_ 市役所試験 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

市役所職員の給料、年収の平均は高いとも低いとも言えない?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


市役所に勤める職員の年収はどれくらいなのでしょうか?市役所というのは、地方公務員の中のかなりの人たちが勤めている場所であり、公務員試験を受ける受験生のうち、かなりの部分が関係してくると思われます。市役所といっても、全国に相当数の市役所があるので、一概に給料はいくらとは言えません。また、そこまで詳細なデータはないので、ざっくりと言うしかないのです。

全ての自治体の給料額を載せられないので、代表的なところを例に挙げると、横浜市の場合は、40歳の平均月収というのが約44万円くらいです。つまり、40歳の平均年収は500万円以上はあるということですね。各種手当てやボーナスなども付加したら、さらに高いということですけど。横浜市は全国の中でも特に大きな市役所ですから、どこまで参考になるか?は分かりません。

政令指定都市レベル以外の市役所の職員の給料というのは、なかなかデータがネットにありません。ですから、ある程度大きな自治体になってしまうのですが、じゃあもう1つ例を挙げるとさいたま市は同じく40歳を例にすると、48万くらいですね。横浜市よりも高いですね。これは平均なので、職員によっても異なると思いますけど、こちらも年収にすると500万円以上は悠にありますね。

民間企業と比べると、この500~600万円くらいの年収というのは、割と高い方かもしれません。企業によっては、これより全然高いところもあると思いますけど。市役所と言っても政令指定都市なので、もっと小さい自治体の場合は給料にも差が出てくる可能性があります。ただ、大きく変わることはないと思いますけど。

市役所の職員は高給とは言えないかもしれませんけど、それなりの金額はちゃんと貰えますから、給料的に心配するようなことはないと思います。公務員はちゃんと真面目に働いていれば、昇給もしやすいですし、自動的に給料は上がっていくと思うので。公務員の場合は、人事院に基本的に給料を決められており、高くはないですけど、低くなることもないと思うので、そこは安心して良いと思いますけどね。

公務員になる前に、合格した後に自分が市役所で働く場合には、給料はどれくらい貰えるのか?については当然気になると思うのですが、参考になるか?は分かりませんけど、こんな感じだと思います。個別の市役所で金額には差が出てくると思いますけど、生活はできるほどの給料は貰えるはずですから、心配はしないで大丈夫だと思いますね。

公務員試験の市役所試験の勉強期間はどれくらい必要か?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験で市役所を受ける人もたくさんいると思います。市役所といっても政令指定都市レベルの大きな市役所から、もっと小さい規模の市の市役所があります。今回は後者のいわゆる市役所試験について書いていきたいと思います。前者は地方上級という採用試験のカテゴリーに入ると思うので、今回取り扱うのは、比較的規模の小さい市役所の採用試験です。

市役所の試験はだいたい夏以降に行われることが多いです。春に行われるのは地方上級と市役所上級で、政令指定都市や中核市と呼ばれる市の職員を採用する試験です。夏以降に市役所B日程、C日程という形で、市役所の職員を採用していきます。さて、この市役所試験の筆記試験の勉強期間はどれくらい見積もれば良いか?というと、半年くらいあればなんとかなる場合も多いです。

市役所の筆記試験の問題はたいてい教養試験のみで、専門試験が出るところもたまにありますけど、そんなに多くないです。専門試験が課されるところはさらに長い期間がいりますけど、教養試験のみの市役所であれば、半年あれば十分じゃないか?と思います。市役所試験の場合は、このように科目数が少ないというのもありますけど、合格点もだいたい低いです。

ボーダーラインは5割とれていれば突破できるところも多く、6割あればだいたい受かると思いますよ。市役所試験はどこもたいてい二次試験以降に重点を置いているので、一次試験はほぼ足きりくらいの感覚ではないでしょうか?一次試験はそんなに苦労しなくても突破できると思います。ボーダーも低く、勉強しないといけない科目の数も多くないので、半年みっちりやれば、一次試験に受かるくらいの実力はつけられると思います。

また、一次試験で教養論文が課されるところも多いと思いますけど、これも択一試験と並行しながらやっていけば十分間に合います。1日30分くらいでも時間を費やせば、半年あれば十分合格答案は書けると思うので。市販の参考書を使いながら、知識の詰め込みと書く練習は半年あれば十分だと思います。択一試験だけじゃなくて、論文の勉強もちゃんとバランスよくやることが大切です。

大学に通いながら、会社に勤めながらという方でも半年あれば、一次試験合格レベルに達することは十分可能じゃないか?と思います。市役所試験の場合は問題は二次試験以降になってくるので、一次試験を合格しただけではあまり喜べません。一次試験に合格してようやくスタート地点に立ったようなものなので、そこからがいよいよ本番という感じです。

二次試験以降は面接やグループディスカッションなど、人物試験が何回かありますから、それらを突破していかないといけません。倍率も非常に高いと思うので、市役所試験の場合は、早めに面接対策などもやっておかないときついですね。筆記試験を受ける前からもう面接対策を始めておいた方が良いと思います!

