_ 国家総合職の試験情報 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

国家総合職の人事院面接や官庁訪問の選考順番は成績順?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


国家総合職は一次試験から合格発表まで物凄く早いですね。したがって、これからいよいよ二次試験の面接対策や官庁訪問の対策をしていかないといけないわけですが、その前に専門記述や政策論文の試験もあるため、こちらの対策もしていかないといけないでしょう。それもしながら面接や官庁訪問対策もしないといけませんし、他の試験種の対策もあります。

当分は公務員試験漬けの生活になってしまうでしょう。そして、二次試験は7月になるようですが、そのときには面接に呼ばれる順番が気になっている方もいるようです。呼ばれる順番は勿論違いますし、それが評価順というか、成績順になっているのでは?という噂もあるみたいです。ただ、確実なことはいえないものの、あまり深く考えてもしょうがないです。

それは覆しようが無い事実ですから、本当に成績順とかだったりしても、それは覆しようがないです。それを本人が感じるか?否か?の問題でしかないので、それは気にせずに二次試験を頑張るしかないです。国家総合職に受かりたい人であれば、一次試験の成績にかかわらず、一次通っていれば二次試験は受けるでしょう。一次試験の成績もかなり最終合格には影響しますけど、日程が他とかぶらない限りは受ける人が多いと思います。

そうなると、どっちにしろ全力を尽くすだけですから、二次を受けないという選択肢があるならば、面接の順番等によって、優先度を変える。つまり、一次試験の成績があまりよくないのかな?と思ったら、最終合格可能性が低いので、面接が被った別の方を受けるという考え方もできなくはないです。ただ、これ自体が噂のレベルなので、信じるか?どうかの問題もあります。

したがって、私は順番は全くランダムとは思いませんが、何らかの法則で決まっているとは思います。それが何なのか?は分かりません。成績順の可能性は低いでしょう。成績順に面接や官庁訪問で選考を行う意味もよく分かりませんからね。だったら、受験番号の若い順とかにした方がまだ自然だと思うのです。成績順という可能性は低いと思いますし、気にしないで二次試験の人物試験や官庁訪問の対策をしていきましょう。

国家総合職の人事院面接の時間は?案外短い

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


国家総合職の二次試験は人事院面接になりますが、これは合格しても、官庁訪問を行って、そこで内定をとらないと採用されません。そういう意味では、人事院面接は通過点に過ぎないかもしれませんが、ここを通らないと官庁訪問で内定をとっても意味がないので、しっかりと対策をしないといけないのです。

国家総合職はそこまで面接の配点は高くありませんが、面接はやはり重要です。筆記試験で良い成績を残せれば、それだけかなり有利ということは言えるものの、面接対策はしっかりとやらないとなかなか受からないでしょう。面接の時間はあまり長くないようですよね。20分程度のようです。今年も同じか?どうかは分かりませんけど。

面接時間が20分というのは、そんなに長くは感じないでしょう。長いところは30分以上やっているところもあるので、普通くらいかな?という感じです。面接でどんなことを聞かれるか?詳しい面接の内容などはネットで調べるか?予備校などで調べるか?してみてください。私は国家総合職受けていないので、詳しいことは話せませんから。

国家総合職はここからが長いですよ。早い人は早く決まるのかもしれませんけど、長い人はここから人事院面接、官庁訪問を通じてずっと面接などを受けていくことになるかもしれませんからね。他の試験種で内定が出れば、そこに決めるということもあるかもしれませんけど、国家総合職が第一志望の方は、ギリギリまで続けますよね。

国家総合職の面接対策は大変だと思いますけど、あの難しい筆記試験を受かったのですから、そのチャンスを是非生かしてほしいなと思います。倍率はそこまで高くないですし、受かる確率はそれなりありますが、筆記試験の出来次第ということも言えますから難しいですけど、まだ本番まで時間がありますから、是非頑張ってください。

本命の試験種の前に国家総合職を練習として受ける作戦

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


今年から神奈川県早期チャレンジが秋に移行になったのっで、従来は主要の行政系の公務員試験で、日程的に1番最初だったのが、かなり遅く実施されることになりました。その結果、国家総合職が日程的には1番最初に迎える試験になると思います。ただ、国家総合職は受けない人も多くいると思うのです。

国家一般職は受けるけど、総合職は受けない人も多い。日程的には被ってないと思いますけど、多くは敬遠する。それは難易度的に難しいというのもあるし、国家総合職に興味のないという人も多いかもしれないですから。そういった理由で敬遠されるのも仕方ないことですが、神奈川県の早期チャレンジが遅くなったので、国家総合職を練習用に受けるというのもありだと思うのです。

神奈川県早期チャレンジは、教養試験と論文と自己PRシートのみが一次試験ですから、問題の難易度も普通くらいですから、練習用には本当にぴったりの試験種だったと思います。ただ、それがないので、国家総合職を練習用というのは、ちょっとあれなんですけど、本番の試験を1度経験しておくというのも大切だと思うのです。

志望度の高い特別区、東京都庁、地方上級、国家一般職、国立大学法人などなど、そういった本命の試験の前に受けられる試験はそんなにないです。本番の前に失敗しても、練習なら大丈夫ですし、その失敗が本番の前にしておいて良かったでしょうから、そういう意味でも良い練習になるのです。

地方上級とか、国立大学法人はその前に他にも試験種がたくさんありますから良いとしても、国家一般職、特別区、東京都庁、国税等の試験は受ける人もかなり多いですよね。おまけに本命という人も多いと思います。国家総合職を除くと、何があるんですかね?裁判所くらいかな?そうなると、やはり第1候補は国家総合職なのかな?と思います。

4月の後半とかになるのかな?できるだけ早いうちに1回練習用に受けておくことも良いのではないでしょうか?神奈川県早期チャレンジは、恐らく練習のために受けていた人も大勢いたと思います。凄い倍率ですからね。早期チャレンジほど気軽に受けられるわけじゃないし、合格の望みもないかもしれないけど、練習だと割り切れれば緊張せずに本命の試験の前に良い経験ができるのではないでしょうか?

