_ 未分類 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

意外な事実?公務員は実は過労死が起きるリスクが高い職業か?

  • カテゴリ:未分類
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


民間企業での過労死や過労自殺の話題が世間をにぎわせることも多いですけど、こういった問題が起きやすい状況というのがあります。話題になった電通というのは、その過労死が起きやすい条件を満たした企業でもあるのです。それは何か?というと、大企業っていう点です。別の言い方をすると、頑張って働けば将来には見返りが期待できる企業ということです。

頑張って働けば待遇がよくなりやすい、将来に期待が出来るのが大企業です。一方、中小企業以下は頑張っても将来に見返りがない、期待ができないという部分があるのではないでしょうか?そうなると、現状きつい労働があっても、それを我慢する意味があまりない。転職した方がいいんじゃないか?という気持ちに傾く可能性があります。

しかし、電通のような企業であれば、今はきついとしても頑張って働けば将来に見返りがあると思える企業ですから、今がきつくても転職なんかしないんですよ。転職をして電通以上の企業に就職は厳しいでしょうから。電通以上の企業なんてなかなかないと思えるから、電通で我慢してしまうっていうのがあるでしょう。結果、過労死に至るまで働き続けてしまうということがあるのでしょう。公務員でも同じようなことが起きますよね。

公務員っていうのも待遇自体はめぐまれていると言えるでしょう。我慢して働いていれば、出世して給料が上がっていくというビジョンが見えますから。公務員も現状に我慢してしまう人のリスクは高いと言えるかもしれません。公務員も離職率はそれなりにありますから、辞めていく人もいるんでしょうけど、電通と同じような環境にあるという部分も言えると思うのです。

公務員という職業は将来に対する見返りは十分あるでしょう。したがって、我慢する意味ってあるわけです。でも、我慢する人が増えると過労死リスクなどが増えることになります。公務員の労働は民間並に長時間労働になることは少ないでしょうし、そういうときがあっても頻繁に行われることは少ないとは思いますが、公務員の仕事量はどんどん増えつつあるような時代ですから、今は大丈夫でも今後はこういったリスクが増える可能性があります。

大学の学部や授業で学んだことを公務員の仕事にどう生かすか?

  • カテゴリ:未分類
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


大学で勉強していることで、それをどう公務員の仕事に生かすのか?ということも非常に重要です。というか、面接で聞かれるかもしれません。大学の学部選びや授業選びは、公務員試験を意識したものではない可能性は高いです。というか、大学に入ってから公務員試験を目指し始めたという方も多いでしょうからね。

ただ、3年生から勉強し始めた人が多いと思いますし、それ以降は公務員試験を多少は意識しているでしょう。せっかく大学に通っているのだから、そこで学んだことを公務員の業務にも生かしてもらいたいということを面接官としても思っているのではないでしょうか?どういう学部やどういう授業をとっていても、何らかの共通点はあると思うんです。

恐らく、そういう質問が面接でくるような気がします。面接では、大学ではどのようなことを主に学んだか?とか、印象に残っている授業はどんなものか?とか、何故その授業を選ぼうと思ったのか?とか、それは学部にも及ぶ可能性もあります。また、その授業を挙げて、そこで学んだことをどのように公務員の業務に生かしますか?ということを聞かれる可能性があります。

それに答えられないと絶対に評価が下がるわけではないものの、せっかく専門的なことを学んでいるので、どうせならそういったことを生かしてくれるような、住民の役に立ちそうなことはありますか?というアピールをする機会として捉えてもらえると良いと思います。そのためには、公務員としての職務をきちんと学んで知ることが大切で、その業務との共通点が、今まで学んできたことの中にないか?というのを探してみましょう。

大学では、本当にいろいろな授業を学んできているはずです。学部によっては、ちょっと共通点がありそうにない場合もあるかもしれません。文学部とか、理系の学部とかはちょっと難しいかもしれませんが、それでも専門科目のみではなく、教養科目でも何か使えそうな科目があるかもしれませんから、これまで学んできた、履修してきた授業の中で公務員として役に立つと思われるものを探していきましょう。授業単位で聞かれる可能性もありますが、学部単位でこういった質問をされる可能性もあります。

神奈川県秋季チャレンジは試験会場が迷路で遅刻しやすい!

  • カテゴリ:未分類
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


神奈川県の早期チャレンジが今年から改定されて秋季チャレンジとなりました。従来は4月でしたが、今年からは10月ということで、受験生は減るのではないか?と思われます。この神奈川県秋季チャレンジを受験される方は、是非1つ気をつけてください。それは試験会場です。神奈川大学の横浜キャンパスが会場になりますが、1度行ったことがない人はまず迷います。

駅から離れていると同時に、住宅街の中にあるので、道がどうなっているのか?分かりません。スムーズに行けても15分くらいかかりそうです。行ったことがない人が向かうと、30分くらいかかるかもしれない。事前に地図などを用意して調べて行っても簡単には就けないかもしれません。ナビタイムとかがあれば良いですが、何も頼らないで行くつもりならば、是非早めに家を出ましょう。

それは迷う時間を考慮して早めに出るという意味もありますが、もう1つ重要な意味があります。たいていの受験生は遅れないように早めにくるので、自分も早めに出れば、東白楽駅に着いたときに受験生が多くいるはずです。つまり、道のりに自信がなくても彼らに着いて行けばなんとかなります(笑)受験生っぽい人は、見た目で分かると思いますよ。大量にいるはずですから。

