?迷っているという方もいるかもしれません。合同説明会は毎年当たり前のように開催されるものですから、参加する人が多くいるのも事実ですけど、参加する必要性は実はそれほどないのではないか?と思います。合同説明会に参加する企業というのも、結局は後で企業自身で説明会を開催するからです。そして、それは参加しないと選考に進めないものである場合が多いので、就活生はそういったものには参加せざるを得ないでしょう。

ただ、合同説明会はそもそも選考に進むために必須となるものではないため、興味のある人は参加しても良いくらいのものだと思います。また、合同説明会はスペースも限られているし、時間も少ないです。そのため、内容がどれほど充実しているのか?わざわざ寒い中参加する意味があるのか?というと、企業ごとに異なりそうですけど、後で個別の会社説明会に出れば十分事足りるのでは?と思うのです。

会社説明会自体が、後で自分で調べれば分かることしか話さない企業というのも珍しくない気もするんですけど、そういった意味では、わざわざ合同説明会に参加しなくても、後で企業自身が開催する会社説明会に参加すれば、それで良いのではないか?という気はしますね。公務員試験と両立している人は尚更かもしれませんけど、筆記試験の勉強をしないといけない時期ですから、合同説明会はそこまで参加する必要性はない気がします。

就職活動しか行っていない人は、これから就活が本格的にスタートするという意味では、モチベーションを上げる意味でも参加しても良いと思うんですけど、別にそれほど気が進まないのであれば、無理に参加する必要はないでしょう。参加しないことが別に後々不利になるわけではないと思うので。個別の会社説明会に参加をしていればそれで良いでしょう。

公務員試験の説明会もある時期ですから、そちらに参加する人もいると思いますし、公務員試験の勉強をしないといけない人も多いと思いますけど、民間企業の合同説明会の参加に関しては、そこまで無理に出る必要性はないと思います。公務員試験の勉強もしている人は、メーターの振り分けが難しいですけど、同じく個別の会社説明会だけに出席していれば良いのではないでしょうか?

採用予定者数が多く、人物重視の横浜市の難易度

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


地方上級ではどの自治体を受験するか?迷っている人も多いかもしれません。特に全国の中でも、人口が多く、都市化も進んでいる横浜市を候補に挙げている人も多いのではないでしょうか?横浜市は非常に人気の街で、募集人数も多いことから毎年多くの受験生が受けにきます。横浜市は毎年採用予定者数が多く、倍率もそこまで高くはありませんけど、低くはないですね。採用人数は全国の市町村では1番多いのではないでしょうか?

全体の倍率は10倍前後くらいですね。地方上級の中では普通くらいでしょうか?横浜市はどちらかというと、人物重視に傾いていると有名な自治体で、面接試験が2度行われます。一次試験は教養試験のみです。専門試験はありません。教養試験は60問必答と、かなりボリュームののある試験です、その分制限時間も長いです。教養試験だけですけど、非常に過酷ともいえそうです。

二次試験は専門時事論文と面接試験です。この専門時事論文というのは6題くらいから1つを選んで解答するという形式なんですけど、普通の教養論文とは多少違うんでしょうね。ちょっと詳しくは過去問等を自分で調べていただきたいのですが、教養論文よりもさらに専門的で、「時事」とついていることから、近年の話題に特化したテーマが出題されるということでしょうか?

教養論文でも、割と近年の話題しか出ませんけど、時事とついていると、何か身構えてしまいますよね。三次試験も面接試験があります。地方上級では珍しく、面接が二次、三次と続けてあるというところが人物重視と言われている所以なのかもしれません。面接の配点も相当高いみたいなので。また、教養試験に関しては独自問題が出題されていると言われています。

地方上級の日程で行われているので、筆記試験の問題等もそれなりの難易度だと思います。そして、特殊な論文も課されて、さらに面接の回数もやや多いとなると、簡単な試験ではないでしょう。先ほども言ったように、横浜市は採用予定者うすも多いものの、人気の自治体ということもあってか、倍率はやや高めかもしれません。特に二次試験以降は人物試験が続くので、面接ができないと合格するのは非常に難しいでしょう。地方上級の中でも特に難しいといえる自治体かもしれません。

いわゆる、
地方上級の全国型、関東型などの型にはまった問題の形式ではありません。60題出るということから、独自形式ということになりますけど、そうなると地方上級の過去問をやっていてもあまり意味がないかもしれません。以下に横浜市の筆記試験の過去問題集を載せておきましたので、横浜市を受験予定の方は本番までに是非やっておいてほしいと思います。横浜市は特に特殊な形式ですから、事前にどういった問題が出るのか?出題数や出題科目などを把握しておきましょう。


横浜市を始めとして、神奈川県の自治体の教養試験の過去問を集めたのが本書になります。横浜市以外の市町村の受験を予定している方、または受験する可能性のある方はやっておいた方が良いかもしれません。横浜市は中でも、完全独自型の筆記試験が課されていると思われるので、本番の筆記試験までに是非過去問題をやって、横浜市の筆記試験に慣れておくことが必要だと思います。志望度の高い方は是非過去問題をやってみましょう!また、人物重視を汲んだ論文や面接対策についても掲載されているようですね。
横浜市・川崎市・相模原市・平塚市・横須賀市・藤沢市の上級・大卒程度 2015年度版 (神奈川県の公務員試験対策シリーズ)

