_ 2014年07月 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

教養のみの市役所試験は数的処理を捨て科目OK

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


これから市役所C日程の時期が迫ってきていますけど、市役所試験は多くの場合で教養試験のみの出題です。択一試験では専門試験は出ないところが多いです。別途論文試験の方も出るところが多いですけど、教養試験のみということで、ボーダーが高いか?と思いきや、そんなに高くなることはありません。半分とれれば、十分合格可能性があります。

教養試験だけの試験種というと、神奈川県長期チャレンジや国立大学法人などがあり、この2つは一次試験のボーダーが結構高いことでも有名です。7割くらいはいるんじゃないか?と言われています。ただ、市役所試験の場合は、一次試験がこの2つの試験種よりも倍率が圧倒的に低いところが多いです。3倍を越えないところも多いですから、自動的に合格ラインも低くなるのです。

したがって、案外捨て科目を作ってもどうにかなります。20点とれれば全然可能性があるので。はっきり言って数的処理を捨てても、他で挽回ができるのであれば、なんとかなるような気がします。数的処理は40問中10数問出そうな気がします。ボーダーが20点ちょいだとすると、他をしっかりやっておけばなんとかなりそうですね。

市役所試験はほとんど二次試験以降に比重が高まっているので、一次試験の成績はそこまで後に響かない気がします。ほとんど人物試験の成績で最終合格まで決まる気がします。ですから、一次試験の択一試験が20点でも30点でも、結局は面接でどう評価されるか?でほとんど決まるような気がしています。

したがって、一次試験の合格がギリギリでも、最終合格まではあまり関係ない気がするのです。余裕を持って合格したい、確実に一次試験を合格したいのであれば、もっと点数をとるべきでしょうし、数的処理なども捨てない方が良いでしょう。ただ、数的処理を捨てても、その分時間を他の科目にあてることができれば、十分合格に必要な点数をとることは可能だと思います。

数的処理は時間をかけても、なかなか点数が伸びづらい科目ですから、かけた時間の割にはあまり得点することができない性質があり、人によっては案外時間の無駄で終わってしまう可能性すらあります。だったら、最初から暗記科目の方に時間を割いて、よりそちらの得点確率を上げるというのも1つの手かもしれません。自分の受ける予定の自治体の過去の試験結果をホームページで閲覧してみて、一次試験の倍率を見て、だいたい3倍ないくらいだったら、数的処理を捨てても合格可能性は十分あると思います。


ただ、市役所試験を受ける場合には、事前に是非過去問をやっておきましょう!実際に過去に出題された問題のレベルを見て、果たしてどれくらいとれるか?数的処理が苦手で捨てたいという人は、数的処理以外でどれくらいの点数とれそうか?というのも確認してみましょう。問題のレベルは高くありませんから、ここで良い点数がとれれば、自信を持って良いでしょうし、まだあまり良い点数がとれなかったという人も、これからの勉強で間違いなく点数は上がっていくはずですから。
市役所上・中級 教養・専門試験 過去問500 2015年度

特別区の専門試験は試験時間がやや少なめだから注意

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


特別区の専門科目は難易度的には割と易しい問題が多いです。したがって、専門試験の方は特に心配をすることなく、普通に対策をしていけば良いと思います。55問中40問選択という、非常に点数がとりやすい形式なので、真面目に長い間勉強をしていけば、良い点数がとれるはずです。

特別区の専門試験は「特別区の筆記試験では専門試験で満点をとる意気込みが必要」でも示したように是非満点を狙ってみてください。というか、本気で合格したいなら満点を狙うべきでしょう。現実的に満点をとることは不可能ではありませんから。実際に40点満点をとるのは難しいかもしれませんけど、それに近い点数をとる人は毎年大勢いるはずです。

ただ、1つ気をつけてほしいのが時間配分です。これは事前に確認してほしいのですが、特別区の専門試験の時間は90分です。2時間に設定されている試験種が多いように思います。ですから、2時間だと思って取り組むと確実に時間が足りなくなります。特別区の場合は55問を90分で解かないといけません。

マークシートに解答するのは40問ですけど、55問全部目を通す人が多いと思うので、そういう人はあまり余裕を持ちすぎるとダメだと思います。問題のレベルも割と簡単で、時間のかかりそうな経済原論の問題も難解な、時間のかかる問題は出づらいです。ですから、90分でも間に合わないことはないですが、あまり余裕をかましている時間もないということです。

問題が比較的簡単なので、焦ることはないです。特別区の場合は教養試験、専門試験の択一試験も大切ですけど、教養論文の方も同時にしっかりと対策をしていかないといけません。択一試験の方でいくら良くても、論文が適当だとそれだけ不合格にされやすいので。60点以上とっている人が毎年バンバン一次試験で不合格にされているため、論文の方も計画的に勉強していきましょう。


専門試験の時間は90分というのは、どこかで知ることになると思いますけど、それを知らないで臨むと大変なので、ここで是非知っておいてください。90分という試験時間がどういうものか?というのは、特別区の過去問題集をやってみると、凄い分かりやすいと思います。自分の実力を把握するためにも良いですし、90分でちゃんと解き終わるか?というのも確認してみましょう。時期は問わないので、本番の試験を受ける前には是非やってみてください。
東京都・特別区[1類]教養・専門試験 過去問500 2015年度

特別区の教養論文、過去問で対策してない論題を選ぶ作戦

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


特別区の論文を書くときに、2014年のような例が顕著かもしれませんけど、2題出題されるうちの1題がちょっと珍しいテーマだった場合、そちらを避ける人が多いかと思います。今年は自転車の問題とグローバル化の問題だったと思います。グローバル化の方は、ちょっとテーマ的にやや難解だけど、それに関連した何らかの対策をしてきた人が多いのではないか?と思います。しかし、自転車の問題については、はっきり言って論文の対策本などにもあまり載っていないようなマイナーな、予想しづらいテーマだったと思います。

こういう場合、やはり対策がほとんどできていないテーマよりも、多少なりともかすったことについて勉強しているテーマの方を選びがちだと思いますけど、必ずしもそちらが成功するとも言い切れないのです。というのも、自転車の方は、私たちにとってかなり身近なテーマであって、じゃあその対策を今1から考えたときに、イメージしやすいというか、効果の期待できる対策を思いつきやすいのです。

逆にグローバル化の方は、このテーマ自体が難解なために、事前にどんぴしゃ!のテーマをやっていないと、なかなか書きづらいんじゃないか?と思うんです。それはグローバル化の流れについて、全く身近な問題じゃないし、全く想像もつかないことが多いからです。自転車の方は対策を全くしていない人が多いと思うので、やっぱり避ける人が多かったみたいですけど、要は自転車のテーマの方が間違いなく書きやすさはあると思うんですよ。それはみんな同じようなことしか書けないから。というのもあります。

要は内容ではあまり差がつかないんです。考えることみんな同じでしょう?その場で初めて考えないといけないのですから。斬新で、効果も高そうな、素晴らしいアイデアが思い浮かぶ確率はかなり低いのです。つまり、論文の構成の仕方とか、表現の仕方とか、字の上手さとかで差がつくことはあっても、内容ではほとんど差がつきづらいはずなのです。そうなると、そこまで高いレベルの論文は書けないと思っても、実は同じテーマを選んだ人の中では、相対的に不利になりづらいということはいえると思います。

グローバル化の方は、ちょっと専門家でもない限りは、具体的な提案、しかも効果のありそうな、それを裏付けられそうな提案というのはなかなか難しい。効果があるか?どうかの検証も難しいですし、それを裏付けるデータや根拠もなかなかない。自転車の方はかなり身近なものですから、ある提案が実際に効果がありそうか?なさそうかというのは、頭の中で想像しやすいと思います。だから、自分で効果がありそうだ!と思って書けば、そこで書く文章により説得力が生まれやすいのです。逆にこれ実際にやってみても、効果あるのか?分からないようなものを書けば、それだけ説得力は乏しくなるでしょう。

つまり、全く事前に対策してないの出ちゃったわー!お手上げだわ!と思っても、必ずしもそれを選ばない方が良いというわけではないということです。もう1つのテーマが確実に書きやすいものであれば話は別ですけど、勉強したことは一応あるけど、ちょっと難しいテーマだった場合には、あえて全く対策していない方を選んでも良いでしょうし、そっちの方が良い結果になることもあるということです。論文試験の参考書を読んでいて、納得できる回答が書いてあるテーマもあれば、そうじゃないテーマもあるでしょう。それは論文試験の参考書の著者からしても、難しいテーマだという表れでもあると思います。全く対策していなくても書きやすいと思ったテーマの方を選ぶ。ときにはそういう臨機応変な対応も必要でしょう。

苦手な数的処理を克服!解法のコツを攻略するオススメ参考書

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


多くの公務員試験の受験生が苦手にしていると思われる数的処理ですが、是非克服したいと思っている人もいるでしょう。と得意になるのはちょっと難しくても、人並みに点数がとれるようになりたいと思っている人はいるかもしれません。確かに苦手科目が得意になるというのは現実的にちょっと難しいですが、人並みの点数がとれるようになることはそう厳しいことではないと思います。

皆さん、どうして数的処理ができないのでしょうか?原因はいくつかあると思うんです。また、人によっても違うでしょう。ただ、1つ考えられる大きな原因は、そもそも解き方1種類しか知らないから。ではないでしょうか?皆さん、基本的にはそんなにたくさん参考書とか、問題集とか使ってないですよね。で、1つの問題集につき、1種類の問題(〇〇算など)は2、3個くらいしか載っていないと思います。しかも、それらはそんなにパターンを変えてきた問題じゃないケースが多いと思います。

つまり、数的処理の問題集、参考書を1冊やったとしても、この世に存在する問題のパターンの一部分しか学習できていない可能性が高いのです。それは言い方を変えると、1つの解き方を使って、解けてしまう問題しかほぼ載っていない傾向があるので、いくら1つの問題集に、1種類の問題につき複数の問題があって、それを全てこなしたとしても、頭の中に蓄積された解法がほぼ1パターンしかないと思うのです。しかも、それは基本的な解法でしょう。

そうなると、じゃあ基本的な問題が出たときにはそれで対応可能だと思いますけど、ちょっとでも捻られたら、角度を変えられたら、それだけでもうどこから手つけて良いのか?分からなくなってしまう・・・。そういう窮地に追い込まれるケースが多いからこそ、数的処理の問題が解けないのではないか?と思うんです。要するに、1種類の問題に対して、1個じゃなくて2個とか、3個とか、より多くの解き方、または別の角度から問題を眺めて解いていく方法を身に付けられると、実際の問題でも解ける確率は格段に上がると思うんです。

