_ 地方上級試験情報 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

千葉県庁の面接で採用可能性を高める志望動機の考え方

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


千葉県庁の志望動機を考えるときに必要なのは、千葉県庁のホームページを見て欲しいと思います。千葉県庁の職員採用のホームページには、千葉県庁の求める人物像が書かれているのです。千葉県への志望動機を考える際には、地元出身だからといって、それをメインにしてもあまり響かない可能性があるのです。それは地元出身だったら何なのか?と思われてしまう可能性もあるからです。

地元出身だと、能力的に優れているとか、県外出身の人よりもいい仕事ができるという根拠があれば良いかもしれませんが、それがないと地元出身という理由はあまり有利にならないというか、志望動機として評価されない可能性もあるのです。そうなると、じゃあ千葉県の公務員として相応しい理由を考えれば良いのです。

そこで先ほど言ったように千葉県の職員採用のホームページを見るというのが良いのです。求める人物像には何と書かれているか?というと、1.県民志向・・・時代の変化を柔軟に感じ取り、県民の視点に立って行動できる人物だそうです。これは今何が必要か?ということをあなたが感じ取ることが出来ているか?ということに言い換えられるかもしれません。つまり、今、時代のニーズ、県民のニーズに沿ったもので、特にこの仕事をやりたい!この仕事を通じてこれを実現したい!ということを述べると評価されるかもしれません。

そして、次は2.地域経営の視点・・・経営感覚を持って、いろいろな主体と一緒に政策を考えていける人物だそうです。これは例えばアルバイトをしていたときに、こうしたらお客さんがより利用しやすくなるのではないか?と考えて行動したエピソードとか、売り上げを実際に挙げたエピソードとかを志望動機に練りこむというやり方が良いかもしれません。日頃からこういった考え方ができるため、自分は千葉県庁の(求める人物像に合致するから)職員に向いていると、だから千葉県を志望するんだということです。

さらに3.危機管理・・・様々な危機に的確に対応可能な人物だそうです。これはバイトとか失敗してしまったときにどう盛り返したか?とか、何か問題、トラブルを抱えたときにそれをどう克服したか?といったことを述べられると良いのではないでしょうか?最後が4.創造性とチャレンジ精神・・・創造性とチャレンジ精神を持って政策を立案から遂行できる人物だそうです。これは1番難しそうなので、あまり考えなくても良いかな?という気はします。これに当てはまるエピソードや経験を持っている人はあまりいないんじゃないか?と思いますから。

この中で、1つでも当てはまる経験などをしていれば、それはつまり千葉県が求めている人物に当てはまり、=千葉県が欲しい人物、千葉県で活躍できる人物ということになります。自分にはそういう資質があるので、それを生かせる千葉県を志望したとなれば、非常にスムーズな流れです。自己PRにも、これらの求める人物像に合致する話ができればなお良いですし、その自己PRと志望動機がリンクする形は聞いていて、自然だと思います。


公務員試験の面接のときに是非1度読んでもらいたいのが以下の参考書です。公務員試験の面接対策として、その試験種を受けるときにも対応可能だと思います。本書の優れているところは、公務員試験の面接官の立場に立って、どうしたら受かるのか?採用してもらえるのか?採用したいと思わせることが出来るのか?について詳しく解説してくれていて、その方法論も提示してくれているところです。本書に書かれているのは「公務員試験の面接官が採用したいのは、単純に公務員を辞めない人だ」ということです。問題は、面接の中でどうやって、自分は公務員を簡単に辞めないと、仕事を真面目に全うすると伝えることが出来るか?という点ですが、その具体的な方法論について本書は教えてくれているので、オススメです。その他にも、近年の公務員試験の面接でよく聞かれている質問をまとめてくれていて、それぞれにおいていい回答、ダメな回答とその理由を解説してくれているので、想定質問とその対策をする際に納得しながら、理解しやすく行えるのではないでしょうか?
面接・官庁訪問の秘伝 2016年度採用版 (公務員試験)

神奈川県庁の二次試験でグループワークを実施決定!

