_ 論文試験対策 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

熊本県で震度7の地震が発生し、公務員試験の論文で震災関連の出題がある?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


熊本県で大規模な地震がありました。震度は7を記録した地域もあり、九州全体にかなり影響があるものと思われます。東日本大震災を経験された方、それ以外の大きな震災を経験された方もいると思いますが、やはり前回の東日本大震災の記憶がまだ新しいというところが、被害がそれほど大きく出なかったところも関係しているような気がします。死者数、負傷者数は現在のところ、震度7を記録した震災では少なく感じます。

少ないから良いというわけではないものの、前回の大震災により対策を立てられたり、心の準備ができていたりするケースが増えていたと思うのです。それにより、結果被害の数それほどではなかったではないか?と思います。被害を完全に食い止めるノア不可能でしょうけど、やっぱりできるだけ抑えることはできるはずで、それは1人1人の意識の問題でしょう。

震災は明日来るかもかもしれない。そういった心構えができている人は、こういった事態への備えができ、生き延びられる可能性が高まると思います。そして、実際に震災が起きたときにはどう行動すべきか?あらかじめインプットしておきましょう。専門家の意見によると、大きな地震が起きたときには、机の下に隠れるのではなく、まず玄関のドアを開けて、靴を履くことが大切なんだそうです。

つまり、地震が収まれば良いですけど、そうもいかない場合にいつでも逃げられる準備をしておくということ。特にドアを開けないと建物が変形して、ドアが開かなくなり、逃げようにも逃げられなくなる可能性がありますから。これが現在のところ、地震が起きたときの最善の策だそうです。この熊本県での地震発生を受けて、今年の公務員試験でも震災関連の出題が増える可能性もあります。

特に論文試験においては、どこかの自治体で震災関連のテーマが出てもおかしくない。狙われる可能性があるので、より注意深く勉強していくと良いと思います。震災は誰にとっても関係のある出来事ですから、常日頃から意識をそういったところに向けておき、いつでも対処できるように自分自身を訓練しておくことが大切だと思います。

集団討論や論文テーマ「日本でのテロや重大犯罪への対策」

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


フランスでテロ事件が発生しましたが、こういった事件がいつ日本でも起きるか?分かりません。治安がいいからと平和ボケしている人も多いと言われています。かつては地下鉄サリン事件のようなことも起きましたし、そういった状況の中でいかに国民の安全を守る施策を考えるか?というのも公務員としての使命ですし、実際に行っている仕事になるでしょう。では、公務員として具体的にどんなことをしていけば良いのでしょうか?

こういったテーマは集団討論や論文で問われる可能性もある問題です。テロリストや犯罪を行う人たちも、置かれている状況を見て、いかに抜け道を探るか?というのを考えているはずなので、そういった行為をする余地はどんどん狭くなってきてはいるが、0にはならないので、現実的には難しい話になってしまいます。ただ、少しでもリスクへの備えをしていた方が、いざというときの被害は小さくなるでしょう。

日本で、こうしたテロ事件を未然に防ぐためにはどうしたら良いですか?未然に防ぐというか、被害を最小限に食い止めるという考え方の方が良いかもしれません。未然に防ぐのはもはや不可能に近いですよね。だから、どうしたら被害が最小限になるでしょうか?1番必要なのは設備とかではないと思います。意識だと思います。明日、日本でテロが起きても不思議じゃないという意識を持つことです。

そして、意識を持つことだけではありません。その意識から行動に移すことです。行動というのは、自分のみを守るための行動です。具体例を挙げると、客船に乗るときには、常に沈没するリスクがありますよね。わざとじゃなくても、何かの原因で沈没する可能性は常にあります。ただ、そのことを全く考えずに、完全に安心しきって利用していると、いざ沈没しそうだというときにパニックになったり、適切な行動がとれなかったりします。

ただ、沈没する可能性をあらかじめ考えておいて、例えばライフジャケットを持参してきたという人、または沈没時の客としての適切な行動マニュアルを学んできた人、そういったいざというときのための意識と共に行動が伴っている人というのは、生存率は上がるはずですよね。そういった万が一に備えた意識とそれに付随する行動を啓蒙していく、育んでいくだけでも全然違いますし、公務員としてもできる範囲のことではないでしょうか?

やるべきことはそれ以外にもたくさんありますが、意識がそもそも変わることが1番大切だと思います。ハード面での対策は、人を油断させますから。安全な街なんてなんてない。そんな世の中はないと割り切れる人間ほど、いざというときに強いと思うので、どこまでそういう考えを植えつけられるか?教育していけるか?が公務員の使命にもなるのではないでしょうか?