労働基準監督官で働く場合、転勤はどの程度の頻度である?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


労働基準監督官を目指しているという方も多くいると思います。ただ、この労働基準監督官は働き始めてから、1つ懸念すべきことがあり、それを皆さんも気になっているかもしれません。それは転勤です。転勤と聞くと、良いイメージを持っている人はさすがに少ないだろうと思いますけど、労働基準監督官の場合はある程度大規模な転勤があるようなのです。

数年に1度転勤を経験することになることは覚悟しておいた方が良いということです。そのときに希望の場所などを聞いてくれるか?どうかについては、ケースバイケースのようです。数年に1度は転勤があるということですから、数年に1度は中途採用で新たな職場にくるみたいな、そんな感じのことを経験していくことになるのだと思います。

公務員の中でも、転勤が割と大規模で、頻度も高い方かもしれません。普通の市役所とか区役所で働く職員は転勤がないことはないでしょうけど、あっても同じ市内とか、県内とかなので、それほど大規模なものにはならないでしょうから。引越しをする必要もないくらいの転勤だと思います。ただ、労働基準監督署の場合は、そうはいかないようなので、あらかじめ知っておきましょう。

転勤って、やっぱり皆さん嫌いですよね。私も嫌いですけど。やっぱり慣れない環境に数年後とに行かされるというのは、やっぱり避けたいことでしょうから。民間企業なんかでも、転勤を嫌う就活生は多くいると思います。転勤が頻繁にあるところは、そういう面接でそういう質問がされるはずです。労基署の場合も、面接では「転勤が多いかもしれませんが、大丈夫ですか?」といったことを聞かれる可能性が高いと思います。

あらかじめそういうことを知ってもらうためにも、労基署の職員になる前に聞いておくのでしょう。なってから転勤が嫌だといわれても困りますからね。ただ、そこで転勤は嫌だと答えてしまうと、採用してもらえる可能性はほぼ皆無ではないでしょうか?ですから、労働基準監督官になるには、転勤をある程度飲んでいくしかないのかもしれませんね。労働基準監督官は大変な仕事を日夜行っていくことになると思いますけど、そのうちの1つに転勤が常に付きまとうことは知っておいてください。


労働基準監督官を目指しているという方は、本番の筆記試験までに以下の過去問題集をやっておくことをオススメします。本書は他の労基の過去問題集とは一味違い、問題と解答がそれぞれ切り離し可能です。つまり、コンパクトなサイズにして、いろいろな場所に持ち運びしやすいということです。数年分が収録されているので、そのまま持ち運ぶにはあまりに重いと思いますけど、問題だけを持ち運べれば、自宅だけではなく、大学や電車の中などでも学習ができるのではないでしょうか?
本試験過去問題集 労働基準監督官A 2016年度採用 (公務員試験)

国税専門官の給与、年収その他待遇について

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


国税専門官の給料はどれくらいなのでしょうか?国税専門官は国家公務員の税務職俸給表によって定められているので、人によって細かくは違いますけど、年齢と共に上がっていくのが普通です。勤務年数と役職にもよって変わってきます。現在、国税専門官の平均年齢は40~45歳くらいとされていますけど、その平均年収は約600~700万円くらいです。

この年齢でこの年収というのは、民間企業に勤めていてもそう簡単に達成できる金額ではないでしょう。ちなみに大卒の国税専門官の初任給は20数万円とされており、結構な金額が貰えます。1年目の年収としては350~400万円ほどになるとされています。1年目でこれだけの年収というのもなかなか凄いですよね。

国税専門官はそれだけ仕事がきついということかもしれませんけどね。公務員の中では、特にブラックと言われているように、仕事が激務というか、精神的にきつい仕事と言われています。採用面接の際にもストレス耐性が特に問われているということから、仕事はきついけど、大丈夫ですか?といったことが暗示されているのです。

実際に国税専門官として働いてみないと何とも言えないですけど、国民を相手に税金を扱う仕事をするので、想像するだけでいろいろな問題を抱えていそうな仕事ですよね。そういった意味では、ある程度の給料がないと割に合わない面もあるのかもしれません。給料の他に扶養手当、通勤手当、住居手当などもそれなりの金額貰えるとされています。

仕事自体はきつい可能性がありますけど、国税庁勤務の場合は残業がある程度多いとされており、逆に税務署勤務の場合は残業はあまりないとされています。勤務時間は1日約8時間ですけど、税務で忙しいような時期は休日出勤も多くなる傾向にあります。確定申告の時期などは確かに国税専門官は忙しいかもしれませんね。年間20日の有給休暇と介護休暇、育児休暇の制度はちゃんと整えられているので、各自のライフスタイルに合わせて休暇は割ととりやすい職場かもしれません。

国税専門官を目指している方は非常に多いです。ただ、現実の仕事があまり見えていない人も多いのではないか?と思います。給与や待遇はだいたいこんな感じですけど、やっぱり仕事が特に厳しいとされている仕事ですから、国税専門官を目指して勉強する場合には、その前に国税専門官の仕事自体をある程度理解されてからの方が良いのかな?と思います。


国税専門官を目指される方は、1度本試験を迎える前に過去問題集をやっておきましょう。過去に実際に出題された問題をやると、時間配分や問題の難易度の確認ができますよ。また、本書は問題と解答が取り外すことができます。そうなると、よりコンパクトになって、問題部分だけを持ち運ぶこともできて、家だけじゃなくて、大学とか、電車の中とか、いろいろな場所で勉強ができるのではないでしょうか?利用者の利便性も考えた過去問題集なので、是非オススメです!
本試験過去問題集 国税専門官 2016年度採用 (公務員試験)

公務員試験に合格するために必要な勉強の時間、期間は?

