_ 2014年06月 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

渋谷駅の近くで、おすすめな公務員試験の予備校

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


東京都の渋谷の近辺で予備校を探しているという人も多いかもしれません。このあたりは大学も多くありますし、多くの人が乗り降りする駅としても有名で、通いやすい場所にあるといっても良いと思います。この渋谷の近辺には、非常に多くの公務員試験講座を開講している予備校が並んでいます。有名なところも多くありますね。

私は資格の予備校TACの渋谷校に通ってみたことがあります。渋谷駅からちょっと離れていて、最初は場所がよく分からないかもしれません。ただ、行ってみるとすぐ分かると思います。結構大きいビルの上の中のいくつかのフロアを使っています。教室が非常に多くあり、とても大きなサイズの教室が多いですね。人気の講師の人の場合は、実は席が埋まってしまうようなこともあるのです。

特にあまり広くない教室で講義が行われる場合には、そういうケースがよくあります。例えば、数的処理の関野喬先生の授業は特に人気あると思います。校舎や教室によっては、ちょっと遅れていくと座れるスペースがなかったりすることもありました。それが渋谷校の場合はかなりでかい教室が多いので、そういう心配はほぼないです。

しかも、建物自体もとてもキレイですけど、教室やトイレが本当にキレイです。トイレは真っ白ピカピカって感じです。教室も常に清掃が行き届いているような感じで、凄い良い気分ですよ。広い教室で、本当にキレイな空間で授業を受けられますし、あと自習室として使われるときには、これだけ広くてキレイな教室というのは、間違いなく集中できる環境です。4月くらいの直前期になると、予備校に自習をしに来る人が殺到するのですが、そういうときでも広い大教室を多く持っているTACの渋谷校は、座る席がなくなりづらいので、非常におすすめです。

自習室の利用は予備校に通ううえでも非常に意味の大きいことです。特に直前期はみんな予備校の集中できる環境で勉強したいと思っているみたいで、狭い教室はすぐに埋まってしまっていますが、渋谷校は本当に大きい教室が多いので、その心配は少ないです。また、個人的におすすめしたいのは、TACの近くにあるファミリーマートでは、その場で食事ができるスペースがあります。何か食べ物を買ったら、その場で食事ができるので、非常におすすめです。勿論、予備校の中でも休憩室というスペースがあるので、そこで食事をすることも可能です。

渋谷の近くに大学があるとか、通学途中に渋谷を通るとか、そういった理由で渋谷近辺で良い予備校はないかな?と探している方にはおすすめしたい予備校になります!公務員試験の講義を行っている予備校の中では、非常に大手で有名ですし、安心して通うことができるのではないでしょうか?資格の予備校TACは非常におすすめしたいですね。

市役所試験の勉強方法は、過去問題集の繰り返しでOK

  • カテゴリ:未分類
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


これから市役所B日程、C日程などの市役所試験が行われます。さて、この市役所試験はいろいろな人が受験しに来ますね。早い段階から公務員試験の勉強を始めており、専門試験まで勉強してきている人もいると思います。また、公務員試験を勉強するのが遅くなってしまった人も、教養試験の試験種が多いですから、そういう人でも間に合うことはあります。

市役所試験の場合は、問題の難易度が割と易しいです。教養試験だけのところが多いと思いますけど、そこまで難しい問題はまず出ないと思われます。したがって、勉強方法としては普通に過去問題集を丁寧に回していけば良いと思います。あまり難しい問題には手をつけず、基礎的な問題だけをやっていった方が良いような気がします。

市役所試験の場合は5割くらいとれていれば、十分一次試験は通過できる可能性があります。ボーダーは低いです。細かい点数は自治体によって異なるでしょうけど、筆記試験はそこまで重視していないと思われます。だから、筆記試験の倍率は低いです。2倍前後のところが多いかな?という印象です。筆記試験で落ちる人はあまり多くありません。普通に勉強をしていれば受かると思います。

ですから、実は筆記試験の勉強ばかりしていてもダメというか、ちょっと面接対策を意識するのを早くからしていかないといけないでしょう。面接対策は早くからやればそれだけ良いといえるものでもありませんが、他の試験種と比べると、格段に面接試験の比重が高いので、面接対策に時間をある程度割いていく必要性はあるでしょう。自治体研究や志望動機の練り方など、早くから考えていく必要があるかもしれません。

したがって、筆記試験は基礎的な問題を繰り返す。数的処理とか、文章理解も同じようなやり方で良いと思います。数的処理とかも、数問しかできなかったとしても大して問題になりませんから。20点くらいを最低とるということを目指すなら、数的処理に時間を割くのはあまり正しいとは言えないと思います。文章理解に関しては全然難しくないです。他の暗記科目については、完全にスー過去などの過去問題集の繰り返し作業のみで大丈夫でしょう。

筆記試験はそれくらいの最低限の作業の繰り返しを徹底するということでOKだと思います。それ以上の面接をどうにかしないといけない自治体が多いと思いますから。面接試験の倍率が高いところが多いので、その中で最終合格を掴むには、筆記試験の対策をするような時期から、少しずつ面接試験のことを考えていく必要もありそうです。面接試験は何をしたから、受かるとかそういう性質のものじゃありませんが、やるべきことはきちんとやらないと受かるものも受からないですから。


市役所試験を受ける前には、実際に過去に出題された過去問題集をやってもらえればと思います。2016年度の最新の過去問題集が発売です!市役所試験の問題は難易度的には易しいものが多いですが、1度本番と同じレベルの問題を体験しておいた方が、実際の試験を受けるときも安心して受験できると思います。また、本番で必要な時間配分や解く順番なども事前に練習しておくと、当日に焦ることなく取り組めると思います!市役所A日程、B日程、C日程のどれかを受験される方は、時期はいつでも良いので、遅くならないうちに1度やっておいてください!
市役所上・中級 教養・専門試験 過去問500 2016年度

国家一般職の官庁訪問は最終合格の席次が高いとアピールになる?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


国家一般職など、官庁訪問を行ううえで席次(最終合格の順位)は関係あるのでしょうか?関係あるとすれば順位の良い人の方が採用されやすいということが言えるかと思いますけど、これは何とも言えない部分も大きいですね。真相は予想しかできませんから。席次というものが存在するのは確かなようです。最終合格の時点で、名簿に受験者の名前が載るらしいですが、そのときには最終合格の点数の良い順に載るみたいですから。

その席次はおそらく官庁訪問を行う際の各省庁の採用試験のときにも共有されている可能性が高いです。席次をあえて出して、順位をつけているということは、それが何らかの形で活用されている可能性が高いと見ることもできます。そうじゃないと、あえて最終合格に順位をつけて残しておく必要性が薄まるからです。

あと、国会公務員以外の試験種では、例えば地方上級などでは最終合格しても、必ず採用されるわけではありません。可能性としては乏しいものの、その年の退職する職員数などとの兼ね合いで最終合格したのに、採用されない人は全国各地を探せば、必ず出てくると思います。その際には基本的には最終合格の際の点数の高い順から採用され、点数の日低い人ほど採用漏れになってしまう確率が高まります。

地方公務員のこういう現象を見ると、席次がやはり影響を与えていると見ることもできます。ただ、国家一般職などの官庁訪問の場合は1度人事院面接が終わると、そこで選考がひと段落するというか、人事院面接から官庁訪問への選考は連続性を持つものではなく、官庁訪問は各自それぞれがある程度自由に行うものであり、強制的に日程などを決められていた一次試験、そして人事院面接とはやや異なりますね。

結局は各省庁、または採用担当者によるとしか言いようがない部分は大きいように思います。最終合格の席次が良いことに越したことはないですし、それが影響を与えないとは確実には言えません。また、国家一般職などの場合は学歴とか、新卒か?既卒か?ということも結構大きいと聞きます。席次以外に探せば、合否結果に影響を与えそうな要素はいくつも見つかると思います。

人物重視があまり過度じゃない国家一般職の試験ですが、それは最終合格までであって、官庁訪問からはほぼ人物重視に偏ると思います。そうなると、それまでの成績なんてあまり気にしないで、自分たちの目で直接見て判断したい。と思う省庁があっても不思議ではないですが、人物重視といっても、最終合格の順位が含まれないとは言い切れませんし、こういう要素だって、人物重視という広い概念に含まれそうな要素だと思います。

他の方の体験談などを探してみると、貴重な意見なども見つかると思いますけど、結局席次が官庁訪問をするうえで影響があるのか?というと、正解は見つかりません。私の意見では席次が多少は影響する可能性があるけれども、そこまで重大な評価にはならないだろうと思います。じゃないと、何のためにいちいち複数回の面接や集団討論をするのか?謎ですから。


これから国家一般職の官庁訪問を行う予定の方、または別の公務員試験の面接を控えている方には是非おすすめしたい一冊です。公務員試験の面接対策全般に使える本で、官庁訪問についても初めて行う人のために分かりやすく説明がされています。特に面接対策の方については、各質問ごとにダメ回答、無難な回答、良い回答などに分けてどこがダメで、どこが良いのか?の例を示してくれているので、分かりやすいと思います。
公務員 面接・官庁訪問の秘伝 2015年度採用 (公務員試験)

