_ その他 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

公務員試験の筆記試験の手応えを引きずると他の試験種にも影響する可能性がある

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の筆記試験を受けて、ある程度できた感触があれば一次試験は合格しているのではないか?という期待が持てますけど、筆記試験の手応えがよくないとどうしてもそれが気になってしまうと思います。他の試験種の筆記試験や面接対策をしないといけないとしても、受けた筆記試験の結果がどうしても気になるとか、そっちが気になって他のことに集中できないということがあると思います。

これはあまりできなかった場合もそうですが、受かっているか?どうか微妙なケースも同様だと思うのです。5分5分くらいの感じの手応えの場合にも同じく結果が気になるということがある気がします。余裕で合格点を越えているだろうと思えるような手応えの場合を除いては、筆記試験受かっているかな?っていうのがどうしても気になってしまうでしょう。

気になるのは本当的なものなのでしょうがないと思います。しかし、筆記試験や面接試験の対策をしないといけないと思うので、気になってしまうのはしょうがないですが、上手く感情をコントロールしないといけません。すでに受けた試験種のことを忘れるというのは無理なのですが、それを頭の中で考えてしまうと、それが頭の中を支配してしまい、他のことに集中しづらいのです。

したがって、そういったことが頭の中に浮かんでも良いのですが、そこからそのことについて思いをめぐらせたりというのはあまりしない方が良いかもしれません。風呂に入っているとき、夜寝るときとか、公務員試験の対策とは何ら関係ないときならば良いと思うんですけど、勉強や面接対策をしているときにはできるだけにそれに集中したいですからね。

すでに終わった試験というのは、そこから何をどう考えても変わるものではないのですが、気になってしまうのはしょうがないでしょう。でも、そこからどう切り替えて、次の筆記試験やこれからの面接試験へ臨めるか?そのための対策ができるか?というのは合否に大きく関わると思うので、そこを考えて取り組んでいくと良いでしょう。

公務員の労働環境はこれからどうなるのか?酷くなることはあるのか?

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員の未来の働き方というのはどうなるのでしょうか?民間企業の従業員に関しては、機械に置き換えられるとされている分野が多くて、それによって職に就けない人の数が増えるということも言われています。そういう状況を踏まえると、人間が採用されづらい世の中になっていくということになります。機械の方が効率的に動いてくれるならば、コストがかかりやすい人間は働けなくなっていくのです。

そして、人間が相変わらず働かないといけない分野を除いては、機械に代替されてしまう分野においては、機械よりも安く済むケース以外では人間は採用されづらくなるでしょう。つまり、かなりの薄給や長時間労働などの過酷な条件下を呑まないと人間が働けない可能性があるのです。機械に代替できる分野で人間を雇うメリットがあるとすれば、機械以上に効率的に働いてくれるときだけです。

つまり、給料が無茶苦茶安くて、かつ長時間働いてくれるようなケースに限られる可能性があります。それは民間企業ではいずれ訪れる可能性があるとされているのですが、公務員ではどうなのか?ということになります。公務員の場合は民間企業と同じようにはコスト削減を迫られることはないでしょう。コスト削減をしないと生き残れないというのが民間企業の事情としてはありますけど、公務員ではそういったことは考えづらいのです。

だから、機械に代替できる分野があっても、機械の方が安いという状況があっても、あえて機械にしないということも考えられ、公務員が安泰ということはないものの、民間企業ほど働けなくなる人が増えるということはありえないと思います。公務員は競争に晒されているわけでもなく、コスト削減が至上命題となっているわけではないので、民間企業とは事情が違います。そこが働き方にも違いとして表れると思うのです。

公務員の未来の働き方は、今と全く同じとは思えないのです。多少なりともテクノロジーを採用して、効率化を図る部分はあるでしょうけど、人件費の削減をそこまで大々的に推し進めていくとは思えないので、民間企業の従業員ほどは劇的に変わるとは思えないのです。ただ、公務員の枠は狭まっていくと思います。

人工知能の活用によって公務員の数は将来的に減少するのか?

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


民間企業では多くの分野で人工知能が活用されており、その範囲は今後さらに広がるとされています。もちろん、公務員の仕事においても機械に代替できる分野があると思われますが、将来的に彼らの仕事はどうなるのでしょうか?公務員の数は減少するのでしょうか?公務員の数に関しては減少する可能性があるとしても、新規採用の部分でだと思います。

既存の公務員の職はある程度守られるでしょう。行政としてもコストを抑えられることは重要なことになるので、人件費が安くて済むならばそっちの方がメリットが大きいと言えるでしょうが、具体的に代替できる部分がどれだけあるか?も問題になります。人工知能を活用すると1番変わるのは、やはり人間が思いつかない豊かな発想ができるという点です。

人工知能は人間同様に学習をしていくことができますが、人間は失敗を恐れますから、常識から外れたりする案をなかなか実行できません。それで失敗したときには叱責される可能性がありますけど、怒られるのを恐れますから。そして、人間社会は非常識を嫌う傾向にあるので、斬新なアイデアを生み出しづらい、生み出されても実行されづらい傾向にあります。