それを実践していたのが数的処理を予備校で教えている関野喬先生だと思います。彼のレジュメとか、普段の授業を見てみると、え?そんなやり方もあったの?みたいな、目から鱗の解き方をよく教えてくれます。1つの問題について、解き方を1つで終わらせるということはあまりありません。よくある解き方以外の別の解法を補足で説明してくれます。ですから、「へー」って思えることが物凄くたくさんあります。彼以外でなかなか教えるのが難しそうなことを聞けましたから、本当に価値の授業だなと思いました。彼のレジュメを是非見てほしいですし、できれば授業も受けてほしいのですが、なかなかそれも難しいでしょう。

ただ、関野先生は参考書も出しているので、授業が無理な方はそれを使ってみるというのも手だと思います。基本的には授業でやっている内容をそのまま本にした形で、数的処理について、とことん学べる内容になっています。先ほどから紹介しているように、あ?こんなやり方でも解けるんだ?といったような、あまり知られていない解法を多く紹介してくれているので、引き出しを増やすという意味でも、より多くの解法を身に付けられると、本番でも全く手が出ない!どうやって解いたら良いのか?分からない!という問題は減る可能性があり、結果的に正解できる可能性も上がると思います。


要はいろいろな問題に当たってみて、より多くの解き方をマスターすると、ちょっと捻られても屈しない力を身に付けられると思うのです。普通に解いてみてもダメそうだ・・・。というときには、あの解き方を試してみるか!という形で、事前に身につけた解法を利用して、解ける可能性を増してくれます。メジャーな解き方、よくある解き方しか知らないと、それを試してダメだったら、もう終わりですから。数的処理でも1点でも多くとりたい方には、是非おすすめしたいと思います。
関野喬のパターンでわかる数的推理 まるごと講義生中継 第4版
関野喬のパターンでわかる判断推理 まるごと講義生中継 第4版
関野喬のパターンでわかる空間把握・資料解釈 まるごと講義生中継 第3版

市役所C日程の筆記試験の当日の服装は?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


市役所C日程がもうすぐ控えていますけど、これが公務員試験の筆記試験初めてという方もいるかもしれません。秋の市役所試験に向けて勉強をしてきた人にとっては、いよいよその本番を迎えるときが近づいてきています。この市役所C日程は9月に行われるのですが、まだまだ暑いですね。したがって、服装にも気をつけてほしいところです。

9月なので、当然まだまだ夏の余韻は残っています。暑いですから、半袖で受験してくる人が多いです。そして、スーツでくる人はあまりいません。全くいないわけではありません。ただ、私服の人がかなり多いので、ほとんど気にならない程度しか映らないでしょう。スーツを着てきても、中はクーラーが効いていないことも多いので、結局上着を脱ぐ羽目になります。

市役所C日程の場合は、受験票などを確認してほしいと思いますけど、中学校などが受験会場になることが多いです。公立の中学校ですと、まだ教室にクーラーがついていないところも多々あると思います。そうなると、暑さ調整は自分でやるしかありません。この季節ですから、寒くなることはないと思うので、基本的には暑さ対策だけで良いでしょう。

着脱可能だったり、臨機応変に薄着になれる格好で行くとか、あとは飲み物です。基本的に教養試験と論文試験で終わるところが多いと思うので、昼食はとる前に解散になると思います。教室にいる間には飲み物をしっかり摂って、バテないようにしていきましょう。試験を受けているだけでも、かなり体力使いますからね。飲み物は、例え喉があまり渇いていなくても絶対に買っていくようにしましょう。

そうやって、まだ残暑が残っている季節ですから、服装や飲み物で工夫をして試験当日に臨むようにしましょう。専門試験がなければ、筆記試験自体は長丁場になることはなく、お昼くらいには終わると思うので、まずは体調をしっかりと保って一次試験を受けて、無事に合格できるように努めていきましょう!筆記試験よりも面接試験の方がかなり大切ですから、まだまだこれからです!

市役所試験の面接で語る志望動機の考え方の例

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


市役所B日程、C日程などを一次試験を突破すると、いよいよ面接試験となります。面接は複数回行われるところが多いと思いますけど、かなり大変だと思った方が良いでしょう。おそらく面接だけの倍率は公務員試験の中でもかなり高い方だと思いますから、しっかりとした面接対策をしていってください。

さて、市役所を受ける場合にはどういう志望動機で臨めば良いでしょうか?基本的には地方上級で市役所を受けている方もいると思いますから、それと一緒で構わないと思います。市役所って、どんなところか?どんな仕事をやっていくところか?
考えてみると、分かりやすいと思います。市役所と都道府県庁などは仕事の性質がちょっと違いますよね。

都道府県庁と対比しながら、市役所の仕事を考えると志望動機は生まれやすいかもしれません。市役所は皆さんも利用したこともあるかもしれませんが、地域住民が日常的に利用するところです。ある意味、1番公務員らしい公務員というか、1番イメージしやすい公務員でもあると思います。私も市役所に行ったことありますから、特に多くの人とかかわる仕事をするのが、市役所の公務員なのかもしれません。

これが国家公務員とか、都道府県庁の公務員となると、また性質は違ってくると思います。要は特別区の東京都みたいな関係で東京都が立案したものを特別区の職員が住民に対して実践していく流れがあると思います。都道府県庁と市役所の流れもそれに似ているかもしれません。つまり、直接住民に対してサービスを行っていくのが市役所の職員ですから、そこに長けた人というのは、アピールの材料になると思います。

例えば、「公務員試験の面接で自己PRとの整合性を持たせた志望動機のススメ」の記事を参考にしてもらうと良いと思うのですが、自己PRで接客業務のアルバイトを経験していて、それで人と直接接する喜びを感じたとか、または人に直接奉仕する心が備わり、アルバイトでの経験が1番生かせる仕事だと思ったからなど、自己PRになりうる題材と志望動機を結びつけるのが良いのではないでしょうか?〇〇をやりたいからみたいな志望動機よりは、自分の持っている力を生かせる、または生かしたいと語った方が、独りよがりにならないというか、公務員に必要な奉仕の精神を体現することができるような気がします。

公務員の仕事で必要な要素と自分のこれまでの経験を振り返ってみて、特に市役所の公務員の仕事をするうえで生きそうな経験や能力はないか?探してみましょう。それを見つけられれば、自己PRでもそれを述べてみて、志望動機でもそれを上手くつなげて作っていければ良いのではないでしょうか?


市役所の面接に挑む際の面接対策では、本書も是非参考にしてもらいたいと思います。本書では、公務員試験の面接で必要な志望動機、自己PRなどの主要な質問にどのように答えていくべきか?ある程度題材が決まっている方について、どういう風に話すべきか?どういう表現を使うと、より魅力的に見えて、面接官の心に訴えることができるか?というちょっとしたテクニックの部分についても学ぶことができます。面接対策をするなら、是非おすすめしたい1冊です!
直前マスター! 公務員試験面接必勝法 (スーパー勉強法)

数的処理が苦手で、全然できない人が全部捨てて受かる試験種

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


数的処理を捨てると合格が難しいと誰もが思っているかもしれません。実際、数的処理ができないよりはできた方が良いに決まっているのですが、数的処理をできないままにして、一次試験を受けても十分合格を狙える試験種も存在しています。そういうところは苦手を克服する必要もなく、苦手なままで受けても大丈夫な可能性があるのです。

それは特別区と市役所、そして地方上級です。特別区は52問中40問解答でしたが、それが今年から改定されて、一般知能の重要性が増しました。ただ、それでもまだ数的処理が苦手な人でも十分可能性はあります。というか、特別区の場合はウェイトが論文に多く占められているので、択一試験で高得点をとっても、論文の出来がほとんど全てを左右する状況となっているのです。

勿論、特別区にもとらないといけない点数はあります。最低45点~50点くらいとれていれば、後は論文試験次第といえます。そうなると、教養試験全体で20点くらいとれていれば、全然問題ありません。専門科目は比較的簡単で、選択解答制ですから、毎年満点の人も多く出ます。だから、数的処理を全部捨てて教養試験の点数があまり良くなくても、専門試験と合わせれば全く問題ないです。

結局は論文ができるか?できないか?45点を越えてしまえば、後は論文次第というところがあまりにも大きいので。45点を下回っていても受かる人はいるし、60点越えても落ちる人は毎年多くいるので、数的処理よりも論文に時間を割くべき。というのが正しい特別区の戦い方かもしれません。そういった理由で特別区は数的処理が全然ダメでも太刀打ちできるのです。

市役所試験は教養試験だけのところが多いですけど、40問中12問くらい出るとかと思います。12問全部勘で答えたら2、3問くらいは当たりますかね?市役所試験の場合はほぼ確実に面接重視なので、一次試験のボーダーはめちゃ低いです。細かいボーダーは各自治体によりますけど、20点あれば望みは十分あります。つまり、数的処理を除いた残り28問くらいで、17点くらいとれればOKとなります。市役所試験の問題は割と簡単なので、可能性は十分あります。

そして、地方上級です。地方上級は全国型とか、関東型とかいろいろ分かれています。地方上級のボーダーはこれも受ける自治体の倍率によって異なりますけど、多くの場合は専門試験と合わせて55%~60%くらいとれれば受かるところが多いと思います。専門試験で稼ぐ人が多いかと思いますけど、教養試験は最低5割とれていれば、とりあえずあまり問題にはならないと思います。

地方上級の場合は、全国型なら50問必答で、数的処理はそのうち15問くらい出ます。全部勘で答えても3問くらいはあたります。残り35問で22問くらいの正解を目指すということです。正解率65%くらいでOKなので、無理ではないはずです。そして、関東型などはさらに一般知識の部分が問題選択制ですから、さらにハードルは低くなります。関東型は専門試験も問題選択制ですが、ボーダーが特に高くなるとは思えないので、地方上級でも数的処理を捨ててもなんとかなる可能性は割とあると思います。

それ以外の試験種で数的処理を完全に捨てると、ちょっと厳しいと思います。部分的に捨てる分には問題ないところもありますけど、完全に捨てるときついかな?と思います。上記の試験種に関しては、本当に数的処理が全然できない、克服できないと思ったら、時間の無駄になるかもしれないので、とっとと捨ててしまうのもありかもしれません。ただ、一応やれるだけのことはとりあえずやってからにしてほしいとは思いますけどね。