公務員試験の予備校で、お金を節約するなら奨学金を利用しよう

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の予備校に通うなら、奨学金制度を利用しても良いかもしれません。奨学金制度というのは、一定金額を受講料から割り引いてくれる制度です。多くの方は総合本科生などを受講すると思うのですが、そうなると受講料はトータルで30万円くらいになってしまいます。自分で受講料を出すと人、親に出してもらう人、それぞれいると思いますけど、これだけ高額な金額なら、やはり安くなるならなった方が良いですよね。

奨学金制度を導入している予備校というと、やはり有名なのは資格の予備校TACかな?と思います。ここは最大30%の輪割引が受けられます。30万円だとしたら、9万円くらいは割り引いてくれることになりますから、これは非常に大きいですよね。TACでは、申請書と小論文(公務員試験にかける思いを書く)を書いて、それをTACに提出すると、その内容を審査して、割引率が決定されます。

したがって、最大30%ですから、そこまでは割引にならなくても、いくらか割り引いてくれるケースというのは多く存在するようですね。内容が審査されて割引率が決定されると、割引証明書を発行し、郵送してくれます。そして、その割引照明書を持って、TACに申し込みに行くと、その割り引いてくれた値段で申し込みができるというわけです。

大手の予備校の中では、そんなに奨学金制度を導入しているところは多くないです。ですから、最大30%も割引率があるTACは非常に費用の面ではおすすめしたい予備校ですね。特に知名度もありますし、有名ですし、多くの方が通っているという安心感もあるでしょう。公務員試験では、予備校に通って合格を目指すという方が大勢います。ただ、金銭面でそれを諦めてしまう人もいるかもしれません。

予備校で学習した方が良い環境で捗る可能性も大いにあるので、公務員試験の合格率を上げることにつながる可能性もあります。ですから、金銭面で負担が大きいから諦めてしまうのは勿体無いと思うので、是非こういった予備校が実施している奨学金制度を利用してみてはいかがでしょうか?予備校に通って勉強していきたいと考えている人は、こういうお得な情報は知っておきましょう。


資格の予備校TACの各種コースの概要、料金体系、そして奨学金についての詳しい内容は是非ホームページを確認するか、資料を取り寄せて確認してみてください。実際、奨学金を利用してTACで公務員試験講座を受講するなら、その前にTACのシステム全般について理解しておいた方が良いと思うので、TACについて理解をしておくためにも1度資料請求をした方が良いかもしれません。
資格の学校TAC<公務員>各種コース開講

国家一般職の官庁訪問の面接で、志望動機の作り方のポイント

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


国家一般職の官庁訪問は間もなくスタートするものと思われます。官庁訪問は各省庁によって、複数回行われると予想され、倍率も高いですし、2回以降くらいから面接試験や集団討論なども行われると思われます。人事院面接での面接では、特定の省庁よりは国家公務員全体の志望動機を述べた方が良いような気もしますが、特定の省庁に関する志望動機でも問題ないかもしれません。

ただ、官庁訪問の場合は特定の省庁に面接を受けに行っているので、その省庁に対する志望動機を伝えることがベストでしょう。志望動機を伝える際には、他の場合と同じですが、その省庁を理解することが必要になると思います。つまり、その省庁はそもそもどんなことをしているのか?国の中で、一体どういう役割を担っているのか?そして、私たち国民にとってどういう貢献をしてくれているのか?

そういった理解をまずして、そこから志望動機等の面接対策をしていく必要があるでしょう。中には、国家一般職の官庁訪問の面接でも、圧迫面接のようなものが行われる場合があります。圧迫までいかなくても、志望動機などがちょっと甘かったり、疑問を面接官が感じた場合には、鋭い指摘がくる場合があるのです。個別の省庁の面接では、特に直接各省庁が採用するか?どうかをかなり吟味して決定するので、採用する側としてもかなり慎重に見てくると思うのです。だから、しつこいくらいに受験生の回答に対して、引き続き質問を繰り返す光景は珍しくないと思います。

志望動機の考え方は別に特段変わるものではないと思います。基本的には公務員の志望動機をまず述べるべきでしょう。そのときには「民間企業との差異を用いた公務員の志望動機の例」の記事などでも言ったように、民間企業との差を利用して考えると、公務員じゃないとダメだ!という熱意が伝わるような気がします。その後に公務員の中で、そもそもあなたをやるべきだと考えているのか?公務員としてどういう業務を今後推し進めていくのが、国民にとって有益なのか?それを国家公務員の仕事、そして受験する省庁の仕事を関連付けて話せると良いような気がします。

各省庁の仕事に関連付けるには、その省庁の仕事を調べて理解する必要があるのでしょう。ただ、省庁で行う仕事に言及する場合には、あまり特定の狭い業務に限定しない方が良いかもしれません。もう少し範囲を広げて、ちょっと漠然としたものくらいが丁度良いかもしれません。他のページに書いてあったのは、「専門職に限定しすぎるのはよくない」といったものです。個別具体的名、特定の官職に限定した志望動機は「視野が狭い」と思われる可能性があるみたいです。要するに、就きたい仕事を任して貰えなかったら(その可能性は実際に大いにある)、あなたはどうするんですか?と思われてしまう余地を残さないということでしょう。

ですから、自分が国家公務員になって、特定の省庁で働いて、実際にやるべきだと考えていることについて、ある程度大きな視点から語った方が良いのかもしれません。そして、面接官から「特にどんなことをやりたいのですか?」、「どういう方法で行うのですか?」といった具体的なことを聞かれたら、特に思い描いている自分の狭い範囲のことを話すと良いのではないでしょうか?

例えば、「少子化対策に尽力して、この国の社会保障を根底から支えたいと考え志望しました」といった、漠然とした志望動機から、当然面接官から質問が飛んでくるでしょう。そこから自分が考えている有効な案というか、これをやれば多分事態が改善されるだろうと思っていることに関して、話すとそれに説得力や妥当性があれば、評価してもらえるんじゃないでしょうか?こういうかなり具体的な話は自分からしない、面接官から促されて始めてするというのもポイントかもしれません。官庁訪問の面接は人事院面接とはちょっと性質が違うと思われますので、注意が必要です。特に企業研究じゃないですけど、受験先の省庁の研究をまずやることが大切だと思います。

特別区の面接の順番は成績順?なんて気にしても意味ない

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


特別区の人事院面接はよく成績順に日程が決まっているのか?と噂されています。実際、どういう順番になっているのか?は分からないものの、成績順になっているとするなら、その理由は何なんでしょうかね?成績順にすると、一次試験の点数の良かった人から面接に早く呼ばれるということになると思いますけど、そういう順番にする意味もあまり分かりません。

面接って、そもそも人によって日にちが違いますけど、早い方と遅い方どちらが有利か?というと、これは微妙だと思います。遅い方がすでに面接を受けた人からの情報が手に入る分、そこは有利に働く材料になる気もしますけど、早い人の方が面接官からしてみれば、どんな話をしても新鮮に聞こえるかもしれませんが、遅い人の話がすでに面接をした人と被る可能性があり、そういう場合は飽き飽きしているかもしれません。そもそも、面接官は1人で複数の日を担当するのか?分かりませんけどね。

2ちゃんねるなどの書き込みを見ると、両方主張している人がいるようなので、はっきり言って分かりません。論文試験の点数は分かりづらいものの、択一試験の点数だけで、点数良いのに遅い人とかもいると思いますし。っていうか、私が言いたいのはこんなこと気にしてどうするんでしょうか?成績順だろうが、なんだろうが、一次試験の自分の点数は変わりません。おまけに特別区は一次試験の点数はそこまで最終合格に影響を与えられません。二次試験で簡単に逆転されます。

だから、一次試験の点数はほぼ足きりに近いかもしれませんし、ほとんど面接試験勝負になってしまうと思います。ほとんど横並び状態から二次試験もスタートすると思った方が良いかもしれません。だから、択一試験や論文のことは忘れて、いかに面接対策に時間を集中できるかじゃないですか?特別区は倍率が高くても1.5倍くらいですから、一次試験合格した人はかなりのチャンスです!ここで最終合格をまず1つ獲れる大チャンスです!

