_ 筆記試験対策 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

社会学の筆記試験対策

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


・社会学ってどんな科目?
昔から今に至るまでの国内外を問わず、多くの社会学者が登場してきます。基本的には社会学者の名前とその人が唱えた理論の名前、そしてその内容をしっかりと抑えていくことが大切です。結構、私たちの生活に身近な話題、興味をそそられる事柄も登場してきますから、勉強していて面白さはあると思います!

・どんな問題が出るの?
社会学者がとんでもない数出てきます。それに関する問題が多いですね。基本的には社会学者の名前とその理論、内容を一致させていれば答えられる問題が多いです。単純な正誤問題が多く、きちんと勉強していれば間違いに気付けると思います。

また、社会学は政治学、行政学、経営学などと一部内容が被っています。ですから、これらの科目を先にやっておくと非常に理解がしやすいのではないか?と思います。ただ、被っていない部分も非常に多いですし、カタカナの名前がよーく出てきますから覚えるは非常に苦労します。

・どうやって勉強すれば良いの?
基本的には参考書などはいらないと思います。スーパー過去問ゼミなどの過去問題集を解いていって、ひたすら暗記をするだけです。やることは単純作業なので難しくないと思いますけど、とにかく覚えづらいと思います。人の名前も理論の名前もカタカナが多いです。だから、別の何かとごちゃになってしまう可能性もあります。

社会学は国家一般職、特別区の専門試験、または教養試験の社会科学の中で出ることもあります。また、すでに述べたように他の科目との関連性もありますから、時間があればやっておきましょう!特に特別区が第1志望の方は絶対にやっておくべきだと思います!


<おすすめ参考書、問題集>


この記事が参考になったという方はクリックをお願い致します!→ ブログランキング・にほんブログ村へ

時事問題の筆記試験対策

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


時事対策は公務員試験において、最も面倒くさい勉強とも言えるかもしれません。数的処理とか、自然科学とか、経済とか嫌な科目はたくさんありますが、この時事という科目は「何が出るのか?予想しづらい」からこそ嫌な科目なのです。勉強の仕方は単純暗記なので難しいことでもありません。しかし、教養試験の時事という科目でも勿論出ますが、専門試験においても時事の知識を必要とする科目が出るので、対策は不可欠と言えると思います。

時事を勉強するのはだいたい、時事対策本を発売される年明けにあることが多いでしょう。それでも別に問題はありません。できれば、毎日新聞を見たり、ニュースを見たりして少しずつ勉強していけるのがベストだとは思います。ただ、そういうことを無理矢理やっても効果は薄いですし、結局結構前の出来事になってしまうと、ほぼ忘れてしまう恐れがあります。したがって、基本的には時事対策本を発売されてからまとめてやるという方向で大丈夫でしょう。

では、参考書として何を使うか?私は「速攻の時事」と予備校で貰った時事対策本を両方使いました。速攻の時事は出題可能性の高い出来事を順番に羅列して簡単な説明を加えていった感じです。予備校のは非常に多くの出来事を扱っており、その1つ1つに詳細な説明を加えているというものが多いと思います。

予備校のテキスト(私の通っていたTACの場合)だと、非常に1週するのに時間がかかりました。そして、やった割にはあまり点数にならないなー?という印象でした。要するに、あまりに広範囲を勉強して、1つ1つの出来事に関して詳細に覚えようとしていったため、全体的に記憶の定着力が薄く、「ここやったんだけど、どうだったかなー?」という問題が多かった記憶があります。結局、どれだけ勉強してもこれくらいが限界なら速攻の時事で案外十分なのかな?という気がしました。

速攻の時事は詳細な説明はあまりなく、要点だけをまとめた感じです。時事は満点を狙う科目ではないです。半分当たれば良いや!くらいに思って勉強するスタンスが良いと思うので、そういう意味では即効の時事を使った方がベストなのか?と、私は実際に勉強して、本番の試験も受けて思いました。時事はあくまでもやり過ぎないこと。やってもあまり点数に結びつきづらいですから。やらなさ過ぎもダメですが、やり過ぎも効果はないということをまず覚えておきましょう。

社会政策の筆記試験対策

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


・社会政策ってどんな科目?
現代社会のありとあらゆる分野を扱う科目と言えます。代表的なのは社会保障、労働、性差別などです。社会政策では人名と理論をセットで覚えるといった問題はあまり出ません。多少は出ますけど、両手で数えられる程度です。ですから、単純暗記ではない点がありますから、多少勉強しづらい部分があるかもしれません。

また、ここ数年の社会事情(社会保障、労働、教育など)に関する問題が出ます。特に近年問題視されていたり、ニュースなどで報道されている分野は要チェックです!時事対策での勉強が社会政策で生きるということも少なくないと思います。

・どんな問題が出るの?
これまでの社会政策全般の歴史などについて出たり、ここ数年の社会事情の問題が中心です。結構データや数字を使った問題が出る印象です。例えば「○○年の完全失業率は○%」であるとか、「労働人口に占める非正規雇用の割合は○○%」であるとか、そういった問題が多いです。