数的処理が全然できないという方は、最悪捨てても大丈夫な試験種もありますけど、その前に1つ試してほしい参考書が本書です。これは予備校のTACで実際に数的処理を教えている関野喬先生が書いた参考書で、「とにかく教え方が上手い!」と、数的処理界、または公務員試験の受験生の間では超有名な講師です。彼の教え方の特徴はとにかく1つの問題につき王道以外の解き方を伝授して、自分が1番使いやすい方法を使って解かせるところです。王道以外の驚くような目から鱗の解き方も中にはありますう。1つしか解き方を知らないと、難易度が高くなったり、出題のされ方を変えられたときに対応しづらいです。数的処理が苦手な方はそこに弱点があったかもしれません。したがって、引き出しを多く持っておくと、数的処理の独特のパターンに対応しやすくなり、解ける問題が増えるかもしれません。
関野喬のパターンでわかる数的推理 まるごと講義生中継 第4版

「仕事と勉強の違いは何ですか?」という質問の答え方

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の面接で、「仕事ができることと勉強ができることの違いは何ですか?」といった質問がされるかもしれません。これは論文試験でも出たことがあるみたいです。それは裁判所職員の試験みたいで、これは一般的な正解があるわけではありませんから、よほど常識から外れた回答でなければ、許容範囲はかなり広いと思います。

面接で答える場合も、同様に正解があるわけではありません。自分のこれだと思った意見を答えれば良いでしょう。そこで、参考程度に私の意見を述べさせてもらうと、仕事と勉強の違いといえば、誰を最終的に満足させないといけないか?というものだと思います。仕事の名目というのは、顧客が存在して、その人に財やサービスを提供します。そして、その人がどの程度満足感を示してくれるか?それが重要なんじゃないか?と思います。

勉強はほぼ100%自分のためにやるもので、勉強を頑張った結果としてテストで何点とったとか、どこの大学に合格したとか、そういう満足感は全て自分のためにあるものでしょう。中には親とか友達とかも喜んでくれたりする場合もあると思うんですが、「誰のためにやるか?」っていうのを1番に考えたときに差が出るのではないでしょうか?

仕事はお客さん、勉強は自分のためというのが、誰のため?を考えたときに割合的には1番多そうです。仕事の場合は、売り上げの件数、金額、あとはアンケート結果とかでお客さんの満足度合いを一応測ることができると思います。勉強の場合は、自分のことなので、満足度合いはよく分かるでしょう。

自分のことならニーズはよく分かるだろうし、満足感を高めることはしやすいかもしれませんが、他人の満足度を高めないといけないとなると、それはニーズの汲み取りからスタートしないといけないので、難易度が上がると思います。勉強と仕事なら勉強の方がマシだと考える人も多そうですし、仕事の方が一般的見て大変なものなんじゃないか?と思います。

勉強はやり方がすでに正解のように存在していて、それを踏襲するだけでOKかもしれませんが、仕事はやり方においては正解がないわけでもないでしょうけど、1つのやり方にこだわる人はあまりいなくて、人によって、会社によって、異なるのが一般的かと思います。したがって、それだけ手段が複数になりやすいということは、目的達成のための難易度というのも、勉強より仕事の方が大変なのかもしれませんし、ここも1つの違いかな?と思います。

早期チャレンジを受けないで、地方上級で神奈川県庁を受けると・・・

  • カテゴリ:未分類
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


毎年4月頃に受験できる神奈川県の早期チャレンジは、神奈川県庁の志望度が高くて、受験される方なら是非受験してほしいのですが、神奈川県庁を地方上級で受験する場合には受けていないとマズイ状況すらあるようです。これは予備校のある講師の人が言っていたと思うのですが、いざ地方上級で神奈川県庁を受験するときに、面接で聞かれるみたいです。

「神奈川早期チャレンジ受けた?」ということを聞かれるみたいです。全員が全員じゃないにしろ、地方上級の日程で受験できるのは1個だけですから、神奈川県庁を受けるということはそれだけ志望度が高いということのように思えます。じゃあ、当然4月の早期チャレンジも受けたのか?と思うのは当然なのかもしれません。

実際は、神奈川早期チャレンジの倍率はかなり高いため、地方上級で受ける場合と難易度に歴然とした差があると思います。ですから、現実的に神奈川県庁に合格しようと思っても、早期チャレンジで合格を実際に望めるような状況にはなっていないので、他に日程的に被っている試験がないとはいえ、受けないとおかしいという状況ではないと思います。

しかし、面接官はそこまで考えていないかもしれないですし、チャンスがあるんだから、合格の望みが薄くても受けないのはおかしいと見てくるかもしれない。実際、神奈川県庁内のデータを照合すれば、誰が早期チャレンジを受けているか?というのは多分分かるのではないか?と思います。だから、嘘ついてもバレる可能性があるのです。

そうなると、本当に受けていないと、いざ面接まで進んだときに、本当に神奈川県庁で働きたいの?と不審がれれるかもしれないというのです。じゃあ、神奈川県庁を地方上級で受けることが決まっている人、またはその可能性がある人は、念のために4月の早期チャレンジは受けておいた方が良いかもしれません。

早期チャレンジは教養試験のみでOKですが、他に論文試験と自己PRシートというものを書かないといけません。本気で合格を狙って、受けるならそれら全てをきっちり対策していかないといけませんけど、地方上級の面接のときに不利にならないためだけに受験する人は、別に完璧に仕上げなくても良いかもしれません。とりあえず受験した。という既成事実を作ることが大切です。自己PRシートはあまり適当なことは書けませんけど。まだ時間があるので、地方上級の志望先と併せて、考えておいてください。

特別区の区面接のチャンスの回数は最大8回もあるけど・・・

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


特別区の人事院面接に合格すると、区面接が待っています。区面接は一発勝負ではなく、何度もチャンスが残されています。基本的には特別区は最終合格した受験生は、どこかしらに内定できるように配慮してくれているようですが、採用予定者数の2倍くらいの人を最終合格させるので、複数内定を得て、特別区を蹴る人がどれくらいいるか?分かりません。

そうなると、当然採用漏れのリスクはあるので、それが多くなったり、少なくなったりということがありえます。毎年一定数は採用漏れがあるみたいです。最終合格をしても、内定が貰えなければ意味がないのです。これは特別区だけではなく、他の試験種でもありえます。最終合格は内定にほぼ近いですが、内定を貰えていないので、内定とはまた違うのです。

そして、特別区の場合は最終合格者全員に最大8回の区面接を受けるチャンスがあります。人事院面接みたいに1回勝負ではなく、複数回チャンスがあるのです。とはいっても、8回というのは最大で、全員に8回チャンスがあるわけではありません。特に希望の区の面接を受けたいと思って、定時の電話を断ると、それだけチャンスを逃すことになります。

また、提示を断ると次の提示がくるまでにタイムラグがある。いつ来るか?わからないような報告もあり、希望区を待っていていても来る可能性はどれだけあるのか?分からないし、最終合格の順位とかでもなさそうですし、8回チャンスがあるとしても、そのうち面接を受けられるのは3回とか4回とかになってしまうかもしれません。

時期的には国家一般職の官庁訪問とかと被る人もいそうですけど、それらと両立も大変でしょう。区面接をやっている時期に他に公務員試験の試験種をもう何も受けていなければ、こちらに集中できるでしょうけど特別区以外に内定を得てない人であれば、電話がきたところから受けていくのも良いんじゃないかな?とは思います。

特定の区じゃないとダメなのか、特別区の中ならどこでも良いから働きたいのか?によりますけど、せっかく東京都の中で働けるチャンスなので、是非生かしてほしいですし、何かの縁かと思って、想像していた区でも、そうじゃなくても面接だけでも1度受けてみても良いかもしれませんね。仮に合格すれば、内定は獲れるわけですし、あとから辞退するこもできますから。採用漏れというリスクがかなり付きまとう特別区ですから、区面接の進め方も考えていきましょう。


特別区の区面接を受ける際には、実際に面接を受けることになった区について事前に調べてから、または実際にその区を訪ねてみて、自分が感じたことをもとにして対策を練ると思います。そのときに実際の面接で志望動機とか、やってみたい仕事などを語る際に、ある程度題材が決まっているけど、それをどう伝えて良いのか?分からない。どうすれば面接官の心に訴えかけれらるのか?が分からない。という人に是非おすすめしたい一冊です。面接試験で必要なテクニックの部分について学べます。
直前マスター! 公務員試験面接必勝法 (スーパー勉強法)

特別区に受かるには公務員試験の予備校に通わないと無理?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


毎年5月頃に一次試験がある特別区Ⅰ類に合格したい、受かりたいという人も多いでしょう。そういう人は予備校に通わないと厳しいのでしょうか?結論からいうと、別に予備校に通わないと受からないというわけではありません。ただ、特別区は面接試験が結構きついかな?っていう印象です。全体的に地方公務員は面接重視なので、そこが1つハードルになるところだと思います。

特別区は筆記試験の択一試験は独学でも全く問題なく対処できるレベルだと思います。しかし、面接はやっぱり訓練、練習を積むことが1つ大切になってくると思います。それはしっかりとした面接対策の講義を受けること、そして模擬面接で実践練習を積むことなどが必要になってきます。それらはやはり予備校に頼るのが1番な気はします。

特に模擬面接にいたっては、予備校以外で行うのはあまりチャンスがないのではないか?と思います。普通の就職活動の場合ならなんとかなるかもしれませんが、公務員試験の面接はまた勝手が違うので、そこまで対応してくれるところって、あまりないと思います。そうなると予備校しかないと思います。

特別区は二次試験で面接が2回受けて合格し、そしてその後に区面接1回合格(チャンスは最大8回程度ある)しないといけません。受けないといけない面接の数が多いので、しっかりとしたノウハウを蓄積し、実践練習を積んで面接での力をつけるにはやはり予備校の模擬面接が1番かな?と思います。受講するコースによっては、回数無制限で受けられる予備校も多いので。

また、特別区の場合は教養論文の配点がめちゃめちゃデカイと言われています。これは択一試験(教養試験、専門試験)で良い点数をとっても、論文試験で低評価を受けると、その時点で一次試験不合格になってしまう例が後を絶たないみたいです。つまり、択一試験の方は独学でもなんとかなると思いますけど、論文はそうはいかないかもしれません。論文の添削サービスというのも、今の予備校は受講するコースによっては回数無制限で受けられるところが多いです。

