_ 国家一般職試験情報 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

国家一般職や総合職の官庁訪問の服装はクールビズで良いの?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


国家一般職や国家総合職の官庁訪問の服装について気になっている方もいるかと思います。基本的には、夏ごろに行われるものについてはクールビズの格好で問題ないようです。官庁によっては事前にそれが指定される場合もあるようです。指定というか、推奨でしょうか。それがなされた場合には、全員ではないですが、圧倒的多数がクールビズできます。

そういう指定がない場合には悩むでしょう。常識的に考えてクールビズの季節だし、上着を着ていくのは、場違いだろうし、他の官庁の中にはクールビズOKと言ってくれているところもあるし。といったことが頭の中を巡っているかもしれません。そういう場合は、クールビズでくる人の割合は減ると思いますが、クールビズで行って不正解ということはないでしょう。

というか、普通に考えて、国がそもそもクールビズを民間企業等に推奨しているので、国はかなりクールビズに寛容なはずです。そして、公務員の場合は、民間企業よりもかなり広範囲なスーパークールビズというものを認めている場合もあります。私服に近いような格好で勤務をしているケースもあるので、国はクールビズについては主導的立場にあるわけですから、受験生がクールビズの格好をしてきたら大歓迎なくらいではないでしょうか?

公務員試験は全般的にクールビズ容認している感じです。だから、人事院面接もそうですけど、官庁訪問もクールビズで生きたい人はそれで構わないと思います。官庁訪問は秋以降に行う可能性もあるわけですが、その際にはいつまでクールビズで良いのか?という悩みもあるでしょう。常識的に考えたら、スーツの上着を着ても十分耐えられる温度になるまでではないでしょうか?

どれくらいですかね?9月の後半くらいでしょうか?それくらいの時期でもまだ20度以上あるので、上着をちょっと暑いでしょうけど、そのあたりが境目になりそうな気はします。他の受験生の格好なども観察しながら、そのあたりについては、自分で判断していくようにしましょう。他の人の意見も聞いてみると良いと思いますね。

国家一般職で受験生に人気、倍率が高い官庁は特許庁?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


国家一般職の志望官庁をまだ決めかねている方というのも多くいると思います。面接のときには面接カードに記入したり、面接で聞かれたりする可能性もありますし、官庁訪問をするときには決めないといけないので、ある程度絞っている方は良いですが、全く決まっていないという方は少しずつ考え始めた方が良いでしょう。官庁にも結構違いがあります。

人気官庁というのもありますし、そこには多くの官庁訪問希望者がいることになると思いますが、受験生から割と支持されてるのは特許庁ですね。あまり聞き馴染みがないところかもしれませんが、公務員試験の受験生には割と人気でここを目指しているという方も多いようですね。何を基準に志望官庁を決めるか?については人それぞれですからね。

給料なのか?勤務場所なのか?出世なのか?残業の多さなのか?待遇なのか?それ以外なのか?いろいろな基準で選ぶことになると思いますが、特許庁の特徴の1つとしては転勤がほぼないということもあるみたいです。民間企業においても、転勤の有無は気にする人多いですからね。公務員試験においても重要なポイントになるでしょう。

転勤のリスクが限りなく少ないということがいえるようです。働いたことが無いので確実なことは言えませんが、心配な方は是非自分の目で確かめてみてください。私も転勤は嫌です。知らない土地に行くのもそうですが、一緒に働く人がころころ変わる可能性があるのは嫌じゃないですか?そういう意味では、就職先に転勤がないところを選ぶという心情は十分理解できます。

志望官庁を決める際には、業務内容もしっかり調べた上で決めて欲しいと思います。国家一般職の場合には、人事院面接の前に説明会があるので、それに参加して話を聞ければある程度理解できるでしょうし、自分でも特にここい行きたい!と思っているところがあるならば、そこについて調べてみると、こんなはずじゃなかった!という失敗は避けられるでしょうし、逆により志望度が上がるかもしれません。

国会一般職の面接カード「専攻分野」の書き方について

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


国家一般職の人事院面接では、面接カードを書かされるわけですけど、そのときには、「専攻分野」という項目があるみたいです。大学で専攻した分野を書くという項目なんですけど、基本的には自分が専攻した分野というのは、何を指すか?というと、おそらくゼミなどでとった授業になると思います。中には「学部名を書くのか?」と思っている人もいるようなんですが、多分学部名ではないでしょう。