面接は努力したから、それに比例するとは言い切れませんが、とにかくやることをやる!というのがまず1つ大切でしょう。それでダメだったら、面接官の見る目がなかったか?自分のアピール不足か?分かりませんが、面接はそういうものだと切り替えることが必要です。ただ、そう思えるためには、まずやるべきことをしっかりやるというのが大切です。

ですから、面接に呼ばれるのが成績順なのか?とか、そんなことを気にしてもしょうがないのです。こんなことにどれだけ時間をかけたって、永遠に真相は分からないのですから。永遠に答えが出ないものは放っておいて、とにかく面接カードを書くなり、想定質問を考えるなり、振る舞いの練習をするなり、やれることをとにかくやっていきましょう。面接の結果に影響しない余計なことを気にしすぎると、どうなることか・・・。


特別区の面接は成績順だろが、そうじゃなかろうが、面接試験の出来でほぼ最終合格が決まるようなものです。つまり、筆記試験の点数の差は簡単に逆転されやすいですから、筆記試験の点数が良くてもとにかく面接試験を頑張るしかありません。特別区に対する思い、熱意などを面接官に訴えることが必要ですが、そのときに使ってみてほしいのが本書になります。面接官にとって魅力的な志望動機や自己PRはどういうものか?どういう表現を使えば魅力的に映るか?それが学べると思います。
直前マスター! 公務員試験面接必勝法 (スーパー勉強法)

国家一般職の人事院面接、官庁訪問の倍率、合格率

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


国家一般職の人事院面接は官庁訪問とほぼ同時期に行われ、両方の対策を同時に行っていかないといけません。ですから、非常に器用な面接対策が必要になってきます。人事院面接では、勿論面接が必要ですが、官庁訪問でも面接などが行われるために、面接対策を複数行っていく必要性があるので、この時期は非常に大変な作業が必要になります。

官庁訪問の倍率に関しては非常に高い。正確な数字はちょっと分からないものの、いろいろな意見を見ていると、2倍以上はあるのかな?という印象です。予備校生の報告などを見て得られたデータなどで予備校が結果を出しているのかと思いますけど、それらが参考になるのかもしれません。予備校に通っている方は問い合わせてみるとデータがあるかもしれません。

特別区は人事院面接を通過できれば、ほぼ内定に近い状況です。採用漏れもありますけど、それらはごくわずかです。しかし、人事院面接に合格しても、官庁訪問でどこからかか内定を貰える確率というのは、特別区みたいに高くはないです。特別区の場合は、最終合格をすればほぼ内定に近く、ゴールに近い状態ですが、国家一般職の場合はまだまだここから再スタートという状態です。

最終合格した人のうち、かなりの部分は無い内定になりえてしまうので、官庁訪問も気合を入れて行っていく必要があると思います。その前に人事院面接で合格する必要があります。こちらの倍率はそこまで高くはないと思います。倍率はだいたい例年1.5倍くらいかと思われます。おまけに面接試験の配点が少ないので、面接試験で一発逆転というのが起こりづらいです。ほとんど筆記試験の順に決まってしまうとも言われています。

倍率だけで1.5倍と難易度的にはそう高くはないですが、面接試験の配点が少ないために、筆記試験で出遅れてしまった人は実際問題として、最終合格になるのは難しいです。したがって、1.5倍の恩恵を受けられるのは、ある程度筆記試験の成績が良かった人であって、一次試験をギリギリ合格したような人は倍率1.5倍といった状況ではなく、現実的に最終合格を掴み取るのは難しいという状況だと思います。

したがって、客観的な倍率はおそらく1.5倍前後くらいですが、それはある程度筆記試験ができた人だけで、筆記試験下位の人は倍率1,5倍という難易度ではないと思われます。ただ、筆記試験がある程度できたという人も、決して油断をして良いわけではありません。面接では一発不合格となる評価をされることもあるので、それを避けて最低限の評価を得ていくためには適切な対策が必要です。国家一般職以外の試験種の面接対策もあるかと思いますけど、大変な時期の中是非頑張ってほしいと思います!


国家一般職の人事院面接の面接対策、官庁訪問の対策の際には是非読んでほしい1冊です。公務員試験の面接対策全般について、面接対策のそもそもの進め方、各質問に対する回答のアドバイス、そして官庁訪問って何?という方から理解できるような、官庁訪問を進めていくうえでの対策について書かれています。面接対策と同時に官庁訪問についても書かれていますから、非常に公務員試験の面接対策本の中では、非常におすすめしたい1冊です。
公務員 面接・官庁訪問の秘伝 2014年度採用 (公務員試験)

公務員試験の面接では、一体どんな題材が自己PRに最適?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の面接では、いろいろな試験種で自己PRを聞かれると思います。一体、何をアピールすれば良いのか?迷うという方もいるかもしれません。アピールできることがない・・・という方もいるのかもしれませんが、些細なことでも実はアピール要素になると思います。自己PRで話す題材は別に何でも良いんですけど、1つのことを長く続けた経験をアピールするのも良いと思います。

それは大学生であれば、サークルとか、アルバイトとか、そういった話題で良いのではないでしょうか?1年とか2年とか続けていければ、割と良い話になるのではないか?と思います。特にアルバイトを長く続けるというのは、結構大変なことだと思います。大学の授業を終えてから、仕事をするというのは、私も経験しましたが、本当に疲れます。それを長く続けるのは、忍耐力も体力もいります。

1つのことを長く続けるのは本当に大変なことです。ですから、そこは十分アピール要素になるでしょう。加えて、自分がそこから得られた経験を話して、それが公務員の仕事でも生きそうなものであれば、なお良いと思います。実際、こういう経験は絶対に貴重だと思うんですよね。このブログでも面接官が採用したいのは、「仕事を簡単に辞めない人」ということを話しましたが、それに見合った経験ともいえます。

1つのことに集中して頑張ってきたということは、簡単には投げ出さないし、我慢強く続けられる証でもあると思います。やりたいことがあって公務員を志望している人が多いと思いますから、簡単に投げ出すわけがないと思われるかもしれませんが、想像以上に今の公務員の仕事はきついと思われます。どこで働くか?にもよりますけど、以前よりはかなり仕事量が増えてきていると思います。

また、やりたいことをどれだけ力強く話せたとしても、その仕事にかかわれる保証もなく、夢を抱いて公務員になったはいいけど、思っていたのと違う・・・こんなはずじゃなかった!と後悔されても困るわけです。実際、公務員として働いた経験のない人が公務員を目指すわけですから、それまで抱いていたイメージと実際の仕事が違うということは、あって当たり前ともいえます。好きなように仕事はできません。基本的には指示にしたがって行いますから。

だから、そういうちょっとした食い違いで公務員の仕事ってつまんないじゃん!とやる気を失ってもらっても困るし、それで辞められたら最悪ということです。仕事なんていうのは、そりゃ思い通りにいかないケースが多いはずです。これは公務員に限らず。だからこそ、そんじょそこらのことじゃ辞めない。我慢できるという意思を持った人、そういう経験を過去にしている人というのは、公務員を採用する側としてもある程度安心できる材料になると思います。

何かアピールできるようなものが見つからない・・・という方は過去を遡ってみて、何か1つに集中した経験、長く続けられた経験を題材に選んでみてはどうでしょうか?公務員として働くうえで、適正のある自己PRができると思います。自己PRはほぼどの試験種の面接でも聞かれる質問だと思いますし、面接カードにもおそらく書かせるところが多いと思います。公務員の仕事をするうえで、何が必要なのか?何がアピール材料になるか?それを考えると、良い題材が見つかるのではないでしょうか?

裁判所職員の面接は、割と圧迫面接になりやすい?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


裁判所職員の面接では、他の試験種と比べて圧迫面接になりやすいというか、圧迫面接に感じられやすい面があると思います。それは裁判所職員の仕事の性質上ともいえるかもしれません。先日、「」の記事でもお知らせした通り、裁判所職員の試験を受けにくる方というのは、あまり裁判所職員の仕事を理解されていない方が多いみたいで、面接試験の前に急いで調べる人も多いかもしれません。

面接官もそこを心配しているのか?しつこいくらいに念を押してくるというか、「本当にこの仕事選んで大丈夫なの?」、「あなたのやりたいことはこれで良いの?」とか、圧迫面接とは言いがたいですが、かなり執拗な攻撃というか、しつこい聞き方をしてくる傾向があるみたいです。ただ、これも採用する側からしてみればしょうがない面もあると思います。

それは先ほども話したように、裁判所職員という仕事を理解しているのか?過度な期待を持っているんじゃないか?ということを心配しているからだと思われます。もし、勘違いとかで裁判所職員になられても、実際に仕事を始めてから、こんなんじゃなかった!と思われてしまうのが、採用担当者としても1番困ります。せっかく採用した人が、研修などにお金をかけた人が、あまりに早く辞められてしまうのはマイナスなので。

ですから、面接の時点で幻想を持っている人に対して、現実に引き戻してあげるというか、そういった試みが行われていると思われます。ですから、圧迫面接という言葉が適切か?どうかは分からないものの、ある程度厳しい感じの面接が行われる可能性は重々承知していましょう。面接官にもよると思いますけど、厳しい度合いは。

事前に裁判所職員の面接では、そういった感じの雰囲気で面接が進んでいくことが普通にありえるということ。それを事前に知っておきましょう。当日いきなりそれをやられてパニックになるといったことがないように。そういう事態を頭の中に想定しておくことが必要です。当時は「あ、やっぱりきたか」という感じで冷静に受け止めることが大切だと思います。

そういうわけでちょっと厳しい感じの面接が行われても、それは自分だけじゃないということ。多くの受験生が同じような面接になっている可能性が高いので、心配しないことです。雰囲気的には厳しい感じよりも和やかな雰囲気の方が受かりやすいと思っている人もいるようですが、裁判所職員の場合はその法則は微妙だということです。裁判所職員一般職などの面接は、非常に面接の配点が高いので、面接でほぼ全てが決まるでしょう。最終合格を掴むためには、この面接を何よりも頑張らないといけません。