ですから、論文を特別区の一次試験で合格できるレベルに確実にもっていくには、参考書などを読んで頻出論文テーマに必要な知識等を蓄えていくだけでは足りず、自分で実際に論文を書いてみて、それを予備校の人間に採点してもらい、アドバイスを貰う。そのアドバイスを次回以降生かして、再び論文を書いて提出してみる。という作業を繰り返して、徐々に論文の力をつけていくのがベストかな?と思います。

したがって、特別区は予備校に行かないと受からないということはありません。ただ、予備校に行った方が受かりやすいというか、合格の望みは高くなる気がします。特にこれから公務員試験を受ける方で、特別区の志望度が高い、ちょっと興味があるけど、論文と面接にあまり自信のない方の場合は、予備校に通うという選択肢も1つ持っていた方が良いかな?と思います。

神奈川県の早期チャレンジの倍率はかなり高い・・・

  • カテゴリ:未分類
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


毎年4月頃に行われる神奈川県早期チャレンジは、首都圏近郊に住んでいる人は、できるだけ受けておいた方が良いかもしれません。特に神奈川県庁で働きたいと思っている人にとっては、チャンスが1つ増えるので、是非受けていただきたいと思います。神奈川県庁の試験は6月後半にも試験があるわけですが、それよりは民間企業の採用試験に近いです。

筆記試験は一応ありますけど、ほとんど足きりみたいな感じというか、筆記試験を終えてもまだまだ高倍率な状態で、二次試験へと進みます。筆記試験は教養試験のみで、あとは自己PRシートを書いて、それで一次試験の合否が決まるとされていますけど、二次試験以降では面接の他にもプレゼンテーションなどが行われ、いわゆる人物重視が極度にまで高められた試験となっているのです。

公務員志望者だけじゃなくて、民間企業志望者にも受験の機会を広げたと言われており、元々採用予定者数が少ないですし、この時期に試験をやっている公務員試験もありません。日程は被りませんから、記念受験感覚で受けてくる人もいるでしょうし、なんやかんやで倍率がどんどん跳ね上がってしまい、例年30倍くらいは倍率があります。東京都庁は5~7倍くらいですから、かなり高いことが分かると思います。

そして、筆記試験の倍率だけでも10倍前後くらいはあるようで、これは非常に高いですね。筆記試験だけでこの倍率だとまるで受かる気がしないのではないでしょうか?一次試験を通過するための合格ラインというのも、かなり高そうです。まあ、相当難しいってことがお分かりいただけたと思います。

ですから、倍率10倍くらいあるにもかかわらず、二次試験以降の倍率は3倍くらいあり、公務員試験の人物試験の倍率にしてはかなり高いほうになっていると思います。去年の場合は採用予定者数40人に対して、最終合格者数89人でした。神奈川県庁は以前、合格者の大半に蹴られたということがニュースでも話題にもなりましたが、それも関係あるのか?または民間企業志望者も多くいるので、内定辞退も考慮に入れたためか、2倍以上の人を採用しています。

したがって、採用漏れのリスクも結構あるのかもしれませんし、最終合格しても気が抜けないということはいえそうです。神奈川県庁は地方上級の時期に受けても難しいですし、チャンスが広がったという意味では、早期チャレンジは良いものかもしれませんけど、実際問題としては非常に難関な試験とも思える倍率ですから、本気で受かろうと思って受けても厳しいのかな?と思います。筆記試験の問題の難易度はそれほど高くないようですけど、とらないといけない点数がかなり高いようですし。

特別区の人事院面接で「加点なし」は即不合格?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


特別区の面接では、よく「加点なし」の人が不合格になると言われています。これもおそらく推測に過ぎないのでしょうけど、不合格者の点数と合格者の点数にはかなり開きがあるということと、一次試験の択一試験と論文試験の配点を予想して、それをもとにすると、二次試験での点数がほぼ加算されていないということもある程度推測がつくみたいです。

ただ、全く加算されていないのか?少しはされているのか?は分かりません。配点が全く不明なので。一般的に、この加点なしの人は筆記試験がどれだけできても、二次試験で不合格になる可能性がかなり高いみたいで、一種の基準点みたいなものかもしれません。加点されれば、必ず最終合格するというわけでもないでしょうけど、加点されなかれば、ほぼ間違いなく不合格みたいです。

まあ、問題なのはその基準点に達するか?否か?を決める基準がよく分からないということです。受験生の手応えに反比例して、加点されないケースは多々あるようですから。勿論、面接試験の採用基準は全く不明です。後にも先にも、何をすれば、どう答えれば評価が上がったのか?それは分かりません。全て面接官の裁量次第というところです。

当然、面接で何点つけられるか?という順位を決定する際のさじ加減もそうですが、加点するかしないか?というと、合格、不合格を決定するうえでのさじ加減が物凄く大きいのです。特別区はかなり面接での配点が高いと予想されますけど、面接官の匙加減で、まず加点あり、なしが決められて、これが事実上の合格、不合格を分ける裁量になると思われます。

そして、加点ありの中で最終的に順位が決まるのでしょう。加点ありの人が全員合格するとは限りませんが、筆記試験よりは面接試験重視みたいですから、筆記試験でどれだけ成績よくて、面接官のお眼鏡にかなわないと、そこでドボン!みたいです。悲しいことに、教養試験、論文試験、専門試験まで課される一次試験がかなり足きり感覚でしか機能していない可能性もあるということですね。

地方公務員は全体的に、面接試験重視なので、同じようなやり方をとっているところが多いかもしれません。つまり、基準点に達しない時点で、即ドボン!最終合格の決定は、面接試験を基準にして、基準点に達するか?否か?で、まず不合格者が決まり、残りの合格者は筆記試験の点数と合わせて、最終順位が決まると。不合格者の場合は筆記試験の点数はほぼ考慮されてない。面接試験の出来のみで不合格が決まる。というか、筆記試験の点数を合わせても、基準点に達しない段階で合格は無理なように配点が調節されているかもしれません。


特別区の面接は配点は非公開なものの、非常に高いと予想されています。択一試験で73点とった人が二次試験で不合格となったデータも予備校にはありました。ですから、万全の対策を練ってみる必要がありますが、特別区の人事院面接で必要な志望動機、自己PRなどについて、なんとなく題材は決まっているけど、それをどうやって形にしたら良いのか?どういう言葉を選んで、どう面接官に伝えれば良いのか?そういった部分について、基礎から学べる一冊だと思います。自分の話を、面接官から見て魅力的に仕上げるために、おすすめしたい一冊です。
直前マスター! 公務員試験面接必勝法 (スーパー勉強法)

市役所試験を受験するなら、筆記試験の前から面接対策を

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


市役所試験はB日程、C日程とすでに控えていますが、今は筆記試験の勉強等で忙しいかもしれません。この日程に照準を合わせている人たちは特にそうでしょう。逆に春から試験を受け続けていて、この日程の試験も一応受けとくか?くらいの感じの人は、他の試験の面接対策などと併行してやらないといけないので、大変だと思います。

しかし、市役所試験の場合は、できるだけ筆記試験の勉強の段階から面接対策をしていってほしいと思います。それは面接が重要だから、面接の配点が高いと思われるから、というのも理由には挙げられますが、一次試験の合格発表から二次試験まで、時間が全然ない自治体もあるのです。ですから、早めにやっておいてほしいのです。

一次試験の合格発表から二次試験までは1週間くらいというところもあります。これではちょっときついです。一次試験終えてから合格発表までにはもっと時間はあると思うので、そのときに始めるというのでも良いかもしれませんけど、とにかくあまり時間がないということは覚えておきましょう。特に市役所B日程、C日程というのは、自分の住んでいない自治体を受ける人も多いと思います。

そうなると、何もかも分からない状態からスタートすると思うので、自治体研究など志望動機などを練るときに必要な下調べのような作業にかなり時間をとられると思います。自分が住んでいるところや、住んでいなくても例えば東京都とかなら、大分イメージで語れる部分も多いと思いますけど、市役所試験は本当に小さい自治体が多いので、名前くらいしか聞いたことなくて、特徴は1個も分からない・・・という人もいるかもしれません。

ですから、実は面接対策としてやらないといけない量がかなり多いのではないか?と思います。縁もゆかりもないどころか、名前くらいしか知らない自治体を受験する場合には、本当に大変だと思いますし。筆記試験の勉強をしている時期からやるべきか?はともかく、できるだけ早い時期から面接対策を進めていきましょう。

案外時間はないと思いますし、特に面接が厳しいというか、面接の比率、比重がかなり大きいとされているので。面接対策は早く始めたから、多く時間を割いたから良いとか、そういう性質ではありませんが、始めるのが遅いと時間が満足に足りないという可能性もあるために、そうならないようにちょっと早めに行動する意識でいた方が良いでしょう。先ほども言ったように全く知らない自治体を受ける場合には尚更です。


公務員試験の面接対策では、できるだけ早めにやっておいた方が良いのですが、効果的な対策を進めていく必要があります。それには本書を是非参考にしてほしいと思うのですが、定番の志望動機、自己PRなどを具体的にどう伝えたら良いのか?ある程度題材が決まっている人にとって、面接官の心に訴えかける表現方法や話し方など、合格可能性を上げる効果的な面接対策を行うなら、是非読んでほしい一冊です。
直前マスター! 公務員試験面接必勝法 (スーパー勉強法)

市役所試験の論文対策はどうすれば良い?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


市役所試験は多くの場合、択一試験は教養試験しか出題されません。専門試験の負担がないということは時間がない人にとっては教養試験だけを勉強してくれば良いので、より多くの人が受験しやすいとも言えるかもしれません。でも、国立大学法人みらいに教養試験だけやっていればOKというわけではありません。論文試験も一応あるので。

ということで、市役所B日程とか、C日程の論文の配点がどれくらいあるのか?は分かりません。そんなに高くはないだろうとは思いますけど、低く見積もることもできません。教養試験で良い点数がとれたとしても、論文が適当だと一次試験で不合格になることだって、ザラにあると思います。ですから、論文の対策もしっかり行ってください。

今まで春から公務員試験の勉強をずーっとやってきた方は、当然論文の勉強もしていますよね。そういう人はその勉強をそのまま継続で良いと思います。あえて市役所試験用の論文対策をする必要はないと思うのです。市役所試験だからといって、別に特別なテーマが出やすいというわけではないと思います。確かに受験する自治体に関連したテーマが出るかもしれませんが、それは対策しようにも難しいですから。

面接対策用に事前に受験する自治体の問題、課題についてちょっと調べておく程度で良いでしょう。基本は論文試験の頻出テーマを勉強して、必要な背景とか知識を身につける。そして、当日出されたテーマに対して、それまで培ってきた勉強で得たものを当てはめていく、応用していくという作業ができれば良いでしょう。