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験で合格するには一体どれだけの勉強時間が必要でしょうか?これは大卒程度の行政職の公務員試験ということになると、大雑把に言うと1年くらいは見積もった方が良いと思います。国家公務員、地方公務員どちらにしても、それくらいの余裕を持った方が良いと思うのです。一応大学生という前提で置きますと、大学の授業に出ながら、公務員試験の勉強もしないといけないので、非常に大変です。

実際は別に1年間勉強しなくても大丈夫な場合はありますけど、余裕を持ったうえでいうと1年間くらいはやはり必要だと思います。中には半年とか数ヶ月で合格したという例もありますけど、そういう人はもともと公務員試験に適正が大有りだったり、1日の勉強量がかなり人じゃないか?と思うのです。1日の5時間も6時間もできるような人なら、確かにそれくらいの期間でも合格を狙えるかもしれません。

ただ、既卒の人など大学に通っていない人はまだ可能かもしれませんけど、大学生の方や社会人の方でそれだけの勉強量を毎日継続していくというのは非常に難しいと思います。そうなると、1日数時間という勉強時間をもとにすると、それで公務員試験の筆記試験当日までに間に合わせるならば、やはり1年間くらいは見積もった方が適切だと思います。

特に予備校に通っている人になると、大学の授業の他に予備校の授業も受けるわけですよね。そして、その復習が必要になる。これはかなり大変な毎日を送ることになるのでは?と思います。予備校も別に毎日通うわけではないでしょうけど、上手く大学の授業の合間に通って、その復習もしていくのは意外にきついと思います。

教養試験だけの試験種を目指しているのなら、必要な時間はその半分くらいかな?と思いますけど、ちゃんと専門科目をやるとなると、やはり1年間は見積もった方が安全です。1年も要らなかった。という状況が発生するのは構いませんけど、半年じゃ足りなかった!という状況が起きるのは困るわけです。ですから、1年もいらない人はいると思いますけど、1年間くらいをあえて見積もった方がより確実です。

また、これはあくまでも筆記試験の話であって、面接試験の話は含みません。面接試験はそんな早くから対策をする人はあまりいないと思いますけど、筆記試験終わってから対策しても間に合うケースもあるので、今回は面接試験の話は含んでいません。あくまでも筆記試験のことだけです。毎年5月くらいから公務員試験の筆記試験はスタートしますから、その1年前、大学生でいえば、3年生の5月くらいに勉強を始めていった方が良いと思います。


公務員試験の筆記試験は教養試験、専門試験を合わせると全部で30科目近くになります。そういった試験ですから、いかに効率よく勉強していくか?それを考えないで適当にやっていると、1年間を用意しても間に合わない可能性が出てきます。基本的にこれだけ膨大な科目がある中で合格を掴むには、捨てる科目、重点を置いて取り組む科目、それなりに取り組む科目、ちょっといい加減に取り組む科目など、上手く時間を有効活用して、いかに最大限の点数を挙げるか?を考えないといけません。公務員試験の場合は、勉強の取り組み方からテクニックが必要で、それができないと、不合格まっしぐらの可能性すらあります。本書では、これから公務員試験の勉強を始める方、または始めたばかりの方に向けて、今挙げたような情報を特に載せてくれている指南書になります。公務員試験に本気で合格したいなら、オススメしたいと思います。
公務員試験受かる勉強法落ちる勉強法 2016年度版

裁判所職員の給料、年収、その他勤務時間等について

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


裁判所職員の給料は一体どうなっているのでしょうか?働き始める前から気になっている方もいるかもしれませんし、もう働くことが決まっている方も、気になっている方もいるでしょう。裁判所職員は総合職と一般職で微妙に違います。例えば、初任給の額でいうと、総合職の院卒者試験が1番高くて約24万円くらいです。おそらく1番馴染みがありそうな一般職の大卒試験の場合は約20万円です。

金額だけ見れば、まあまあの金額だと思います。公務員の給料らしい高くはないけど、低いわけでもない。裁判所職員の場合は、勤務地によって給料は差があるみたいです。東京都内の23区で働く場合には、だいたいこんな感じみたいです。ただ、1年目の年収は結構弾むみたいですよ。1年目の年収は、どの区分で採用されるか?にもよりますけど、だいたい300万円前後くらいだと思います。

1年目の給料にしては結構良い方かな?と思いますね。民間企業でも、これくらいいきなり1年目から貰えるところって、そんなにないでしょうからね。また、通勤手当、住居手当などはさらに貰えるので、生活への負担はそれほそないかな?と思います。基本的に年数が経てば自動的に給料は上がっていきますから、そこはやっぱり公務員という感じでしょうね。ボーナスも結構出るみたいですし。

勤務時間は基本的に8時間です。残業があることもあります。また、当直といって、逮捕礼状の作成などの業務に追われて、仕事が長引くこともありますけど、ちゃんとその分のお給料は出ます。その程度については、勤務する裁判所等によって異なるみたいですけどね。基本的に土日が休みの週休2日間の勤務ですから、待遇としては普通じゃないでしょうか?