学部を書くのであれば、「学部、学科」といった項目になっていると思います。少なくとも専攻分野は、学部の中で何を専攻したか?例えば、経済学部ではなくて、経済学部の中で何を専攻したか?もっと細かい領域を聞いていると思います。実際、自分が専攻したものって何?というような人が多いと思うので、1つヒントというとおそらくゼミで扱っている分野を書けば、専攻分野になると思うのです。

しかし、中にはゼミに入っていない人もいると思います。そういう人はどうするのか?空欄にするのか?私は空欄にするのはあまりオススメしません。1番良いのは、自分が履修した授業の中で、特に力を入れた授業を書いておけば良いでしょう。それは成績が良かったとか、たくさん勉強したとか、そういったものです。専攻分野なので、ある程度詳しくないといけないと思うのです。

面接カードに専攻分野の欄があるということは、面接のときに詳しく聞かれる可能性もあります。ですから、聞かれたときにある程度答えられるようなものを選ぶようにしましょう。自分が履修した中で、特に興味関心を持った授業があれば、自然に自分でも調べたりして、知識はどんどん増えていって、面接でも語れる知識が増えていっているのではないでしょうか?

そういった授業があれば、それを書くのがベストだと思います。ない場合には無理にでも探した方が良いのかもしれません。「何もない」と書いたり、空欄にするのは、個人的にはあまり印象が宜しくないと思うので。とにかく自分の中で特に知識があると思われるもの、面接で聞かれても答えられそうなものをとりあえず書いておく。というのが最善策ではないか?と思います。今はゼミ入らない学生も多いでしょうし、ゼミが必須じゃないところも多いので、何かを専攻している大学生も減ってきていると思うんですよね。そういう意味では、この欄は改良が必要かもしれません。


国家一般職の面接カードを書く際、面接対策をする際には以下のような参考書を読んでおくとベストかもしれません。面接試験では、面接それ自体もそうですけど、面接カードを書く時点で、かなり合否に影響を与えている可能性があるのです。通常、公務員試験の面接では事前に面接カードを書いて、それを面接官がチェックしてから面接に入る試験種が多いと思います。つまり、面接の前に見る面接カードがイマイチだと、その時点で先入観で、「この人はダメかもな」と思われているかもしれない。すると、そこからいくら面接を頑張っても、最初のマイナスが面接官の頭に残り続けて、どれだけアピールしても挽回できずに不合格というケースもあるかもしれません。ですから、面接それ自体と同じくらいに面接カードを書くことも、合格するために大切な要素になるのです。
公務員試験 合格する面接・訪問カードの書き方 '15年版

国家一般職の教養試験の足切り、基準点は何点くらい?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


国家公務員はどの試験でも、足きりや基準点が設定されている場合が多いです。国家一般職でも教養試験には足きりラインが設定されており、それを越えられないと即不合格、他の試験でどれだけ点数をとれても絶対に不合格というちょっと理不尽かもしれない事態になってしまう恐れもあります。

ですから、国家公務員の試験ではとにかくバランスが大切だと思います。対策をするときには時間配分とか、量とかの配分のバランスを意識すると良いのかもしれません。教養、専門、論文、そして面接に至るまでバランスよく対策をしていくことが、足きりを回避し、最終合格へと繋がるための秘訣なのではないでしょうか?

さて、国家一般職の教養試験の基準点は何点なのか?ということですが、これは残念ながら一概には言えないのです。公表されていないのでしょうか?あと、年度によっても異なるみたいですから、確実に何点とも言えないと思うのです。よく話しに出てくるのは、12~16点あたりでしょうか?3~4割くらいの点数ということです。

40点満点ということを考えると、このあたりの点数を下回るというのは、ちゃんと勉強していればあまり考えづらいですけど、国家公務員の教養試験は一般知能の方に出題数の偏りがあるので、そちらが特に不得意という場合には、ちょっと点数とりづらいかもしれません。実際、配点がそれなりにありますから、足きりは回避したとしても、20点に満たない点数だと、一次試験突破は結構きついと思います。