市役所試験が初めて受験する公務員試験という場合には、本屋さんでもネットでも論文試験用の参考書を1冊買って、それを読みましょう。頻出テーマが多分20個前後くらい載っていると思います。それらをできるだけ多く読んでいってください。おそらく1つのテーマにつき1回読んだだけじゃ、全部頭に入りませんから、何回も何回も読んでいきましょう。

教養試験だけに勉強時間を割きがちかもしれませんが、論文試験を放置していると、おそらく良いものは書けないと思います。論文は必要な知識をインプットして、それを書いて実践していく作業がある程度必要だと思います。ですから、時間もかかるので、早いうちから教養試験の勉強と併行して、バランスよく行っていきましょう。市役所試験の場合は、3つから選べるとかが多いと思うので、頻出テーマをきちんとやっていれば、書けるものが1つくらいはあると思いますから。


市役所試験を受験されるときには、是非万全の体制で論文試験の勉強をしていってほしいと思います。本書は約20テーマの論文試験で頻出の課題が掲載されており、1日1個とか2個ずつ読み進めていければ、短期間でも十分、論文を書くうえで必要な知識、書き方のコツなどを学べると思います。できれば何週もして、完全に自分の頭の中にインプットしてほしいと思います。本書の特徴としては、実際に過去に出題されたテーマについての回答例が載っており、どうしてそのように書いていくのが良いのか?という、その回答例にしたポイント、これを書かないといけない、書くべきな理由なども載っており、納得して読んでいけるところですね。
地方上級・国家一般職[大卒]・市役所上・中級 論文試験 頻出テーマのまとめ方 2015年度

特別区の面接2回目「チームで成し遂げた出来事」の書き方

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


特別区の面接の2回目かな?確か「チームで成し遂げた経験を教えてください」みたいな面接カードの項目があります。チームというと、大学生あたりの年齢でいえば、サークルとかゼミなんですかね?これらのものはある程度の人数で行うものであり、チーム(他者)と協力して行うものにまさに相応しいと思います。

ただ、これ「チーム」ってついてますけど、(他者)でもあるので、別にそんなに大人数じゃなくても良いと思います。例えば2人でも良いと思います。2人で行うものって、何があるか?っていうと、微妙ですけど、私が大学生の頃には大学の授業で2人1組で英語のスピーチをするみたいな授業があって、そういうのでも良いと思います。

内容はともかく面接カードの項目の規定は満たしていると思うので。実際、お互い協力して原稿作って、発表して、といろいろと大変だった記憶もありますし。こういう項目の場合は、やっぱり何か1つ物事を行うために計画を練って、そのためにメンバー同士で協力して、当日頑張った!みたいなものが王道というか、大学生にとっては1番語りやすそうな気がします。

だからこそ、大学生であればサークル、ゼミというのはまさに鉄板の題材でしょう。すでに複数の人たちがいるので、その中の出来事を抽出してみれば、チームで成し遂げたことに当てはまりそうなものが見つかると思いますし、私みたいに普段の授業でもそういった性質のものがあるかもしれません。しかし、ゼミもサークルも入っていないという人も中にはいると思いますので、そういう人は私のように大学の普段の授業で、そういう話題に適格なものがなかったか?とか、ゼミ、サークル以以外の場面で最低2人以上で何か行動した経験を思い出してみてください。

ただ、この項目はどれだけ真剣に考えても、実は面接で聞かれないことも結構あるみたいです。というのも、2回目の面接は4項目ありますし、それら4つ全部聞かれることもあれば、せっかく書いていったのに聞かれないケースもあります。2つは最低聞かれるでしょうけど、4つ全部聞かれないケースは案外多いと思います。志望動機と自己PRについては99パー間違いなく聞かれるでしょう。

ただ、残りの2つについては両方聞かれる、どちらかが聞かれる、両方聞かれないの3パターンがありそうです。やはり面接には時間制限があるのと、2回目の面接は1回目と違って面接カード以外の質問が一気に増えます。ですから、面接カードに関する質問に割ける時間は1回目の面接とほぼ同じくらいだと思います。そうなると、質問項目が2つから4つになるので、それを全部聞くのは難しいですよね。

チームで成し遂げたことについての項目は、聞かれない可能性もそれなりにあると思いますけど、だからといっていい加減に書いて良いものでもありません。でも、そんなに悩まないといけないものでもないと思います。大学生が経験するような普通のありがちな出来事で私は構わないと思います。題材はそんなに問題ではなく、そこで自分がどういう役割を担ったのか?それがチームにとってどういう効果をもたらしたのか?が如実に分かるような内容になっていれば良いと思います。そこから、面接官の人も受験生の行動から公務員になったときの仕事の出来具合などを分析するのではないでしょうか?


特別区の面接を乗り切るためには、やはり自分の持っている思いを面接官の心に届ける必要があります。それには言葉の選び方とか、表現の仕方とか、いろいろな面接の中で行う工夫が必要です。自分の持っている特別区への熱意、自分が持っているエピソード、それらをより魅力的に彩るために、どうするか?そういったときに是非読んでほしい一冊です。公務員試験の面接対策全般に使えると思いますので。
直前マスター! 公務員試験面接必勝法 (スーパー勉強法)

新宿駅の周辺で、特におすすめする公務員試験の予備校

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の予備校では、新宿にもいくつか校舎があると思います。私は新宿の「資格の予備校TAC」に行ったことがあります。新宿駅から歩いて5分くらいの場所にあります。最近、場所が移転したのですが、前よりキレイになったと思います。ちょっと大き目のビルの中にあって、3階くらいのフロアを使っています。他の階は別の企業のオフィスになっています。

特に目を見張るのがトイレです。男子トイレしか入ったことありませんが、本当にキレイでした。ただ、1つの場所につき用を足す場所が2個しかないので、それがちょっと少ないかな?という気はします。でも、トイレだけじゃないです!教室もキレイですよ!私の感覚だと、結構照明が明るい印象ですね。だから、勉強しやすい環境にあると思います。

教室の数も多くて、自習をするときに自習室には困りづらい状況にあるといえます。自習室は時期によってはすぐに埋まってしまって、なかなか自習をするためのスペースを見つけるのに苦労します。TACの新宿校の場合は教室の広さという意味では、そこまで広くないのですが、教室の数は割とある方なので、結構重宝するのではないか?と思います。

そして、TACの新宿校というと、1番の醍醐味は「グループ学習」というものです。これはTACが独自に行っているものであり、一部の校舎でしか行っていません。それが新宿校では行っているのです。このグループ学習はどんなものか?というと、要するに受験生同士でグループを作って、主に論文試験の対策を一緒に行っていくものです。詳しい内容については「公務員試験の予備校TACでは「グループ学習」なるものを行っています!」をご覧ください。

このグループ学習を通して、同じ志望先の受験生と親しくなったり、仲間ができたりということがあります。予備校の中に知り合いができるというのも非常に大きいでしょうし、同じ受験生の仲間ができるのは、勉強をするうえでのモチベーションにもなります。これは新宿校など限られた校舎でしか行っていないものですから、是非多くの方におすすめしたいですね。グループ学習の参加については任意ですし、同じ志望先の受験生の知り合いを作る良いチャンスです。


資格の予備校TACでは、こうした試みがされているということもあり、受験生から非常に人気です。特に新宿校は貴重なグループ学習が行われているので、是非多くの方に興味を持ってほしいと思います。TACは大手ですし、受講生も非常に多いので、同じライバルと切磋琢磨して勉強をしていけると思います。詳しい内容が知りたい方はホームページ等を閲覧してみましょう。気になれば、資料も問い合わせてみても良いかもしれません。
資格の学校TAC<公務員>各種コース開講

公務員試験の面接を終えたら、お礼状は出した方が良い?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の面接では、終わった後にお礼状はいるのでしょうか?就職活動の場では、たまに出しているという人もいるようです。ただ、公務員試験ではあまり聞きません。実際、出している人はどれくらいいるのでしょうか?お礼状というのは、その名の通りなわけですが、これを出すと選考結果に有利になるのでは?と考えた人が出しているのでしょう。

お礼状を出さないよりは出した方が良いのかもしれませんが、実際あまり効果があるとは思えないのです。というのも、お礼状は感謝の気持ちを表すものとして確かに印象は良いかもしれません。ただ、基本的にお礼状は面接が終わってから出すので、時間差があります。メールなどで出すならともかく、郵送で出すとなると1日、2日はかかるわけです。

民間企業の場合は人事担当者の連絡先も分かるかもしれませんが、公務員試験ではなかなか難しいでしょう。だから、
メールアドレスも分からず、お礼状を出すなら郵送しかないと思います。しかし、郵送の場合はとにかく時間がかかります。すると、面接を終えて数日後にお礼状が届いたところで、この受験生は誰だ?となり、その受験生の面接試験の結果といちいち照合するのが面倒だと思います。

それに普通は面接を終えた時点で、各項目の点数はほぼ決まり、以降変更されるということは考えづらいです。つまり、受験生の面接試験の点数がほぼ決定した段階以降にお礼状を出して、評価を上げようとしてもそれは影響を与えることはほぼ無理だと思います。ましてやそういうものを送りつけてくる人に対しては、余計な手間を与えてしまっているだけな気がします。

媚を売るとかではなく、単純にお礼を言うだけのつもりならまだ良いかもしれませんが、仮にみんなが同じコトをして、大量にお礼状が届いたらそれこそ、いちいち読むも大変で堪えるでしょう。ですから、人事担当者の気持ちを考えるのなら、お礼状を出さない方がむしろ良いのかもしれない。面接を終えたときに「ありがとうございました」と伝えるはずですし、それで十分でしょう。お礼状までするというのは、私からしたらちょっとやり過ぎでは?と思えてきます。

結論をいうと、お礼状を仮に出しても、それが評価を上げることにつながるとは思えないのです。そして、単純にそういう意図がなくて、感謝を伝えるためになされることであっても、人事担当者の手間を増やすだけな気がするので、本当に感謝しているのなら、それこそ出すべきじゃないような気もします。面接の最後に言うお礼で問題ないと思います。


面接試験のアピールは基本的には面接中に行うようにしましょう。面接試験で具体的にこれを言いたい!っていうことがはっきりしている。でも、どうやって伝えれば良いのか?また、どのように表現したら良いのか?どうすれば面接官の心に訴えかけられるか?どういったポイントが分からない方におすすめしたい一冊です。自己PRや志望動機をより魅力的に彩るには、是非参考にしてほしい一冊ですね!
直前マスター! 公務員試験面接必勝法 (スーパー勉強法)