苦労して裁判所職員として働くわけですから、そこそこ待遇を貰っても私は別に文句言うつもりはありません。その苦労を知っていますから。多くの国民は何て言うか?分かりませんけど(笑)働き始めたら、きついことも多分あると思いますけど、それだけ身分は保証されているので、是非仕事を頑張ってほしいと思います。これから裁判所職員の採用試験を受けられる方も、こういったことをモチベーションにして、是非試験勉強に取り組んでほしいと思います。


裁判所職員の特に一般職を目指している方には本書を本番までに是非取り組んでほしいと思います。過去に出題された実際の過去問題が収録されています。また、本書の特徴としては、問題だけを取り外すことが可能なのです。つまり、持ち運びが自由なのです。問題と解答を一緒に持ち運んでも良いのですが、重かったりもしますよね。問題だけを持ち運べるならば、電車の中でも使えそうですし。いろいろなところに持っていって、その都度復習などもできるでしょう。家で使っているときも答え合わせをするときには、やはり問題と解答をバラした方が利用しやすいかな?と思います。裁判所職員一般職の過去問の中では特にオススメですから、本番までに是非やっておきましょう。
本試験過去問題集 裁判所職員一般職 (大卒程度) 2016年度採用 (公務員試験)

公務員試験の論文試験の採点基準は多分かなり曖昧

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の論文試験の採点基準ってどうなっているのでしょうね?どこも同じ基準で採点がされているとは思いませんけど、一応ある程度の基準は似通っていると思います。基準があるといっても、その基準自体も多分かなり曖昧です。「構成力」とか、「表現力」とか、多分そういうものじゃないでしょうか?予備校の論文の採点基準はそんな感じですよね。それぞれの評価項目がだいたい5段階くらいに分かれているのです。

1つ言っておきたいのは、論文を採点する人が、仮にその論文のテーマや内容について、深く知っている人であったとしても、彼らの行う採点が正確とは言えないと思うのです。それは彼らは専門家であったならば、その答案の内容について、どれだけの真実味があるとか、説得力があるとか、そういった判断はできるはずです。でも、彼らはそれを点数にするときには、専門家から外れます。

というのも、受験生の論文を読んでどのくらいの充実度か?というのは判断できるでしょう。ただ、じゃあそれが具体的に何点なのか?数字で評価をしないといけないときには、彼らは点数化するプロではありません。あくまでも内容の合致度合いを判断するプロであって、じゃあそれが何点なのか?正確に判断できるプロではない。ましてや表現力とかの類は、むしろ小説家とかの方に分がある評価項目であり、専門家といえども、表現力を正確に点数化できるとは到底思えない。

論文はあまり細かい点数は出ないと思うんですよ。多分5点刻みとか、そういう感じで点数化される場合が多いのではないか?と思います。そうなると、最小僅差でも5点の差がつくわけですよね。公務員試験の一次試験の5点って、相当大きいですよね。択一試験で5点差がついたことを考えると、やっぱりかなり違うと思います。

特に論文試験の配点が物凄く大きいとされている特別区の場合、どうやって採点をしているのか?は分からないものの、そういう採点者のちょっとしたさじ加減っていうんでしょうかね?それが合否を大きく分けることにつながってしまいます。それは採点者が悪いのではなく、論文っていうのは、そもそも順位や点数をつけるのに向いた試験じゃないってことです。論文の内容についても、正解は無数にあるし、内容以外のところが評価項目になるのであれば、余計に採点する人の感性や主観に左右されてしまいますから。

ただ、受験生として努力カバーできる範囲が面接よりはまだ多いと思うので、面接よりはマシだとは思います。また、受験生に気をつけてほしいというか、意識してほしいのは字は是非丁寧に、綺麗に書いてほしいと思います。採点者の主観に依るところが大きいならば、パッと見たときに字が綺麗というのは、評価する際に間違いなく影響があると思います。字が汚いよりは綺麗な方が絶対に良いです。

あとは、予備校に通っている人は当然授業で教わると思いますけど、原稿用紙の使い方は是非完璧に学んでください。段落の変え方、英数字の書き方などは習わないと知らない人も多そうですから。そういう細かいところもおそらく評価に影響するでしょうし、こういうところに関しては正解が1個しかないので、皆さんの努力でカバーすることが可能ですし。大変ですけど、論文の書き方は1度学んだ方が良いでしょう。


公務員試験の論文の勉強にあたっては以下の参考書を特に推薦したいと思います。本書は近年頻出の論文テーマを約20個掲載しており、論文を書くうえで絶対に知らないといけないような話題や知識をふんだんに盛り込んでくれています。また、各テーマの最後には実際に出題された論文テーマとそれに対する解答例が載っているのですが、本書の特徴はその解説がかなり丁寧なことです。まず、論文テーマの問題文から「そもそも、この問題文を何を聞いているのか?」、「何を書けば問いに答えたことになるのか?」といった、初歩の初歩というか、国語的な部分から丁寧に解説してくれています。解答例についても、「どうしてこれを書いたのか?」、「これを書かないといけない理由は?」といった、説明がかなり丁寧なので、納得して読み進めることができると思います。毎日寝る前などに1テーマずつ繰り返し読んでいけば、論文試験の対策はバッチリでしょう。
地方上級・国家一般職[大卒]・市役所上・中級 論文試験 頻出テーマのまとめ方 2015年度