数的処理が全然できないなら、予備校の単科講座がおすすめ

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


数的処理が苦手という人も実は多いのではないでしょうか?数的処理は最初から苦手意識を感じてしまっている人は、それを克服するのは非常に難しい。特にある意味素人同然から始めた人が自力で克服するには、あまり厳しい科目といえます。数的処理も、考えようによっては暗記するだけともいえますが、考え方が分からないと、考え方と解法をインプットできないので、そこが非常にやっかいです。

数的処理は苦手な人にとっては半分越えることができれば、十分というくらいですが、それすらいかないという人がいて、自力で勉強をしていても全く上達の気配がないという場合、ここは予備校の力を借りるという方法もあります。予備校に通っている人は、おそらく数的処理の授業も受けていると思いますけど、そうじゃない人、独学の人でもしきついなら、単科をとってみる手もあります。

個人的におすすめなのは、資格の予備校TACの関野喬先生の数的処理の授業です。主に関東のTACに在籍していると思われますが、この人の授業は本当にヤバイですね。数的処理を相当極めたんでしょうね。授業を聞いていて、説得力がまるで違います。自分自身が数的処理の勉強をずっと行ってきたと同時に、おそらく教え方についても研究してきている気がします。

数的推理、判断推理、空間把握、資料解釈で全部で10数回の授業です。目からウロコな視点が多く、おそらく市販の参考書や問題集でも載っていないような、関野先生が独自に考えた、驚きの解法などもあって、本当に分かりやすかったです。この人に任せれば大丈夫じゃないか?という安心感があります。授業で配られるレジュメを貰うだけでも、相当価値があると思いますけど、是非授業も聞いてもらいたいです。

私の場合は、特に資料解釈が得意科目なってしまったくらいです。資料解釈は4つの分野の中でも、1番努力で伸びるので、関野先生の分かりやすい授業を聞いたおかげで、かなり自信が持てるようにもなったのです。勿論、その他の分野についてもかなり分かりやすく、数的処理に対する苦手意識がちょっとずつ消えていくような感覚です。

すでに予備校に通っている方も、受けている数的処理の授業に満足できない、分かりづらい、全然できるようにならないという方も考えても良いと思いますし、特に独学で学んでいる方にとっては、これ以上の助け舟はありません。市販の参考書、問題集などで行き詰ってしまった方には、TACの単科講座の数的処理(関野先生の担当する授業)は非常におすすめです!

予備校に通ったとしても、じゃあ誰でも高得点とれるか?というと、そういうわけには簡単にはいきません。今回の講座は全く打開策が見えないで悩んでいる人ほど、その効果を実感できるのではないでしょうか?関野先生は他にも自然科学なども担当されているので、同様に理解できなくて悩んでいる人は、そちらも考えてみて良いかもしれません。関野先生が担当している校舎を事前に調べておいた方が良いです。少なくとも、新宿校、渋谷校では見ましたが、他の校舎はどこで授業をしているか?ちょっと分かりませんから。予備校に尋ねてみても良いでしょう。


資格の予備校TACでは、数的処理のカリスマ講師である関野喬先生の授業を受けることができます。関野先生の授業では、そもそも参考書や問題集などには載っていないような、独自で研究した解き方も教えてくれます。それだけ数的処理の問題の研究に時間を費やしており、その熱意が窺えます。関野先生のレジュメを貰うだけでも価値があると思います。数的処理だけなんとかしたい!と考えている方は、コスパ的にも数的処理の単科講座をとるのが良いかな?と思います。TACでの単科講座の詳しい説明や申し込みなどについてはホームページを閲覧するか、資料を請求してみても良いかもしれません。
資格の学校TAC<公務員>各種コース開講

国税専門官の面接内容は単純明瞭!ストレス耐性の対策を

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


国税専門官の面接は結構典型的な質問しかほぼされないので、割りと対策は立てやすいかな?と思います。そこまで大掛かりな面接にならないというか、面接官によって早く切り上げたりすることもあるようで、面接時間が10分程度で終わってしまうこともあるみたいです。そういう早い人が受かっているのか?どうかは分かりませんけど。

国税専門官は「ストレス耐性」が1番メインに置かれている気がします。それについての質問が多く出てくるかもしれません。公務員は職業柄ストレスをかなり溜め込みやすい職業ともいえますけど、その中でも国税専門官はかなりストレスを溜めやすい職種といえるかもしれません。嫌な顔をされる住民の家へ直接行ったりして、税金の話を持ちかけたり、いろいろと大変みたいです。

特に「ストレス解消法はありますか?」みたいな質問が出たら、これは特に考えて答えないといけないと思います。ここで面接官の納得のいく回答ができないと厳しいです。というのも、ストレスを解消できそうにないと判断された時点で、国税専門官はほぼ合格は難しいからです。じゃあ、こういう質問がされたらどう答えたら良いのか?というと、答えは単純明瞭です!

いつでもストレス解消が望めるものを答えるというのが鉄則とされています。いつでも、というのは毎日とか、家でできるとか、そういうことです。例えば、資格の予備校TACのとある講師の人は、この質問に対して「私なら酒です」と豪語していましたが、これは酒というイメージが面接官にとってどうか?微妙ですけど、回答としては相応しいものになると思います。

酒は家で飲めるし、毎日飲めるし、ということで、ストレスを溜め込まないための息抜きとして最適なのです。ダメな回答というのは、毎日できないもの、家でできないものだと思います。例えば、ディズニーランドに遊びに行くとかは相応しくない回答になります。さすがに毎日は無理でしょうし、家でもできない。どこか遠出しないといけないものは、それだけお金も時間もかかりますから、毎日やるというのが不可能ですから。

だから、読書、ゲーム、酒、DVDを見るとか、そういう類のものなら、毎日できるでしょうし、家でもいつでもやりたいときにできます。そういった趣味があれば、それをそのまま答えれば大丈夫でしょう。くれぐれもたまにしかできないものは選ばないように。この人はストレスを解消するのがたまにしかできない(毎日ストレスを溜め込む)から、いつか仕事に疲れて辞めるかもしれないな。と思われる可能性が高いです。

公務員試験で面接官が見ているポイントというのは、いかに辞めない人か?という点だと言われています。ですから、私は絶対に辞めない!ということをこの質問で最大限アピールしていく必要があります。他にもいろいろな質問をして、熱意を確かめたりするのですが、とにかくストレス耐性についてはよく見られる試験種だと思って、対策をしていきましょう。まだ時間はあるみたいですから。倍率は2倍前後くらいだと思いますから、頑張ってください!


国税専門官の面接対策では、やはりストレス対策等の質問にもちゃんと答えていくことが重要ですが、要は志望動機、または自己PR等の基本的な質問も疎かにはできません。本書は公務員試験の面接全般で使える参考書で、いかにして自分の思っている熱意やアピールを面接官の心に訴えかけることができるか?そういった実際に面接で語るときのことを意識した表現とか、言葉使いなどをまとめて面接で合格するための話し方、まとめ方等について理解できる一冊だと思います。
直前マスター! 公務員試験面接必勝法 (スーパー勉強法)

国家一般職の人事院面接で語るべき志望動機の考え方の例

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


国家一般職の人事院面接で、やはり1番重要となるのが志望動機ですが、皆さんはもう考え付いたでしょうか?私はどちらかというと、地方公務員よりも国家公務員の志望動機の方が考えるのが難しいかな?という印象です。地方公務員って、なんとなく身近な存在ですが、国家公務員の仕事って、あまりイメージしづらいです。特に一般職の場合は。

国家公務員の志望動機を作るときには、1番手っ取り早いのは、自分の実現したいことについて話を絡ませて志望動機を語ることな気はします。国家公務員でしかできないことってあると思うのですが、大切なのは地方公務員との違いを示せるか?だと思います。地方公務員を受けるときには「何で国家公務員じゃないのですか?」という質問はまずされないと思いますけど、逆はあると思います。

したがって、志望動機には地方公務員じゃなくて、国家公務員じゃないとダメだという理由が入っていること、その志望動機の中心が地方公務員になっても実現はまず無理だということが入っていれば、国家公務員を受けに来た。国家一般職を受けたことの説得力が大分増すと思います。公務員の志望動機を語るときには、民間企業との差異を書くと良いというのは以前「民間企業との差異を用いた公務員の志望動機の例」の記事でも書きましたが、国家公務員を受ける場合も同じな気がします。

そのときに自分の実現したいこと、公共の利益に奉仕したい大きな野望がある場合、それって、特定の官庁のものでも良いのか?ということを考える人もいるかもしれません。自分が考えていることが国家公務員なら何でも良いわけではなく、特定の省庁じゃないと、ちょっと難しいという場合、人事院面接の場合ですと、まだ内定を貰っていない段階で受ける人も多いと思いますけど、まだその希望の省庁で働けることが決まっていない段階(この先そこに採用されるか?分からない)で話しても良いのでしょうか?