公務員試験の論文試験では、正論よりも空気を読むことが大切か?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の論文は、恐らく正論よりも空気を読んだ回答の方が評価される傾向にあると思います。正論というのは、一般的な価値観や考え方とは乖離した意見だが、なかなか反論が難しい意見のことです。つまり、一般人の感覚とは違うわけだから、その論文を読んだ人の価値観や考えとも合わない可能性があります。いくら言っていることは正しくても、何かこの論文ウザいと思われたら評価されない可能性もあります。

それは採点しているのも人間なので、当然感情が入ってはいけないものの、入らない保証はないし、入ってしまうのは普通だと思う。例えば、今話題になっているのは喫煙や飲酒の年齢を引き下げるか?についてですが、これが論文のテーマになったとしましょう。その場合、何歳が妥当か?とか、18歳が妥当か?という意見が多いでしょう。

ただ、タバコや酒を法律で禁止にしようという意見が出たとしたら?論文のテーマ的に逸脱していないという前提になりますけど。「飲酒や喫煙の年齢の引き下げについてどう考えるか?」みたいなアバウトな聞き方ならば、全く逸脱している意見ではないでしょう。空気は読めていないかもしれないけどね。その人が酒やタバコを廃止する理由を述べて、それが客観的に一応的を射ているのならば、本来は評価されても良さそう。

ただ、出題者側はそんな論文を求めていなかったり、あまりに一般人の感覚から乖離している意見を出されると困るでしょう。健康への影響を理由に酒やタバコの年齢の是非を語る人も多いのではないか?と思います。すると、別に20歳を越えているから酒やタバコの影響がないわけじゃない。何歳だって影響はある。ならば、影響が出ることが悪いのであれば、20歳を越えていてもタバコを吸ったり、酒を飲むことは悪いことになる。例えば、そういった理由も全くヘンなわけじゃないと思う。つまり、廃止論を唱える異見も極端という言い方はできるかもしれないし、多くに受け入れられない可能性はあるが、客観的におかしな意見とは言えない。

むしろ、年齢による制限は廃して、数本数とか、飲む量に制限を設けたら?という意見もあるかもしれない。これも一般人の意見とはちょっと乖離していると思う。でも、一理ないわけじゃないと思う。大人になれば過度な飲酒や喫煙は自己責任になる。つまり、やりたければやっていいとなるのだから、健康を理由に飲酒、喫煙の年齢の是非を争うならば、こちらも健康が基準になっているという点では、全く別次元の話ではないし、おかしな理屈ではないのです。

ただ、出題者としては予想していない角度からの論述だったり、現実的に反対が大きそう(一般人の感覚とは乖離していて受け入れられない)な意見の場合は、いくら説得力があっても点数にならないかもしれないのです。空気を読みつつ、多数にあわせつつ、世間から乖離しない間隔を持ち合わせた解答が必要なのかもしれないです。

公務員試験の論文を書くときのベストな書き出し、始め方は?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の論文を書くときには、どうやって書き始めれば良いのか?その書き出しがちょっと分からないという方もいるみたいですね。別に書き出しは、小説を書くわけではないので、上手い表現などを使っていく必要は無いと思いますし、そこまで気を配らないといけない部分ではないともいますが、個人的にしっくりくるのは、問題の深刻さを煽る表現が良いのかな?と思います。

どういうことか?というと、例えば「少子化」がテーマならば、少子化が進んでいる現代日本に起きている、またはこれから起きる可能性のある現象や問題を出して、「少子化が今の日本では問題となっており、それが今後進んでいくと、〇〇や〇〇といったことが起きることが予想され、社会に対する影響は非常に大きいと考えられます」といった感じですね。

論文のテーマになっているものが今どれだけ深刻さを極めているのか?そして、それが改善されないと、今後どうなっていくのか?それをどこまで詳しく書かなくて良いと思います。触りの部分ですから、概略だけ書いておけば良いのです。「だからこそなんとかしないといけないよね」と、その後につながっていくような内容を書き出しで書ければ、スムーズにいくのではないか?と思います。

書き出しから序盤にかけては、序論の部分なので、今実際に起きている問題や今後起きる可能性のある問題について触れたり、それが起きている、起きる可能性がある背景や原因について述べる箇所でしょう。そうなると、書き出しの部分については、論文で実際に出たテーマが本当に深刻で、すぐに対応策を考えないといけないんですよ?と再確認させるような内容にしていけば良いのではないか?と思います。

別にこれは一例なので、こういった書き出しじゃないといけないわけではありません。これ以外にも別に良い書き出しがあると思うので、自分で納得したもの、自然だなと感じた書き方をしていってください。私は今回紹介した書き出しが特に自然に感じるので。論文は構成の仕方や表現方法も一応評価対象にはなると思いますけど、大切なのは中身ですから、そこを1番に考えて対策をして、本番では書いていってほしいと思います。