したがって、先ほども述べたように時事的要素の強い問題が出やすいということです。また、時事的要素のない制度や学者の学説などの問題もあります。社会政策を勉強する際には時事対策本なども合わせて見ていった方が良いです。

・どうやって勉強すれば良いの?
社会政策は市販の過去問題集「スーパー過去問ゼミ」、「クイックマスター」等では確か過去問題が出ていないはずです。したがって、なかなか対策しづらい科目です。予備校に通っていると、一応過去問題集はくれますから、それを使っていきましょう。しかし、そうでない方は各試験種(地方上級、特別区、国家Ⅱ種など)の分厚い過去問題集があります。それらの中で、社会政策が出題される試験種の問題集を購入し、問題を解いてみてください!

また、これは問題集ではありませんが、社会政策に必要な知識をコンパクトにまとめた「まるごとパスワード」という本があります。これは多くの受験生が持っているものなので、是非おすすめです!サイズも小さいので電車でも見られます!


<おすすめ参考書>
公務員試験 行政5科目まるごとパスワード neo
公務員Vテキスト〈12〉社会政策―地方上級(→紹介記事を読む

経営学の筆記試験対策

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


・経営学ってどんな科目?
経営学は一般の企業組織における経営のノウハウのような内容を扱います。一部行政機関も出てきます。全体的には経営理論に関する内容が多くを占めており、誰がどんな理論を唱えたか?といったことを主に学びます。行政学、社会学などの科目と内容的には一部被っています。

他の科目同様に、カタカナの名前がどんどん出てきて結構覚えづらい印象です。名前は思えづらいですが、そこで言われていることは日常的にも経験していたり、妥当するものが多いのでやっていてタメにもなりますし、スムーズに頭に入ってくるとは思います。

・どんな問題が出るの?
単純な択一問題が多い気がします。間違いのパターンはだいたいが経営理論の内容そのものが間違っているパターン、そして経営理論とそれを唱えた人の組み合わせた間違っているパターンなどです。これは経営に関する学者の人の名前がとても多く登場しますから、根気よく覚えていく必要があります。

また、経営史というか、これまでの日本と外国(特にアメリカ)の企業の経営の手法の変遷のような問題も一部出ます。日本とアメリカがこれまでどのゆに企業を大きく成長させてきたのか?を学ぶのは私は結構楽しかったです。ただし、内容はやや細かいところまで出るので勉強が大変かもしれません。

・どうやって勉強すれば良いの?
経営学は多くの人がすんなり勉強していけると思います。経営学は「勉強していて楽しい!」と言う人が多いのが特徴の科目です。したがって、基本的には参考書を読む必要もなく(以下で紹介はしていますけどほぼいらないと思います)、予備校に通う必要もなく、以下で紹介しているような過去問題集を買ってきてそれをひたすら解いていくというスタイルで良いと思います。


<おすすめ問題集>
公務員試験 新スーパー過去問ゼミ3 経営学
公務員Vテキスト〈13〉経営学―地方上級・国家一般職・国税専門官対策

財政学の筆記試験対策

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


・財政学ってどんな科目なの?
主に国と地方の財政について扱う科目です。いろいろなテーマが扱われていますが、代表的なのは税金についてです。国税、地方税を問わず多くの問題が出題されています。税金にもいろいろな種類がありますよね。国税、地方税という分類もできれば、直接税、間接税なんて分け方もできます。その多くの税金の特徴について学んでいきます。

また、過去や現在に唱えられた財政的な理論も登場し、多くのカタカナの人名を覚えていく必要があります。そういう意味では暗記する部分も多いです。他にも、マクロ経済、ミクロ経済でやるような計算問題も含まれています。

・どんな問題が出題されるの?
全体的には経済系の科目であるながら、文章問題が多いです。結構細かい知識が要求されるので注意が必要です。あとは計算問題が全体の1/5くらいあります。ただ、この計算問題はマクロ経済、ミクロ経済と内容が結構被っているので、この2科目をやっている方は勉強しなくてもできる可能性があります。

また、時事問題が出ます。これは主に予算関連の問題で出ており、例えば、今年度の歳入歳出予算はいくらか?といった正誤問題も過去には出ています。これは最新のデータ、数字をちゃんと確認しておいてください!

・どうやって勉強すれば良いの?
過去問題集をやりながら、財政学に必要な知識を身につけていけば良いでしょう。ただし、財政学の場合は先程も述べたように、時事的な問題も出るので過去問題集を購入する際には常に最新のものを選ぶようにしましょう。

財政学の場合は毎年改訂版が出ているので、そちらを購入するようにしてください。財政学の時事問題は時事対策本ではほとんど扱われちない内容なので、財政学の時事は財政学で勉強するようにしましょう。詳しい記事はこちら→「http://koumuinouen.net/blog-entry-112.html


<おすすめ参考書>
公務員試験 新スーパー過去問ゼミ3 財政学 改訂版