_ 教養試験お得情報 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

公務員試験の地理は文系にとってはきつい科目か?苦手な人も多い?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の地理という科目は文系の科目になりますけど、文系が全員得意か?というと、そうとも限りません。文系の人でも得意な人とそうじゃない人に分かれますし、理系でも地理が得意な人がいます。したがって、地理という科目は、他の人文系の科目とはちょっと捉え方を変えた方が良いと思います。地理というのは暗記科目ではない側面もありますから。

地理は暗記をすれば太刀打ちできる面もあるのですが、暗記だけでは対応できない問題がたまに出ます。センター試験とか、30何問解くようなケースでは、暗記のみで対応できる問題は全体の7割とかなのかな?だから、暗記しかしていないと絶対に穴ができてしまうのです。でも、公務員試験は2問とか、3問なので、暗記のみで対応できる問題しか出ないということもありえます。

しかし、1問くらいは頭を捻るような、知識だけじゃないような問題が出るかもしれないので、そういう想定はしておいた方が良いです。地理は知識も大事ですが、仕組みを理解して、それを応用していく力が必要なときがありますからね。公式を暗記して問題を解く数学tかの力に似ているのかもしれません。数学はそれが100%ですけど、地理はそれが一部ということになります。

だから、地理は文系の科目ということになっているのですが、日本史、世界史、文学芸術、思想などと比べると勉強の勝手が違うこともあるので、暗記分野だけやって、それ以外の知識ではどうにもならなそうな、別の考え方が必要かな?と感じた問題はパスするという方法もあります。地理を捨てる必要はないのですが、過去問を解いていて暗記でどうにかなる問題はちゃんとやって、そうじゃない問題はやらないでおくという対応でも良いと思います。

暗記だけでどうにかなる問題か?どうかは解いていてなんとなく感覚で分かると思うので、過去問をやるながら、これは繰り返し解くべきとか、これは繰り返し解けば、本番でも正解できると思える問題のみを練習していきましょう。地理の場合にはそういう勉強法が必要だと思うのです。過去問に載っている問題を全部解こうとしない方が良いのかもしれません。それは他の科目にも言えるかもしれませんけど。

公務員試験の時事対策に民間企業用のものは通用するのか?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の時事問題では事前に対策をしていかないといけないでしょうけど、そのときにはどういった参考書を使うのが良いでしょうか?基本的には公務員試験用の時事対策本があるので、それを使っていけば良いのではないか?と思います。公務員試験では速攻の時事という有名な本があるので、そういったものを使っていくと十分に時事対策ができると思います。

しかし、民間企業に向けた時事対策本や一般常識のための本の方が種類は多いです。したがって、より良いものがあるのではないか?と思うかもしれません。しかし、公務員試験と民間企業の時事問題はやや性質が違う気がします。あとは出題される範囲の傾向がやや違っている気がするのです。

それぞれの過去の出題傾向に沿って、それぞれの時事問題の参考書は作られているので、それぞれにとって1番良い出来になっていると思います。速攻の時事は公務員試験の過去の出題傾向から、こういったところが狙われるというので作られているはずなので、速攻の時事に載っていることを勉強してみれば、公務員試験の時事問題で1番点数がとれる可能性があります。

公務員試験に関しては速攻の時事などの専門的な時事対策本があるので、そちらを使った方が良いと思います。ちゃんと出題傾向に沿っており、どこが狙われるか?どういう問題が出るか?までちゃんと考えられてまとめられていると思いますから、民間のものを使うよりも点数はとりやすいと思います。民間と比べると公務員試験の方が時事問題のレベルが高い気もします。

だからこそ、より専門的な本を使って勉強をした方が良いと言えるのです。民間企業の時事問題の対策をするときには、逆に速攻の時事までやる必要がないというか、合わない可能性がありますから、そういうときには民間企業用の就活の時事対策本を使うと良いと思います。ちゃんと守備範囲がそれぞれあると思うので、それに合ったものを使っていくと良いでしょう。

公務員試験の社会科学は該当の専門科目の勉強だけで十分と言えると思う

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の社会科学の勉強は、これは専門科目の該当科目の勉強で代用するというものと、一応専用の勉強をしておくという2つの方法がありますが、社会科学の中でも専門科目にはない、または特定の専門科目をやらないような人はそこだけは社会科学の専用の問題集で勉強をしておいた方が良い気がしますが、それ以外はもうやらなくても良いような気もしてきます。

例えば、社会政策とかは専門科目でやらない人もいると思うんですけど、社会政策の範囲ももちろん含まれているので、社会科学の過去問では、そこだけはやっておくとか、そういうことです。でも、それ以外の科目が全て専門科目でちゃんとやっているという場合には、もはやそれで十分だと思うのです。専門科目の過去問でちゃんと勉強して、社会科学の過去問での同様に勉強する必要はないと思うのです。

やればやるだけ知識がしっかりするというのはあるかもしれませんが、実際効果の程はそんなに大きくないと思いますから、再度社会科学で勉強をする必要はなく、社会科学に該当する科目のうち、専門科目をちゃんと勉強しているものは、専門科目の勉強でやった分のみで社会科学を勝負しても良いと思います。2度勉強することの効果が少なければ、やる意味は少ないです。