遅く行くと、そういう受験生がほとんどいないと思うので、その手が使えませんし、少しでも迷うと遅刻してしまいますから。他の試験種の試験会場も中には迷うところはあるかもしれませんが、私も実際に行ってみて、神奈川大学の場所は本当に分かりづらいなと思いました。初めて行くという人は、事前に1回行ってみるのが1番ですが、そこまでの手間をかけなくても、やるべきことをやっていれば大丈夫です。

とにかく時間に余裕を持って早めに行きましょう。最寄り駅の東白楽駅に最低45分くらい前に着けると良いと思います。独立日程なので、受験生はそれなりにたくさんいると思いますから、彼らを目印に会場に向かうというのも構いません。どの試験種の会場よりも分かりづらいので、絶対に早めに家を出て、早すぎるくらいで良いので早く試験会場に着くようにしましょう。

で学歴詐称がダメなら、面接でも嘘をついてはいけない

  • カテゴリ:未分類
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験や民間企業の選考を受ける際には、学歴詐称はしてはならないという風潮になっていますが、学歴詐称はダメだけど、自己PRとか、志望動機とか、その他の質問に嘘で答えることは良いみたいな風潮になっています。何故こちらは良いのでしょうか?学歴は嘘をついてもいつかバレるというのもありますが、それを抜きにすると、学歴を偽ってはいけない理由は何なんでしょうか?

何故か、面接で聞かれる質問には嘘をついても良いという風潮がありますが、こっちの方が嘘をつくべきではないと考えるのが自然じゃないでしょうか?というのも、じゃあ採用にあたって学歴と面接での話し、どちらがより重視されていますか?後者ですよね。学歴は一部重視される面もあるかもしれないけど、面接で全く話せない高学歴の人を雇う企業はそうはないと思います。

逆はありえるでしょう?凄い饒舌で話し方も上手い。でも、Fラン出身という人がいても採用される可能性は十分あると思います。つまり、企業が人を採用するときには、学歴よりも面接の中身を重視しているので、学歴で嘘をつくべきじゃないというのならば、面接ではもっと嘘をつくべきじゃないとなると思いますが。面接の質問が全て正直に答えることを期待してなされているとは限りませんが、例えば、自己PRとかは嘘をついてほしいと企業や自治体が思っているとは思えないのです。

自己PRだけに限りませんけど、多くの質問に対して、全て正直に答えている人はいないでしょう。それはみんながそうだから、そうせざるを得ないという事情もあるかもしれないですけど。そもそも、嘘をつかない受からないのか?も分かりませんから、嘘をつくことが得策と必ずしも言えるか?は分からないと思います。面接の話はばれないと思っているから、嘘をついても良いという風潮になっている面もありそうです。

学歴はほぼバレると思うので、詐称をしても意味がないという見方もできるかと思いますが、でも学歴詐称が良くないと思っている人は、面接で嘘をついていたら説得力が無いと思うのです。面接で嘘をつくのをしょうがないとするならば、学歴詐称はもっと寛容になるべきでしょう。企業が人を採用するときには、学歴よりも面接をより重視しているのならば、より企業を騙している、不誠実な対応をしているのは、面接で嘘をつく行為だと思います。

国立大学法人の筆記試験は1問も落とさない覚悟で臨もう

  • カテゴリ:未分類
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


国立大学法人の試験がもうすぐありますね。今年から8月に変わったので、何か変な感じがするかもしれませんが、時期が大幅にずれたことで、難易度が下がる可能性があります。それはすでに内定を手にしている人がいるため、その人は受けない可能性がありmす。また、面接の時期ですから、面接とかぶっていれば受けない可能性もあります。従来の5月から変わったことで、受かるための何度も変わると思います。

今年はボーダーや倍率に変化がある可能性もあり、多少受かる可能性が上がる可能性もありますが、それでも教養試験のみの一次試験です。論文はありません。教養試験のみで決まります。だからこそ、教養試験が苦手だと厳しいのですが、例年7割弱くらいと言われているボーダーを突破するのはそう簡単ではありません。

国立大学法人の試験当日に心がけてほしいのは、とにかく冷静に解いてほしいということです。時間はそこそこ余裕があると思います。2時間で40問なので、時間がたっぷりあるとまではいきませんが、余裕はそれなりにあると思うのです。だから、1問1問を丁寧に解いていきましょう。1問のミスが本当に命取りになりやすいですから、ミスは絶対に許されないです。

他の試験種と比べても1問のミスが与える影響は相当大きいです。論文もありませんから。教養試験のみで決まりますから。そういう意味では、本当に1問ずつ丁寧にしっかりと確認をしながら解いていきましょう。そういう解き方をしても時間は間に合うと思うので。数的処理に時間をできるだけ残せるようにしていくと良いでしょう。ボーダーがそれなりに高い分、本当に1問も落とせません。

試験当日には、緊張するかもしれませんが、そういった意識で筆記試験に挑めると良いのではないでしょうか?筆記試験自体突破するのは難しいですが、筆記試験の倍率がそれなりに高いので、ここを突破すれば最終合格に近づくわけですからね。まずは一次試験を突破して、面接試験に進めるように本番の試験を頑張っていってください。国立大学法人が第1志望という方は特に。