公務員試験の日本史の頻出範囲をおさえた勉強法

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の日本史はどうやって勉強すれば良いのでしょうか?人文科学の中でも特に範囲が広いことでも有名な日本史ですけど、なかなか難しいですよね。個人的には世界史よりも学ばないといけない範囲は広いのではないか?と思います。世界史はカタカナも多くて苦労する人も多そうですけど、日本史はほとんど感じなので、覚えづらさは多少マシかもしれません。

それでも全範囲をやっていたら、とても間に合わないと思うので、ある程度絞っていった方が良いと思います。日本史はある程度頻出とされる分野にだけ絞って勉強していくのが良いと思います。世界史同様です。日本史の問題を見ると、特定の時代に絞った問題もあれば、選択肢ごとに時代を変えており、多くの時代が1つの問題の中で混じって出題されるパターンもあります。

どちらにせよ、1番古くて平安時代かな?って感じです。そして、1番新しくて第二次世界大戦くらいまでです。平安時代から第二次世界大戦までを学習すれば基本的には問題はないはずです。ただ、これでもかなり範囲は広いですし、やらないといけない分量は多い気がします。全然絞られていないかもしれないですね。そうなると、江戸時代以降でしょう。江戸時代以降に絞るのが1番良いと思います。

分からない問題が出てきてしまう可能性もあるため、あまりおすすめできませんけど、江戸時代以降をやっていれば、ある程度解ける問題はあると思います。特に地方公務員は日本史が複数問出題されるところも多いので、最低でも1問くらいはとれるんじゃないですか?複数問出題されて、最低1問でもとりたいというスタンスの方は江戸時代から第二次世界大戦までやっておけば良いでしょう。

しかし、全部出題されるなら、全部とりたい。という人は平安時代くらいからやっておくことをおすすめします。ボリュームはかなりあって、範囲を網羅するだけでも結構大変だと思いますけど、日本史で点数を稼ぎたいと思っている人なら、これくらいの量はこなさないときついかもしれません。逆に最低限だけをやっておきたいという方は、先ほど言ったように江戸時代以降で良いのではないでしょうか?

日本史は本当に大変ですよ。初めてやる人は特に。日本史か世界史を一通りやったことある人なら、そこまで大変に感じないかもしれませんけど、理系の人とかで初めて取り組む人は本当に範囲が広くて大変だと思います。理系の人は数的処理が得意であれば、日本史や世界史を丸々捨てても十分点数を稼げるかもしれませんけど、文系の人とかで、数的処理で点数があまりとれない人は、日本史と世界史は得点源にしてほしいですね。基本的に暗記をするだけで良いですから。


日本史を初めて学習する人は、基本的には過去問題集にいきなりとりかかっても良いと思いますけど、その前に何か参考書を使いたいというのであれば、センター試験用ですけど、以下の参考書をおすすめします。センター試験用ですけど、結構細かい内容まで触れていると思います。センター試験用の中では、ややボリュームはある方かもしれません。初心者でも十分理解できると思うのですが、公務員試験レベルであれば、国家一般職など、ちょっと難しい問題が出やすい試験種でも十分対応可能だと思います。網羅的に全部読んでいっても良いですし、必要な箇所だけ読んでいっても良いと思います。
改訂版 センター試験 日本史Bの点数が面白いほどとれる

公務員試験の説明会に欠席、不参加だと不利になる?

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の各試験種ごとの説明会というのが、だいたい年明けくらいから順次開催されていくと思います。説明会の内容というのは、それぞれ異なっており、何をやるか?はそれぞれの試験種ごとの説明会ページで確認するしかありません。就職活動みたいに強制参加というところはまずないでしょう。民間企業の就職活動の場合は、そもそも参加しないと、その後の選考に進めないところも多く、事実上強制です。

公務員試験の場合は、基本的に任意でしょう。また、抽選が行われるところもあり、人気の試験種では、そもそも参加したくてもできない場合も考えられます。ただ、公務員試験の場合は、説明会に参加しなくても不利になるとは通常は考えられません。「不利にならない」と謳っているところもあります。とはいっても絶対に不利にならないとは言い切れないと思うのです。

説明会への出席、欠席については当日チェックをするでしょうから、勿論記録に残るでしょう。そうなると、調べようと思えば、誰が参加して、誰が不参加か?というのは容易に分かってしまうはずです。任意参加ですから、参加しないのがダメなわけではないはずです。理屈でいえば。でも、それを受けて、どう評価していくか?というのは、向こうに裁量権があるので、こちらとしてはどうしようもないのです。

就職活動の場合だって、本当は行きたくないけど、選考に進むために仕方なく参加している人というのも、少なからずいると思います。民間企業の企業説明会の場合は、参加する価値が本当にあったのか?手間や交通費をかけて行く価値があったのか?と、疑ってしまうような内容のところも多々あったのです。公務員試験の場合はちょっと分かりませんけど、仮に参加、不参加で後々に有利、不利が生まれているとしたら、その説明会は誰もが感激するような、素晴らしい内容になっているのか?そこが問題ですね。

