_ 東京都試験情報 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

東京都庁の面接が和やかか?厳しい圧迫面接か?は落ちる、受かるに関係ない?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


東京都庁の面接は従来の2回から1回に変更になりましたが、なかなか難しいと思いますよ。都庁の面接の倍率自体はそこまでではないものの、簡単に受かるわけではないですし、結局特別区との差別化や志望動機などを詳しく聞かれていくので、みんな悩みぬいて面接対策をして、本番に挑むと思います。都庁の面接はかなり多くの人数が受けるため、対応する面接官の数も多いでしょう。

すると、いろいろな面接官が出てくるわけですから、それぞれの性格などが色濃く反映されると思います。すると、都庁の面接の中には圧迫面接と思われるものが出てくる可能性もあります。いわゆる厳しい感じの面接ですね。これは都庁以外でも遭遇する可能性は十分ありますけど、面接官が圧迫面接を意図しているのか?はそもそも分かりません。

都庁の面接官の中には厳しい雰囲気の面接をする人もいるし、和やかな感じの面接をする人もいるはずです。だから、それは圧迫面接か?どうかということも含めて、確率や運の問題であって、都庁の面接が厳しい圧迫面接になるか?和やかな面接になるか?というのは、受験生次第というよりは面接官次第の問題が大きいと思います。そうであれば、都庁の面接が和やかか?厳しい感じか?というのはあまり関係ないと思います。

恐らく両方の報告があると思うんですよね。東京都Ⅰ類Bの採用試験は多くの受験生が面接を受けるので、面接の再現もかなりデータがあるはずで、それらを見ると和やかの方が多いとは思いますけど、厳しい感じの面接を受けたという人もいるはずです。だから、本番がどっちになるか?は分かりませんが、自分の面接が和やかでも、厳しいとしても、それは合否にはあまり関係ないと思いますから、気にしない方が良いです。

むしろ、和やかよりは圧迫気味の方が良いかもしれないのです。それは和やかな面接にないある重要な要素があるからです。つまり、圧迫面接のような厳しい面接をして、受験生を不快にして、しかも落とすというのは、はっきり言って恨まれる可能性もある。恨まれるまでいかなくても都庁に対して悪いイメージを与えますから、結果的に落ちることはあっても、落とす目的でそういう面接はやらないでしょう。

圧迫面接で受験生を不快にしておいて落とすというのは、それがいろいろなところで口コミや評判として出回って、都庁のイメージダウンにつながりますから。だから、和やかだけど落とす目的っていうのは、まだ可能性としてはあります。初めから採用する気ないとか、落とすつもりとか、そういうのはまずありえないと思いますが、都庁Ⅰ類Bの面接で和やかか?厳しい圧迫面接か?どちらが来ても、冷静に対策した通りに対応すれば良いでしょう。東京都庁の面接で和やか、厳しい圧迫面接と思われるもの、どちらが来ても合否には直接は関係はしないと、私は考えます。

東京都庁の面接で座る受験生用の椅子がまさかの・・・

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


東京都庁の面接では、1つ大切なことがあります。これはあるブログ(http://moshisapuri2.blog5.fc2.com/blog-entry-3020.html)に書かれていたことですから、その書き込みをここで紹介したいと思います。都庁の1回目の面接のときに、ある受験生がとんでも失敗をしてしまったらしいのです。椅子の座り方です。椅子というと、どういう椅子を思い浮かべますか?椅子にもいろいろありますよね。

今もそうなのか?分からないのですが、都庁の面接で用意されていた椅子というのは、回転椅子だったらしいのです!え?と思う方もいる方もいるかもしれません。私も正直、面接で回転椅子に座らせるところは初めて聞きました。私は都庁は受けたことがないので、本当のところはよく分からないものの、その人も恐らく回転椅子に座ったことはあると思うんです。

小学生のときに教室にある先生の机の椅子って回転椅子であることも多いですし、それにふざけて座っている子達はよく見ていました。そういう遊び感覚で座ることはあっても、こういう改まった場で回転椅子に座る機会って、まずないでしょう。つまり、その受験生は回転椅子の座り方を知らなかった。その回転椅子はあらかじめ90度横を向いている状態だったみたいです。

