_ 社会人経験者採用の試験情報 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

公務員に転職して給料、年収が下がるのはどんな人?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験を受けて、民間企業から転職を考えている方は、中には給料アップを目指して転職をするケースもあるかもしれないですね。確かに公務員に転職すれば給料は上がる可能性もありますけど、下がる可能性もあります。そのリスクについては事前に受ける試験種の給与事情などを個別に調べてほしいと思うのですが。

給料が上がるか?下がるか?というのは、1つは年齢にも結構関係している部分もあります。それは今の年齢が高い人は給料が上がり可能性は低く、低い人は給料が上がる可能性は高いのではないか?と思います。これは両者の相対的な傾向なので、全員に当てはまるわけではないですし、可能性も差というのもそんなにないかもしれません。

それは年齢が高い人ほど、今の給料がそもそも高いわけですよ。少なくとも22歳の人と30歳の人を比べたら、基本的に30歳の人の方が給料は高い傾向にあるので、今後給料が上がる余地というのが狭いことを意味しているのです。逆に若い人は給料はまだ少ないですから、転職後に上がる余地は大きいです。

ただ、年齢以外でも今勤めている企業の規模とかにもよりますし、今自分が貰っている給料が世間一般的に見て高いか?安いか?というのはだいたい想像がつくと思うので、平均よりも低いと思っている人は、年齢関係なく上がる可能性は割とあるんじゃないか?と思います。

ただ、仮に転職後に年収が下がったとしても、公務員は民間と比べたら給料そのもの、給料の上がり方は安定していますから、転職直後は下がっても、いずれ上がってきて、前職の給料を越えるのも時間の問題という部分はあると思いますけどね。企業によっては給料アップがほとんど期待できない。それどころか、このままいけば倒産するんじゃないか?という企業もありそうですし、目先の年収だけじゃなくて、長期的な年収を考えたら、公務員の方が良いという方もいるでしょう。

過去の転職回数が多い人は公務員試験の面接で不利?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員への転職を目指す方はこれまでの自分の経歴をぶつけて勝負することになるわけですけど、その際に転職回数が何回もあり、そのうえで公務員への挑戦をするとなると、やや不利になるのでしょうか?これはよく転職をするときに言われていることですよね。転職回数が多いと、不利になると。それはケースバイケースで、企業ごとにも異なると思うので、何とも言えません。

転職をして着た回数が多いと厳しいというのは、完全にイメージの問題であって、回数が多いと、別にその人が自動的に無能とかになるわけではないと思います。ただ、転職回数が客観的に見て多い場合には、そこを面接で突っ込まれる可能性もあります。何回から多いのか?というのは、年齢とかによりますから、なんともいえないですけど、過去の転職が5回を越えると多いと評価されるかもしれません。

転職回数の多さがイメージがよくない理由としては、やはり何回も転職しているということは、少しのことですぐ辞めるってことだから、採用してもまたすぐに辞める可能性があるということが懸念されている可能性があります。実際、多くの面接対策本には、公務員として採用したい人として「すぐに辞めなさそうな人」というのはよく挙がっていると思います。

公務員の採用現場でも、これが最優先事項ではないにしろ、仕事を辞めないでちゃんと全うしてくれそうな人か?どうかは見られているのです。では、もしかしたら転職回数が多いことが不利に働くかもしれないのですが、転職回数が多くても、すぐに辞めないことをアピールすれば、大丈夫な場合もあると思います。どうやってすぐに辞めないアピールをするのか?というと、公務員への熱意を表すしかありません。

というのも、辞めたことをマイナス視するのではなく、プラス視するのです。それは公務員になりたいからこそ、わざわざ会社を辞めてまでこうして、転職してきたということをアピールするのです。それは転職って、そう簡単に決意できるものではないと思うので、普通はそれなりの覚悟がいるはずです。つまり、今回の転職だって、適当に決めたっわけじゃないですよね?公務員になりたい意思があったからこそ決意したはずです。

つまり、面接官に今の仕事を嫌になって投げ出して、転職をしに来たと思われたら終わりですから、公務員になりたくてなりたくてしょうがないから、今の仕事を辞めて、公務員の試験を受けに来たと思わせる。それは公務員への志望動機で表すのが1番だと思います。この質問は必ず聞かれると思いますから、そのときに私は今の仕事を投げ出してまで、公務員になりたい!公務員になってこんなことをやりたい!それを精一杯伝えるのが1番だと思います。

それがちゃんと伝われば、過去はともかう今は公務員に対して本当に真剣なんだと思ってくれて、転職回数の多さというのも、大して気にならなくなる可能性もあると思います。転職を過去に何度も繰り返していると、それはそれで不利になる可能性もありますけど、それだけで落ちるわけではないので、それを覆せるだけの公務員へのありったけの熱意を語ることを心がけましょう。

公務員への転職は在職期間が短い、早期離職は不利?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員への転職を目指される方もたくさんいると思います。公務員は民間企業で働いている方からしても、やはり魅力的な職業になりつつあるということなのでしょう。さて、公務員を目指す人は民間企業にもたくさんいるのですが、まだ入社して間もないような若い方でも、公務員への憧れからすでに転職したいと思っている人もいるのではないでしょうか?

公務員にやっぱりなりたい!と思う人は多いと思いますけど、この国では早期離職というのはあまり良いイメージではありません。入社してから最低3年くらいは我慢しろ。と言う人もいるくらいですから、若手社員がすぐに会社を辞めることを咎める声というのはよくあると思います。実際、そんな声は無視してしまえば良いのですが、問題はそういう早期離職が公務員試験を受けるときに不利にならないか?ということです。

他の人が勝手に言っていることは無視してしまえば良いけど、それが選考のときに不利になるとなれば、無視もできないかもしれません。それを無視いたら不利になるというのならば、公務員になれる確率が大分減ってしまうので。実際はどうなのか?というのは、個別に試験種や面接官によって違う。としか言いようがないですけど、少しでも若いうちに転職をするというのは悪くないと思います。

確かに民間企業での年数が多くても、歳がいっている人というのは、どうしても躊躇してしまいがちなところもあると思うので。例えば、入社して1ヶ月とか、半年とか、相当極端なものじゃない限りはそこまで関係ないような気はしますけどね。間違いなく前職をやめた理由を聞かれると思うので、そのときに前職をやめた理由(公務員を志望した理由)について、面接官が納得するように答えられれば、特に問題はありませんから。

多くの人はここで躓きやすいので、この質問については「「前職を辞めた理由を教えてください」という質問の答え方」のページで解説しているので、是非ご覧ください。逆に今勤めている会社を辞めて、新たに公務員として働きたい理由が確固たるもので、面接官を唸らせるというか、感心してもらえるようなものならば、何年勤めたとか、何年で辞めたとかはあまり関係ないように思いますね。

転職で公務員を目指す場合には、いろいろと大変だと思いますけど、しっかりと対策をして面接に臨んでください。筆記試験はやや軽めに作られていると思うので、そこまでは苦労しないかもしれませんけど、面接がほとんど全てでしょうから、社会人経験者採用の場合は、特に面接対策をしっかりと取り組んでいきましょう!