_ 国税専門官の試験情報 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

国税専門官の筆記試験、面接試験の倍率は案外低い?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


国税専門官の倍率はどんな感じでしょうか?受験生には気になる情報かもしれません。一応今年の結果では、全体の倍率は7倍くらいだったと思います。そして、筆記試験が約3倍、面接試験が2倍弱くらいになると思います。これだけ見ると、別にそんなに難易度は高くないんじゃないか?という試験にも思えてきますね。

倍率だけ見ると、そんなに高くないです。普通くらいじゃないでしょうか?全体の倍率7倍くらいってのは、公務員試験の中でもまあまあ低い方かもしれませんね。特別区と同じくらいかな?筆記試験の3倍というのもまあまあ低い方かもしれない。特別区は5倍以上ありますし。ただ、問題のレベルが違います。特別区とは比べ物にならないほど。

特別区は特別区で、教養論文がやや難敵というか、不確定要素が高いものですけど、それ以外の択一試験のレベルは低い方でしょう。ただ、国税専門官の場合は、択一試験も難しいです。ちゃんと勉強すれば、それなりに点数は伸びるとは思いますけどね。ちょっと厄介な会計学とか、商法とかもありますし、それをどうするか?というのもポイントになりそうです。会計学については、「国税専門官を第1志望でない人でも、できれば会計学はやった方が良い!」の記事を参考にしてみてください。

面接試験は2倍弱と、倍率は高くはないですね。低いともいえないくらいだと思います。国税専門官の面接は「国税専門官の面接内容は単純明瞭!ストレス耐性の対策を」でも示したように、とにかくストレス耐性が大切だと言われています。ストレス耐性に関すること以外にもたくさん質問されると思いますけど、ストレス耐性に気を配れると、成功確率が上がるかもしれません。倍率はそんなに恐れることはないかもしれませんけど、簡単に合格できる試験ではないので、気を抜かないように!

国税専門官の場合は、最終合格をしても、採用面接という、自分の所属先、働く場所を決める面接があります。これは本当にただの勤務地を決めるだけの面接とされていますけど、採用漏れが全く出ないという保証はありません。毎年一定数は採用漏れが出ていると思うので、ここまで来ても気は抜けません。最終合格すれば、かなりの確率で採用は決まったようなものかもしれませんけど、絶対にそうとは言い切れませんからね。

2015年から特別区と東京都と同じ日程と行われることが予想されており、倍率はさらに下がる可能性があります。元々そんなに高い倍率ではありませんけど、さらに下がるとしたら、国税専門官を本命にしている人にとっては朗報かもしれません。その代わり、特別区と東京都庁とは併願ができなくなりましたけどね。国税専門官志望の人は是非頑張ってください!


国税専門官を受験される方は是非本番までに以下の過去問題集をやっておいてください。本番の試験のレベルを確認することもそうですし、時間配分をチェックすることも大切でしょう。国税専門官の過去問題集をやるか?やらないか?では本番での試験の出来も全然違うと思います。本書は問題と解説が分離できますから、厚い問題集をコンパクトにして、問題文だけを大学に持って行って勉強したり、電車の中で勉強したりできますから、とても便利ですよ!
本試験過去問題集 国税専門官 2016年度採用 (公務員試験)

国税専門官の給与、年収その他待遇について

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


国税専門官の給料はどれくらいなのでしょうか?国税専門官は国家公務員の税務職俸給表によって定められているので、人によって細かくは違いますけど、年齢と共に上がっていくのが普通です。勤務年数と役職にもよって変わってきます。現在、国税専門官の平均年齢は40~45歳くらいとされていますけど、その平均年収は約600~700万円くらいです。

この年齢でこの年収というのは、民間企業に勤めていてもそう簡単に達成できる金額ではないでしょう。ちなみに大卒の国税専門官の初任給は20数万円とされており、結構な金額が貰えます。1年目の年収としては350~400万円ほどになるとされています。1年目でこれだけの年収というのもなかなか凄いですよね。

国税専門官はそれだけ仕事がきついということかもしれませんけどね。公務員の中では、特にブラックと言われているように、仕事が激務というか、精神的にきつい仕事と言われています。採用面接の際にもストレス耐性が特に問われているということから、仕事はきついけど、大丈夫ですか?といったことが暗示されているのです。

実際に国税専門官として働いてみないと何とも言えないですけど、国民を相手に税金を扱う仕事をするので、想像するだけでいろいろな問題を抱えていそうな仕事ですよね。そういった意味では、ある程度の給料がないと割に合わない面もあるのかもしれません。給料の他に扶養手当、通勤手当、住居手当などもそれなりの金額貰えるとされています。

仕事自体はきつい可能性がありますけど、国税庁勤務の場合は残業がある程度多いとされており、逆に税務署勤務の場合は残業はあまりないとされています。勤務時間は1日約8時間ですけど、税務で忙しいような時期は休日出勤も多くなる傾向にあります。確定申告の時期などは確かに国税専門官は忙しいかもしれませんね。年間20日の有給休暇と介護休暇、育児休暇の制度はちゃんと整えられているので、各自のライフスタイルに合わせて休暇は割ととりやすい職場かもしれません。