その受験生は座り方が分からなかったのか?あろうことか、まず90度横を向いたそのままの状態で座って、椅子に座った直後は面接官から見て横を向いている状態です。そこから椅子に座った状態で、面接官の方を向き直り、面接官の嗚唖然とした表情を目の当たりにしたらしいです。その人の合否は分からないものの、面接官の反応からして、その座り方は適切じゃなかったのでしょう。

というか、私も回転椅子の正しい座り方なんて知らないですよ。というか、知ろうと思ったこともないですよ。この受験生はあまり悪いとは思えない。失礼な座り方をしたのはその通りかもしれないが、回転椅子で面接をするなんて私は初めて聞いたし、今までの全ての面接を振り返ってみても回転椅子で面接を受けたことがなかった。当然、この受験生もそうだと思います。だから、当然座り方も知らなくてもしょうがないと思うし、焦って失礼な座り方をしてしまったのも、不可抗力に近いと思うのです。

都庁は何故こんな特殊な椅子を椅子を用意したんですかね?回転椅子の正しい座り方を知っているか?を見たかったのでしょうか?回転椅子なんて、まだ社会人として働いたことがない受験生を前提にするならば、当然座る機会もほとんどない。それどころか、座り方も知っていなくて当然のように思います。都庁がずーっとそういうやり方を続けていたのならば、それを事前に知らなかった受験生にも数%くらいの落ち度はあるかもしれないけど。

そういうわけで、この話がいつの話なのか?は分からないけど、多分最近の話なのでしょう。今年度も都庁の面接では回転椅子が使用されるか?は分からないです。ただ、回転椅子かもしれないということがあらかじめ頭に入っているだけでも対策はとれますから、状況は全然違いますよね。今年度の都庁の面接がどういう風に実施されるのか?はそのときが来てみないと分かりませんけど、そういう座りなれていない椅子が用意されている可能性も一応頭に入れておいてください!

東京都庁の面接で落ちる人と受かる人を分ける要因とは?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


東京都庁の面接は二次、三次と2回あるわけですけど、倍率だけ見ると大したことはあまりありません。ただ、全員がどれだけ頑張っても落ちる人は絶対にいるわけですから、しっかりと頑張らないといけません。面接は対策をいくらやっても、運要素、不確定要素に吹き飛ばされてしまうことも多々あると思います。面接ってのは、そういう試験ですから。

ですから、落ちる人というか、落ちた人というのも何がダメだったか?というのはあまり理由がない場合もあると思います。自分としてもちゃんとやれたし、手応えもあった。でも、落ちたというケースは東京都に限らず、どういう試験種であってもあるでしょう。面接ってのは、そういうものだと、諦めることは必要かもしれない。ただ、そういう中でも強いて言うならば、東京都で働きたい!東京都じゃないとダメだ!という意気込みがイマイチ面接官に伝わらなかった。面接官の立場からいって、あまり感じられなかった。それはあるかもしれません。

どの自治体を受ける場合もそうですけど、どうしてそこじゃないとダメなのか?という理由をきちんと伝えられるか?というのが1つポイントになるかと思います。特に日本の首都東京で何をしたいのか?その思いや熱意がどれだけ伝わるか?というのが1つ大きいのではないでしょうか?それが伝わるか?というのは、面接官にしか分からないものであり、受験生からしたら、確実に伝える術はないのですが。

伝わったか、伝わってないのか?も分かりませんし、そういったところで運というか、受験生からしたら何ともしがたい面があると思うので、確実に受かる方法みたいなものはないですよ。そこはやはり筆記試験とは違う。受かった人も、落ちた人も、何が原因で受かった、落ちたというのは判断がつかないと思うんですよね。せいぜい推測できるくらいでしょうから。