市役所試験の申し込みは、期限ギリギリではヤバイ可能性

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


市役所試験を申し込むときには是非ギリギリにならないことをおすすめします。というのも、市役所B日程やC日程の自治体に受験の申し込みをするときに初めて気付く方もいるかもしれませんが、申し込みの時点でいろいろなことを記入させられるパターンがあるのです。いろいろなことって何かって言うと、いわゆる履歴書とか面接カードにありそうなことです。

志望動機とか、やってみたい仕事とか、詳しい項目はそれぞれ違いますけど、本当なら一次試験を合格して、二次試験のときに書かされるようなことをこの時点で記入させる自治体がそこそこあります。また、ネットから記入できるところもあれば、さらに面倒なところはいちいちネットから用紙をダウンロードして、それプリントして手書きさせるところもあります。

そして、さらにアレなのはそれを手渡しで役所に持ってこさせるところもあります。郵送じゃダメなんですね。電車とか使って手間をかけて持ってこいという自治体も多くあります。似たような例では、国立大学法人が申し込みのときに志望動機を書かせたりしますが、これは志望動機だけですし、ネットの申し込み画面から記入させて、送信するだけなので、手間は全然かかりません。

それと比べると、おいおいいつの時代なんだ!?今は!と疑いたくなるようなアナログナやり方にこだわる自治体が多いのです。自治体に文句を言っても変わらないので、一応あらかじめ受験予定のところが決まっている場合には、念のためにホームページを念入りにチェックして、事前に申し込みと同時に、こういったことを記入させるのか?そして、その方法は?といったことについて調べておきましょう。

申し込み期限の当日とかになって初めて気付いたら遅いというか、考える時間がないまま適当なことを記入しないといけなくなるかもしれませんから。あと、中には郵送させるところもあり、その場合は申し込み期限の当日に気付いたら、もう遅いです。当日の消印有効でも、無理なんじゃないかな?と思います。

だからこそ、早めにそういったことに気を配ってチェックしておいてほしいのです。中にはそういったことを全く記入させない自治体もあります。二次試験前にになって初めて志望動機とかを記入させる通常のタイプの試験ともいえるかもしれませんけど。そういうところをあえて選んで受験するという方法もありますね。市役所試験を受験するときには、そういう細かいところも事前に気を配らないといけないのが大変ですね。


市役所試験の筆記試験の難易度はそれほど高くはありません。真面目に勉強を継続していれば、問題なく筆記試験はと派可能だと思います。しかし、より確実に一次試験の合格可能性を上げるためにも、そして実際に出題された試験問題のレベルを知っておくためにも、時間配分を確認しておくためにも、過去に出題された問題集を買ってやってみた方が良いのではないでしょうか?過去数年分の筆記試験の実際の問題が集められた問題集です。
市役所上・中級 教養・専門試験 過去問500 2015年度

官庁訪問の期間はいつまで?今すぐ行かないのも大丈夫?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


国家一般職の官庁訪問は各省庁が独自に日程を設定しているので、それに合わせて電話などで予約をして、実際に採用面接を受けることになります。案外、1つの省庁にとられる時間は短いみたいで、だいたい1週間から2週間程度で全て選考が終わるというところが多いみたいですね。

ただ、面接の回数はかなり多いのに、それに使われる期間が長くないので、それだけ実際に官庁訪問を行う日にはかなり長い時間費やすことになると思います。本当に1日中ずっと選考をやっていて、凄い疲れると思います。ですから、本当に夏の時期ということもありますし、体力は万全にして臨んでほしいと思いますけど。

10回くらい面接をやるところもあるみたいで、ここまで回数を重ねる必要性があるのか?と思うところもありますが、選考の日が平日だと、その日は丸々潰れることを覚悟しないといけないので、ちょっと都合が悪いと厳しいですね。大学生なら、その日の授業は全て出られないということになると思いますし、社会人の方でも、仕事に全く行けないということになってしまいます。

大学生の方は授業出られなくても特に問題ないかもしれませんが、働いている方は仕事を休むのはそう気軽にできないので、ちょっと障害になりそうです。ただ、一応事情を話せばそこは考慮してくれるみたいな記述もあるので、もしかしたら日にちをずらしてくれたり、平日休むのが厳しいという場合であれば、土日に選考を行ってくれるようなこともあるかもしれません。

官庁訪問の1番盛んな時期というのは、他の試験種でも面接をやっていたりするので、国家一般職の志望度がそこまで高くない人は、この時期は官庁訪問は行わずに他の面接対策をばっちりやるという方法でも良いと思います。官庁訪問自体は長い期間やっています。秋以降とか、年明けとかでもやっているみたいです。というのも、人気の省庁はすぐに採用者が決まってしまうみたいですが、そうじゃないところはそういう時期でもまだ採用予定者数に達しないところもあるようですから。

したがって、別に希望の省庁が特にないとか、どこでも良いという方はあえて時期をずらしてから官庁訪問を行うという方法もあります。ただ、その場合でも人事院面接は時期が固定されているので、決まった時期に受けて合格しないと、官庁訪問をする意味もないので、人事院面接だけは受けておいてください。官庁訪問は基本的に1年中やっていると思って構わないと思います。


国家一般職の官庁訪問をこれから始めるという方には是非おすすめしたい一冊です。公務員試験の面接対策全般に使える面接対策本ですが、そのうち官庁訪問についても詳しく書かれています。官庁訪問って、そもそも何?どういう流れなの?とか、初めての方にはちょっと分かりづらいと思います。イラストが結構多様されていて、漫画を読むような感覚で読み勧めていける本だと思います。これから官庁訪問をする方、面接対策をされる方には是非おすすめしたいと思います。
公務員 面接・官庁訪問の秘伝 2015年度採用 (公務員試験)

横浜市内でおすすめしたい公務員試験の予備校

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


横浜市内で公務員試験の予備校を探しているという人もいるみたいです。横浜市は大きいので、いろいろな予備校の会社が並んでいます。ただ、中でも個人的におすすめしたいのは「資格の予備校TAC」です。大手の予備校として、名前は聞いたことある人が多いと思いますけど、やはり私が通ってみておすすめだったので、ここでも紹介したいと思います。

TACの横浜校は全国各地にある校舎の中でも特に大きな校舎で、かなり圧倒されるビルです。外観もキレイなので、毎日通いたくなるのではないでしょうか?校舎は横浜駅から徒歩3分という近さです。TACの校舎は駅からかなり近いところが多いのですが、この横浜校もあっという間に着いてしまうほどの近さです。雨の日などは便利ですよね。

横浜駅という、かなり大きなターミナル駅が最寄駅ですから、交通のアクセスも良いので、大学生、社会人を問わず授業を聞くため、自習をするために通うには打ってつけの場所にあると思います。建物の外観もキレイと言いましたが、建物の中もとてもキレイです。教室、休憩室、受付、DVDルームなどの施設の中もとてもキレイですから、満足して過ごすことができると思います。

そして、何よりもTACの良いところは、講師陣の質の高さです。特に関東圏には質の良い講師が揃っていると聞きます。関西の方はよく分からないのですが、少なくとも関東には多くの方が苦手にしていると思われる数的処理や経済原論で、多くの受験生からカリスマのように支持されている関野喬、佐川誠両先生が在籍しています。関東のTACの校舎で主に授業をしているので、やっぱりこの2科目が苦手な人はTACにお世話になるのが良いのかな?と思います。

あとは模試ですね。模試はある程度時期が近づけば皆さん受験されると思いますけど、その模試もやはりTACのものはおすすめです。模試はそもそもある程度受験者数が集まらないと、結果の信憑性があまり感じられません。公務員試験の模試は受験者数がそもそも少ないですね。公務員を目指す人がそこまで多くないので。しかし、TACの模試はどれを受けても、毎回一定の受験者数が確保できて、結果に信憑性が感じられると思います。

TACの受講生もそうじゃない人も多く受験するので、それだけ信頼されている予備校といえると思います。TACに総合本科生などで通えば、5回ほど受験できる模試を全て無料で受験できます。また、時期によっては各試験種別に開催される特別のセミナーなども割引価格で参加できたりと特典が満載です。横浜市のあたりで公務員試験講座を開講している予備校をお探しなら、やはりTACがおすすめなのです。


大手の予備校で安心感もあり、いろいろな特典が多い資格の予備校TACは非常におすすめです!横浜という大都市の中で、しっかりと勉強できる環境が整っていると思います。詳しい内容を知りたい方は電話で問い合わせたり、資料請求をしてみても良いかもしれません。
資格の学校TAC<公務員>各種コース開講

特別区の区面接の提示の電話を断るリスクを知っておこう

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


特別区の区面接は最終合格の発表の日に電話がくることもあるようですから、合格した方はその日に電話がくるかもしれないことを一応頭に入れておきましょう。勿論、提示の電話がきても希望の区じゃない場合、断りを入れることも可能です。ただ、1度提示を断ると、ちょっと問題が起きることもあるようです。それは次の提示が出るまでに時間差が生まれるかもしれないということです。

というのも、ネットには実際に区面接を受験された方の体験談が載っています。それらを見ると、実際に提示を断った経験のある日ともいるみたいですが、それらの人は次の提示がくるまでに時間がかかったというのです。例えば1回目の提示を断ったら、次提示がくるのは3回目になるとか、4回目になるとか、そういうことです。

つまり、区面接で内定を得るためのチャンスがそれだけ少なくなってしまう可能性があるということです。逆に区からの提示を断らずに受けて不合格だった場合には、連続して提示がきやすいという報告もあるようで、提示を断らずに受け続ける場合と断る場合では、特別区の人事委員会か?区なのか?分かりませんが、対応がやや異なっている現状があるみたいです。

そういう現状が本当にあったとして、その真意は分かりません。参考になるデータもそんなに多くないので、全体としてそういう傾向が確かにあるのか?確実なことは言えませんが、可能性としては十分考えられるものだと思います。どうしても行きたい希望区がある場合には、断るのも1つの手でしょう。それはその人の自由です。

また、どこでも良いから内定がほしいという方はかかってきた電話がどこであろうと提示を受けて面接を受けるという策もありだと思います。ただ、全く興味も関心もない区だった場合には、自分なりにその区について調べていく必要があると思います。できれば、その区に実際に行ってみて、雰囲気とか感触とかを味わってみるのが良いと思います。区役所に行ってみるのも良いと思います。