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


神奈川県庁を受験予定の方もいるのではないでしょうか?神奈川県庁はそれなりに多くの人数を採用する大きな県庁になりますが、この度試験内容に一部変更があるみたいです。「http://tamtam1951.blog.fc2.com/blog-entry-409.html」の記事によると、2015年から二次試験でグループワークが実施されるみたいです。去年まではなかったんですね。ちなみに、グループディスカッションも引き続き行われるらしいです。

二次試験の内容は是非受験される方は自分で確認してほしいと思いますが、グループワークってそもそも何?という人のタメに簡単に説明すると、グループディスカッションの進化バージョンになると思います。グループディスカッションは、公務員試験の場合は、与えられた課題に対して話し合って答えを出すというものです。

ただ、グループワークは、民間企業で行われているものは、その会社の実際の製品、サービスを使って、どのように仕事をしていくか?あるテーマが与えられて、そのテーマを満たすような提案をしていくのです。つまり、その会社の事業について多少知っていないと何もできない可能性があります。例えば、こんな要望を持ったクライアントがいるんだけど、うちの製品やサービスを使って、どう満足してもらえるような仕事をしていったら良い?といったものです。

グループワークはグループディスカッションに比べて、多少難易度が上がるケースが多いです。公務員試験では、グループワークってあまり聞かないですけど、要は実際の仕事にかかわる討論をして、問題を解決に導くのがグループワークになると思います。ただ、グループディスカッションは、実際の仕事とはあまり関係ないテーマについて討論することが多いです。

そうなると、グループディスカッションは誰でもある程度意見が言えるようなものになりますが、グループワークは予備知識がないと、何も話せない状況になってしまうかもしれません。これは出題テーマにもよりますけどね。事前いテーマが発表されるのか?当日発表なのか?分かりませんけど、テーマによっては苦しむ人が出る可能性もあります。

グループディスカッションも難しいといえば難しいですけど、グループワークはそれよりもさらに難しい可能性がありますから、是非注意をしてほしいと思います。神奈川県庁を受験される方は、事前にグループワークの対策をできるだけしておきましょう。情報集めなども含めて、できることはやっておきましょう。

特別区と東京都庁、地方上級をめぐる面接対策の過酷さ

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


2015年から特別区と東京都の受験日が1ヶ月繰り下がりました。この影響により、地方上級の試験との間隔がかなり狭まりました。従来は特別区と東京都は5月だったため、6月の後半に試験がある地方上級とはかなり間隔があったのですが、それが1ヶ月ないくらいに狭まったので、面接対策が難しくなります。

それは地方上級の面接は筆記試験からほとんど日がなく行われます。特別区は一次試験終了後から2ヶ月近く空いていましたから、特別区の面接までに、地方上級の筆記試験の勉強と特別区の面接対策を同時並行していっても良かったのです。ただ、今年からは地方上級は特に変わらないから、恐らく7月の上旬に面接があるでしょう。

特別区の面接は8月の上旬じゃないか?と思います。東京都の場合は、例年通りの感覚ならば特別区よりも早いので、7月の上旬から中旬くらいにあるのかな?という予想です。そうなると、東京都の場合は一次試験を受けて、二次試験まで、地方上級の勉強と東京都の面接対策と地方上級の面接対策3つを同時並行しないといけない事態になってしまいます。

地方上級は一次試験から二次試験までの間隔が非常に短いですから、一次試験が終わったと同時に、または始まる前から面接対策をしていかないと間に合わないのです。それを踏まえて、特別区の場合は、8月の上旬という予想通りならば、地方上級の面接が完全に終わるのが7月の上旬から中旬にかけてです。そこから8月の上旬まで2~3週間くらいはあると思うので、その期間で面接対策をやってやれないことはないでしょう。ただ、できるならもっと早くから始めておいてほしいですけど。

ただ、筆記試験の勉強をしているときにどうも面接試験の勉強って身が入りづらいんですよね。筆記試験が完全に終わって、ようやく面接試験の対策に乗り出せる。そういう受験生が多いように思います。おまけに特別区または東京都と地方上級以外にも国家一般職とか、裁判所とかも受けている人はいて、そこの面接対策もあるわけですよね。

これは本当に筆記試験から面接対策までスケジュールがヤバイので、是非多くの方はそこを見越しながら早めに面接対策をやっていきましょう。筆記試験の最後の追い込みと面接対策が並行しているような状況はかなり過酷です。普段からほんの少しずつでも面接対策をやっていけると、そういう時期になったときに多少余裕が出ると思うので。今年は多くの試験種の日程変更1年目ですから、どうなるか?予想が難しいですけどね。

埼玉県庁の筆記試験のボーダーは割と低いと思います

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


埼玉県庁は、地方上級試験の中でも割と筆記試験であまり人数を絞らない試験になると思います。例年面接試験の倍率と筆記試験の倍率がほぼ同じなのです。だから、非常に稀だと思うんですけど、筆記試験で落ちるケースも少なくなりますけど、面接で落ちる可能性は高くなってしまいます。筆記試験の倍率は例年2.5倍もないですね。2倍を少し越えたくらいって感じでしょうか?

