_ その他 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

人工知能の活用によって公務員の数は将来的に減少するのか?

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


民間企業では多くの分野で人工知能が活用されており、その範囲は今後さらに広がるとされています。もちろん、公務員の仕事においても機械に代替できる分野があると思われますが、将来的に彼らの仕事はどうなるのでしょうか?公務員の数は減少するのでしょうか?公務員の数に関しては減少する可能性があるとしても、新規採用の部分でだと思います。

既存の公務員の職はある程度守られるでしょう。行政としてもコストを抑えられることは重要なことになるので、人件費が安くて済むならばそっちの方がメリットが大きいと言えるでしょうが、具体的に代替できる部分がどれだけあるか?も問題になります。人工知能を活用すると1番変わるのは、やはり人間が思いつかない豊かな発想ができるという点です。

人工知能は人間同様に学習をしていくことができますが、人間は失敗を恐れますから、常識から外れたりする案をなかなか実行できません。それで失敗したときには叱責される可能性がありますけど、怒られるのを恐れますから。そして、人間社会は非常識を嫌う傾向にあるので、斬新なアイデアを生み出しづらい、生み出されても実行されづらい傾向にあります。

しかし、人工知能は機械なので、失敗を恐れませんし、どんどん非常識なことができます。非常識を嫌いませんから。人間が思いつかない斬新なアイデアを実行して、社会を豊かにしていくことがしやすいと思うのです。つまり、イノベーションが起きやすいということです。人間が人間である以上はこの部分ではまず勝てないでしょうから。その点に関して、機械は使える余地が大いにあると思います。

公務員も民間企業も組織で仕事をしていくことが多いですから、個人ではできることでも、組織の中ではできないことがあるわけですよ。その制限を課されている中で人間が仕事をしている間に人工知能は何の制限もなく、どんどんいろいろなことを試していけるので、いずれは能力的にも機械に人間は勝てなくなる時代がくるのではないか?と言われています。公務員も機械の飛躍によって、ある程度は人数を減らしても問題ないと言える時代がきているのです。

日本経済は国民の多くが生き残れない時代になってきている

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


日本経済の今と今後を考えると、非常に厳しい立ち位置にあると言えるでしょう。デフレから抜けられない現状があるという部分が非常に大きいです。日本人に限らず、世界中の人たちの多くは安いモノを手に入れたいと思っており、残りのわずかな人たちはお金を出して良いものを手に入れたいと思っています。その気持ちの差が日本経済にとっては相当不利と言えるのです。

というのも、多くの人が安いモノを欲しいと思っていると分かれば、各企業がそういったモノやサービスを提供するようになるからです。つまり、安いモノを多くが求めると、安い商品を企業が作るようになり、それらは安い労働者への需要となります。つまり、日本人への仕事への需要が少なくなり、海外の労働者への需要増加につながるというのが昨今言われていることです。

実際に言われている例としては、中国人は月3万円の給料で普通に暮らせますが、日本人は暮らせますか?ということですね。中国人は月に3万円の給料で働いてくれるが、日本人の中に月3万円の給料で働いてくれる人がいるか?というと、学生のバイトくらいかな?って感じで、大人の大半は無理ですね。つまり、日本人は現実的に暮らせない給料で我慢する以外には、海外の労働者から仕事を奪い返す方法がないとなるのです。

この状況が今後どんどん進行していき、国内から多くの製造業などの仕事はなくなっていくといったことが起きるかもしれません。この流れはもう止められないのではないか?と思います。景気後退により、多くが安いモノを求めるようになって、デフレ化が進み、安い商品を作らないと企業としても立ち行かなくなる。その結果、安い労働力への需要が高まり、日本人への仕事が減少し、日本人の所得が減り、景気は益々回復しないと。こういったサイクルが既に完成されてしまい、抜け出せない状態にあります。

その中で国民はどうやって生きていくのか?ということを考える時代になってきてしまっているのです。日本人は今の日本経済の構造を放置していては、先がないと言えるでしょう。それは少子化とかも同じなんです。考えを転換しないと生き残れないです。子供が少ないならば子供を増やそうという発想では厳しいのです。子供が生まれない社会構造になっているわけですから。いよいよ、ベーシックインカムの時代を迎えないと、日本人は生き残れないと思います。

公務員の市役所職員の夏休みはどれくらい?何日くらいとれるのか?