東京都三鷹市の職員採用試験は、倍率も難易度も高い

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


東京都の三鷹市の採用試験を考えている方もいるかと思います。毎年特別区や東京都庁と同じ日程でしたが、特別区と東京都は2015年から6月にずれることになりましたので、三鷹市がそのままだとすると、三鷹市は受けようと思えば、誰でも受けられる試験になるかと思います。毎年倍率はそこそこ高いです。だいたい20倍前後くらいですね。

試験は第4次試験まであって、非常に長い道のりです。それが特別区や東京都庁がズレたことによって、三鷹市の日程が従来のままであれば、倍率はとんでもなくなりそうな予感がします。筆記試験の倍率は2~3倍程度と大したことはありませんけど、面接試験がトータルで5~10倍くらいあるんですかね?これはきついですね。

教養試験だけの試験種かと思ったら、三鷹市はちゃんと専門試験まであるみたいです。詳しい科目はホームページの募集要項をみてほしいと思いますけど、市役所上級試験とほぼ同じ出題科目みたいです。試験難易度はそれほど高くはないと思われます。市役所試験と同じくらいじゃないでしょうか?したがって、一次試験は倍率も高くないですし、ちゃんと勉強すればなんとか突破できると思います。

ただ、問題は二次試験以降ですね。面接などの人物試験が例年3回あって、4次試験まであるので、なかなか最終合格までいかないのが結構辛いかな?と思います。面接自体の倍率も先ほど言ったように高いので、面接対策が非常に重要になります。これだけ面接自体の倍率が高いと、対策すれば良いというものでもないような気もしますけどね。一次試験はまあなんとかなるでしょうけど、二次試験以降は大変そうです。

東京都内の独自日程の採用試験では、武蔵野市も同じような試験です。ただ、武蔵野市よりはまだ三鷹市の方がまだ倍率は低いです。武蔵野市の場合は、倍率100倍くらいありますからね。三鷹市も来年はどうなるか?分かりません。特別区と東京都庁の日程がズレたため、来年以降三鷹市の倍率は物凄く上がることも十分考えられるからです。

三鷹市の場合は、やはり募集人数が凄い少ないです。東京都内の市役所職員としては少ない方だと思います。だから、倍率も上がってしまうのでしょう。独自日程ですから、被っている試験種もほぼないので、倍率が上がるのはしょうがないです。1つでも受けられる試験種を受けたいという方、三鷹市で働きたいという方は、最終合格までいく難易度は非常に高いですけど、是非頑張ってほしいと思います。

武蔵野市の職員採用試験の教養論文の内容が衝撃的すぎる!

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


東京都の武蔵野市は毎年多くの受験生が受験する試験種です。ただ、募集人数がかなり少なく、その割には受験者が多いので、倍率はとんでもない高さになっているようです。5次試験まであるようですけど、一次試験では教養試験と教養論文が課されており、教養試験は良いとしても、論文の方はちょっと変わった問題というか、予想とは違った問題が出てきているようです。

私も全てを把握しているわけではないですけど、過去に出題されたテーマ例をいくつか見てみましたけど、論文というよりは作文に近いかな?という印象です。公務員としての仕事にあまり関連がありません。通常の教養論文の試験は公務員の仕事とかかわりのあるテーマが出題されて、それについて公務員として(〇〇市や〇〇区の職員として)どう対応していくべきか?ということを書かせる内容だと思います。

しかし、武蔵野市の場合はそういう感じではないようです。例えば、「貴方の人生のハードルについて、経験を踏まえて述べよ」といったものです。公務員はほとんど関係ありませんね。また、驚いたのが去年です。吉井英二氏のブログに掲載されていた情報によると、去年の2013年のテーマは「『箱』というテーマについて あなたが思うことを述べなさい」だそうです。は???って感じですよね。論文でも、作文でもなければ、大喜利に近いんじゃないか?お笑い芸人の発想が必要なのか?というテーマに思えてきます。

要は、この「箱」というテーマをどう捉えるか?何かに例えるのか?例えるとしたら何なのか?そこからそれぞれの人の発想力勝負です。ですから、事前の対策はほとんど意味をなさない。1000人いたら1000通りの解答ができそうなテーマだと思います。したがって、これをどう採点するのか?ちゃんと公平に公正に採点できるのか?という疑問はつきません。面接以上の運ゲーになりそうな予感ですね。