国家総合職は独学で可能か?予備校に通わないと無理か?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


国家総合職というと、公務員試験の中では非常に難しい。最難関とする声すらあります。感じ方は人それぞれで、本当に難しいという人もいれば、そんなことないだろという人もいます。国家総合職の場合は、筆記試験も難しいとされていますけど、官庁訪問が非常に厳しい印象ですね。官庁訪問自体、かなり過酷という声を聞いています。

例えば、予備校の扱いでは、行政職の公務員試験の講座の場合、地方上級、国家一般職の2つが中心になります。このコースを選ぶ人が非常に多いですね。それはこれを選べば地方上級、国家一般職を中心にして、特別区、東京都、市役所、国立大学法人などの多くの試験種をカバーできるからです。国家専門職などは別途、特殊な科目をオプションという形で補強していかないといけませんけど、そういった試験種もこれである程度はカバーできるでしょう。

ただ、国家専門職もそうなんですけど、国家総合職の場合は別に地方上級、国家一般職のコースとは違った特別なコースが用意されています。これは、要は国家一般職や地方上級レベルの勉強をしていてはダメだということなのかもしれません。国家総合職が難しいのは事実でしょうけど、どの程度難しいか?というのは、一概には言えません。少なくとも、予備校側は国家総合職は一段ランクを上げて、別のコースを用意するほどの難易度と考えていると思われます。

実際、予備校に通わないと無理か?というのは何ともいえないです。独学で合格している人もいるはずですから、絶対に無理ということはない。筆記試験もそうですけど、何よりも国家総合職は官庁訪問が大変です。最終合格をしても、かなりの人数が採用漏れになるようですから、最終合格しても全然安心はできないし、この官庁訪問で全てが決まるようなものでしょう。

だから、この官庁訪問、つまり面接対策に自信がない人は予備校に通った方が良いかもしれないのです。面接対策の講義を受けて、模擬面接をして、そして官庁訪問について1から学んで理解して、どうすれば採用してもらえるか?を自分なりに掴んでいく。それが国家総合職に合格するために必要だと思います。予備校に通えば、同時に筆記試験の授業も受けられますから、筆記試験の通過率も上がると思います。

国家総合職は内定にたどり着くまでに非常に長い道のりで、過酷ですから、簡単に受かる試験種ではないことは明白だと思うのですが、国家総合職は独学で可能か?予備校に通わないと無理か?というのは、ちょっと判断が難しいです。筆記試験はどうにかなったとしても、やはり官庁訪問でなかなか受からないと思うので、そこを自分はどう考えるか?独学でもいけそうか?予備校で対策を受けた方が良いか?ということは考えておきましょう。

国家総合職の教養、専門試験の足きりはどれくらい?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


国家総合職を受験される方は足きりを気にしている方も多いと思います。足きりについては点数とか、具体的に何割くらいとかは公表されていないようですけど、一応TACのホームページ(http://www.w-seminar.co.jp/koku1/)には3~4割と書かれており、このあたりの点数がおそらく基準点になって、足きりラインになるのではないでしょうか?

最大で4割ということですから、問題がそれなりに難しい国家総合職では、4割を越えるのもかなり大変かもしれませんけど、ちゃんと勉強をされた方ならば、足きりラインは少なくとも越えられると思うんですよね。実際、足きりになるか?どうかを心配しているようだと、一次試験の突破も難しいと思いますから。足きりの心配をしないでも良いくらいに知識をつけていきましょう。

国家公務員の試験は数的処理の割合が非常に多いですから、そこである程度点数が取れないと厳しいですね。まとまって出題される科目で苦手だとやはり不利です。一般知識の方は1科目が1問ずつでしょうから、そういった科目がいくら得意であっても1問しか出ないと間違える可能性は十分あります。ましてや国家総合職の問題ですからね。

だから、一般知識の方で稼ぐというのは、現実的にはちょっと難しいでしょうね。そうなると出題数の多い数的処理と文章理解で稼ぐのが理想で、それ以外の部分については、最低限をとっていくという意識が良いかもしれません。4割はとらないと足きりになってしまう可能性があるので、最低そこを越えるためにはやはり数的処理でしょう。

1番得意、不得意が分かれやすいところですから、ここで稼げないと一気に他の受験生に引き離されてしまう可能性があります。ただ、教養試験よりも専門試験の方が配点が大きいので、教養試験はそこまで引き離さなければ、専門試験の方で挽回は可能かと思います。専門試験の方も高い点数をとっていくためには、たくさん勉強しないといけないですけどね。

足きりは教養試験、専門試験共に4割弱くらいに考えておきましょう。筆記試験であまり点数がとれないと、一次試験は合格しても二次試験での最終合格は非常に厳しいと思います。そして、その後の官庁訪問についても影響してくる可能性があるので、足きり回避は絶対ですけど、筆記試験の重要性は改めて強調しておきたいと思います。是非、勉強頑張ってください!