これから特別区の区面接を受ける方は、こういった情報を一応認識してから提示を待って、面接を受けるか?断るか?を決めた方が良いかもしれません。ちなみに、区ごとの倍率はちょっと不明なものの、おそらくそこまで差があるとは思いません。希望区から連絡を入れる人、希望区じゃないところから連絡を入れる人がいるので、もしかしたらそこで各区ごとに倍率に桁違いの差が出ないように調整しているのかもしれないからです。


特別区の区面接も通常の面接と同じ面接対策で大丈夫だと思います。ただ、区面接は提示された区に関することをピンポイントで聞かれる可能性が高いです。それに対する対策としては自分なりに区について調べること、自分自身の足で区の中を歩いてみることなどが必要です。それらを実際の面接で生かすために、志望動機や自己PRなどの回答で、面接官の心に訴えかけるために、適切な表現やテクニックについて学べる一冊です。面接は全く同じ内容であっても、「どのように伝えるか?」で面接官の感じ方も全く異なるために、合否結果も変わりやすいのです。
直前マスター! 公務員試験面接必勝法 (スーパー勉強法)

ブラック省庁は官庁訪問で圧迫面接がくるかもしれない

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


国家一般職の一次試験合格者は官庁訪問をそろそろスタートする時期なのかな?と思いますけど、官庁訪問を進めていくと実際に選考に入るところも出てくるでしょう。面接試験が実際に始まるところも多くあると思いますけど、中には圧迫面接があるようなところも存在するようです。検索してみると、官庁訪問をして、圧迫面接を受けたという体験談がちらほら見受けられます。

公務員試験の面接では、民間企業と比べて圧迫面接が行われる例はそれほど多くないと思われます。民間企業と比べると受けられる面接の数も必然的に少ないので、圧迫面接に遭遇する可能性も少ないと思いますけど。官庁訪問の場合、入室した直後の面接官の第一声からいきなり罵倒するような言葉が聞かれ、呆気にとられてしまうようなケースもあるようですから、注意が必要です。

いきなりそういうことを言われると、ちょっとビビりますよね。そして、頭が真っ白になるかもしれません。圧迫面接の体験談を見ると、単なる余計なお世話だったりするものが多く、面接官も煽り上手なのか?という印象を受けますが、受験生もスルースキルを身に付けていないとダメなんでしょうね。圧迫面接の対応の仕方については、いろいろ言われていますけど、とにかく過剰に反応してはいけないと言われます。

ネットでよく言われる煽り耐性がないと、言われた侮辱や罵倒するような言葉に対して、ちょっとムッとなってしまって反論してしまうかもしれません。過剰に反論することは圧迫面接ではNGとされているみたいで、とにかく冷静にクレーマーに対処するような、いわゆる大人な対処が要求されると思います。圧迫面接の具体的な対処方法は是非専門的なサイトや面接対策本で調べてほしいと思います。

私自身は圧迫面接は否定的です。いくら別の意図があったとしても、人を罵倒したり、侮辱することが許されるとは思いません。ただ、実際に圧迫面接をやるような企業というのは、それだけ理不尽なことが起きますよ?という予告をしてくれているに等しい。ということが就職活動の場では言われています。そうなると、官庁訪問で圧迫面接を受けるような省庁というのも、実はそういう側面がある可能性が高いと思われます。

これからずっと勤めていく先ですから、職場が長時間労働が多いなどのブラックだったり、仕事があまりに理不尽な部分が多くて大変だったり、ということは甚大な問題になりかねません。国家一般職の官庁訪問に限らず、圧迫面接を受けたら、その意味を理解して、自分が勤める仕事先は本当にここで良いのか?再考してみることも必要かもしれません。


公務員試験の面接対策、そして官庁訪問についての全体像から具体的な対策方法などについて細かくまとめられた一冊です。公務員試験の面接対策をどう始めたら良いのか?そして、官庁訪問は具体的にどう進めていけば良いのか?実際の選考はどう対策していけば良いのか?ということについて、詳しく学べる一冊です。公務員試験の面接対策本の中でも、コンパクトにまとめられた良書だと思います。
公務員 面接・官庁訪問の秘伝 2015年度採用 (公務員試験)

公務員試験で内定辞退をするときの期限や方法

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験を受けていて、または民間企業と併願していて、いずれ複数の内定を手にして、内定辞退をしないといけないときがくるかもしれません。内定辞退をするような事態が訪れるのはしょうがない。特に同じ公務員試験の中でも、試験種によって全然内定が出る時期が違う。夏ごろに早々に内定が出る試験種もあれば、秋以降に採用試験があって、内定が出るのが冬頃という試験種もあります。

公務員試験の中でさえ、こうやって日程が異なるので、早めに得た内定をキープして、より遅く合格が出る本命の試験に臨むということもよくあると思います。内定辞退をすることが早くから分かっている場合には、その時点ですべきだと思いますが、それがもっと後にならないと分からない場合は、基本的には先延ばしにして構わないと思います。これは法的な問題で。

あまりに先延ばしにすると、自治体とか、民間企業でもそうですけど、迷惑を被るから、一般常識的にやるべきじゃない。という意見も聞きますが、そういう迷惑がかかるのは制度上しょうがないことです。というのも、先ほど言ったように、公務員試験の中でさえ、内定が出るタイミングが全然違う。民間企業との両立をしていたら、尚更でしょうね。そういう制度の枠組みの中で、受験生は試験を受けていくので、当然、内定を得てから、内定辞退を決めるまでに長い時間を要してしまうことは仕方ないでしょう。せめて、公務員試験の中ではどの試験種でも日程をほぼ固めるとか、しているならばそういうことは起きづらいのですから、自治体の都合を受験生に押し付けないでほしいです。

あと、そもそも「迷惑がかかるから」って理由を持ち出されて、まだ先にある本命の試験が終わってから内定辞退をすることを妨げようとするのはそもそもおかしいと思います。そりゃ自分を優先したら、誰かに迷惑がかかるのは当たり前なんです。例えば、労働者の権利である有給休暇だって行使したら、会社や他の社員にとっては迷惑ですから、他人への迷惑を常に考慮したら、公共の場で生きていけないですし、有給休暇すらも永遠に使えないですよ。

法的に許される範囲内で内定辞退をすれば、それは基本的には問題ない。他人に迷惑をかけるな。という人は、結局自分たち自治体や企業の都合を押し付けているに等しい。企業や自治体だって、内定辞退に関して受験生に強要をするなら、受験生に迷惑をかけていると同じです。自分たちを優先しているから、そういう発言が出るのです。複数の内定を得たなら、そこから受験生はどこを選ぶか?の権利を有しているのだから、この時点では受験生の方が立場が上なのです。だから、自分の都合を第一に考えて、内定先を選んだり、内定辞退をすることは力関係からいってしょうがないことなのです。

一応、労働法で勉強されたかと思いますけど、2週間の予告通知を置けば、内定者はいつでも内定辞退ができるということです。また、内定承諾書などを提出した後も、内定辞退は可能です。常識の話は置いておくと、別に内定式が終わった後でも、入社ギリギリのタイミングでも法的には内定辞退がOKとされる可能性は高いと思います。人間は迷惑をかける生き物なんです。だから、「他人に迷惑をかけるな」ではなく、「人(自分も)は迷惑をかけるのだから、他人の迷惑を許してあげる」気持ちが世の中の共通認識として必要だと思います。

ちょっと話は逸れたかもしれませんが、自分の人生ですから少しでも希望のところから内定が出たなら、内定辞退をする勇気も必要かもしれません。今は民間企業で内定辞退をすると、罵倒してきたり、脅迫してくる異常な人事担当者もいるようですが、電話などで内定辞退の意思を伝えれば、それで構いません。1番やってはいけないのが、直接会社とかに行ってしまうことです。そもそも、ここまでやる必要性がないですし、そういうことをしてしまうと説教や監禁みたいなケースになるかもしれないので、電話で内定辞退の旨だけをとにかく伝えればOKです。さっき挙げた異常な人事ほど、直接会社に来いとか言ってくる可能性があるので、そういうことを言われたら、絶対に従ってはいけません。単なる憂さ晴らしをされるだけの可能性が高いので。

特別区の区面接を受ける日程、電話の提示のされ方はやや複雑

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


特別区の区面接が人事院面接の合格発表後に行われます。この区面接は日程については人それぞれ全く異なるといって良いと思います。人事院面接も、一定の期間内に行われるということが決まっており、その間のいつが面接日になるか?というのは人それぞれ異なりますけど、区面接の場合にはさらにバラバラになると思います。

早く内定が貰えた人はその時点で特別区の職員になれることが決定し、いつまでも内定が貰えない人は、採用漏れにならないように、できるだけ早く内定をとらないといけないプレッシャーが付きまとってしまいます。一応、二次試験の合格発表が行われたときから、次の年の新年度ギリギリまで、区面接の日程は用意されているようで、チャンスはかなり多いみたいです。

最大で8回くらい、区面接の提示があるようで、区面接を行うところから電話がかかってきて、提示があるようです。その提示を断ることもできますが、それを断ると内定を貰えるためのチャンスを1つ失うことになってしまうので、希望区じゃない場合でも、とにかく内定が欲しいのであれば、面接を受けてみるのも良いと思います。

また、最大で8回くらいチャンスがあると言いましたが、8回くらいあるか?どうかというのも、人それぞれ異なっていそうです。というのも、各提示ごとに最終合格した受験生全員に電話がかかってくるかは分からないからです。ですから、1つ断ると次はいつ電話がかかってくるのか?ちょっと予想ができないために、できるだけ受けておいた方が良いのかな?という気がするのです。

ちなみに、2ちゃんねるなどの過去ログを見ていると、人事院面接の合格発表の日に電話がかかってくることもあるみたいですから、最終合格していても気を抜かないように、浮かれすぎないように、もしかしたらその日に提示の電話がくるかもしれないということを承知していてください。その電話に仮に出られなかったら、またかかってくるのか?1回目の提示はもうないのか?それは分かりませんから、できるだけ1回かかってきたらそこで出られるようにしてください。

人事院面接とはかなり違って、どういうペースで区面接を受けていくか?または区から連絡がくるか?というのは、受験生ごとにかなり異なります。ですから、情報交換とかもちょっとしづらいかもしれません。また、区面接とはいっても、行われるのは面接試験だけではない場合もあります。グループディスカッション、プレゼンテーションなど、ちょっと厳しい試験が待っている区というのもありますから、自分の提示を受けた区がどういう試験を課しているのか?事前に調べた方が良いと思います。