公平に採点できるとは到底思えないんですよね。採点基準も分からないですけど、比較というか、優劣をつけるのが非常に難しい。主観が相当程度入りそうなテーマな気がします。来年はどういうテーマが出題されるか?分かりませんけど、武蔵野市の場合には、非常に難解というか、論文としては書きづらいテーマが多く出題されているようなので、あらかじめ知っておいてください。

先ほども言ったように、事前の対策が意味をなさないテーマが多いようですから、その場で頭を捻って考えるしかありません。ただ、一般的な論文試験の勉強で得たことが全く生きないわけではないでしょうから、他の試験種のためにもしっかりと通常の教養論文の勉強はしておきましょう。先ほど挙げた「箱」の話だって、結局公務員の仕事に関連して書いた人が結構いるようなのです。というか、公務員の仕事に関連する論文の書き方しか勉強していないので、それに関連させて書くのが1番書きやすかったという事情もあるかもしれませんけどね。ですから、通常の論文の勉強をしっかりやっておくと、武蔵野市のようなテーマでも、すんなり書けるかもしれません。


公務員試験の教養論文の勉強にオススメなのは本書になります。個人的に1番納得して勉強を進められる気がします。よく出題されやすい論文テーマが約20個ほど掲載されており、それについて実際に過去に出題された問題とその解答例が載っていますけど、非常に解説が分かりやすいのです。この問題は具体的にに何を聞いているのか?そして、何を書けば問いに答えたことになるのか?これを書いた理由は何なのか?解答例をただ載せるだけじゃなくて、どうしてこういう解答例になったのか?詳しい解説があるので、受験生としても読んでいてしっくりくるのではないか?と思います。
地方上級・国家一般職[大卒]・市役所上・中級 論文試験 頻出テーマのまとめ方 2015年度

東京都武蔵野市の採用試験は倍率が超高く、難易度も高い

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


東京都の野武蔵野市の採用試験を受験される方もいるのではないでしょうか?東京都庁や特別区とほとんど同じ日程で行われてきた試験種です。5月の早い時期に実施されますけど、市役所試験のような採用試験になっていると思います。何よりも、試験が長いのです。なかなか内定が出ない。5次試験まであります。とにかく長い。

というのも、倍率がとんでもなく高いのです。例えば、昨年の試験結果でいえば、一次試験の受験者が約1700人に対して、最終合格者が18人でした。倍率でいえば、約100倍になります。毎年こんな感じなのか?というと、必ずしもここまで高倍率とは限りませんけど、最低でも50倍くらいはあるのではないでしょうか?他の試験とかぶっていないとなると、やはり高倍率は避けられませんね。

武蔵野市は、独自日程ということと募集人数が極端に少ないために、受験者数も多くなって、自然に倍率が高くなってしまうのです。ですから、5次試験まで実施しないといけないのかもしれません。5次試験というと、公務員試験の中では異例の長さでしょう。民間企業とほぼ同じくらいの選考の多さではないでしょうか?ですから、武蔵野市で最終合格までいくのは相当難しいだろうと思われますね。

5次試験までの中身というのは、一次試験が教養試験と教養論文です。その後、集団面接、集団討論、個人面接が2回ほど行われるみたいです。やっぱり民間企業と同じような試験が行われると思った方がいいです。何といっても、倍率100倍近くありますからね。これを最終合格までいった人は非常に運が良いというか、凄いんだろうなと思います。

ただ、日程的にどこともかぶっていないのであれば、お試し感覚で受験してみても良いかもしれません。特別区や東京都庁が日程がもっと後になったので、その前の練習にも良いかもしれませんね。同じような試験種では、神奈川県の早期チャレンジもあります。こちらは4月の後半ですし、一次試験は教養試験のみです。ですから、こちらもいずれやってくる本命の試験に備えて、慣れのために受けておくと良いかもしれません。


武蔵野市専用の過去問というのは、なかなか見つからないのですが、レベル的に近いと思われるのはやはり市役所試験ではないでしょうか?市役所試験の筆記試験のレベルはそこまで高くないので、教養試験だけでも過去問題集を使って、事前に勉強をしておくと、武蔵野市の筆記試験にも十分対応できると思います。武蔵野市は一次試験は倍率3倍くらいと、そんなに難しくないと思いますけど、二次試験以降も勝負ですから、武蔵野市を受験したいと思っている方は、まずは一次試験を確実に突破できるように頑張っていきましょう!
市役所上・中級 教養・専門試験 過去問500 2015年度 (公務員試験 合格の500シリーズ 9)