むしろ、その時間を苦手科目に費やした方が良いかもしれないのです。実際、再度社会科学で勉強をしたとしても、本番の点数で社会科学の成績が上がるか?というと、微妙だと思います。1点か2点上がれば良い方だと思います。変わらないケースが多いような気がしてきます。だから、効率化を考えるならば、社会科学は専門科目で勉強していない科目のみやっていきましょう。

ただ、そのためには専門科目でもちゃんと点数がとれるように勉強をしないといけないです。そうしないと、専門科目と社会科学両方ダメになってしまう可能性がありますから。これだけ科目数が多いと、本当に公務員試験は勉強方法n効率性と有効性をともに重視していかないといけませんが、社会科学の勉強法1つで効率性と有効性を重視するならば、こういうやり方になるかな?と思います。

公務員試験の面接対策の時期が筆記試験の後か?前か?で差がつく

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の面接対策は、多くの場合筆記試験終了後に本格的に始める方が多いと思います。それよりも前に始めている方もいますが、できることは限られています。模擬面接などの本格的な面接対策は、予備校の場合は筆記試験終了後になるのです。ただ、その時期から始めると、あまり時間がありません。そして、回数もこなせません。

面接対策本を読んで、志望動機や自己PRを考えるくらいの軽い面接対策であれば早くから始められます。ただ、特に大切なのは練習です。でも、その練習は予備校で受けるのがメインになるでしょうし、筆記試験終了後なので、本番までの期間もそれほど多くないですし、期間が短い分、何回も受けようと思っても受けられないこともあります。応募者がこの時期は殺到するので、何度でも模擬面接を受けられるとしていても、現実的には限度がありますから。

そうなると、ここで差がつくのは民間企業との併用組です。民間企業は、公務員試験の面接の時期の前からとっくに面接をやる企業も多いです。1月2月くらいはやっているところもあるはずです。だから、公務員試験の面接の時期は早くて5月、6月とかだと思うので、その前に民間企業でかなり回数を重ねている人は、経験値がかなりありますから、場慣れという点ではかあり差がついているでしょう。

民間企業と両立している人はそんなに多くないと思いますが、もしいたらそれは面接において有利な材料にもなります。公務員試験と民間企業の面接は同じではないものの、共通点もありますし、基本的な面接の基礎に関しては同様ですから、模擬面接しか受けていない受験生よりも、民間で本番の面接を何度も経験している受験生の方が受かる確率は高いかもしれません。一概には言えませんけどね。

民間企業と両方受けるのは難しいので、割合としては多くない気もしますが、もし可能ならば面接の練習のためだけに民間企業をちょっと受けてみるのも良いかもしれませんが、やっぱり難しいかな?ただ、最後に言っておきたいのは、模擬面接のような練習を筆記試験終了後に何回か受けただけよりも、それ以前から同様の経験をできている受験生の方が有利な要素にはなると思います。実際、面接対策を実施する時期の早さを売りにしている予備校もあったと思いますから、そこはやっぱり大きな問題になりやすいと予備校側も考えているのではないでしょうか?

数的処理の勉強を始める時期は?いつから始めれば良い?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の中でも最重要科目として位置づけられているのが数的処理ではないでしょうか?数的処理ができないと公務員試験は合格不可能みたいな印象もあるかもしれませんが、決してそんなことはないと思います。試験種にもよりますけど、ある程度できないとマズイところもあれば、あまりできなくてもOKというところもあると思うのです。

さて、そんな数的処理は一体いつから始めれば良いのでしょうか?公務員試験の勉強をこれから始めるという方であれば、気になるところかもしれません。数的処理は問題の数も多いし、凄い重要な科目というのは分かっているのではないか?と思いますけど、いきなり始めないといけないのでしょうか?基本的には苦手な人が多いと思うのですが、勉強を始める時期とどれだけの点数を目指しているか?にもよります。

勉強を始める時期がちょうど筆記試験の1年前くらいからと想定する場合ですが、私はそもそも最初から高得点なんか狙ってませんでした。5割取れれば最高という感じで、4割くらいとれれば良いやと思っていたくらいです。したがって、いきなりはやりませんでしたね。いきなりやる気も起きなかったというのもありますけど。最初は憲法とか、政治学、行政学から始めていた記憶があります。

数的処理を本格的にやりだしたのは、いつだったかな?あまり覚えていないけど、遅かったと思います。本番では結局、3~4割くらいの正解率が多かったと思いますので、狙い通りだったかもしれません。満点とか、高得点を狙っている人はそんなにいないと思いますけど、5割くらいを目指すのであれば、残り半年くらいから始めても間に合うのではないか?と思います。

早く始めた方が良いのはその通りですし、その人の成績の伸び具合にもよりますけど、5割くらいを目指している人が多い印象なので、別に1年前からいきなりやらなくても良いと思うんですよ。数的処理をいきなり始めると、それに躓いた場合に、公務員試験の勉強そのものに対してやる気がなくなってくる可能性もありますから。だから、数的処理はちょっと後回しにして、やりやすい科目から勉強するというのも良いでしょう。

もっと後から始めても、5割くらいを狙うならば、間に合う可能性は十分あります。最低半年以上残しておけば、真面目にやれば狙える点数だと思います。もっと高得点を狙うのであれば、勉強開始と同時に数的処理の勉強も始めないときついかもしれませんけど。勉強開始が遅くなってしまった場合には、5割くらいを目標にしてもいきなり始めないといけない場合もあると思いますけどね。