ホームページを調べたりすれば分かりそうな内容ばかり。要は中身がほとんどないような説明会の場合、欠席した人を不利益取り扱いするのは、さすがにおこがましすぎるだろうと思います。そりゃ欠席して当然だよ・・・。と思えるような説明会ではダメだ。ということです。中身の充実度合いは説明会によるでしょうから、何ともいえない。不利益取り扱いがなされるか?についても試験種ごとによるとしかいえない。

普通に考えたら、説明会への参加するか?しないか?で不利益取り扱いなんてしてはいけないと思いますけど、公務員も採用段階では何をしているか?分かりません。不安な方は参加する気なくても参加し方が精神衛生的には良いかもしれませんよ。不安を抱えたまま勉強とかもしづらいでしょうし。採用活動ってのは、基本的にはフェアに行われているとは、あまり思わない方が良いかもしれない。フェアなのは、せいぜい筆記試験くらい。残りははっきり言って、何を基準に審査されているのか?すら読めないような、向こうに裁量権が大ありな試験ばかりですから、そのことをよく考えておきましょう。

説明会に行くべきか?というのは、その説明会の内容次第ということになります。いくら志望度が高いからと言って、問答無用で参加しないといけないものではないと思います。その説明会に出て、得た情報がその後の公務員試験の筆記試験対策、面接試験対策等で有利に働くようなことがあってこそ、始めて出た意味がある。または出たことによって、よりモチベーションややる気が上がるといったことがあるならば、意味があったと評価できるでしょう。事前評価は難しいです。ですから、説明会のページを見て、そこで行われる内容に意義を感じられるなら行くべきと考えても良いかもしれないけど、そうじゃないならいくら志望度がそれなりに高くても、参加する必要性は大分乏しいのではないでしょうか?

公務員試験に内定し、採用が決定して暇でやることがない人へ

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験に合格し、内定も貰って一安心という人も多いと思います。さて、内定が出ると、多くの人は実際に働き始める4月になるまで暇を持て余すという人もいるでしょう。することがなくて困っているという人も案外多いのかもしれません。民間企業の場合は、内定式や研修や課題で、あるべきことを与えられるかもしれませんけど、公務員試験の場合はそういったものはあまりないと思います。ですから、基本的に暇です。

有意義に過ごすという意味では、実際に公務員として働くまでの間を何をすべきか?実際に公務員として働くうえで、必要なことを経験しておく。必要な能力やスキルを少しでも磨いていく。こういったものは非常に優等生的な回答ですね。そういったことをしようと思えるのなら、まさに公務員の鑑ともいえる人だと思いますけど、別にそこまで実際にやる必要はないでしょう。

どうせ研修が最初にあるので、そこで公務員として相応しい人間に徐々になっていければ良いだけであって、働き始める前から、もうすでに仕事のために動いていく必要性はそんなにないと思います。やりたい人はやって構わないと思いますけどね。働き始めたら、もう長期休暇もとれないし、週2日の休日以外なかなか休みはとれません。公務員も民間企業も。

そうなると、ある程度まとまった休みをとれる最後のチャンスかもしれないってことです。ですから、やりたいことをやる期間に当てて良いと思いますよ。気分よく過ごせた方が4月から働き始める際には気持ちよく臨めるのではないでしょうか?今しかできないことっていくつかあると思うんですよね。例えば、旅行に行くとか、そういったことは働き始めると自由にはできづらいですからね。公務員にもちょっとした長期休暇はだいたいどこもあると思うんですけど、もう1ヶ月以上の休みは学生を離れるとまずありえないでしょう。

今しか出来ないこと、学生のうちだからできることを是非最後にやってみてはいかがでしょうか?特にないのなら、ダラダラ過ごすっていうのも逆にありじゃないか?と思いますけどね。私も学生の夏休み期間とかは、かなりダラダラ過ごしていましたけど、それはそれで良い思い出でしたよ(笑)ダラダラ過ごせる時間ってのも、ある意味いつでもとれるわけではないですから。

あとはありがちなのはアルバイトをするとかですかね?仕事人間になるまでの間の時間をまた仕事に費やすというのは、私ならやらないと思いますけど、暇でしょうがなくて、アルバイトしていた方がマシとかなら良いかもしれませんね。その稼いだお金でまた何かできれば、それはそれで意味があることでしょう。別にレギュラーのバイトじゃなくて、短期や単発バイトならば、そんなに負担にならないでしょうからね。


実際に公務員になる前にちょっとくらいは実際に公務員がどういう仕事をしているのか?は勉強していても損はないかもしれません。働き始めるうえでのモチベーションアップにもつながるでしょうし。なんとなくイメージができているという人もいるかもしれませんけど、実は知らないことも多いですし、予想もしていなかった仕事をいざ任せられるのが公務員です。普通の人、まだ公務員として働いていない人ならまず知らないような新たな仕事における大発見があるのではないでしょうか?
公務員の「お仕事」と「正体」がよーくわかる本―本当のところどうなの?

