_ 裁判所職員試験情報 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

裁判所職員の小論文の試験はボールペンで書くので注意

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


裁判所職員の採用試験では、小論文が課されています。この小論文の試験は配点は低く、かつそこまで対策を要するようなテーマは出題されませんけど、1つ重要な問題があります。それは筆記用具はボールペンを使用するということです。鉛筆やシャープペンシルではダメなんですね。理由はよく分かりませんけどね。

ボールペンで書くとなると、当然失敗した場合には消しゴムでは消すことはできません。じゃあ、どうするのか?というと、二重線で訂正をするみたいです。よく履歴書などを書いているときに間違えた場合に行う修正方法と同じみたいです。ただ、できれば間違えないようにしないといけないでしょう。何箇所も間違えてしまうと、二重線だらけになってしまい、明らかに見栄えがよくないので。

修正液や修正テープが使えないので、ミスをしたらかなり目立ってしまいます。ですから、本番の小論文を書く際にはまず下書き路して鉛筆やシャーペンで書いてから、ボールペンで清書をするという方もいるようですね。時間があるのか?どうかは分かりませんけど、綺麗に書くならそっちの方が良いでしょう。ただ、下書きをしたからといって、確実にミスを避けられるとは限りません。

私も以前経験がありますが、履歴書を書いていて、シャーペンで下書きをしたのは良いものの、その下書きの時点で実はミスをしていて、そのミスに気付かずにボールペンで上からなぞって書いてしまったということがありました。気付いたのはボールペンでなぞった後でしたから、もう修正不可能でした。ですから、下書きをしたら、まずその下書きにミスがないか?をチェックしてから、ボールペンで清書をしましょう。

そして、そもそも裁判所職員の小論文ではボールペンを使うということを知らない方もいるかもしれない。直前になって気付くのかもしれませんけど。普通に考えたら論文を書くときに何でボールペンなんだ?って思うでしょうからね。他の試験種でボールペンで論文を書かせるところは見当たりませんし。裁判所職員の試験はかなり特殊な試験形態ともいえるでしょう。別に練習をするということもないですけど、本番の試験では、ミスをしないように気をつけてかいてください。ミスをない方が見栄えが良いので、多少評価は良いかもしれませんから。


裁判所職員の一般職を受験される場合には、以下の過去問題集を使って、小論文の対策をしていくと良いかと思います。裁判所職員の小論文のテーマは独特ですから、過去10年分にどんなテーマが出題されたか?そして、どのように書いていけば、合格点がとれるのか?そういったポイントを解説してくれている参考書になります。配点は少ないですけど、きちんと小論文の対策をしていきたいと考えている方には是非オススメしたいと思います。
dlicense公務員試験対策 裁判所 一般職 論文試験(小論文) 【直前対策】 H15~24 本試験問題(全10問) 答案例集

裁判所職員の給料、年収、その他勤務時間等について

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


裁判所職員の給料は一体どうなっているのでしょうか?働き始める前から気になっている方もいるかもしれませんし、もう働くことが決まっている方も、気になっている方もいるでしょう。裁判所職員は総合職と一般職で微妙に違います。例えば、初任給の額でいうと、総合職の院卒者試験が1番高くて約24万円くらいです。おそらく1番馴染みがありそうな一般職の大卒試験の場合は約20万円です。

金額だけ見れば、まあまあの金額だと思います。公務員の給料らしい高くはないけど、低いわけでもない。裁判所職員の場合は、勤務地によって給料は差があるみたいです。東京都内の23区で働く場合には、だいたいこんな感じみたいです。ただ、1年目の年収は結構弾むみたいですよ。1年目の年収は、どの区分で採用されるか?にもよりますけど、だいたい300万円前後くらいだと思います。

1年目の給料にしては結構良い方かな?と思いますね。民間企業でも、これくらいいきなり1年目から貰えるところって、そんなにないでしょうからね。また、通勤手当、住居手当などはさらに貰えるので、生活への負担はそれほそないかな?と思います。基本的に年数が経てば自動的に給料は上がっていきますから、そこはやっぱり公務員という感じでしょうね。ボーナスも結構出るみたいですし。

勤務時間は基本的に8時間です。残業があることもあります。また、当直といって、逮捕礼状の作成などの業務に追われて、仕事が長引くこともありますけど、ちゃんとその分のお給料は出ます。その程度については、勤務する裁判所等によって異なるみたいですけどね。基本的に土日が休みの週休2日間の勤務ですから、待遇としては普通じゃないでしょうか?

