_ 公安関係の試験情報 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

警察官で1番受かりやすい、倍率が低い試験種は警視庁か?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


警察官になりたいという人は多くいると思いますし、試験を受けようと思っている人もいるでしょう。地元の都道府県警を受けるか?警視庁を受けるか?というのが1つの選択になります。警視庁を受ける人は非常に多くいますが、採用予定者数もかなり多いので、警視庁は1つ狙い目になります。倍率が低いですから。

受かりやすいか?どうかを判断するには倍率くらいしかありません。試験の内容はどこも大差ないと思いますから。警察官の中で倍率を基準にすると1番受かりやすいのは、やはり警視庁になると思います。倍率はここ数年徐々に下がってきており、最新の平成26年度の結果は男女ともに6倍台でした。これはやはり低い方だと思います。

警視庁の警察官の採用試験の難易度を客観的に表す指標になると思いますが、倍率が6倍台というのは、簡単とは言えませんが、相対的に受かりやすい試験種になると思います。毎年男性警察官は1000人、女性警察官は200人程度募集されているので、やはり、この採用人数の多さが1つポイントになると思うのです。

他の都道府県警察はここまで大規模な人数を採用することはまずありませんから、やはりここの差は大きいです。基本的に採用人数が多くなればなるほど倍率が下がる傾向にあるのが公務員試験なので。そういった特徴を踏まえると、警視庁は警察官の採用試験の中では受かりやすい試験種になると思います。

あくまでも倍率的には受かりやすいということですから、筆記試験、面接試験、その他の試験の対策をきちんととらないといけません。去年の倍率であっても6人に1人しか受からないので、受かりやすいといっても簡単ではありませんから。警視庁の筆記試験はそこまで難しくはありませんが、面接試験がやはり厄介なので、ここが勝負の別れ目です。警察官の採用試験は基本的に面接重視で、面接が特に受かりづらいですから。

警視庁など、警察官の面接で時事問題は聞かれる可能性があるので注意

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


警視庁の採用面接では、どうやら時事問題のような質問がされることがよくあるみたいです。時事問題というと、筆記試験の教養試験とかでは出ることはよくあるものの、面接試験で聞かれるのはそう多くありません。しかし、警視庁など、警察官の面接においてはまあまあ聞かれる可能性がある。それはそういう問題に意識が日頃から向いているか?どうかという点も見ているからかもしれません。

実際、どういう質問が聞かれるのか?は面接官ごとに異なると思われますが、予想されている質問は政治関連が多いです。しかも、結構メジャーな話題が多いので、時事対策を筆記試験でやっていれば、全く答えられないことはないとは思います。しかし、面接で聞かれる部分は筆記試験で聞かれる部分とはちょっと違ってくる可能性もあります。

したがって、より詳しい細かい知識がないと、上手い的確な回答にならないこともあるので、面接前には時事的な問題への対応も考えておいた方が良いでしょう。時事対策の参考書だけでは不十分かもしれないので。自分なりにアンテナを張っておいて、特に政治分野におけるメジャーなニュース、国民の関心が高いと思われるものはさらっていきましょう。

ニュース番組や新聞でよく取り上げられているものは、特に狙い目の可能性もあるので、ある程度メジャーなニュースに関しては、特に細かく内容をチェックしていくと良いでしょう。ある程度最近の、ここ1年くらいのものが狙われるはずだと思いますから、そんなに昔のものまで調べなくて良いと思いますが、安保法案とか、マイナンバーとか、そのくらいのレベルのものに関して、特に注意を払っておくと良いと思います。

とはいっても、何を聞かれるか?は完全には予想できません。それは他の質問と同様ですし、聞かれないこともあるでしょう。警視庁などを含めた警察官の面接で時事問題の情報、それ以外の面接の質問に関する情報はどうしても少ないので、確実な言葉言えませんが、警察官の面接では、市役所勤務などの公務員試験の面接と比べて、時事問題に関することが聞かれやすいというのは知っておきましょう。

警察官になるには?受かるために必要な勉強期間と勉強時間

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


警察官になるにはいつから勉強をすれば良いのでしょうか?警察官の試験の準備といえば、多くは教養試験のための勉強期間になります。面接対策とかも一緒にやっておいた方が良いというのはありますが、筆記試験の勉強がメインになるでしょう。そこで筆記試験、これは教養試験と小論文試験などを含みますが、これらはどれくらいの期間勉強したら良いのでしょうか?そして、警察官の筆記試験に必要な1日の勉強時間はどれくらいでしょうか?

警察官の場合には筆記の難易度は高くないですから、勉強期間もそれほど多くはいりませんが、余裕を持ちながら6ヶ月くらいは用意しておくと確実です。警察官の勉強期間の平均は多分これくらいだと思うのですが、長い人は1年くらいやっている人もいるかもしれませんが、短い人は3ヶ月とかでしょうか?でも、警察官の採用試験の勉強期間は平均半年くらいだと思うのです。

そうなると、警察官の筆記試験の勉強はいつからやれば良いのか?というと、最低半年くらいはやるべきとなれば、筆記試験の当日から逆算して、6ヶ月前までには勉強を始めましょうということになります。予備校に通うのであれば、余裕を持っておいた方が良いので、さらに早くから通い始めた方が良いかもしれません。予備校での授業を聞いても、結局自分で復習をしないといけないので、予備校で授業を聞く数時間分が1日のうちかかりますから、それを考慮すると、独学の人よりも理解は進んでも、時間がかかる場合があるからです。