公務員試験の教養論文の勉強はいつから始めたら良いのか?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の中では、非常に重要な教養論文は一体いつから勉強を開始すれば良いのか?迷っているというか、考えている人もいるかもしれません。論文はそもそもどうやって始めたら良いのか?ということもありますけど、論文が出題される試験種はかなり多くあるので、論文の勉強は公務員試験においては不可欠ともいえると思います。

では、この教養論文の勉強はいつからやれば良いか?要は試験日までに間に合うように逆算して始めるのが良いと思います。1日どれだけの時間を割くか?またはどれくらいの頻度でやるか?などによると思いますけど、筆記試験の当日までには空く実に間に合わすこと、そして、ある程度形になるまでの時間を考慮すると、最低3ヶ月~6ヶ月くらいは見積もった方が良いのではないでしょうか?最低でも3ヶ月はいるということです。

論文の勉強は参考書とかを読み漁って、論文を書くのに必要な教養や知識を頭の中につぎ込んでいき、あとはせいぜい実際に書く練習をするくらいです。1日にどれくらいの時間を論文の勉強に当てるか?にもよりますけど、1日で結構時間を割いたとしても、2ヶ月くらいは参考書を読み漁る期間は必要じゃないかな?と思うのです。そして、残りの1ヶ月で実際に論文を書いて、予備校の講師やその他の人に見てもらって添削をしてもらうという時間がありますね。

実際、論文の勉強って結構面倒なんですよ。だから、始めるのが遅くなってしまう人も多々いると思うんですけど。参考書を読むことはいわゆる普通の勉強だから良いにしても、実際に誰かに見て評価してもらうために論文を書いてみる作業が思いのほか気が乗らないです。この作業はそんなに繰り返す必要はないと思いますけど、最低5回くらいはやってほしいかな?と思うのです。

そんな感じで、最低でも3ヶ月くらいは見積もった方が良い。ペースが遅い場合は、さらに期間を要するので、長くて半年くらいかな?それを考えると、5月くらいに特別区と東京都からだいたい筆記試験がスタートするので、それに間に合わせるようにするには、最低でも2月くらいには始めないときついでしょう。ただ、これだとギリギリになってしまう可能性もあるので、できればもっと早くから年が変わるのと同時くらいから始めてほしいかな?と思います。

択一試験の勉強も大変でしょうけど、論文も大切な試験であることには変わりありません。東京都や特別区の試験でも当然論文は出題されますから、ちゃんとやっておかないと、ここを受ける人はいきなり出鼻をくじかれてしまうかもしれません。論文試験も択一試験と同様に大切な試験であるということを認識して、できるだけ早くから勉強を開始していきましょう。

フリーターの方が公務員試験を目指すなら予備校はオススメ

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験に合格するためにいろいろな人が予備校に通っていると思います。中には働きながらの人もいるでしょう。会社で正社員として働いている人もいれば、アルバイトをしている人もいるかもしれません。今、フリーターをやっていて予備校に通いたいと考えている人もいるでしょうし、そういった方にも説明をしていきたいと思います。

フリーターの人の場合は、おそらく日中は働いていると思うので、その分予備校に通える時間は少し少なくなっていると思います。それは現役の大学生も同じですけどね。大学生も昼間は授業があるので、常に予備校に行けるような状況ではないわけです。フリーターの方はどの時間帯に仕事をしているか?にもよりますけど、昼間にしているのであれば、少なくとも夜の時間帯の授業は出られると思います。

多くの場合、予備校は朝、昼、晩と授業時間が用意してあるので、それぞれの生活スタイルに合わせて、出る授業の時間帯を選ぶことが出来るのです。したがって、昼間仕事をしていて無理ならば、夜の授業に出ればOKでしょう。逆に夜から仕事がある場合には朝とか、昼間の授業に出ればOKということになります。

仕事が全くない日はどの時間帯でも出られますね。また、出られなかった授業があった場合には、後日DVDを借りて、欠席した回の授業をまるごと観ることも可能ですし、あとはパソコンなどを使って、予備校以外の場所から授業を視聴することもできます。こういったサービスは需要がかなり多いと思いますから、どの予備校でもだいたいやってくれています。

したがって、今の予備校ではどの生活スタイルを送っている人についても、問題なく授業に出られるように工夫されていますし、もし出られなかった場合でもちゃんとフォロー体制が整っているので、心配はいりません。また、近年は面接対策に特に力を入れている予備校が多いです。面接対策をむしろ売りにしている予備校も多くあるくらいです。それは近年の公務員試験が面接重視に傾いているからというのが理由でしょう。

フリーターの方の中には、やはり筆記試験よりも面接試験の方が不安という方も多いでしょうし、ちゃんと予備校に通っていければ、そういった予備校独自の面接対策の講義や実際の面接練習を兼ねた模擬面接も受けられます。フリーターの方であっても、予備校はきちんとサポートしてくれますから、本気で公務員になりたいのであれば、予備校に通うということも考えてみて良いかと思います。


公務員試験の予備校を探しているなら、やはり「資格の予備校TAC」は特にオススメしたいですね。どの試験種を目指す方にも対応した独自のコースが細かく分けられており、自分の志望先にあったコースを選び、授業を受けることができます。校舎の中には専用のDVDルームがありますから、欠席した授業の分を観ることができますし、またWEBフォローといって、先ほど言ったように自分のパソコン等から見たい分の授業を自由に何回でも視聴できるサービスもあります。わざわざ予備校に通わなくても、好きな時間に好きな場所で、家でも観られるのが良いですよね。そういった手厚いサービスで、受講生からは特に人気の予備校ですから、気になる方はホームページを閲覧したり、資料を請求しても良いかもしれません。
資格の学校TAC<公務員>各種コース開講

内定をいただいた場合、お礼状のメールや手紙は必要か?