苦労して裁判所職員として働くわけですから、そこそこ待遇を貰っても私は別に文句言うつもりはありません。その苦労を知っていますから。多くの国民は何て言うか?分かりませんけど(笑)働き始めたら、きついことも多分あると思いますけど、それだけ身分は保証されているので、是非仕事を頑張ってほしいと思います。これから裁判所職員の採用試験を受けられる方も、こういったことをモチベーションにして、是非試験勉強に取り組んでほしいと思います。


裁判所職員の特に一般職を目指している方には本書を本番までに是非取り組んでほしいと思います。過去に出題された実際の過去問題が収録されています。また、本書の特徴としては、問題だけを取り外すことが可能なのです。つまり、持ち運びが自由なのです。問題と解答を一緒に持ち運んでも良いのですが、重かったりもしますよね。問題だけを持ち運べるならば、電車の中でも使えそうですし。いろいろなところに持っていって、その都度復習などもできるでしょう。家で使っているときも答え合わせをするときには、やはり問題と解答をバラした方が利用しやすいかな?と思います。裁判所職員一般職の過去問の中では特にオススメですから、本番までに是非やっておきましょう。
本試験過去問題集 裁判所職員一般職 (大卒程度) 2016年度採用 (公務員試験)

裁判所職員一般職の小論文は字数制限ないけど、どうするの?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


裁判所職員の一般職では、一次試験に論文試験が課されて、それが二次試験で採点されることになっています。総合職の場合は、この論文については字数が決まっているらしいのですが、一般職の場合は字数制限はないとのことみたいです。じゃあ、どれくらい書けば良いのか?ってところを皆さんちょっと考えるかもしれません。

裁判所一般職の方を受験される方が多いと思います。私は本番で使用される用紙を見たことがないのですが、一般的に言われているのは用紙の8割くらいは埋めるべき。ということです。升目があれば、余計に分かりやすいと思いますけど。あくまでも8割くらいを埋めるのが、何ていうんんでしょうね?論文のマナーみたいな感じなんでしょうか?

字数制限がないということは、基本的に字数のみで評価や点数が決まるということはないということでしょう。あくまでも内容がまず大切で、字数ってのはそれに伴う付加価値でしかないような気がします。要は、8割くらいいくか?は分かりませんけど、内容が充実しているならば、それなりの文字数は普通はいくだろう。ということです。

8割くらいというのも目安にすぎないので、どれくらい書けば良いか?というのは各自の常識で判断されてもいいと思いますけどね。別に7割だから8割よりも評価が低いとは一概にいえないと思うので。あと、裁判所一般職の小論文試験は、配点はかなり低いですけど、基準点があるので、それを越えられないと足きりになってしまいます。

基準点を越えられないと足きりで、基準点を越えれば、あとはほとんど評価は一緒ということを聞いたことがあります。配点が低いということもあるのかもしれませんけど、小論文が全体に与える点数の影響というのは、基準点を越えればあまり変わらないのかもしれません。ただ、基準点自体はやや厳し目とも言われています。これは実際に受験された方の体感によるものですけど、二次試験で落とされて、厳しく感じた人が多いということなんでしょう。

裁判所一般職の小論文試験は独特です。テーマもいわゆる公務員試験の論文試験とはやや異質なものが出題されやすいので、きちんと対策をとっていきましょう。テーマ自体は決して難しくない。むしろ予備知識がなくてもある程度書けてしまうものが多いような気はしますけど、小論文試験は過去問をおさらいして、書き方の勉強をされるといいかな?と思います。


裁判所職員一般職の小論文試験は前述の通り、やや採点の基準が厳しいと言われています。その中で確実に基準点を突破するための論文の書き方について学んでいくことができます。本書では、過去10年分に実際に出題された論文テーマとそれについての基準点を越えると思われる解答例を掲載しています。論文を書くときのポイント、どうすれば基準点を下回らないか?といった受験生が知りたい部分について解説してくれています。裁判所職員一般職の志望度が高い方は是非見ておいてください。
dlicense公務員試験対策 裁判所 一般職 論文試験(小論文) 【直前対策】 H15~24 本試験問題(全10問) 答案例集

裁判所職員の小論文の試験の足きり、基準点についての考察

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


裁判所職員一般職の論文試験は一次試験で課されています。裁判所職員では、基本的に教養試験、専門試験にて基準点が設定されており、それらを越えられないと、その時点で他の科目がどれだけできても不合格になってしまいます。この基準点はそんなに高い点数ではありませんけど、問題がそれなりに難しいですからね。確実に越えるためには勉強しかありません。

また、この基準点による足きりは論文試験でもあると言われています。論文の場合は具体的な点数というのは、受験生自身は把握できません。自己採点もできませんし。この論文は一次試験で課されていますけど、二次試験のときに採点されるために、専門記述や面接試験と一緒に評価されています。

裁判所職員の場合は、小論文とも表現されることもあるように、大した論題は出ません。高校生くらいでも十分書けそうな予備知識があまりいらないテーマが出ますね。過去に出たテーマだと「仕事ができることと勉強ができることの違いは何か?」とかです。これは確実な正解はなく、普通の論文試験よりも、より広範囲に許容できる回答が認められそうなテーマです。

グループディスカッションとか、面接試験でも聞かれるかもしれない質問です。したがって、普通に常識の範囲内で書いていけば、足きりがあったとしても、それに引っかかるようなことはまずありえないと思います。むしろ専門記述の方がありえそうです。こちらは正解の範囲がより狭いと思うので。小論文の方は、ほとんど「あなたの意見を聞かせてほしい」くらいのものであって、内容だけに優劣はつけづらいのです。