公務員試験で治安対策、犯罪防止に関する論文を書くときのアドバイス

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


治安関連の論文テーマがたまに出ますよね。治安を維持するため、治安を守るためにはどうしたら良いか?というものです。犯罪が起きた後に犯罪者を更生させることも大切なのかもしれないが、もっと大切なのは犯罪被害に遭わないシステムを作っていくということではないでしょうか?起きた後の対処をするのではなくて、起きる前に防ぐべきだという考えです。

それは2つの意味で考えないといけません。それは犯罪を犯す人の心理や事情を考慮して、犯罪を防ぐということ。そして、システム的に犯罪を犯すことが不可能に近い状況を作ると言うことです。分かりやすく説明をすると、前者は犯罪を犯す動機を分析して、それを犯罪防止に役立てるということですね。例えば、「お金がなくて窃盗を働いた人」がいたとします。

この人は仕事が見つからなくて、生活保護を申請したが断られて、それで窃盗に入った。この人をただ捕まえて、刑務所に入れて終わりではダメでしょう。世の中にこういう犯罪の誘因があるんだと、我々が認識して生かさないといけないと思います。つまり、犯罪の誘因として貧困がある。貧困が日本に存在する問題である。貧困がある限り、犯罪に巻き込まれる人が増える。

そういった分析をして。出来る限り犯罪を起こす誘因自体を撲滅していくことが必要でしょう。貧困の問題についていえば、国の責務として解決すべき問題であると思うから、これは国のミスとも問題だといえる。本来、彼らが最低限の生活は送れないといけないのだが、それが送れないからこそ犯罪に手を染めたとなれば、悪いのは犯罪者だろうか?国だろうか?分からなくなってくる。

犯罪を直ちに悪いと断罪するのではなく、そこに潜む原因と日本社会抱えている問題点を同時に分析していくこと。これが必要で、これがなされないと永遠に犯罪を犯そうとする人が減らない。実際、ここまで生活に困っている人というのは、刑務所に入った方がマシな生活が出来る可能性があるわけですね。セーフティネットが機能していないと、それを刑務所に求める人が増えているそうで、彼らにとってみれば窃盗を働いて成功すればそのお金で暮らすし、捕まれば刑務所で生活できて、生活水準が今より上がり。どっちにしても今よりマシなわけですから、犯罪をおかなさない理由がないということになってしまいます。

国が政策的な犠牲者として、そういう人たちを生んでいるのは多分事実だと思うし、そういう人を生んでしまっている国も責任があると思います。貧困問題は国が解決すべき問題だと思うが、それが野放しにされてきた結果、こういう犯罪を犯すことにリスクが全くない人を生んでしまう。明らかに国にも責任がある。犯罪者をただ叩く行為では何の解決にもならないし、彼らの生きてきた事情が考慮されたうえでの犯罪対策をしないと効果はないと思います。

そして、システム的に犯罪が出来ないような体制については、これは単純に警察官を増やすとか、そういう話になってきます。これは理論上の話ですが、単純に警察官の数を増やして、街中に多く配置して、24時間体制で見守らせれば、犯罪発生確率は減るでしょう。誰かに見られている。しかも、警察官にとなれば、犯罪をしづらくなります。実際それは可能なのか?については難しいでしょうね。

警察官を多く募集して希望者は集まるかもしれないが、コストをどうするか?です。コストはどうしてもかかってきます。警察官を多く雇えば、それだけ雇用確保と安全性、治安確保の2つが達成できます。ただ、コストがかかるので、それは国民から徴収しないといけない。コストが多くかかるが、今よりも間違いなく安全性は高まります。そこを国民がどう考えるか?でしょう。今も何かの事件に自分が巻き込まれる可能性は低いです。それは誰もが感じている。ただ、そう感じている人の中から実際に被害に遭う人が出てくるわけで、確率論から言えば低いが、誰にも被害の可能性がある。これは賛成と反対が分かれそうで、議論の余地はありそうdすが、そんなアイデア必要ということでしょう。

従来型の警備をより厳しくするとか、教育や啓蒙を徹底するとかでは、効果がないわけではないですけど、抜本的な解決にはならない。そういったアイデアは論文に書くものとしてはあまり適切じゃないかもしれない。だって、そんなことはやっているに決まっている。ある意味、普通の人ならば思いつかないような方法論やアイデアで治安を向上させていくか?安全性を確保していくか?ということが求められているのではないでしょうか?それが実践可能な現実味のあるモノであれば尚良いのでしょう。