_ 民間企業の就職活動 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

就活の面接で恋人はいるか?の有無について聞く意図や目的は?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


就職活動では恋人がいるのか?どうかを面接で聞かれることがあるみたいです。こういった質問に関してはその是非が問われることが多くありますが、いまだに多くの企業で聞かれているみたいです。公務員試験ではこういった質問は聞かれる可能性は限りなく少ないと思いますが、民間企業だとありえるでしょうね。民間企業はそれぞれの思惑がありますから。

民間企業はそれぞれによって採用において重視されている部分が違うので、それによって面接でしている質問が違います。したがって、企業の採用の方針によっては恋人がいるか?どうかを面接で聞いてくるのです。でも、そもそも就活の面接で恋人の有無を聞く意図や目的は何なのでしょうか?それは企業としてもちゃんとした言い分はあるみたいです。

理由はいくつかあるみたいですけど、恋人がいるとなると、は女性の場合には結婚が近いか?どうかを見極めるなどの意図があるようですね。結婚が近いとなれば、退職をされる可能性が高くなるため、それはリスクになるということのようです。あとは恋人がいないと社内恋愛をする確率が高まるからみたいです。社内恋愛がどう関係あるのか?という疑問はありますけど、過去に社内恋愛でトラブルを被ったことのある企業の人事はそういう質問をする傾向にあるようです。

恋人がいるから即結婚するわけではないですし、逆に言うと現時点で恋人がいなくても、その後できて結婚ということはありえます。また、社内恋愛のケースに関しても問題に発生するか?どうかはケースバイケースなので、何とも言えません。それに恋人が現時点でいても、その人と別れて社内恋愛をするかもしれないので、それを面接で聞いても意味があるのか?は分かりません。

恋人に関する質問をされると、何て答えて良いか?分からないこともあるでしょう。答えたくないとか、回答を拒否する姿勢を見せてしまうと、恐らく即不合格になると思うので、そうなっては困るという人は正直に答えるか?他の回答を考えるか?しないといけないとなります。そういう質問をするような企業は辞退したいという人もいると思うので、それもありと言えばありではないでしょうか?

就活では人事がSNSを活用してチェックする?見られる?←もう古いかもしれない

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


就活生はSNSをやっている人も数多くいると思いますが、そのSNSが脅威になることもあるので知っておきましょう。これは公務員試験も同様です。採用側がSNSなど、受験生の普段の様子をチェックできるツールを監視している可能性があります。こういったことはいろいろ言われています。面接後とかに会社のオフィスを出た後もしばらく尾行しているとか、控え室に人事の者を紛れ込ませて様子を窺っているなどをしている可能性があります。

就活や公務員試験ではそういうチェックがSNSまで及んでいる可能性があります。実際どうなのか?は分かりませんが、就活や公務員試験ではSNSは見られると思った方が良いと思います。見られている可能性は高いでしょう。使える方法は何でもやってくるはずですから。先ほどの尾行や控え室での観察などもその1つの手法です。

就活ではSNSは見られていると思った方が良いと思うのですが、チェックするといっても限界がありますよ。だって、こんな情報は完全に浸透してしまっているじゃないですか?多くの就活生は人事がSNSをチェックしているなんてことは聞いたことがあるでしょうから。そうなると鍵をかけるとか、対策自体はしていそうです。下手なことは書けないとか、ちゃんと意識して対策している人が多いと思うので、就活や公務員試験でSNSを人事がチェックして活用するというのもどこまで有効か?は分かりません。

したがって、就活では人事がSNSをチェックしているのは当然かもしれませんが、就活生もSNSが見られるというのは承知でしょうから、見られていることを前提に使っている人も多そうです。ただ、就活で人事がSNSを活用していると話題になったのは数年前なので、みんな鍵をかけるとか対策をしている可能性もあり、別のやり方に変わっている可能性があります。

面接など人事と対峙したとき以外の素の姿をチェックする方法は常に探っていると思いますから、SNSに気をつけながらも普段の生活全般で気をつけていかないといけないと思います。公務員試験の受験生や就活生はSNSも見られていると思いながら生活していかないといけませんが、いつ人事にチェックされているか?を考えながら日々緊張感を持って過ごしていきましょう。

会社説明会で道に迷う、迷子になることを想定して家を早く出る必要性

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


会社説明会に行くときにはその企業のオフィスに初めて行くおというケースも少なくないと思いますけど、初めて行くからこそ、どうしても道に迷うケースが出てきます。道に迷うと遅刻をするリスクもあるので、是非気をつけてほしいですが、道に迷うということを避ける方法はなかなかないでしょう。事前に1度行っておけば良いですけど、そこまでの手間をかける人は少ないと思います。

したがって、基本的には初めていく会社の会社説明会では道に迷う可能性があるというのは常に考えておくべきです。私も何度か迷いましたから。私の場合には時間に余裕を持っていたので、そんなに焦りませんでした。そのうち着くだろうくらいに考えていました。遅刻をするということはなかったと思います。だから、唯一と言える回避策はそこになるのではないでしょうか?