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


すでに内定を貰っている人も多くいるでしょうし、これから内定を貰う人もいるでしょう。まだ試験は続いていますからね。民間企業で就職活動をしている人は、これからも内定を貰う人はかなりたくさんいると思いますけど、そういった場合に後からお礼はするべきなんでしょうか?面接を終えた後にお礼もするべきか?ということを以前「公務員試験の面接を終えたら、お礼状は出した方が良い?」の記事でお話しました。

今回は内定を貰った後ですね。そもそも、すべきか?すべきじゃないか?といったことを考えているのならば、私はする必要ないと思います。お礼と言うのはしないといけないものだから、するという性質のものではないと思います。自分の気持ちを伝えるものですから、自然で出るものを伝えるものであって、やらないとマズイっぽいからやるというのは、もはやお礼ではない気がするのです。

したがって、自発的にやろうとするものでなければ、真のお礼とは言えないと思うのです。ですから、お礼をすべきか?
迷っているような人はやらなくて良いと思いますよ。というか、実際に内定を貰った後にお礼のメールとか、手紙を出している人の割合はそんなに多くないでしょう。したがって、お礼を出さないのが一般常識的に見てもおかしいわけではないと思います。多数決で決まってしまうのも何かあれですけどね。

私もいろいろと自分なりに調べてみましたけど、出さない派の人も結構いますね。理由は人それぞれでしょうけど。ただ、出すのであれば、ある程度早いうちに出さないと、それこそ不自然になってしまいます。内定を貰ってから、かなり時間が経過した後に出すようでは、貰った方も不自然というか、何で今更?と思うでしょう。だから、内定を貰ってから2週間とかそれ以上経っている場合には出さない方が良い気がします。メールで返信するにしろ、改めて手紙等を送ったり、電話をするにしろ、やるなら即座にやった方が良いと思います。

出すのであれば、数日から1週間以内にしましょう。それを過ぎてしまったら、もう出さない方が良いと思います。出すべきか?というのは正解はありません。自分の気持ちの中で出す必要性や価値があると思うようならば、出すべきでしょうし、そう思わないのなら出す必要性もないでしょう。判断基準はあくまでも世の中の常識ではなく、あなたの中の気持ちであるはずです。

したがって、お礼状を送るべきか?そうじゃないか?と悩むってことは、そこまで強く出したいという気持ちがあるわけではないと思いますから、無理に出す必要はないのではないですか?別に出さないことがおかしいことではないですし。お礼を言うチャンスは他にもあるでしょうし、口答で伝えたとしてもそれで私は十分だと思います。

内定者が研修に出るときの服装は?スーツ?私服?

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


これから時期的には内定を貰った人は4月から働き始めるにあたっての研修などを迎える時期かと思います。内定が出るのが早い場合にはすでに始まっている可能性もありますけど、10月1日の内定式以降に開催されるケースも多いのかな?と思います。公務員や民間企業の従業員で差があるかもしれませんけど、入社前の研修はやることはそんなに変わらないかもしれません。

研修に参加するときには、特に悩むのが服装かもしれない。採用された後なので、服装で間違ったら不採用を食らうとか、そういうことはありませんけど、何か1人だけ浮いていたりするとやっぱり嫌でしょうからね。どういう格好で研修に臨めば良いのか?というのは、直前になると悩む人もいるかもしれません。研修がある場合にはあらかじめ服装を指定される場合もあります。

それはちょっと動きの激しいことをする場合などです。そういう場合は「動きやすい服装」とか、「服装自由」とか書かれていると思います。そういう場合は、私服できてくれて構わないという合図だと思います。特に前者のように書かれていた場合には、私服で行くのが望ましいと思います。さすがにスーツは動くのにはあまり適切な格好ではありませんから。

そういった記述がされていた場合には、私服で行くのが望ましい、または私服で行って問題になることはないと思います。逆に、服装について具体的に指定されていたら、それで行きましょう。しかし、中には指定されていないケースも存在します。これが悩むかもしれませんね。こういう場合、無難なのはスーツだと思います。指定していないってことは、その研修内容からいって、どんな服装で行っても研修を行うにあたっての問題は生じないということでしょう。

そうなると、見方を変えればスーツでも十分耐えうるということです。スーツで大丈夫な場合はスーツで行くのが1番無難といえるでしょう。ですから、服装について、特に記述がなければ、スーツで行くのが良いと思います。また時期によってはクールビズでも良いか?という人もいるかもしれません。個人的にはあまりに暑いときにスーツの上着を着る必要性はないと思っていますけど、クールビズについても指定がなければ、あまりおすすめはしません。一応、上着は持っていって、そのときの状況によって脱いでも良いですか?とか聞いてみるのが良いかもしれません。

研修は普通は1日で終わるのが多いと思いますけど、連続して行われる場合もあります。それはどこかに宿泊して行うといったものです。民間企業の場合は、そういう研修がたまにあるようですけど、そういう場合は少なくとも私服を持っていくべきでしょうね。その間ずーっとスーツで過ごすわけにもいきませんから。寝るときのスーツってありえないでしょう。そんな感じで、内定者の入社前研修については捉えていければ良いかな?と思います。