ただ、受かる人と落ちる人を分ける原因があるとすれば、先ほど述べた部分かな?と思うのです。面接官から見た場合の、そこの思いや熱意がどれほど伝わったか?その程度で合否が大きく分かれそうな気はします。受験生としては、自分として誠意一杯やるしかないですが、その結果受かるか、落ちるかというのは、やはり運が大きいと思いますよ。思いや熱意を伝えるといっても、何をどのように伝えればOKというような1つの正解みたいなのは存在しないですからね。

伝える側の問題もありますが、話を聞く側の面接官の問題もあるので、落ちた場合に一概に受験生に非があるともいい難いです。それも含めて面接なので、公務員試験を受ける以上は、その非常な面も受け入れないといけないとは思いますけどね。嫌なら、受けるなと言われるだけでしょうから。だから、面接は非常に難しいのです。やるだけやって、後は祈るしかないと思います。


公務員試験の面接では、結局面接官次第の部分も大きいですから、以下のような参考書を読んで、面接官がそもそも何を考えているのか?どんな基準で、採用、不採用を決めているのか?それは一読に値するのではないでしょうか?現職で採点官を務めた方が語ってくれている貴重な話なので、合格を掴むための面接対策をするうえでは、戦略を練るときに非常に有益な一冊になるかもしれません。東京都庁の面接を含めて、公務員試験の面接で合格したい方には特にオススメです!
公務員試験 現職採点官が教える!合格面接術 2015年度

東京都Ⅰ類Bの新方式は倍率も高いし、かなり人物重視

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


東京都を受験したいと思っている人も多いと思いますけど、東京都には一般方式と新方式と呼ばれるタイプがあります。一般方式というのは、今まで通りの試験です。新たに新方式という試験ができたので、従来からある方を一般方式と呼んだのだと思います。東京都Ⅰ類Bといえば、多くはこの一般方式の方を指します。後述しますけど、筆記試験は負担が少なく、ほとんど面接等を通した人物試験の割合が大きい試験です。

ただ、同じ東京都Ⅰ類Bでも、新方式の方は最近できたばかりの新しいタイプの試験です。これができたことによって、多くの人にチャンスが広がったといえるでしょう。神奈川県早期チャレンジと同様に、民間企業で主に就職活動をしている方向けに用意された試験ともいえると思います。筆記試験と呼べるのは教養試験のみで、論文試験や専門記述はありません。

一次試験では、教養試験とプレゼンテーションシートと呼ばれるものを作成する試験になります。このプレゼンテーションシートは、おそらく一次試験ではその内容が審査されるものと思われます。教養試験のボーダーや足きりがあるのか?についてはちょっと不明です。去年とか、おととしくらいにできたばかりの方式なので、まだ不明な部分がかなり多いので申し訳ないです。

神奈川県早期チャレンジでも、自己PRシートの記入が一次試験で課されていますね。東京都の場合は、一次試験でプレゼンテーション試験の原稿を作るように支持されて、一次試験を通ると二次試験でその一次試験で作成したプレゼンテーションの原稿を使用して、実際にプレゼンテーションをするのだそうです。こういったプレゼンテーション試験は民間企業の就活生向けの試験ではもはや定番と言っても良い試験でしょう。

そして、二次試験はプラス面接もあります。新方式は3次試験まであるのですが、3次試験ではグループワークと面接が行われます。グループワークって何か?公務員試験で行われるグループワークは経験したことないですけど、民間企業の就職活動では一応何回か経験しているので、その経験を話させてもらいますと、何か実際の仕事で解決しないといけない課題が与えられて、それを5人前後くらいのメンバーで話し合って、結論を出すというものでした。

グループディスカッションってありますけど、あれに近いですけど、同じではないのです。グループディスカッションよりは、話し合うテーマが実際の仕事にかなり身近でした。というか、仕事そのものでした。グループディスカッションは、仕事とほとんど関係ないけいど、ある程度私たちに身近なものがテーマになって、それについて話し合って結論を出すものでしたが、グループワークは実際に「こんな方がうちにこんな相談をしてきたんだけど、我が社の提供している事業やサービスを使って、どういう解決策を提示できるかな?」といった、かなり実際に仕事に近い、具体的なものでした。