だから、当然ボーダーも低いはずですよ。地方上級の試験は問題が難しいために、ボーダーはそんなに高くならないと思いますけど、埼玉県庁の場合はさらに低いということが予想されます。一般的なボーダーは5割5分~6割くらいじゃないか?と思いますけど、埼玉県はそれ以下ということになりそうです。


埼玉県は関東型になるので、教養試験も専門試験も一部選択性になります。それは多少多くの受験生にとっては助かる面になると思いますけど、ボーダーにそれほどの影響は与えないと思います。だからボーダーは5割を越えていれば一応の可能性は残っていると思います。5割5分くらいあればかなり期待して良いのではないでしょうか?

自己採点がほとんどできませんから、自分の正確な得点を知ることはできないものの、なんとなくは分かると思うんですよね。論文試験は二次試験なため、択一試験のみで一次試験は決まりますから。教養試験よりは専門試験で稼ぐ人が多いと思うので、なんとか専門試験も10問ほど選択回答ができるので、それを有効活用して良い点数をとっていきましょう!

埼玉県庁の場合は、先ほど言ったように二次試験の方が圧倒的に難しいと思います。一次試験は2人に1人受かるくらいの難易度ですから、二次試験も多分一次試験の合格発表からほとんど時間がないと思います。だから、一次試験の合格発表の前から、一次試験を受ける前からやっていけると良いと思います。

埼玉県のトータルの倍率はそれほど高くはないものの、一次試験と二次試験の倍率がほぼ同じという非常に珍しい。そもそも採用予定者数が少ない市役所の採用試験などではたまにありますけど、地方上級のような大きな自治体ではなかなかないと思うので、それを踏まえて、筆記試験の勉強の段階から面接試験のことを考えていった方が良いと思います。

千葉県庁の筆記試験ボーダーはやや高いが、二次でリセットされる

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


千葉県庁は採用予定者数の割には結構受験者数が多い印象ですね。全体の倍率は9倍近くあるので、地方上級の試験の中では結構高い方じゃないかな?と思います。でも、千葉県の場合は筆記試験の倍率が結構高いです。4~5倍くらいはあり、これも地方上級の中ではまあまあ高い方だと思います。

千葉県の場合は筆記試験は関東型になるのでしょうかね?全国型と比べると、選択できる余地があるので、多少解く方としては余裕があるかもしれません。筆記試験の問題自体は他の自治体と基本的に変わりませんけど、ボーダーについては結構高いんじゃないか?と思います。倍率がまあまあ高いので、他の自治体よりも高めの点数が必要かもしれません。

地方上級は問題用紙は持って帰れませんから、自己採点は出来ないですし、ボーダーを予想するのも難しいですけど、6割くらいは必要なのかな?って感じですね。ボーダーも結構高い方だと思うので、千葉県は結構筆記重視の自治体かもしれません。ただ、千葉県の場合は1つ注意しないといけないことがあります。それは筆記試験の取り扱い方についてです。

千葉県の場合は、是非知っておいてほしいのですが、筆記試験がリセット方式なのです。これはどういうことか?というと、筆記試験の結果は二次試験には持ち越されないというか、影響を与えないということです。一次試験を通過した人の中には、一次試験の成績によって順位付けがあるはずです。全員同じ点数ではないですから。しかし、リセット方式の場合は、一次試験を通過したものは全員同列です。

これがリセット方式と呼ばれるもので、1位で突破した人とギリギリで突破した人が横並びになるということです。これは嬉しいのか?悲しいのか?分かりません。二次試験以降は完全に面接で決まるということですから、筆記重視と言って良いのか?も分からなくなりますね。二次試験は倍率は2倍弱くらいですから、そんなに高くはありません。

倍率はそこまで高くはないものの、最終合格を決めるのは面接を中心とした面接試験ですから、筆記試験のことは忘れて、面接試験だけに集中しないといけませんね。一次で出遅れた、点数が低かった人も関係ありませんから。東京都みたいな感じで、足きりの倍率ではないですけど、それに似たような感じかもしれません。千葉県は筆記試験がリセット方式と言うのは是非覚えておいてください。