_ 国立大学法人試験情報 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

国立大学法人の職員は大規模な転勤はあるのか?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


国立大学法人に採用されると、転勤があるのか?という質問がありますが、転勤自体はありえます。それもどこに行くか?は分かりません。国立大学法人の場合は、採用される大学や研究機関の範囲で転勤があります。だから、その採用された大学や研究機関の管轄内であれば異動があると思います。その範囲は無限です。

近場という場合もあれば、凄い遠い場合もあり、転勤も結構大変です。全国に関連施設などがある場合には、いろいろなところに転勤の可能性があります。最高では海外という可能性もあるかもしれませんから、気をつけた方が良いというか、知っておいた方が良いでしょう。転勤は誰もが悩む可能性があるので、是非調べておきましょう。

関東地区とか、そういう区分で採用されるわけですが、転勤はその範囲内に収まるとは限らないのです。だから、本当にその時々によって、どこに転勤になるか?分かりません。転勤自体は長く勤めていたら避けられないと思いますから、どこになるか?は分かりませんが、転勤は避けられないと思って受けた方が良いでしょう。公務員も結構転勤が多いですからね。

近場の転勤ならまだ良いですよね。同じ県内とか、隣の県くらいならば、あまり転勤って感じもしないですけど、国立大学法人の場合は割と大規模というか、移動距離の大きい転勤の可能性があるので、それは知っておいた方が良いでしょう。転勤は誰もが避けたいですよね。民間企業だと結構転勤は可能か?みたいなことを聞かれることもありますが、公務員でも比較的転勤が多いところは聞かれると思います。

地方公務員は、あまりそういう転勤はないかもしれませんが、国家公務員と国立大学法人など、特殊な働き方をしているような人は転勤は付き物なのかもしれないです。転勤だと、知らない地で生活や仕事をしないといけなかったり、知らない人と仕事をしないといけなかったりするので、大変だとは思います。だからみんな嫌なんですよね。新入社員の気持ちでしょうから。だた、国立大学の職員の場合はそれは受け入れていくしかないのでしょう。

国立大学法人の試験会場は先着順!申し込みはお早めに!

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


国立大学法人を受験するときに申し込みを事前にしないといけません。そのときに1つ注意してほしいことがあります。それは受験会場選びです。各地域ごとに試験を受けることになりますけど、各申し込み地域の中でも、一次試験の受験会場は複数あります。特別区とかみたいにいくつかの大学で受けることになります。特別区の場合は基本的に選べませんが、国立大学法人の場合は選べます。

私が数年前に受けたときには関東か?東京か?忘れましたが、一橋大学とか、東京学芸大学とかが候補としてあったと思います。1つの地域で全部で10大学くらい受験会場の候補があったと思います。その中から好きなところを選んで申し込みができるのですが、そのときは先着順だったのです。つまり、申し込みが遅れると希望の大学で受けられなくなってしまいます。

油断していると、どんどん大学が埋まっていってしまうので、希望のところで受けられないのはそうですが、不便な場所、遠いところしか残っていない可能性もあります。そういう事態にならないためには、できるだけ早く申し込みましょう。今年から日程が変更になったので、何か変わるかもしれませんが、先着順は変わらないかもしれません。

国立大学法人の場合には、例年通りだと申し込みのときに志望動機が必要ですから、それまでに考えておかないといけません。申し込みが始まってから考えていては、申し込みが遅れてしまい、希望の受験会場が埋まってしまう可能性もあるので、できるだけ申し込みが始まる前から志望動機を練っておいた方が良いでしょう。入力できる文字数が少ないので、調整する必要もありますね。

志望動機は文字数の調整があるので、言いたいことを全部書ききれない可能性もあります。ある程度言いたいことのポイントを考えておいて、そのポイントを文字数に合わせてアレンジして文章を作っていくと良いでしょう。希望の受験会場がある場合にはそういう作業の早くから始めていかないといけないでしょうからね。申し込みも併せて早くから取り組んでいってください!


国立大学法人の志望動機などを考えるときに役立つのが以下の本になります。これは現役の国立大学の職員の方が自身の仕事について内容を紹介してくれたり、やりがいなどを教えてくれます。国立大学の職員の仕事って何かイメージが沸かないと思うのです。だから、志望動機も考えづらいですよね。そういったときに本書を参考にすると、仕事自体が理解できることもそうですし、国立大学で働いて、こういったことをしてみたい!こういう役に立ちたいというイメージが沸きやすいと思います。国立大学法人を受験予定だけど、イマイチ仕事について分からない、だから志望動機が考え付かないという方には1度見てほしいと思います。
国立大学法人等職員採用試験攻略ブック 27年度 2015年度 (別冊受験ジャーナル)