しかし、人工知能は機械なので、失敗を恐れませんし、どんどん非常識なことができます。非常識を嫌いませんから。人間が思いつかない斬新なアイデアを実行して、社会を豊かにしていくことがしやすいと思うのです。つまり、イノベーションが起きやすいということです。人間が人間である以上はこの部分ではまず勝てないでしょうから。その点に関して、機械は使える余地が大いにあると思います。

公務員も民間企業も組織で仕事をしていくことが多いですから、個人ではできることでも、組織の中ではできないことがあるわけですよ。その制限を課されている中で人間が仕事をしている間に人工知能は何の制限もなく、どんどんいろいろなことを試していけるので、いずれは能力的にも機械に人間は勝てなくなる時代がくるのではないか?と言われています。公務員も機械の飛躍によって、ある程度は人数を減らしても問題ないと言える時代がきているのです。

日本経済は国民の多くが生き残れない時代になってきている

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


日本経済の今と今後を考えると、非常に厳しい立ち位置にあると言えるでしょう。デフレから抜けられない現状があるという部分が非常に大きいです。日本人に限らず、世界中の人たちの多くは安いモノを手に入れたいと思っており、残りのわずかな人たちはお金を出して良いものを手に入れたいと思っています。その気持ちの差が日本経済にとっては相当不利と言えるのです。

というのも、多くの人が安いモノを欲しいと思っていると分かれば、各企業がそういったモノやサービスを提供するようになるからです。つまり、安いモノを多くが求めると、安い商品を企業が作るようになり、それらは安い労働者への需要となります。つまり、日本人への仕事への需要が少なくなり、海外の労働者への需要増加につながるというのが昨今言われていることです。

実際に言われている例としては、中国人は月3万円の給料で普通に暮らせますが、日本人は暮らせますか?ということですね。中国人は月に3万円の給料で働いてくれるが、日本人の中に月3万円の給料で働いてくれる人がいるか?というと、学生のバイトくらいかな?って感じで、大人の大半は無理ですね。つまり、日本人は現実的に暮らせない給料で我慢する以外には、海外の労働者から仕事を奪い返す方法がないとなるのです。

この状況が今後どんどん進行していき、国内から多くの製造業などの仕事はなくなっていくといったことが起きるかもしれません。この流れはもう止められないのではないか?と思います。景気後退により、多くが安いモノを求めるようになって、デフレ化が進み、安い商品を作らないと企業としても立ち行かなくなる。その結果、安い労働力への需要が高まり、日本人への仕事が減少し、日本人の所得が減り、景気は益々回復しないと。こういったサイクルが既に完成されてしまい、抜け出せない状態にあります。

その中で国民はどうやって生きていくのか?ということを考える時代になってきてしまっているのです。日本人は今の日本経済の構造を放置していては、先がないと言えるでしょう。それは少子化とかも同じなんです。考えを転換しないと生き残れないです。子供が少ないならば子供を増やそうという発想では厳しいのです。子供が生まれない社会構造になっているわけですから。いよいよ、ベーシックインカムの時代を迎えないと、日本人は生き残れないと思います。

公務員の市役所職員の夏休みはどれくらい?何日くらいとれるのか?

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員の夏休みというのはどういった感じで取得しているのでしょうか?これは気になる人も多くいるのではないか?と思います。公務員といっても幅広いですけど、市役所職員というくくりで言うと数日程度がとれることになっているようです。ただし、何日か?というのは厳密には言えません。最大で1週間くらいでしょうか?夏休みということで、有給休暇を使わずに休みがとれます。

基本的には7月から9月の後半くらいまでの間に数日間自分の都合で夏休みをとれるようになっていると思います。日程がいつか?というのは指定されるわけではなく、自分で決められる場合が多いと思います。自分で決められますが、同じ市役所内の、部署ごとに調整がされたりするので、希望通りにはならないこともあると思いますけど。

ただ、この3ヶ月くらいの期間の中で割と好きな時期に夏休みをとることができるのが、公務員の中の市役所職員になるのではないでしょうか?お盆休みの前後に夏休みをとる人が多いのかもしれませんが、そういった時期に集中する可能性があるので、特定の時期に集中すると、その時期には夏休みをとれない可能性もありますからね。

公務員の夏休みは恐らくサラリーマンと状況はあまり変わらないと思います。そんなに長くは休めないですけど、ある程度自由うに休める時期が選べるとしたらそこは良いところと言えるかもしれません。大人になると学生時代のような長期間の休暇はまずとれません。夏休み期間中に有給休暇を使うという手もありますけど、それでも限界がありますから。

そういう意味では、学生時代は恵まれていたのかな?という気もしますけど、大人になると休みは本当にとりづらいですから、そういった中で生きていかないといけないという意味では、公務員も大変でしょう。公務員になったら、夏休みはそこまで多くはとれないと思いますけど、貴重な夏休みなので有意義に使ってほしいと思います。