したがって、内容はよほど常識的に考えて相応しくないものや反社会的なものじゃない限り、差はつけづらいです。あとは、論文を書くときの書き方がちょっとおかしいとか、論理的になってないとか、そういった点くらいでしか、評価を下げる要因は考えづらいです。そういう意味では、二次試験の合否結果はこの小論文、専門記述、面接試験の3つで行われますけど、不合格を食らった人の中には、毎年小論文で足きりに引っかかったのでは?と思う人がいるようなのです。

特に面接が自分としてはできたと思った人ほど、配点が1/10しかない小論文の試験ですから、足きりにひっかかったのでは?と思ってしまう人もいるのでしょう。でも、正確にいうと、一次試験の教養試験や専門試験の点数も合わせて、最終的に合否が決まるので、何ともいえないと思いますけどね。あと、一次試験は問題ないですけど、二次試験は男性は女性に比べて圧倒的に受かりづらい傾向があるかもしれません。詳しくは「実は裁判所職員の採用試験は男性には圧倒的に不利な試験種かもしれない」の記事をご覧ください。男性受験生ならば、ここを疑ってみるのも1つのポイントだと思います。


裁判所職員一般職で過去にどんな小論文のテーマが出題されたか?また、それらについてどういう回答をしていけば良いのか?その内容、レベル、書き方について学ぶことができます。10年分の過去に出題されたテーマが載っていますから、今後の出題予想も立てられるかもしれません。本書では、採点がやや厳しいと言われている裁判所職員の小論文試験において、基準点を下回らない、つまり足きりにあわないための必要な点数を確保するための書き方、解答例が載っています。本書を参考にすると、確実に足きりを回避するための論文が書けるのではないでしょうか?
dlicense公務員試験対策 裁判所 一般職 論文試験(小論文) 【直前対策】 H15~24 本試験問題(全10問) 答案例集

裁判所職員一般職の専門記述の効果的な勉強法、対策

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


裁判所職員の一般職では、専門記述の試験が課されます。これは一次試験に実施されますけど、評価の対象になるのは二次試験なのです。つまり、一次試験は教養試験と専門試験のみで合否が決まるということです。この専門記述に関しては、そこまで対策をすることが無意味になりやすい。ということが言われています。

それは専門記述は憲法1題のみであるということ。要は1問出たそれを答えないといけないことから、対策をとるのが非常に大変なのです。複数の科目から選べる形式ではないために、予想をしても基本的には当たり前のように外れると嘆いていた予備校関係者もいます。ですから、山をかけてもまず外れると思った方が良いでしょう。

そうなると、結局はいくつかに絞って勉強を真面目にやったとしても、それが本番で当たる可能性は相当乏しく、ただの時間のムダに終わってしまう可能性もあるのです。そうなると、とるべき戦略としては広く浅く対策をしておくのがベストだと思います。要は完璧な答案を仕上げるために個別のテーマごとに対策するのではなく、5~6割の点数とれれば良いや!くらいの感じで、1つのテーマについて良い意味でいい加減にやっておく。

そうすると、要は完璧に仕上げた10個のテーマで1個も出なければ、それはかなりヤバイです。でも、ちょっと手を抜きながら仕上げた30個のテーマがあれば、こちらの方が良い点数は期待できなくても、それなりの点数にはなりそうです。傷口が小さくなるのです。おまけにこの専門記述は全体の10分の1の配点しかしありません。ですから、高得点を仮にとっても最終合格に与えられる影響は物凄く小さいのです。

逆にそんなに良い点数じゃなくても差は開かないということです。ですから、そこまで力を入れて対策をすべきところではないということが言えると思います。一次試験は教養試験と専門試験が大切で、二次試験はそれら2つとやはり面接試験です。これが配点は以前よりも下がったとはいえ、10分の4あります。専門記述の4倍ですね。

専門記述が課されるのは一次試験ですから、それまでに勉強しておかないといけませんけど、裁判所職員の一般職の場合は、力を入れすぎてはいけないということだと思います。それは同じときに実施される小論文試験も同様だと思います。こちらも配点は10分の1です。全くやらなくて良いわけではありません。一応10分の1は関係あるので。でも、別に一生懸命やる必要はないということです。

教養試験と専門試験の勉強と併行して行わないといけないのが面倒かもしれませんけど、ちょっとした合間に時間を作って対策するくらいで良いと思います。ただ、受験する他の試験種で専門記述があるという場合には、他の試験種でも生きるので、もっと力を入れて対策をしても良いと思いますけど、専門記述のある試験種で、受験する予定が裁判所のみならば、すでに述べた感じで対策をしていきましょう。


東京都、裁判所職員一般職、国税専門官の試験種の過去問を分析し、頻出と予想される専門記述のテーマについて、実際に参考にできる答案を掲載しています。また、まだ出題されていないけど、今後出題可能性のあるテーマについても独自に掲載し、こちらもオリジナルの答案を掲載しています。基本的には800字と1200字という字数で答案を作成しているので、受験する試験種に合わせて、参考にできる答案が載っています。これ一冊をやれば、裁判所職員一般職は勿論、それ以外での試験種の専門記述の憲法は対応できると思います。
公務員試験 論文答案集 専門記述 憲法 〈第2版〉