私は良いと思います。あくまでも合格、不合格の問題に関しては特定の省庁に採用されるか?どうかについては人事院面接の場合は関知できませんから。その後、希望の省庁の官庁訪問を行い、面接を受けて、採用されるか?どうかは分かりませんが、人事院面接の時点では、別に特定の省庁でしかできないようなことを話しても問題はないような気がします。

国家公務員を受ける場合も、当然「公務員の志望動機」は聞かれると思いますけど、志望動機等に地方公務員ではダメだという明確な理由が入っていない場合、改めて「どうして地方公務員ではダメなんですか?」ということは聞かれると思います。国家公務員の志望動機を考える際の中心となる題材は人それぞれ違うでしょうけど、1つ絶対入れてほしいのは地方公務員じゃなくて、国家公務員じゃないとダメな理由です。その例として、東京都庁と特別区の関係に似ている気がします。東京都庁と特別区の違いって何か?働く職員の仕事の違いは?そういった実際に公務員として働くうえでの違いを考えてみる。ネットでも書籍を使ってでも良いので、そこをまず取り組んでみましょう。


そもそも国家公務員ってどんな仕事をしているのか?それをあまり詳しく理解できていないと、志望動機やその他の質問についても答えづらいかもしれません。国家公務員、地方公務員は普段どんな仕事をしているのか?それがイマイチつかめていない方、には公務員試験の仕事研究、面接対策用の参考書としても使う価値があると思います。志望動機を特に考える際のヒントにしてほしいと思います。
公務員試験 公務員の仕事入門ブック 26年度試験対応

裁判所職員の面接対策で、志望動機等を練るうえで重要なこと

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


裁判所職員一般職、総合職の面接がいよいよ迫ってきていると思いますけど、この試験種の場合は志望動機を考えるのがかなり大変だと思います。それは予備校の講師の人たちも言っていて、それは裁判所職員の仕事がよく分からないから。何をしているのか?想像するのも難しいですし、裁判所職員という職業についてあまり知らない人が多いからだと思われます。

ですから、そりゃなんのイメージも沸かなくてもしょうがないです。だから、そういう人はまずは裁判所職員の職種そのものから調べていく必要があります。志望動機などを考えるときに1つ役立つのが見学会というものみたいですね。実際の裁判の傍聴をしても良いかもしれませんが、せめて見学くらいはしておいた方が良いかもしれません。特に仕事内容について深く知らない方は。

仕事内容を知らないで面接に臨むことはかなり無謀なことのようです。それは面接官が受験生のそういう事情を見透かしているからです。裁判所職員の面接官が抱いている気持ちは、仕事内容についてよく知らないだろうから、ちょっと勘違いをしているんじゃないか?過度な期待をしているんじゃないか?ということです。つまり、実際の面接は、そういうところをついてくる傾向にあります。そこで面接の採点や評価がかなり分かれそうです。中には圧迫面接みたいな感じになるかもしれません。

というのも、裁判所職員という仕事内容を中心にして、「あなたこういうことを知っていますか?」みたいなことがよく聞かれるみたいです。一種のクイズみたいなことを聞かれることが多いみたいで、それについて解答を求められる質問もあるようです。面接官が何を心配しているか?というと、要するに仕事内容を大して理解していない人を採用してしまうと、実際に働いてみたときにつまらなくて仕事を真面目にやらないのではないか?いずれ辞めるのではないか?ということを心配しているのだと思われます。

あと、「法律に興味があった」というようなことを口走ってしまうと、法律に関していろいろとクイズ感覚で突っ込まれる可能性もあるみたいで、あまり言わない方が良いのかもしれません。とにかく裁判所職員について知らない人、よく理解していない人が多いと思います。裁判官、弁護士、検察官といった裁判の中心になるような人ではなく、裁判所の中での事務を担う人ですから、なんとなくは分かっても、具体的には分かりませんよね。

だからこそ、そもそも裁判所職員ってナンなの?ということをまず確実に知るところからスタートしてみましょう。できれば筆記試験の前にこういうことをしておいた方が良いのでしょうけど、今からやってもまだ間に合わないことはないでしょう。国立大学法人の志望動機を考えるときも、多くの方が苦労しているようですから、とにかく調べるしかないです。

先ほども言ったように、裁判所職員という職業があまり多く知られていないことを面接官自身もおそらく危惧しており、仕事内容について正しく把握しているか?この人を採用して真面目に働くか?辞めたりしないか?ということを面接官はかなり気にしていると思われます。それを跳ね返すために面接でアピールしていくのですが、志望動機は中でも大切ですから、そこをしっかり据えて、他の質問項目にも的確にも答えていけるようにしましょう。とにかく多くの方に共通しているのは、裁判所職員という職業について知るところから始めてみましょう。


公務員試験の面接に共通する志望動機、自己PRなどを含めた質問に対する魅力的な回答、自分の熱意を伝えるための回答を練り上げるために、是非参考にしてもらいたい1冊です。当然裁判所職員の志望者の方も面接対策では、ただ適当に話せば良いというわけではなく、言葉選びとか、表現の方法とか、自分の思っていることをいかにすれば、1番熱く、的確に、面接官の心に訴えられるか?自分が面接で最大限アピールするためのノウハウが詰まった1冊です。
直前マスター! 公務員試験面接必勝法 (スーパー勉強法)

公務員試験の予備校の授業時間と時間帯はどうなっている?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の予備校に通ったことがない人は、一体いつの時間に予備校では授業をやっているのか?分からないと思います。授業時間については、各予備校によって多少の違いはあると思いますけど、だいたい同じになっているはずです。私が通った経験のある資格の予備校TACでは、朝の9時、午後の2時、夜の6時くらいの3つの時間帯で授業が行われ、それぞれ3時間の授業です。

ですから、1日中授業をやっています。ですから、大学生の場合は大学の授業とかぶる時間帯が多いような気がします。大学生の場合は、日によって授業の時間帯、数などが違いますよね。そういう生活スタイルでも全然問題ありません。多くの大学生はこの夜の6時からの授業に出ると思われます。6時くらいから始まり、夜の9時くらいに終わるはずです。

この時間帯は社会人の方もよく利用しています。会社が終わって急いで予備校にくると、十分間に合うでしょうから。そういった意味で、この時間帯は非常に多くの受験生が集まります。そして、大学生の場合は授業があまり入っていない日もありますよね。そういう日は午後の2時から行われる時間帯の授業にも多く出る人がいます。この時間帯は大学生や既卒の人が中心に集まってくると思います。

そして、朝の9時くらいからの時間帯は私は平日は出たことがないので分かりませんが、土日のときには朝9時くらいの時間帯はそれなりに人いますね。大学も会社もないですから、こういう早い時間帯からでも全く問題なく予備校に通えますから。土日などの休日はこの朝早い、眠い時間帯に予備校に行っても多くの人が集まっています。土日については朝の時間帯から夜の時間帯まで万遍なく人がいます。

そういった感じで、1日中授業をやっているんです。これら3つの時間帯のうち、自分の生活スタイルに合わせて授業に出て行けば、問題なく受講ができます。都合が悪くて、出席できない授業があれば、後日出られなかった授業の回のDVDを受付等で借りることができますから、それを視聴すれば授業に出たのと同じ状況になります。そういった感じでどういう状況で公務員試験を目指している方でも、予備校に問題なく通って受講できるように配慮がされています。どの時間帯にどういう授業がやっているか?というのは、今はパソコンから検索できるようになっているので、簡単に調べられますし。

基本的な授業時間のシステムはどこもほとんど同じだと思います。大学に通っている人、会社に通勤している人なども問題なく予備校に授業を受けることが可能です。だから、その点に関してはどこを選んでも同じかな?という気はしますし、あとはサービスの内容とか、授業の充実度、評判の良し悪しの問題になると思います。そういった面については各自で、どの予備校が良いのか?を調べていければ良いと思います。予備校に通って、公務員試験の合格を目指される方には、参考になればと思います。

市役所B日程の筆記試験のボーダーはどれくらい?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


時期的には来月に7月を迎えて、いよいよ公務員試験も面接試験のシーズンを迎える時期になりましたが、まだまだ筆記試験が残っています。7月には市役所B日程が待っており、ここを受ける人も多くいると思います。特に地元が市役所B日程という人も少なくないでしょうし、そういう方は是非頑張ってもらいたいなと思います。

市役所B日程は多くの場合、教養試験と教養論文のみの場合が多いです。専門試験はありませんから、勉強をスタートするのが遅かったような人でも、この時期に教養試験だけを勉強して照準を合わせてくる人もいるでしょう。ですから、これまで専門試験とともに勉強してきた人は、教養試験だけに全力を注いできた人と勝負をしないといけないのです。

ただ、とらないといけないボーダーは低いと思われます。教養試験だけですが、市役所試験は筆記試験ではあまり絞らないで、面接試験に残す人数が多いので、倍率だけ見ると低いです。一次試験の倍率は2、3倍くらいじゃないですか?論文の出来も加味されるので、確かなことは言えませんが、ボーダーラインは20~22点くらいかな?と思います。このくらいの合格点なら問題ない数字だと思います。