公務員試験のグループワークもそんな感じではないでしょうか?メンバーで話し合って、結論を出すというところはグループディスカッションと共通していますけど、私の感覚だとグループディスカッションは何の対策もしていなくても大丈夫な場合が多いけれど、グループワークはその企業や業界の実際に事業について、多少予備知識みたいなのがないと、自分の意見すら出せないようなやや難しいテーマになることもあります。東京都のグループワークもそういう感じなのでしょうか?ちなみに最新の議題は「外国人観光客向けに都内の3つの場所を訪れる観光ルートを作ってください」とするものです。少なくとも東京都の地理や詳しい事情に詳しくないと、なかなか発言しづらいですね。

この新方式はとにかく募集人数が少ないです。50人前後くらいと思っておいてください。ただし、受験者数は多いので、倍率はかなり高いです。15~20倍くらいです。一般方式が6~8倍くらいですから、それと比べるとかなり高いです。あと、一般方式と新方式の併願はできないみたいですね。そもそも一次試験が同じ日に行われるので、どちらか1つだけ決め手受験しましょう。

東京都Ⅰ類B一般方式の採用試験の難易度は?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


東京都Ⅰ類Bの一般方式を受験される方も多いかと思います。特別区と日程が同じなので、どちらを受験しようか?迷っている人もいるかもしれません。そういう人は「日程のかぶっている東京都と特別区はどちらを受験するべきか?」の記事を是非参考にしてほしいと思います。さて、この東京都Ⅰ類Bの一般方式の採用試験の難易度はどれくらいなのでしょうか?

倍率だけでいえば、10倍ないくらいですね。8~9倍くらいじゃないでしょうか?したがって、倍率だけ見ると割と低い方にも思えます。筆記試験と面接試験のそれぞれの倍率も、まあ普通くらいかな?って感じですね。面接はちょっと倍率低い方かもしれませんけど。そういう意味では難易度は高くはないと思います。公務員試験全体の中でいえば、低い方に入ると思います。

筆記試験の問題が教養試験オンリーで、かつ難易度も結構易しいです。勿論、勉強しないと全然点数はとれないと思いますけど。ただ、ボーダーも高くないですし、勉強をすれば択一試験は問題ないでしょう。考慮すべき点は他に一次試験で教養論文と専門記述があるということです。そういう意味では負担がややあるかな?と思いつつも、論文は他の試験種でも普通にありますし、専門記述がある代わりに専門試験の択一試験がありません。

ですから、それほど東京都の試験にかける負担が大きいというわけでもないと思います。筆記試験に関しては勉強を真面目にすればまず超えられるのではないか?と思うので、それほど心配はしなくて良いと思うのです。じゃあ、問題の二次試験はどうか?というと、面接が2回ほどあるようですね。2回あるといっても、1回あたりの倍率は微々たるものです。1.5倍もありません。

2回をトータルしても2倍未満だと思います。すなわち、面接に関しては不確定要素が大きく、運ゲー的な側面は否定できないので、確実に対策を真面目に練っていれば、筆記試験同様受かりやすいというわけにはいかないと思います。ただ、倍率の低さから言うと、これ以上低い倍率の面接がある公務員試験というのも、なかなかないので、相対的に言うと、簡単な方だと思います。

東京都の場合は、特別区のような区面接、国家一般職のような官庁訪問もないので、最終合格、そして内定に至るまでの時間は割と早いと思います。特別区や国家一般職は年が明けてもまだ決まってない可能性もありますからね。ただ、最終合格=内定ではないので、面接に受かって合格しても、必ず採用されるとは限りません。

東京都は割と早い時期に最終合格が決まると思いますけど、内定が出るまでは安心しない方が良いでしょう。できるだけ内定が出るまでは、他の試験種の面接準備などをしていった方が良いと思います。東京都以外に本命の試験がある場合には勿論ですけどね。そういう意味で、東京都か特別区のどちらかを受ける人が多いと思いますけど、東京都の受験を考えている方やまだ決まっていない方は参考になればと思います。