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員の夏休みというのはどういった感じで取得しているのでしょうか?これは気になる人も多くいるのではないか?と思います。公務員といっても幅広いですけど、市役所職員というくくりで言うと数日程度がとれることになっているようです。ただし、何日か?というのは厳密には言えません。最大で1週間くらいでしょうか?夏休みということで、有給休暇を使わずに休みがとれます。

基本的には7月から9月の後半くらいまでの間に数日間自分の都合で夏休みをとれるようになっていると思います。日程がいつか?というのは指定されるわけではなく、自分で決められる場合が多いと思います。自分で決められますが、同じ市役所内の、部署ごとに調整がされたりするので、希望通りにはならないこともあると思いますけど。

ただ、この3ヶ月くらいの期間の中で割と好きな時期に夏休みをとることができるのが、公務員の中の市役所職員になるのではないでしょうか?お盆休みの前後に夏休みをとる人が多いのかもしれませんが、そういった時期に集中する可能性があるので、特定の時期に集中すると、その時期には夏休みをとれない可能性もありますからね。

公務員の夏休みは恐らくサラリーマンと状況はあまり変わらないと思います。そんなに長くは休めないですけど、ある程度自由うに休める時期が選べるとしたらそこは良いところと言えるかもしれません。大人になると学生時代のような長期間の休暇はまずとれません。夏休み期間中に有給休暇を使うという手もありますけど、それでも限界がありますから。

そういう意味では、学生時代は恵まれていたのかな?という気もしますけど、大人になると休みは本当にとりづらいですから、そういった中で生きていかないといけないという意味では、公務員も大変でしょう。公務員になったら、夏休みはそこまで多くはとれないと思いますけど、貴重な夏休みなので有意義に使ってほしいと思います。

修学旅行は囚人並みの生活?ゲームや漫画が禁止されたり自由が少ない?

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


修学旅行中ってよくよく考えたら、自由時間ってほぼないですよね。旅館に泊まっているときもできることは限られているじゃないですか?普段ならば、家に帰れば何でも好きなことできますけど、修学旅行中は持っていけるものも制限がありますし、トランプとかはOKだけど、ゲームや漫画はダメみたいなところもあるんじゃないですかね?でも、こういうのって変な気がします。

修学旅行は外で回ったりしているときはともかく、旅館の中にいるときは家の中にいるときと変わらないと思うんですよ。つまり、教師の監視下からは心理的には離れても良いのではないか?と思うのです。だから、ゲームや漫画くらいならば全然OKだと思うんですよね。旅館の中にいるときですら、自由に時間を使えないとなると、囚人に近いですよ。

旅館にいる間も好きなように時間を使えない、好きなことをできないとなれば、本当に囚人ですよね。修学旅行がつまらないと思っている人の中にはそこも原因としてあるかもしれません。基本的に許されている行為で満足できれば良いけど、そうじゃない人もいますから。修学旅行期間中は生徒も教師も自由時間はないと。常に学校の監視されているわけですからね。

ゲーム機や漫画くらいかなり些細なものなのだから持って行って良いじゃないか?と個人的には思います。そして、旅館の部屋にいるときにはできるだけノータッチにしてもらいたいですよ。修学旅行がつまらないと感じている人は、そこだけが原因ではないと思いますが、いろいろとストレスが溜まるんですよね。就寝時間とかも決められていますから。本当に囚人みたいですね。

修学旅行で当たり前に行われていることって、不思議でしょうがないです。2泊3日だとすると、2日半の間は学校の監視下にあるということになりますからね。自由はないこともないけど、それは囚人もそうだしって感じ出し。主人程度の自由しかない期間が数日続くわけだから、今思い出してみても修学旅行って何かおかしいなと思える面もあるのです。修学旅行がつまらなかったというわけではないが、私の場合には大人になって考えてみると、なんかねーって感じです。せめてゲームや漫画は持って行って良いでしょうに。

公務員試験の時事問題は対策本が出て以降の出来事が出るかもしれない

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の時事問題は毎年2月くらいにテキストが発売されると思います。したがって、その時期までの時事問題として出題が予想される内容が載っているのですが、2月以降に起きたことというのも、もちろん出題の対象になることがあります。したがって、勉強機関をある程度確保するために、発売をやや早めにしている面もあると思いますけど、それ以降も時事の勉強をしていく必要があるかもしれません。

公務員試験の筆記試験は6月くらいからスタートすると思いますから、それだけでも4ヶ月くらい空いています。さらに市役所C日程とかは9月になりますから、時事の対策本の発売から7ヶ月くらい空いていることになります。それだけの期間が空くと、時事問題として出題が十分予想されるような出来事があるかもしれないのです。

だからこそ、時事問題の対策本を1つ買ってそれをひたすら勉強しても、まだまだそれではカバーできない範囲が生まれていることになります。これはしょうがないんです。でも、時事対策本が出た後にも勉強を自分なりに継続していくか?どうかは点数に結構違いを生むかもしれないです。1点、2点くらいは変わる可能性もあります。

ただ、時事問題って、範囲が予測不可能というか、どんなところから出るか?分からない難しさもありますから、あまり時事問題の対策に時間をかけるのは得策ではありません。時事対策本に載った内容以外からももちろん出ることがありますし、時事対策本が出て以降の内容が出ることもあるので、そういった対策をしていくことは有効ではありますけど、やった分だけ点数に反映しづらいというのも時事問題の特徴でもあるのです。

だから、そのバランスをどうするか?が重要になります。時事問題はやりすぎてもダメだが、やった方が良いのはあるので、これはどういう作戦をとるか?にもよりますけど、他にやることがないようなケースに限っては、時事問題くらいしか点数を伸ばせないと思えば、時事問題を自分なりに対策本を使って、それ以外を使って勉強していくと良いでしょう。