同じ教養試験のみの国立大学法人と比べると、大分ボーダーは低くなるはずです。国立大学法人は一次試験の倍率も7倍前後くらいあって、非常に高いですから。それと比べると、倍率もボーダーも大分低いので、一次試験突破は決して難しくはない。数的処理が苦手という人も全然チャンスあります。半分とれれば、多くの自治体でチャンスがあると思われます。

そして、市役所試験はほとんど面接重視になっているので、筆記試験での差はないに等しいものだと思います。面接はおそらく3回くらい行うところが多いのかな?という印象です。1回で終わるところはまずない。それくらいに多くの受験生を一次試験で通過させるので、面接の回数も増えてしまうのです。それだけ、人物重視の傾向が強いので、筆記試験を通過してしまえば、ボーダーギリギリでもあまり関係ないかな?という印象です。

ですから、市役所B日程は多くの場合で満遍なく、いろいろな科目から点数を寄せ集めていければ良いと思います。問題のレベルも全体的に難しくないので、普通に勉強をいていければ良いのかな?と思います。先ほども言ったように、数的処理が苦手でも全然勝負になります。文系の人でも、文章理解、社会科学、人文科学の問題を拾っていければ、20点は問題なくとれるはずです。市役所試験は非常に難易度の高い試験ですが、まずは筆記試験の突破を目標に頑張っていきましょう!この時期は面接対策などで忙しい人もいると思いますけど、上手く時間配分を調節して乗り切っていきってください。

質問されないと思うけど、特別区の面接で忘れがちな重要な要素

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


東京都と特別区はとちらも東京で働く公務員でありながら、別々に採用がされています。東京都庁の職員はどちらかというと大きな見地から仕事を行い、特別区の職員は住民に近い形で仕事を行うイメージがあります。特別区の面接では、「どうして東京都庁ではなく、特別区なのか?」という質問がされるかどうかは分かりませんが、それが面接官に伝わるように配慮した方が良いように思います。

1番良いのは志望動機で、それをなんとなく伝えるということです。それぞれ志望動機を考えていると思いますけど、東京都じゃなくて、特別区な理由って、あると思うんですよ。それを伝えていきましょう。それは東京都と特別区の違いを理解して、それを実際に表現できると良いですね。東京都と特別区の違いとは何でしょうか?

たくさんあると思うのですが、大きいのはやっぱり仕事の違いだと思います。先ほども述べたように東京都は東京全体の計画の策定などを行い、それを特別区が実際に行動に移すというのが、分かりやすい構図だと思います。東京都が決めた政策を特別区が住民に向けて実施していくのです。住民との距離が近い、そこに魅力を感じて特別区を目指している人も少なくないでしょう。

それを上手く絡められると良いと思います。例えば、最初に東京で働きたい理由を述べて、その後にアルバイトで接客業務を経験し、お客様と直に接して仕事をする喜びを感じた。それが実現できるのは、東京都庁ではなく特別区だ。といった客観的に納得できる理由を付け加えると良いでしょう。公務員になりたい理由、東京で働きたい理由、東京の中でも特別区で働きたい理由、この3つをしっかりと作ることができれば、かなり内容の濃い志望動機、そして面接になると思います。

特別区で志望動機が聞かれるのは主に2回目の面接と言われています。ただ、中には1回目から聞かれるという報告もあるようですから、1回目の面接の時点で特別区の志望動機を考えておいた方が良いと思います。2回目の面接カードは内容がたくさんあるので、1回目と2回目の面接の間の時間だけでは、満足にできない可能性があります。特に志望動機は悩む人が多いので、早めに取り掛かりましょう。

地方上級の面接対策は筆記試験の合否結果が出てからでは遅い

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


地方上級の筆記試験は6月の下旬に行われますが、そこから二次試験までの日にちの間隔というのは、案外ありません。多くの場合、筆記試験からすぐに数日くらいで結果が出るところが多く、そこから面接試験などを行う日はそう時間がないのです。おそらく結果発表があった日から実際の二次試験の日にちまでは10日とか、それくらいしかないところもあります。

したがって、地方上級の試験の場合は、多くの場合で一次試験の合格発表があってから面接対策をしたのでは、ちょっと遅いかもしれません。おまけにそれまでに複数の合格を手にしている人は、それだけやるべき面接対策が増えてしまって、非常に大変だと思います。しかし、地方上級の試験の場合は合否にかかわらず、一次試験終了時からやった方が良いかな?と思います。

そのタイミングで始めれば最低でも2週間くらいは時間を確保できると思うので。それでも遅い!って思う人はいるかもしれませんね。したがって、筆記試験を受けてボーダーラインギリギリにいるかな?と思われる人も、ムダになるかもしれませんが、面接対策を早い段階から少しずつ始めていった方が良いかな?と思います。ただ、地方上級の場合はボーダーラインを確実に越えているか?ボーダーライン上か?そもそもボーダーはいくつか?というのが分かりづらいです。

受ける自治体によってもボーダーは違います。というか、地方上級は問題用紙が持って帰ることができないので、ボーダーラインがそもそも出せません。予備校も解答が出せないでしょうし、受験生も正確な採点ができないのです。だから、よほど手応えがある人以外は、自分の点数があまり把握できないのです。

2ちゃんねるなどで毎年復元作業が行われるので、該当のスレッドを見ていただくと、模範解答に近いものはできあがると思います。それを参考にすると、なんとなく自分の記憶と照らし合わせて、ある程度の点数は予想できるかな?と思います。それで自分の点数がなんとなく分かったとしても、詳しいボーダーは受けたところによって微妙に違ってきますが、概ね教養試験と専門試験合わせて6割越えていれば、多くのところは大丈夫じゃないかな?という気はしますけど。

そういった感じで、受験生にとっては不便なことが多い地方上級ですが、面接試験やグループディスカッションが含まれる二次試験までは時間が多くの場合でありません。そのことを念頭に入れつつ、他の試験種の面接対策などをしていってください。大変でしょうけど、頑張ってください!

国家一般職の一次試験のボーダーラインはいくつ?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


国家一般職の試験が近づいてきました。今年も多くの方が受験されると思いますけど、国家一般職の場合はボーダーの予想は非常に難しいです。得点計算が基準点、総合点、傾斜配点など、ちょっとややこしかったりしますし、あまり情報がないのです。したがって、予備校の合格ラインの予想もあまり当てになるのか?微妙です。2ちゃんねるの予想などともちょっと異なっているようです。

国家一般職の場合は、受験する地域ごとにボーダーはそれぞれ異なっています。だから、尚更一概には言えませんが、どの受験地でも80点あれば、安心はできませんが、それなりに期待できるのかな?と思います。そのあたりの点数を安全圏ではないでしょうけど、可能性が十分あるラインに考えている人が多いようです。ただ、80点という数字も地域により安心できるところもあれば、そうじゃないところもあるようで、どの地域で受験するか?によって、大分変わってくると思います。

受験後におそらく予備校からボーダーラインの発表はあると思いますが、それも実際の合格ラインとは異なる可能性があり、どこまで信用できるか?ちょっと分かりません。例えば、以下のYahoo知恵袋(http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1491634629)には過去の国家一般職の予想ボーダーライン、資格の大原と2ちゃんねるの予想が載っています。

大原の予想はおそらく合格発表前にされたものだと思いますが、2ちゃんねるの予想は合格発表後ですから、予想にはそれぞれ乖離があり、予備校としても予想が非常に難しいところを示しています。やっぱり年度ごとにも違ってくるでしょうから、参考程度に留めておいてほしいですが、2ちゃんねるのボーダー予想だと、80点あっても足りないところがほとんどということになり、予備校の予想2chの予想、どちらがより近いのか?実際のところは何とも言えません。

予備校の予想だと、80点あればほとんどどこの地域から受けても安全圏ということみたいですし、この両者のバランスをとると、80点あたりが1つ目安になるのかな?と思いました。また、同じくYahoo知恵袋(http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10120974045;_ylt=A2RAEEsYdpZTHkAAHzLqyfR7?pos=3&ccode=ofv)のページでは、80点あれば大丈夫ということから、実際はもう少し低くても一次試験は合格しているかもしれません。

結局は受験している地域というのも大きくかかわってきますし、年度によって問題の難易度等に左右される可能性もあるために、非常に予想が難しいと思いますが、アバウトですがこんな感じではないでしょうか?国家一般職の場合は面接試験よりも択一試験の比重が高いために、現実的に一次試験を突破できても、ボーダーギリギリの人は二次試験でほぼ不合格を食らいやすい傾向にあります。ですから、筆記試験の突破だけを考えるならもう少し低くても良いかもしれませんが、最終合格という意味では、結局80点くらいはやっぱり必要になってくるのかな?という気はします。

あくまでも過去の傾向から推理した予想なので、今後も同じような傾向になる保証もありません。何度も行っているように、国家一般職の場合は、どの地域で受験するか?によっても大分変わってくる可能性があるので、結局は一次試験の合否結果が出るまで、確実なことはいえないでしょうね。それは他の試験種も同様でしょうけど、満点近くとれたとかなら話は別でしょうけど、そうじゃないのであれば、確実な発表を待つしかないと思います。価値ある情報を提供できなくて申し訳ありませんけど。