国税専門官を目指している方は非常に多いです。ただ、現実の仕事があまり見えていない人も多いのではないか?と思います。給与や待遇はだいたいこんな感じですけど、やっぱり仕事が特に厳しいとされている仕事ですから、国税専門官を目指して勉強する場合には、その前に国税専門官の仕事自体をある程度理解されてからの方が良いのかな?と思います。


国税専門官を目指される方は、1度本試験を迎える前に過去問題集をやっておきましょう。過去に実際に出題された問題をやると、時間配分や問題の難易度の確認ができますよ。また、本書は問題と解答が取り外すことができます。そうなると、よりコンパクトになって、問題部分だけを持ち運ぶこともできて、家だけじゃなくて、大学とか、電車の中とか、いろいろな場所で勉強ができるのではないでしょうか?利用者の利便性も考えた過去問題集なので、是非オススメです!
本試験過去問題集 国税専門官 2016年度採用 (公務員試験)

国税専門官の専門記述では、憲法の難易度が高すぎる

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


国税専門官の専門記述は、複数の科目から選択可能ですが、中でも多くの人が選びがちかもしれませんけど、選ばない方が良いと思われているのが憲法です。憲法は国税専門官の場合、かなりヤバイというか、難易度的にも高い出題がされることが多いようですから、少なくとも憲法を中心に専門記述対策はしない方が良いでしょう。

複数の科目を一応用意しておいて、その中に憲法を入れておくのは構わないと思いますけど、少なくとも最初から憲法のみしか対策をしないとか、憲法を中心に専門記述の勉強をするのはあまり好ましく思われます。選択肢のうちの1つとして憲法も一応やっておくくらいが丁度良いでしょう。他の試験種の専門記述で役に立つかもしれませんし。

憲法に関しては特に難易度が高いという声が聞かれています。難易度が高いというのは、具体的にどういうことか?というと、用意してきたものがあまり通用しない。ということのようです。それは今まで聞いたことのない判例が出てくるのだそうです。つまり、合憲か?違憲か?の結論すら分からない。知らないような判例が出題されるため、何も書けないってことはないでしょうけど、少なくとも自信を持って書けるということは少ないのではないか?と思います。

結論が分からないということは、事件の概要を見て、自分なりに推理するしかありません。今まで数多く見てきた判例、またそれ以外で培ってきた経験則に照らして、裁判所はこの事件をどう処理し、そう結論づけたのか?それを自分で考えないといけないのです。合憲か?違憲か?の結論が違うと、その程度減点されるのか?は分かりませんけど、過去の学習がそれほど生かされない可能性もあるのです。

そういった理由で、憲法は非常に難しいとする人が多いのだと思います。逆に簡単と言われているのは、会計学ですね。このブログでも何度か言及していますけど、同じだけ勉強するならば、間違いなく会計学の方が難易度は易しいとする人も多いです。会計学の記述試験はあまり想像しづらいかもしれませんけど、択一の勉強をしていれば、それほど困ることもないと思います。

国税専門官の専門記述では、憲法の準備をしておくことはそれで構わないと思いますけど、あくまでも憲法を選ぶつもりで、憲法を中心にして勉強するのは避けた方が良いと思います。中心に考えるのは会計学、または経済原論が良いようです。他にも専門記述のある試験種を受けるから、そのときのために憲法も一応やっておくのは良いと思いますけど、他の科目も同様にやっておかないと、本番で失敗するリスクは高いかと思います。


国税専門官の専門記述では、基本的には会計学を特におすすめしたいと思います。択一試験の会計学を捨てるような人でない限りは、割とすぐに理解ができるのではないでしょうか?本書では、これまで実際に出題された会計学の専門記述の過去問とそれに対する解答例が書かれています。とにかく収録されている問題数が多いのも特徴です。合格点をとるための解答例とそのポイントを学んで、本番でも十分点数をとれるように仕上げていきましょう!
国税専門官会計学―記述式

国税専門官の専門記述試験で、文字数は気にしなくて良い

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


国税専門官では、一次試験で専門記述試験が課されます。この専門記述試験は特に文字数は指定されていないのかもしれませんが、800~1200字くらいは埋めた方が良いということがちらほらいろいろなページで書かれています。フルで書くとどれくらいになるのか?分かりませんけど、文字数は極端に少なくなければ気にする必要はないと思います。

文字数を意図的に増やす必要はないと思うのです。やはり大切なのは中身であり、中身が詰まった文章ならば、それなりの文字数にはなると思うからです。ですから、文字数が少なくて、意図的に増やした文章というのは、結果的に中身のない文章には変わりない可能性がある。文字数を増やしたところで、大して点数は変わらない可能性もあるのです。