ですから、基準点は考えても答えは出ないと思います。だいたいこの辺りの点数としか予想はできないと思います。また、国会一般職はある程度筆記試験重視ですから、当然専門試験と教養試験の点数がかなり一次試験や最終合格に影響します。そういった意味では、教養試験で足きりを心配するような状態では、どっちにしろかなり厳しい状況といわざるを得ません。

教養試験は最低でも20点はとって、あとは専門試験で稼いでいかないと厳しいでしょうね。二次試験以降も面接試験の配点は低いので、面接で順位が大きく覆ることはあまりないとされています。そうなると、一次試験の筆記試験の点数が低いと一次試験は突破できても最終合格はかなり厳しくなってしまうので、国家一般職の場合は、とにかく教養試験と専門試験が特に大切ということを胸に刻んで勉強していってください。


国家一般職の教養試験は結構難しいです。特に数的処理と文章理解の出題数が多く、全体40問のうち27問を占めます。すなわち、一般知能ができないとその時点でかなり厳しいのです。ですから、国家一般職レベルの問題は一般知識の問題と合わせて、あまり遅くならないうちに過去問に取り組んでみましょう。本番のレベルの問題を確認しておくと、早いうちに危機感を持ったり、これからの勉強の方向性を見据えることができるのではないでしょうか?
国家一般職[大卒]教養試験 過去問500 2015年度

国家一般職の論文試験の採点での足きりについて

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


国家一般職の論文試験には足きりがあるとされています。国家一般職の場合は、それほど配点は高くないものの、この基準点を越えられないと、その時点で不合格、それ以外の筆記試験や面接試験にかかわらず不合格になってしまうという、ちょっと残酷な面がありますね。足きりがあるのは論文だけではないですけど。

足きりがあるとされているのは面接もそうですし、他の筆記試験もそうでしょう。ただ、教養試験と専門試験の場合は、具体的な点数として基準点が設けられているので、それを越えるか?越えないか?というのは、自分の手応えで如実に分かるはずです。国家一般職は問題用紙持って帰ることが可能ですから、自己採点もできますし。

ただ、面接もそうですけど、論文はそうはいきません。自分の書いた答案がどれくらいの評価を受けるか?具体的に何点か?評価はいくつか?といったものが全く予想できません。というか、ダメな論文だと自分でも自負している場合は基本的にダメなことが多いような気がしますけど、自分としては良い論文が書けたと思っても、それがダメ評価な場合は結構あると思うのです。

論文の足きりは、採点者の裁量によるところも大きいし、基準点をちゃんと越えているのか?という、基準自体が多分曖昧でしょうから、受験者には予想が非常に難しいものとなってしまいます。その基準点というのも、あくまでも足きりのラインですから、客観的に見たら結構低いところに設定されているでしょうし、足きりに引っかかる人数や割合というのも、そう多くはないはずです。

ですから、自分としてはちゃんとしたレベルのものは書けているとするならば、よほどのことがない限り基準点を下回るというのは考えづらいですけどね。採点者の裁量もちょっとかかわってくるとはいえ、自分の手応えとして大丈夫だと思うのなら、大丈夫じゃないでしょうか?基準点を下回るとは思えない。割と書けた。という手応えなら自信を持ちましょう!

論文については、択一試験みたいにはっきりとした点数が自分としても分からないために、不安になる気持ちも分かりますけど、それを考えても何も解決しないし、過ぎたものは取り返せないので、国家一般職の受験者の人は二次試験の面接対策に力を入れましょう。これから受験するという方は、国家一般職の足きりを回避するために、他の試験種で良い点数をとるために、論文試験の勉強をとにかく頑張りましょう!


国家一般職も、それ以外の試験種でも使えるオススメの参考書です。本書の特徴は、本当に初心者の人でも、少しずつ上手い論文が書けるように構成がなされていることです。20個ほどのテーマに分かれていて、それらについて必要な知識、知っておいてほしい近年の話題等をまずおさらいしており、その後に実際に過去に出題された論文について解答例が載っています。その際にはまず、この問いは何を聞いているのか?何を書けば問いに答えたことになるのか?等の初歩の初歩から解説してくれており、解答例については、どうしてこれを書いたのか?これを書かないといけない理由は?など、とにかく理由づけがされていて、納得して読んでいくことがしやすいです。
地方上級・国家一般職[大卒]・市役所上・中級 論文試験 頻出テーマのまとめ方 2015年度