国家一般職の一次試験を終えた方は、これから二次試験の人事院面接にとりかかっていると思います。人事院面接は倍率自体は割と低いですが、勿論適当にやっていて受かるものではありません。本書は公務員試験の官庁訪問から、面接対策に至るまで、全般的に役立つ参考書だと思います。特に公務員試験の面接対策を練るうえで、根幹となる「公務員としての理想像、コア」の構築の重要性を説いています。この理想像やコアがきちんと備わっていると、どういう質問が来たとしても、自分が思い描いている理想の公務員像を想像して、こうあるべきだ!と自信を持って回答ができるからです。面接は正解がないので、面接官の反応は様々だと思いますから、確実に評価される回答ができるとは限りませんけど、一貫性のある回答で、自分として悔いのない回答をするためには、良いヒントになると思います!二次試験とは別に、官庁訪問もしなくてはなりませんから、そちらの対策も本書で行えると思います。
面接・官庁訪問の秘伝 2016年度採用版 (公務員試験)

「市役所、区役所に行ってどういう印象を持った?」と聞かれるかもしれない

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


地方公務員の試験種によくある質問だと思いますけど、面接中に「市役所(区役所)に行ったことはありますか?」、または「市役所(区役所)に行ったときにどういう印象を持ちましたか?」という質問をされることがあります。市役所はともかく、住んでいる地域によっては区役所が凄い近くにあるケースも多いでしょう。

私の場合は家から20分くらいのところに区役所があります。区役所に行くケースってのはほとんどないです。図書館をちょっと利用したことがあるくらいで、いわゆる役所の中にはほとんど行ったことがありません。だから、そんなに印象があるわけではないです。ただ、実際にこういう質問をされることがあるみたいです。

こういう質問をする意図というのは、あくまでも受験生が住民目線で市役所、区役所を訪れた際、どう感じたか?どういうところが良いと思ったか?どういうところが問題だと思ったか?公務員になるうえで、そういう意識を見たいのかな?と思います。普段の生活をしているうえでは、市役所や区役所を訪れる機会がそうはないのが普通だと思います。ただ、公務員にこれからなる人という意味では、そういう経験があった方が良いのかな?とは思いますね。

ただ、市役所や区役所を訪れるだけなら誰でもできますけど、実際に何か相談したり、手続きをしたりとか、そういうことをしないと、印象もくそもないですよね。でも、そういう必要性がないと、そういう行為には及べないので、こういう質問をしても全員が全員これといった印象を過去に持てたわけじゃないと思いますし、課題とか問題点なんて発見できるレベルにならないと思います。

ですから、過去にそういう経験がないという人、市役所、区役所に行った経験すらほとんどない人は、行くだけ行ってみても良いと思います。こういう質問に答えるには、実際に職員と接したことに関して述べた方が良いのかもしれませんが、それ以外でも語れないことはないと思いますから。例えば、案内板が見づらいとか(どこに何の課があるか?分かりづらい)、建物の中が汚いとか、実際に訪れて感じたことであれば構わないとは思います。

地方公務員の試験種を多く受ける人は、どこかでこういう質問をされる可能性がありますから、気を付けましょう。自分の住んでいる街の市役所、区役所をこの機会に1度訪れても良いような気はします。実際に働いている公務員を事前に見たり、働いている場所を見ておくというのも良い経験なのかな?と思います。一応、こういうこを聞かれる可能性も考えておきましょう。

地方上級の教養論文の配点は高いとも、高くないとも言える

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


6月の下旬には地方上級の試験が行われます。ただ、多くの場合、地方上級では論文試験は一次試験ではなく、二次試験と同時に行われることが多いです。地方上級の場合は、二次試験に非常にバリエーションの豊富な試験が実施されますから、凄い大変です。面接試験だけではないのです。他には集団討論、適性検査、そして論文試験などです。

ですから、二次試験は1日で終わらないことも多いようです。実際、個人面接がおそらく配点が1番大きいと思いますが、論文試験はどれくらいの配点なのでしょうか?配点を公開している自治体としていない自治体がありますから、公開しているところはそれを見てほしいのですが、他の公開されていない自治体もだいたい同じような配点ではないか?と想像できます。

特別区みたいに択一試験以上に論文試験が重要というところまではいかないかと思います。というか、二次試験で行われるので、一次試験は完全に択一試験のみで決まってしまいます。二次試験はやっぱり人物試験が中心になるので、論文試験が大切じゃないということはないですが、面接試験が1~2回行われるので、そちらに埋もれてしまう可能性が高いのです。

つまり、論文試験は勿論大切なんだけれども、仮に論文試験ができたとしても、面接試験ができないと、論文試験の頑張りがムダになりやすいということです。配点が公表されているところを見ると、面接試験の配点はやっぱり高いですよね。地方公務員はどこも人物重視で、国家公務員と比べても、ほぼ面接で決まってしまうようなところがありますから。

国家公務員の論文試験の配点は公開されていますけど、割と低いですよね。それと比べたら地方上級の論文試験の配点は高いと思われます。ただ、二次試験は面接試験がメインですし、グループディスカッションもあります。人物試験が同時に行われるために、論文試験の配点が高くても、面接試験などの配点に比べると微妙・・・。という感じかもしれません。先ほども言ったように、論文ができることに越したことはありませんが、結局は面接試験ができないと意味がないということだと思います。

地方上級の論文試験は多くの場合、1問出題されて、1題解答ですから、対策も万全な状態でいかないといけない。1題出題されたテーマが、ちょっと全く手付かずのものだった場合、その時点で何も書けなくなってしまう可能性が高いです。ですから、対策の仕方としては特別なことをやる必要はないと思います。これまで続けてきた論文試験の勉強の仕方で良いと思います。

ただ、ちょっとしたところのその受験した自治体に関連のある話題が出ることもあるので、最近のその自治体の地域事情については知っておいた方が良いかもしれません。論文試験は二次試験で行われます。二次試験で1番重要なのは間違いなく面接試験です。論文試験の方が対策自体はしやすいと思うのですが、配点は高いといえるのか?どうか分からないくらいだと思います。面接試験と相対的に比べると高いとは言いづらいかもしれませんし、論文試験単体で見ると、高いかな?とも思います。ポイントとしては、筆記試験後は論文試験の対策も適度にやりながら、1番は面接試験に力を入れていきましょう。


論文試験の対策用の参考書としては、本書が特におすすめです。本書は、公務員試験で出題されやすい頻出テーマを分析し、約20個を掲載しています。特徴としては、そのテーマに関して、絶対に知っておくべき知識、、近年の話題を一通り紹介した後、実際に過去に出題された、そのテーマごとに関連した論文の解答例が載っています。ただ、解答例を載せるだけではなく、この課題については何を聞いているのか?何を書けば、課題に答えたことになるか?そして、実際に何を論文の中に書くべきか?その理由は?など、かなり細かいところにも気を配って、読んだ人が納得して進められるように構成されています。
地方上級・国家一般職[大卒]・市役所上・中級 論文試験 頻出テーマのまとめ方 2015年度

面接対策を重視した公務員試験の予備校は「東京アカデミー」

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験を受けようと思って、予備校に通おうと考えている方も多そうです。ただ、何を目的にして予備校に通うか?によって、選ぶべき予備校は変わってくると思います。今回は面接対策について書いてみたいと思いますけど、面接対策派近年の公務員試験が人物重視を徹底していることから、かなり大切な要素になります。面接対策により力を入れているところが良いでしょう。

予備校で行ってくれる面接対策というのは、まず公務員試験での面接試験の概要説明、どういう風に行われるのか?どういうことを聞かれるのか?面接官は何を見ているのか?そういったまず面接試験を受験生に知ってもらうところから始まり、具体的にじゃあどうすれば受かりやすいのか?といった面接試験のための必勝法、ノウハウを伝えていきます。

これで必要な情報は揃うはずです。こういった予備校から貰った情報をもとにして、今度はそれを使って自分で志望動機自己PR、その他の質問に合わせて、回答を練り上げていくという作業に移り、最後に模擬面接という形で、それまでの成果を発揮していくという段階に移ります。模擬面接は予備校の講師が面接官を担当し、実際の面接同様の進行をして、終了後に面接官からフィードバック(総評)をしてもらって、それを本番までに修正したり、生かしたりしていくのです。

これが予備校で行われる面接対策の流れです。じゃあ、予備校ごとにどこに差があるか?というと、明確な差というのはそこまでないと思います。ただ、個人的に1番これは!と思ったのが東京アカデミーです。東京アカデミーの面接対策は講師の気合の入り方がちょっと違います。というのも、模擬面接を行う際に、講師の方からのOKが出るまで行われるのです。受験生が「これで良い!」と思っても、講師の方が「いやいや、それじゃまだ不十分だ!」と思った場合には引き続き時間を割いてくれます。

通常、模擬面接は無制限の予備校が多いですが、予備校や校舎によっては模擬面接を受けたいという受験生が殺到し、予約がかなり埋まってしまうため、無制限とはいっても、そこまで回数を受けるのは困難な場合があります。特に資格の予備校TAC、LEC東京リーガルマインドの2つの予備校は特に大手ですし、この傾向は強いかもしれません。