会社説明会で道に迷うリスクを0にする方法はないけど、道に迷っても問題ないような状態にしていくための方法はあるということです。それくらいしかないですよね。あとはスマホで道案内サービスとかもありますけど、焦っていたりすると上手く使えないケースも出てきます。そうしているうちに時間だけが過ぎていくということもあるので、やっぱり精神的に安定さを持ったまま最初の会社説明会に行ってもらいたいですから、早く家を出るということが重要になります。

私の体験談ですけど、私は遅くても20~30分くらいまでには着くようにしていた記憶があります。結構、基本的には40分くらいまで着くようにしていて、会社説明会に行くときに迷子になっても大丈夫と思えるような精神的な余裕を持って、毎回参加していたのです。そのくらい余裕を持って家を出れば全く問題ないと思います。

会社説明会で迷子になって遅刻したりすると、その後に響く可能性もあるので、参加する企業はそれなりに受けたいと思って受けているのでしょうから、しっかりと間に合うようにしていきましょう。1度家を出る時間を早くすれば、その後は慣れでそのまま早く出られる可能性もあると思いますから。こちらも最初が肝心です。会社説明会で道に迷うことを想定して、家を早く出る訓練をしていきましょう。

合同説明会に複数回行く意味はある?何回も、何度も行く必要性はあるのか?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


就職活動において、合同説明会というものがありますけど、これは行く人もいれば行かない人もいます。そして、合同説明会は何回も行くという人もいると思うのですが、何度も行く必要性はあるのでしょうか?何を求めて合同説明会に行っているか?にもよると思うんですけど、合同説明会に複数回行く意味はそれほどあるような気はしません。

というのも、合同説明会に1回でも行く意味があるか?というと、意味がないと答える人も多くいます。したがって、合同説明会に行く意味自体がそもそもあるのか?という問題にもかかわってきます。合同説明会に行ったところで、そこで得られるものは、結局個別の会社説明会で代替できてしまうので、はっきり言って合同説明会の果たす役割ってなんなんだろう?とも思えてくるのでしょう。

合同説明会は何回もやっていますから、何個も行くということもできます。しかし、そもそも合同説明会に行く意味があるのか?という部分もありますし、1回すらも行く意味がないとすれば、当然ですけど合同説明会に何度も行く必要性はないということになります。合同説明会は就職活動に対するモチベーションアップの効果もあると思うので、そういう意味ではそこを狙うならば1回くらいは行っても良いかもしれませんけど、合同説明会は何回も行く必要はないのかな?とも思えてきます。

合同説明会は客観的に見たら何度も行く必要性はないと思いますし、1回すらも行く意味がないと言える面もあると思います。ただし、個別で合同説明会に行く目的があったり、行く意味を感じているならば行っても良いと思います。それが先ほど言ったようなモチベーションの問題とも言えます。合同説明会に複数回行く人はそんなに多くはないと思いますけどね。

合同説明会は何回も行く必要性はあまりないが、何度も行っても構わないとは思います。ただ、ちゃんと目的意識を持って、何のために合同説明会に行くのか?何のために合同説明会に何度も行くのか?を考えないといけません。なんとなく時間を使ってしまってはもったいないので、ちゃんと考えて行動していきましょう。

就活のコートの襟は立てるべき?寝かせるべき?立てない方が多いとは思うけど

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


就活でコートを着用する人もいると思いますけど、そのときに襟が問題になることがあります。コートの襟は立てるべきなのか?寝かせるべきなのか?ということです。襟はほとんど見た目の問題で機能性とは関係ないところなので、個人的にはどちらでも良いと思っています。例えば女子学生はブラウスの襟を立てている人もいますから、比較的襟を立てたいと思っている人は多いのかな?と思うのです。

就活でのコートの襟は立てないという人もいるでしょうし、立てるという人もいますが、好みで良いんじゃないでしょうか?基本的に濃ーとは外で着るものなので、企業の人には見られません。あと、どっちが常識とか、そういう概念はほとんど存在しないと思うので、見られたとしても人事の印象が明らかに変わるとかはないでしょう。

襟が立っている場合とそうじゃない場合では印象は違いますよ。でも、合否を左右するような違いというか、どっちがよくて、どっちが悪いというような印象の違いにはまずならないとは思いますけどね。私だったら襟は立てません。就活のコートで襟を立てるというのは、想像してみると自分に似合わないと思ったのが理由です。

私は私服のコートでも襟は立てませんから、これは好みですね。就活でのコートの襟は寝かせるか?立てるか?というのはどっちでも良いと思うんですよ。実際、両方見ますよ。襟を立てている人の方が少ない気もしますけど、極端に少ないわけじゃないです。これは社会人の人も含めてですね。ほとんどファッションの領域かな?

就活のコートの襟は立てるべきか?寝かせるべきか?どっちでも良いですが、自分に似合っている方が良いのではないでしょうか?就活のコートは立てないという選択をしても良いですし、立てても良いかと思うんですけど、それが自分がやってみてどうか?というのを鏡などで確認してみると良いと思います。コートを着る予定の人はそういったことも考えておきましょう。