そういった意味で、最低800字くらいあれば、後は文字数を気にしてもしょうがない。中身を磨くべきとなるでしょう。ただ、80分あるんですよね。国税専門官の場合は、800字以上ということを目安とするならば、80分で800字を1題というのは、時間にかなり余裕があると思います。東京都の専門記述と比べると、大分時間的な余裕がある。

したがって、国税専門官の場合は要求される答案のレベルが高いとする声もあります。ただ、これはどうなんでしょうね?時間的余裕があるから、もっと高いレベルのことを書かないといけないというのも意味が分かりません。時間があれば、それだけたくさんの文字数は書けるけど、=それがレベルの高い答案か?どうかは別問題です。先ほども言ったように文字数と答案の中身の精度は比例しないと思いますし。

確かに80分で最低800字だと、時間が足りないということはなかなかないでしょう。特に暗記してきたのがズバリ出たような人は、時間が余ってしょうがないくらいかもしれない。つまり、レベルの高い答案が書けるか?どうかというのは制限時間は関係ないのです。事前にどれだけ勉強をしてきたか?どれだけたくさんの論点を、より緻密に覚えることができているか?つまり、レベルの高い答案を書くための努力は、試験が始まる前の段階までしかできません。試験が始まった後には、もうその時点で持っている知識を生かすしかないので、制限時間が長くても、試験中には努力をする余地がほとんどないのです。ですから、時間が長ければよりレベルの高い答案が書けるということにはならないと思います。

したがって、制限時間が長いといっても、それだけレベルの高い答案を書かないといけないことにはならないと思います。とはいっても、試験中にも少しでも分かりやすく、説得力を持たせられるような書き方がをしていくべきでしょうけど。文字数については最低800字くらいあれば、後は何文字でも気にしないということです。大切なのはあくまでも内容であって、字数ではありませんから。


国税専門官の専門記述では、とにかく会計学が1番オススメ!それ以外に一気に難易度が上がりやすいと言われています。「国税専門官の専門記述で1番オススメなのは会計学」の記事参照をお願いします。ですから、1番理解がしづらいと思われているかもしれませんが、得点がとりやすいのは会計学である可能性が高いです。会計学はほとんど暗記でOKということと、専門記述でも結構簡単な論点しか出ないので、対策がしやすく、本番でも点数がとりやすいとされています。したがって、本書のような参考書を使って勉強すると、非常に良いと思います。
国税専門官会計学―記述式

国税専門官の専門記述で1番オススメなのは会計学

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


国税専門官の専門記述では、その科目を選ぶべきでしょうか?いろいろな科目から選べますよね?どの科目でも選べるように、いくつもの科目を用意しておくべきという話はよく聞きます。確かに本番の問題を見て、臨機応変に対応できるように、いくつも科目を勉強しておくというのは大切なことでしょう。ただ、国税専門官の場合は絶対にやっておいてほしい科目があります。

それは会計学です。専門記述試験では、おそらく会計学を出すのは国税専門官くらいでしょう。会計学というと、択一試験の方でも出題されますけど、こちらは捨てる人もいるかもしれません。択一試験の会計学については、勉強はしづらいかもしれませんけど、過去問の類似問題しかほぼ出ないので、是非やってほしいと思います。

さて、専門記述の会計学については、多くの人が口を揃えるのは、問題が簡単ということなんです。本当に簡単!他の科目と比べても範囲は狭いです。多くの人が選びそうな憲法などと比べるとかなりの差があると思われます。それは範囲の広さも難易度も。ですから、憲法の方が勉強していて馴染みもあるし、選びがちな科目なんですが、かなり難しく、良い点数をとるのは困難なので、あまりおすすめできないようですね。

会計学は意外に簡単なのです。会計学って、そもそもどういう科目なのか?と想像すらできない人もいるかもしれませんけど、多くは暗記するだけです。択一試験の方もちょっと覚えづらさはあるかもしれませんけど、覚えてしまえば、かなり点数はとりやすいと思います。国税専門官は会計学は必須ですから、どうせなら勉強して択一でも、専門記述でも点数とれるように準備しておいた方が良いでしょう。

択一にしろ、専門記述にしろ、会計学は他では出ませんから、敬遠したくなる気持ちも分かりますけど、国税専門官を合格可能性を格段に上げるには、この会計学をやっておくことは非常に大切だと思います。会計学を敬遠したくなる受験生が多いかと思いますけど、択一にしろ、専門記述にしろ、実は会計学をやることが、非常に大切だといえそうです。


国税専門官の専門記述では、会計学がおすすめですが、会計学の専門記述の対策は「スーパー過去問ゼミ」で可能です。専門記述の対策のための参考書はあまり出回っていないことが多いですけど、会計学の場合は、択一試験の勉強とともに、同じ問題集で対策が可能です。難易度的にも、範囲の狭さ、勉強しないといけない量的にも、国税専門官の志望度が高い方は、専門記述対策として、会計学を準備しておくことを強くおすすめしたいと思います。
公務員試験 新スーパー過去問ゼミ4 会計学