しかし、東京アカデミーは個人的には準大手だと思っているのですが、そこまで多くの受験生にはならないだろうと思います。そこも面接対策の時期になって、模擬面接を予約するときにはちょっと有利かな?と思います。だからこそ、講師の方からOKが出るまで長く付き合ってくれる。面接がどれだけ苦手な人も、講師の方から見て、本番の面接試験に送り出しても大丈夫と思えるレベルになるまで、面接の指導に尽力してくれる。ここまで徹底して受験生の面倒を見てくれる予備校はおそらくないです。

公務員試験は前述したように面接試験がむちゃくちゃ大切です。筆記試験は個人の努力でなんとかなっても、面接試験はその余地が少ない。というか、正しい努力の仕方、テクニックの付け方を知らないと、全く上達せず、合格に全く前進しない場合もあります。だからこそ、長年の経験を積んでいる予備校で適切な指導を受けてもらう。その中でも、特に熱血指導で有名な東京アカデミーはおすすめしたいと思います。
公務員・教員試験のスクール【東京アカデミー】

社会科学でも、関連する専門科目でも役立つおすすめ参考書

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


社会科学って、どうやって勉強していますか?社会科学はあまり力を入れていない人が多いかもしれませんね。暗記科目で出題数も割と多くて、得点しやすい科目ではありますけど、専門試験の勉強でほとんどカバーできるために、あえて力を入れてやる必要はないと思っているからでしょう。基本的にはそれで特に問題ないと思います。

ただ、社会科学用にも使えますが、どちらかというと専門試験にも使えるのが「光速マスター社会科学」です。これは社会科学、またそれに関連する専門科目を勉強したことのある人が復習用に使う参考書としてぴったりだと思うのです!というのも、小さい本なのですが、社会科学の全範囲をカバーしてくれていて、凄いまとまっているのです。

要点だけを抜き出してまとめてくれている感じで、すでにある程度勉強していて知識が詰まっている方のための、知識が完全に定着させるための1冊にもなると思います。また、専門試験の勉強だけしていたのでは、身に付けられないような、ニッチな知識もカバーすることができ、社会科学もそうですが、憲法、政治学、行政学、経済学等の勉強をするうえで知識の増幅が期待できる1冊だと思います。

あと、本のサイズが非常に小さいです。文庫本のサイズくらいです。したがって、どこでも持ち運びしやすい点が魅力だと思います。理想は電車の中で勉強する際には、このサイズだと非常に重宝すると思います。やっぱりコンパクトさが魅力なので、電車の中で座っていても、立っていても問題なく勉強できると思います。

社会科学は専門試験の勉強をしていれば、ある程度の点数はとれますし、実際にとれている人は問題ないでしょう。ただ、社会科学をもっと極めたい!とか、社会科学に関する参考書を探している方、そして、社会科学に含まれる専門試験の知識を増やしたい!もっと点数をとりたい!という方は、それらの科目の参考書を別に買っても良いですが、案外この社会科学の本が役立つかもしれません!

受験生なら誰もが知っている基礎知識から、ちょっと細かいような知識まで、復習用でも、さらに点数を伸ばすため用でも、いろいろな使い方ができます。小さい本ですが、中には文字がびっしり詰まっていて、内容が詰まっている感じです。社会科学、それに関連する専門科目は点数とれる人、得意な人が多いと思いますが、あと1点でも・・・。と思っている方には特におすすめしたいと思います!


大学に通学している人にとっては、通学中の貴重な時間を利用して、勉強をされても良いと思います。わずかな時間でも、そういう積み重ねこそが最後には大きな差になって表れてくる可能性があります。毎日の通学のお供に、大学の中でも問題なく勉強に使えるコンパクトサイズなので、いろいろな場面で使えると思います!
上・中級公務員試験 新・光速マスター 社会科学

国家一般職は官庁訪問の前に説明会の予定を早めにチェック!

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


国家一般職の官庁訪問は人事院面接を受ける前からスタートしますが、その前に書く省庁ごとの説明会があり、それを受けていくことになると思います。この説明会は非常に重要なもので、日程が許す限りはできるだけ参加していった方が良いでしょう。特に国家一般職の志望度が高い方は多くの省庁を見ていった方が良いと思います。

官庁訪問の前段階として行われる説明会は、実際に書く省庁の採用面接を行うときの人事担当者が来ている可能性も多くあるようで、あらかじめ面接官を務める可能性の高そうな人を間近で見られるのは大きいですよね。誰が面接官なのか?仮に分かったところで、万全な対策はとりづらいですが、どういう人が面接官をやるのか?その可能性が見えるだけでも、精神的に違うと思います。

基本的にはこの説明会の時期を利用して、志望省庁を絞ったり、官庁訪問をする省庁を決めたりするでしょう。ただ、説明会の時期はまだ良いのですが、実際に官庁訪問をするような時期になると、他の試験種の面接試験などが多く実施され、たくさんの試験種で一次試験を合格した人は、多く面接試験を抱えることになります。そられの面接試験の日程と官庁訪問の日が被ることもありえます。

これは官庁訪問以外でも、面接試験同士で被ることはありますし、毎年多くの人が面接の日程がかぶってしまい、どちらかを諦めるということが起きています。官庁訪問の場合は結構な数行う人もいると思いますが、志望度の高い省庁が他の面接試験の日程を被ってしまう可能性もあるので、それはしょうがないことですけど、覚悟しておかないといけないでしょう。

官庁訪問の準備段階である説明会は一次試験の終了翌日から実施される可能性があります。したがって、もうすぐ国家一般職の一次試験が行われますが、その翌日からすぐに説明会が実施される省庁もあるので、早くから各省庁ごとの説明会の開催日程についても調べておく必要があります。

希望の省庁の説明会がいつ開始されるのか?といったものを早くからチェックして、都合の合う限りはできるだけ参加していきましょう。一次試験の翌日から順次始まるということで、非常にハードなスケジュールにもなりますが、予約が必要な場合などもあるかもしれませんので、できるだけ早めに調べて、準備するようにしておきましょう。


官庁訪問をする際には、あらかじめ官庁訪問について詳しく知っておく必要があります。説明会への参加の時点から、実際の官庁訪問を意識して行うためにも、面接試験とともに官庁訪問について詳しく学べる本書を読んでいきましょう!官庁訪問って、まずは何をどうすれば良いの?という方も、本書を読んできちんとした知識、ノウハウを蓄積してから、官庁訪問に参加していきましょう。
公務員 面接・官庁訪問の秘伝 2015年度採用 (公務員試験)

特別区の面接1回目「プレッシャー体験」に関する注意点

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


特別区の人事院面接の1回目では、これまでの経験したプレッシャー経験について聞かれます。このプレッシャー経験については、吉井英二氏のブログで、短期間(瞬間的)なプレッシャー経験について話した場合、長期間にわたるプレッシャー経験について「他にはある?」と聞かれる可能性があると書かれています。これは確かにありえるかもしれない。

でも、長期間にわたるプレッシャー経験って、そうあるでしょうか?例えば、皆さんが今頑張っている公務員試験がまさにそうだと思います。これは長期間プレッシャーを感じている格好の題材でしょう。しかし、それを面接で話すわけにもいかない。あとは大学受験とかですかね?これは高校生の頃でしょうから、時期的に微妙と思う人も多いでしょう。

長期間にわたるプレッシャー体験の「長期」というのは、どれだけの期間を指しているのか?分かりません。吉井氏のブログでは「1ヶ月」というワードが出ていますが、1ヶ月にプレッシャー体験って、ありますか?私が大学生だった頃を思い出しても、それくらいに長期にわたる継続的なプレッシャー経験って、思いつきません。本当に面接官は長期のプレッシャー経験が聞きたかったのか?どうか分かりませんし。

というか、このブログを拝見するまで、私はプレッシャー経験って、完全に短期的なもので、プレッシャーを感じている瞬間というのは1日とか、せいぜい数日くらいものが一般的だと思っていました。そういう意味では、今回の吉井氏のブログは目から鱗でしたが、ただ、1ヶ月くらい続くプレッシャー経験って、みんなあるんですかね?どこまでをプレッシャーに含めるか?多少の緊張感でもプレッシャーに含めて良いのならあるかもしれません。

プレッシャーの話題については、皆さんおそらく悩むでしょう。プレッシャーの話にかかわらず、面接では「他には?」と聞かれることはありえます。受験生の話題選び、面接官の質問力のどちらかに問題にあったのか?分かりませんけど、面接では各話題について、複数の話題を用意しておいた方が良いと思います。

プレッシャーが1ヶ月くらい続くということは、食べ物が喉を通らないような日々が1ヶ月続くってことですよね。そういう稀有な経験をした人がどれだけいるのか?分かりません。個人的には別に短期的なプレッシャーの話で構わないと思います。普通に考えたら、プレッシャーの話題を探すときに、多くの方は短期的な話題を探す傾向があるように思うので。ただ、「他には?」対策でもう1個話題を探すなら、多少長期にわたるプレッシャー体験について、考えてみた方が良いと思います。