国立大学法人の面接は時期が変わって倍率も変わる?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


2015年の試験から国立大学法人の採用試験の日程が変わるみたいです。とりあえず2015年は8月に一次試験が行われるみたいです。以前は5月だったのですが、何で変わるのかな?とも思いますけど、市役所B日程にそこそこ近い日程になりましたね。市役所B日程を受験される方も多いと思うんですけど、この時期はそういう意味では大変ですね。

こうして国立大学法人の試験日程がずれたということは、当然面接の時期もずれるわけですけど、この時期は主要な公務員試験の採用試験はだいたい終了している頃かな?と思います。つまり、8月に一次試験だと、面接試験は9月以降ということになり、東京都、特別区、国家一般職、地方上級などの主要な試験種はだいたい面接まで終了していることが多いかな?と思います。

区面接や採用面接、官庁訪問なども残っていますけど、多くの方はどこかに決まっている可能性も高いですね。そうなると、この9月以降の面接というのは、さほど被っている試験種が少ないです。この時期に他にあるのは市役所B日程、C日程くらいでしょうかね?それ以外の試験種はだいたい終了しています。春から夏にかけては多くの試験種で面接の日程も被りやすいですけど、この時期はほとんど被らない可能性が高いです。

すると、じゃあ倍率が上がるのか?と思われるかもしれませんが、上がる要素というのはあると思います。ただ、下がる要素というのもあるでしょう。それは先ほど言ったように、先に行われた主要な試験種ですでに内定を手にしている人もいるということです。従来の面接の日程なら、そういう人はかなり少ないというか、ほぼいなかったんじゃないか?と思います。国立大学法人の面接日程も広いので、どんどん後になれば他の試験種で内定を貰っていた人もいたかもしれませんけど。

国立大学法人の面接日程は早くても9月頃からだと思われるので、その時期には多くの方が内定を手にしていて、すでに公務員試験から撤退している可能性もあります。この時期に面接を受けているのは、先ほど言ったように市役所試験組か、区面接や採用面接、官庁訪問などの人たちでしょう。市役所試験組の人たちは国立大学法人も受けるかもしれませんけど、それ以外の後者の人たちは、そこが第1志望じゃなければ、この時期にはあえて受けないのではないか?と思うのです。すでにどこか内定を手にしていて、かつ区面接、採用面接、官庁訪問をしている人なら尚更です。

国立大学法人の面接自体は元から倍率も高いし、難易度もそれなりに高いといわれてきたと思います。難しいことには変わりないので、日程が変わったことで、そんなに影響があるとも思えませんけど、2015年から受験される方もしっかりと面接対策をして挑んでいきましょう。その前に筆記試験も倍率が非常に高いですから、国立大学法人志望の方はまずは筆記試験の勉強を頑張ってください!


国立大学法人を受験される方は、本書を読んでおくと良いと思います。国立大学法人は申し込みのとき、面接のときに志望動機を聞かれますけど、国大法人の志望動機ってどうやって考えれば良いのか?分かりづらくないですか?そもそも日頃からどんな仕事をしているか?すらもなかなか想像できないと思います。本書では、現役の国立大学の職員が実際の仕事について、魅力、やりがい、どんな仕事をしているのか?についてインタビューに答えてくれています。したがって、志望動機や面接対策を考えるときに非常に参考になると思います。また、国立大学法人の過去問、予想問題も掲載されているようなので、是非オススメします。
国立大学法人等職員採用試験攻略ブック 27年度 2015年度 (別冊受験ジャーナル)

2015年度から国立大学法人の採用試験の日程が大幅変更!

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


2015年度の公務員試験は特別区と東京都庁が日程が大幅に変更になりました。実はそれだけではなかったのです。国立大学法人についても、例年の5月から8月に変更になりました。8月というと、市役所B日程よりもさらに後ということになります。5月から公務員試験の筆記試験が始まって、6月の後半当たりで一段落して、あとは面接試験などを残すのみというのが例年のパターンでした。

残っているのは市役所試験くらいというのが多くの人にとってのパターンだと思うのですが、来年は国立大学法人もまだ残っているということになります。平成27年度は8月23日に1次試験が行われるみたいです。8月の後半というのは、多くの試験種では二次試験も終わっており、せいぜい特別区の区面接や官庁訪問などが残っているくらいだったと思います。

ただ、特別区や東京都も日程が大幅にズレたので、これらの試験種の二次試験が例年よりも遅くなります。ちなみに特別区のホームページでは、まだ正確な発表はされていないものの、8月の上旬から中旬にかけて二次試験が行われるとされています。ということは、直前の国立大学法人の対策と特別区の面接対策はちょっと被りますね。

被るにしても同じ面接対策で被るなら良いかもしれませんが、面接対策をしながら、筆記試験の対策もしないといけないというのもね。これはまた大変だと思います。国立大学法人は例年多くの受験生が受けていますよね。他に日程が被っている試験種がなかったので、倍率も凄く高くなりやすいですし。教養試験のみで受けられますからね。