警察官になるには、どちらかというと面接の方が厳しいですし、こちらの方が重要なので、筆記試験はそれほど対策のための期間をとらなくても大丈夫な場合もありますけど、中にはやっぱり特定の科目が苦手だったりするので、警察官の筆記試験の勉強期間はとりあえず6ヶ月、半年は考えておくべきでしょう。ちなみに警察官になるための1日あたりの勉強時間はというと、こちらはできる範囲で良いと思いますよ。少なすぎなければ良いのではないでしょうか?1日数時間程度ずつやれば、間に合うと思います。

警察官の採用試験では、まず一次試験で教養試験と小論文などの試験が行われることが多いので、そのために適切な勉強をしていきましょう。警察官の問題は難しくはないですが、勉強時間や勉強期間はしっかりととっていかないと、油断すると受からないですから。本番は面接なので、そこになんとか立つためには、まずは筆記試験を通過していきましょう。

警察官の採用試験の面接官が採用したい人、合格する人の特徴は?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


警察官の面接に受かる人というのは、どういった人でしょうか?いろいろな要素があるでしょうが、1つ絶対に存在していると思うのは、警察官を職務を全うできる人じゃないか?と思います。それはつまり、警察官という仕事を続けられる人、辞めない人という意味です。公務員に共通していると思うのは、仕事を辞めない人、そういう人を面接官は欲しがっているということなのです。

面接官が1番恐れるのは、採用した人がすぐに辞めてしまうことです。行政職の公務員でも、それがよく言われています。警察官の方が実際どちらかというと仕事は厳しいと思います。比べるのも難しいかと思いますけど。したがって、行政職の公務員の採用面接ですら、辞めない人か?どうかを見極めていようとするのであれば、警察官の採用面接でも同様の点を見られていても全く不思議ではありません。

つまり、警察官の採用面接に受かるためには、自分は警察官として職務を全うする。嫌なことがあっても、辛いことがあっても辞めない人間だということを面接官に訴えないといけないのです。それができれば、採用の可能性も上がるでしょうし、できないと、不採用という可能性が一気に高まってしまうでしょう。

警察官の場合は、警察官としての職務以前に警察学校での生活がきつくて、そこで辞めてしまう人も多くいるみたいです。だから、想像以上にきつい職業だということでしょう。きついのは分かっていると思いますけど、想像以上を想定しておいた方が良いのかもしれません。警察官は辞められてしまうと、やはり安全面、治安の面で損失が大きいですから、行政職の公務員と同様に困る自体ですよね。

辞めないことが最大の警察官への適性とも言えるのかもしれませんが、その部分は間違いなく重要だと思います。それだけが全てというわけではないです。もちろん、それ以外の警察官の適性という部分も同様に重要でしょう。ただ、長期的に雇う前提なのですから、辞めない人を採用したいという思いは間違いなくあるでしょうから、そこは突き詰めていかないと採用されないでしょうね。

警察官の採用試験では大学や高校を中退していると不利に影響する?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


警察官の採用試験は、大卒、高卒で枠が分かれていると思います。ただ、高卒にしろ、大卒にしろ、別に一定の学歴がないと受けられないということはほぼないです。高卒の人が大卒の試験を受けても大丈夫な場合が多いと思います。ただ、問題は中退をしている人です。大学にしろ、高校にしろ、中退をしていることが合否にかかわる場合があります。

中退をしているから、受けられないわけではありませんが、経歴における中退はあまり良い印象を生みません。どっちかっていうと、ネガティブな印象ではないでしょうか?したがって、中退をしていることが多少不利になる可能性は否めないのです。不利になるか?どうかはほとんどケースバイケースで、必ずではありませんが、言うなれば面接官次第ということでしょうか?

面接試験は当然経歴もチェックされるでしょう。これは警察官だけではなく、民間企業でも市役所勤務の公務員でも同様でしょう。仕事を始めるときには、どこを受けても過去の経歴や学歴をチェックされると思います。バイト程度ならば、中退は大したイメージダウンにはなりませんが、正社員を採用する場では大きく関係してくることがあります。

そして、警察官採用は、かなり人物重視で、相当信用が置けるか?どうかのチェックをするはずですね。身辺調査とかも徹底してやりますから。そうなると、大学や高校を中退していることが、信用を落とすと客観的に言えるのか?どうかはともかく、イメージとしてよくないという事実があるならば、それを信用に欠けるという理由にされてしまうこともないとは言えないでしょう。

これは考え方次第なんですよね。元を辿れば、警察官の採用試験に筆記試験なかいるのか?国語算数理科社会なんているのか?という問題もあるでしょう。筆記試験はほとんど足きりに近いと思うので、仕方ない面もあります。そして、面接試験だって、選ぶのは大変ですから、学歴的に瑕がある人を不利にして何が悪い?と言われたら、どうしようもないです。だって、面接官にある悌夫の裁量があるわけですからね。っていうか、何を理由に落としても、全員が納得する理由なんかないですよ。

例えば、全然まともに喋れない人を不合格したら、面接なんて緊張する場なんだから、上手く喋れなくて当たり前だ!と反論されるかもしれない。その反論自体の是非はともかく、全員が納得してくれる不採用理由はほぼ存在しないでしょう。そうなると、結局何かを理由にして落とさないといけないので、そこで面接官の裁量になってしまい、そのときの面接官によっては、大学や高校を中退していることが特に引っかかってそれだけで不採用になるとは言えないものの、1つ評価を下げる原因になるかもしれません。