特別区の区面接も他の面接試験と同様に、当然志望動機、自己PRなどを考えていく必要があります。おそらくそれまでに経験した面接からある程度考え方などは分かってきていると思いますけど、自分が考えた志望動機や自己PRなどの形をいかに面接官に魅力的に、心に響くように伝えるか?その表現方法など、テクニックの部分について学べる一冊です。区面接も採用漏れが毎年あるので、そうならないためには是非早い時期に内定をとってほしいですし、区面接の面接対策におすすめしたい一冊です。
直前マスター! 公務員試験面接必勝法 (スーパー勉強法)

国税専門官は、採用後に仕事を長く続けるための難易度が高い?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


国税専門官を目指されている方も多いと思います。国税専門官は税のスペシャリストととして、日本を支える仕事を担うわけですが、国税専門館を目指される方は、働いたときのことを是非想像してもらいたいと思います。というのも、国税専門官の仕事はとても大変だ・・・。という可能性があるからです。国家公務員の仕事が全体的にきつくなってきていると思います。

中でも、国税専門官の仕事は大変だと想像できます。それは国税専門官の面接が「ストレス耐性」に傾いていると言われているからです。全ての質問でそういうことが聞かれているわけではないでしょうけど、国税専門官の面接では、特にストレス耐性が大切と言われています。それは国税専門官という仕事が、いかにストレスを溜めやすい仕事か?というのを表している可能性が高いのです。

民間企業では流行している圧迫面接も、どうして圧迫面接が行われるのか?というと、その業界、またはその会社では伝統的に理不尽な事態が訪れる可能性が高いことの表れだという声もあります。圧迫面接に実際に遭遇したら、ここで働いたら理不尽な目に多く遭うということを覚悟しないといけないと言われています。

実際、国税専門官の面接の傾向を分析すると、国税専門官の仕事ぶりが想像でき、どちらかというとブラックな職場なのでは?という声も聞かれています。公務員だけに限りませんが、仕事をするときに特に大切なのは「仕事を得る」ということではなく、「得た仕事で生計を立てていけるように継続すること」です。つまり、世間では「仕事を選ぶ」ことは、どちらかというと忌避されていますが、私は仕事は選ぶべきだと思います。

それは採用されやすいか否か?だけを基準に仕事を選んでも、その仕事が自分に合わずに辞めてしまっては意味がないからです。この場合、雇った企業、働いた労働者双方にとってマイナスです。良いことなんかありません。企業はコストがムダになり、労働者は短期職歴を作り、今後の求職活動に支障が出やすい。だから、仕事を選ぶ際に1番大切なのは「自分がその仕事に就いた場合、本当に辞めないで長く続けていけるのか?」ということだと思います。

仕事を選ぶことを嫌う人は、採用のされやすいところだけ受けて、とにかく何でも良いから仕事に就けということでしょう。そういうことを言う人は仕事に就くそれ自体が最大の目的になっていて、実際に仕事をしていく労働者のことを何も考えていない考えだといえます。就労の目的には仕事を得ることじゃないはずです。その仕事を使って、お金を稼いで生きていくことです。今は例えば、生活保護受給者に対する就労支援なども行われいますが、受給者に対する就労支援も、実態は「生活保護から追い出し」=どんな求人でも良いから、とにかく職に就かせて生活保護からの脱却を図っているという感じだと思います。

生活保護からの脱却を目指すことはおかしいことではありませんが、受給者を雇う企業や受給者が働く職場環境などを全く考慮せずに、とにかくどんな求人でも良いから職に就かせて、受給者を1人でも減らすことが1番の目的にされてしまったら、先ほどと同じ状況になります。それだけいずれ辞めてしまうリスクが高まり、企業、労働者双方にとってマイナスなのです。だからこそ、公務員が仕事を斡旋する場合には、「この人はこの仕事に就いても、問題なく続けていけるのだろうか?」ということを当然考慮すべきだし、求職者自身が求人を探す際にも、当然そういう要素を考慮して求人を探すべきでしょう。採用のされやすさだけで仕事を選んだら、後々社会全体に別の問題を生む可能性が高いのです。

公務員自身もそういうことを考えて、就労支援を行っているのか?是非考えてもらいたい問題です。国税専門官の場合は、公務員の中でも「いずれ辞めててしまう」リスクが特に高いといえるかもしれません。私は国税専門館として働いたことがないので、正確なことはいえませんが、国税専門官の面接の傾向を分析すると、そういうリスクがちょっと高い可能性があるということです。国税専門官を目指しているという方は、国税専門官にどうしてなりたいのか?以上に、自分は国税専門官の仕事を無事に続けていけるのか?を考えた方が良いかもしれません。

転職して公務員を目指す社会人経験者の志望動機の例

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


社会人経験者が公務員試験の面接で、どういう話をすれば良いのか?悩んでいる人もいるかもしれません。社会人経験者は新卒との違いをアピールすべきといった声があります。新卒と同じような内容をアピールしても、面接官からすれば魅力的には映らない。ましてや新卒の人と比べて、年齢も上なので、その点が実際の面接では不利になるというか、少なくとも年齢が上な分、新卒よりも優れたところをアピールしないと厳しいということなのでしょう。

実際に就業経験があるということから、新卒の学生よりはアピールできるポイントにはなると思います。新卒の学生はゼミ、サークル、アルバイトなどを通じて自己PR、志望動機を作り上げていく人も多いですが、社会人の人は当然そういった学生時代よりは、実際に働いていたときの経験を話した方がおそらく無難でしょう。別に学生時代の経験を話しちゃいけないわけではありませんが、あまり推奨されてませんよね。

別に本人の自由ではあるのですが、おそらく社会人になってからの出来事をもとに話した方がリスクが少ないということでしょうね。そういう社会人の志望動機については、基本的には受験する自治体などの魅力を感じたところを書いても良いんでしょうけど、ここが好きだからと言われるよりも、自分がこれができるからと言われた方が公務員の面接としては良いのかな?という気がします。

つまり、新卒はある程度今後の成長性も見込んで採用するので、〇〇県、〇〇市のここが好きだ!だから働きたい!というような回答でも十分許容されているっぽいです。ただ、社会人の場合は将来の成長とかは、あまり見込まれていないと思いますし、前職で培った経験を生かして、すぐにでもバリバリ働いてほしいと思われている可能性も高いと思います。

つまり、ここが好きだから!とか、これがしたいから!というような感じではなく、これができるから!と言ってくれた方が、向こうとしても助かるわけです。すぐにでも公務員として仕事に貢献してくれそうだと。志望動機の練り方としては、前職で自分はこういう業務に携わり、こういう経験をしたので、その経験は公務員のこういう業務で必ず生かせる、または生かしたいと考えたので公務員を志望した。するのが自然な気はします。

新卒の学生と社会人経験者では、面接で求められているハードルの高さというか、種類が違うと思います。面接官の見ているポイントも違うと思いますし。ですから、新卒とは違う、新卒では作ることができないような志望動機にしていくと、良いんじゃないか?と思います。社会人経験者の面接対策はちょっと特殊なのかもしれませんが、転職して公務員になれるように頑張ってください。


社会人経験者の方も、アピールするときに使う題材が異なるだけで、アピールの方向性は新卒の学生と比べて別段異なるものではないと思います。ですから、自分が経験してきた仕事などを通して得たモノをどう公務員の仕事に生かすのか?それに関して適切な、魅力的なアピールの仕方はどういうものなのか?そういった面接官の心に訴えかけるアピール方法について学べる一冊を紹介したいと思います。
直前マスター! 公務員試験面接必勝法 (スーパー勉強法)

特別区の面接の配点比率は?実は1回目の面接が大事?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


特別区は一次試験は論文試験の比重が高いと言われていますが、一次試験と二次試験を比べると二次試験の方が比重は高いと思われます。正確な配点比率はちょっと分かりませんけど。さらに、面接試験は2回行われますが、どちらかというと2回の方が高いとも言われています。面接官の数も増え、時間も長くなり、面接カードの項目も増えるので、当然かもしれませんが。

ただ、実際の受験者の声をきくと1回目の面接も案外大切だと言っている人がいます。配点でいえば、1回目の方が低いのかもしれませんが、1回目の面接はほぼ面接カードの内容からしか質問がされない模様です。時間もあまりないので、それ以外に聞いている時間もなく、あっという間に面接時間が過ぎていってしまいます。

面接カードからの質問のみに終始するケースが多いと思うので、ある程度対策がしやすいというか、面接カードの書いてある内容をじっくり練りこめば練りこむほど、実際に質問を受けたときに回答しやすく、良い評価も得やすいかもしれません。したがって、ある程度何を聞いてくるかも、2回目と比べたら予想もしやすいですし、対策も立てやすいので、1回目の面接でそもそも失敗すると厳しいのかもしれません。

2回目の面接は面接カード以外でも、聞かれることが多くて、その質問内容も人によって違います。また、面接カードの質問についても、厳しい突っ込みというか、繰り返し聞かれることが多くて、たじたじになるようなこともあると思います。結構、良い評価を受ける人とそうじゃない人に分かれそうです。ただ、2回目に関してはあまり良い評価を貰えない人も多くいると思うので、2回目をちょっと失敗したくらいでは、即不合格にならないと思います。

2回目をちょっと失敗した人の中でも、1回目の面接で上手くいかなかった人が結果的に不合格になりやすいという可能性もありそうです。1回目はそこまで厳しい突っ込みもあまりなく、割と和やかに進むケースが多いようなので、あまり差がつきづらいというか、先ほども言ったように対策したことで十分対応できるような面接である可能性が高いです。そうなると、厳しい突っ込みきづらい1回目の面接ではもはや失敗は許されないということになるかもしれません。

そういった意味で、1回目の面接の方が実は大事じゃないのか?と思っている人もいるのかもしれません。どちらの面接も力を入れて頑張っていくべきなのですが、頑張ることは誰でもできたとしても、、その頑張りを評価するか?どうかは面接官次第なので、非常に難しいのですが、そんな中でもやらないといけないのが過酷な面接試験ともいえそうです。


公務員試験の面接で合格を掴み取っていくためには、当然面接対策をしていく必要がありますが、適当にやっていてもダメですし、きちんと面接官に評価されるための努力をしていく必要があります。現職で面接官を務めていた方のアドバイス等を参考にすると、面接官にとって欲しい人材、公務員に向いていると評価される人材になれて、特別区の面接でも合格を貰える可能性も高まるかもしれません。
公務員試験 現職採点官が教える!合格面接術 2015年度