ただ、今回8月の後半になったということで、なんとなく倍率は下がりそうな気がします。それはこの8月の後半を迎える前に1つくらい内定を獲っている受験生がある程度増えるだろうと予想され、そういった人は国立大学法人が本命という方を除いては、受けにこないのではないか?と思うからです。今回の日程の大幅変更が良かったのか?そうじゃないのか?という受け止め方は人それぞれかと思います。国立大学法人を受験予定の方は、今回の変更を知っておきましょう。


国立大学法人を受験される方は、本書を読んでおくことをオススメします。国立大学法人では、申し込みの際に志望動機を記入しないといけません。そのときに本書のインタビュー記事が役に立つでしょう。そもそも、どんな仕事をしているのか?が分からない受験生が多いと思いますけど、本書では、現職で働く職員7人に「これが私の仕事です」といった内容で、自分が日頃どんな仕事をしているのか?どういった点が魅力的か?説明してくれています。面接対策をする際にも、非常に有効だと思います。また、過去問題や予想問題についても掲載されているので、そういった問題集が見つかりづらい国立大学法人の試験種ではバイブルにしたい一冊ですね。
国立大学法人等職員採用試験攻略ブック 27年度 2015年度 (別冊受験ジャーナル)

国立大学法人の筆記試験、面接試験共に倍率はかなり高い

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


国立大学法人は毎年、結構受験者数が多いために、毎年かなりの高倍率になりやすいです。それは他の試験種と全くかぶっておらず、また教養試験のみでの受験が可能なことから、非常に倍率が跳ね上がりやすいのです。一次試験からバンバン落とされて、二次試験以降に進める人はそんなに多くないです。

2015年から日程が従来の5月から8月にずれ込んだので、その影響で受験者数は減るのではないか?とされています。それでもどこまで受験者数が減るか?倍率が下がるか?は分かりません。倍率が下がったとしても、そこまで例年と変わるとは思えないのですが、倍率自体は高いことは高いと思うのです。その理由を以下で説明していきます。

一次試験は教養試験のみで、論文試験もありません。ですから、早く帰ることができるのは良いかもしれませんけど、教養試験が苦手で論文の方で挽回とかは無理ということになります。教養試験で7割くらいとれない人は、一次試験で不合格となってしまう可能性が高いと思います。倍率が高いということで、ボーダーも高いのです。

ボーダーは最低でも6割、高いと7割くらいはとれないときついと言われています。そして、一時試験の倍率は例年7~8倍くらいあります。これは非常に高いです。そして、そんな過酷な一次試験を潜り抜けると、二次試験では面接になります。面接の倍率はちょっと不明ですね。どの大学や機関等を受けるか?にもよると思うので、一概には言えませんけど、かなり高いということは言われています。

面接試験は人によって受ける回数とか受けるペースとかも異なるみたいで、1回で終わりというわけではありません。日程が許す限り、どんどん受けていくことができるようですから、暇なときには受けられるだけ受けておいた方が良いでしょう。しかし、どこが倍率が低いとか、高いとかはちょっと分かりかねます。そういうデータが共有されていたら良いんですけどね。

そういうわけで、二次試験以降も面接に受かるのは結構厳しい。決して簡単ではないということは知っておいてください。一次試験からこの倍率ですからね。一次試験を受けるだけでもかなり大変です。倍率の高さでいえば、公務員試験全体の中でもかなり上の方に位置すると思います。したがって、受験するのは自由ですが、受かる望みはそんなに高くないかもしれません。ここを第一志望にしている人とそうでない人はかなり違うと思いますから。

特に専門試験まできちんと勉強している方は、教養試験のみでどれだけとれるか?が勝負になります。数的処理や文章理解である程度点数をとることはそうですけど、全体的にバランスよく勉強して、バランスよく点数をとることが大切になります。国立大学法人は非常に合格難易度が高い試験ですから、とにかく頑張ってください!



国立大学法人を受験される方は、申し込みの際にいきなり志望動機を簡易的に書かないといけません。例年、試験の申し込みをネットからするときには、必要事項と併せて、その時点でもう志望動機を聞いてきます。勿論、後に面接を受けるときにも志望動機は聞かれます。その両方で真面目に、国立大学法人の志望動機を考えて伝えないといけません。そのときに参考になると思うのが本書です。これは現役の国立大学の職員の方がインタビューに答えてくれていて、自身の仕事内容を細かく解説してくれたり、仕事を通してのやりがいなどを教えてくれます。国立大学の職員って、そもそも仕事を何をしているのか?が分かりづらいと思うので、そういう方にとっては志望動機を考えるときに良いヒントになると思います。また、筆記試験の過去問題や予想問題も掲載されているので、同時にオススメですね!
国立大学法人等職員採用試験攻略ブック 27年度 2015年度 (別冊受験ジャーナル)