_ 面接試験対策 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

公務員試験の面接試験での入退室のマナーを解説

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の面接の入退室のマナーについては、おそらく予備校に通っている方はそこでの面接対策講座で習うと思います。予備校に通っていない方は市販の面接対策本などには載っていると思いますが、ここで一部紹介したいと思います。面接は入りでしくじると、そこで一気に挽回が難しくなりますから、注意しましょう。

面接の場合はドアがあるか?ないか?というのがまず違いがあります。多くの場合、ドアがあるという前提で進める面接講義や対策本ばかりでしょうから、ドアのないパターンの入退室マナーも知っておいた方が良いでしょう。ドアのない面接がある試験種としては特別区が挙げられます。特別区の人事院面接では、大きいホールを貸しきって、そこにブースを作って面接の部屋を用意しています。

ですから、プレハブ小屋のようなものが会場の中にいくつもあり、そこで面接を受けますが、基本的にはドアはありません。ですから、面接が始まる前にそのプレハブ小屋のような前に立つのですが、その時点で面接官の顔が見えていることもあります。

・入室時のマナー
ドアがある場合には、2回ほどノックをして、中から「どうぞお入りください!」といった声があると思いますので、それを待ってから入りましょう。このときにドアを開ける前に1度「失礼します!」と大きな声で言いましょう。そして、ドアを開けて中に入り、閉めます。ドアを閉めるときには両手を使わずに、片手だけで閉めた方が良いと言われています。これは面接官に背を向けないようにした方が良いので、面接官の方に身体を向けながら、ドアを閉めるには片手の方が良いのです。

そして、ドアを完全に閉めたら、面接官の方に身体をまっすぐに向けて待っていましょう。ここで、カバンをどうするか?というのはおそらく指示があると思います。ある場合にはそれに従いましょう。ない場合には座ると同時にイスの横に置くようにしましょう。おそらく、イスの方へ案内されて、「どうぞお座りください」と言われると思います。そして、イスに座ったら、いざ面接スタートです!イスに座るときには「ありがとうございます!」と言ってから座りましょう。

そして、ドアがない場合は一言「失礼します!」と大きな声で言って、ブースの中に入ります。特別区の場合は何も言われないという場合もあるようですから、何も言われなくても中に入ってしまいましょう。そして、面接官のそばまで来たら、受験番号と名前を言い、「宜しくお願いします!」と言えば大丈夫でしょう。以降の流れはドアがあるときと同じだと思います。


・退室時のマナー
面接官の方から、面接終了と言われたら、イスから立って、その横に立ちます。そして、「ありがとうございました!」と言ってからお辞儀をします。そして、カバンを持って、ドアの方に歩いていきます。ドアのところまで来たら再び振り返り、「失礼します!」と言って、お辞儀をします。そして、ゆっくりドアを開けて、閉める。これで面接は終了です。

ドアがない場合もほぼ同じです。まず、面接が終了したら、イスから立ってイスの横に立ちます。そこで「ありがとうございました!」と言って、お辞儀をします。そして、カバンを持って、ブースの入り口のところまで行き、そこで再び振り返り、「失礼します!」と言って、お辞儀をして、ブースを後にしましょう。あとは出口から出て会場を後にするということになります。


やや細かく覚えるところもあるかと思いますが、練習すれば慣れると思います。特に気をつけてほしいのは「ながら」をしないということです。話しながらお辞儀をしないということに注意しましょう。必ず話すのが終わってからお辞儀をするようにしましょう。例えば、「ありがとうございます!」を言いながらお辞儀をしてはいけない。というのが一般的名マナーになっているようです。

公務員試験における集団面接のポイント

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の面接試験では集団面接を行う試験種もあります。これは筆記試験であまり絞らない市役所試験などでは一次面接、二次面接などで実施される場合が多いです。集団面接は個人面接とはまた違った緊張感と不安があります。

私の場合は集団面接の方がダメでした。公務員試験では受けていませんが、民間企業を受験した際に集団面接を何回か経験しています。集団面接は修羅場ですね...。集団面接は私は大の苦手だったわけですが、何がダメか?というと、他の人がいうことが素晴らしすぎて圧倒されるというのがいつものパターンです。

したがって、面接中に自信喪失して終わってしまうパターンが非常に多かったのです。
実際、他の人が話したことがそこまで素晴らしいのか?は分かりませんけど、自分の話そうと思っていることがそこまで大したものではないですから、他人の話す内容がそれだけよく思えてしまうのでしょう。

集団面接では、話す際には順番があります。したがって、自分が話そうと思っていることがすでに話されてしまっているという可能性もあります。しかし、無理矢理他人と違うことを話す必要はありません。基本的には自分が話そうと思っていたことをそのまま話しましょう。しかし、1番最初に「○○さん同じなんですが...。」みたいなことを付け加えておくとなお良いかもしれません。

集団面接は絶対評価というよりは相対評価に近い形で評価されやすいです。要するに、一緒に面接をする他の受験生のレベルに左右されるということです。ただ、他の受験生の言うことはあまり気にしない方が良いでしょう。気にしすぎると、私のように萎縮して自信喪失してしまうので。他人の話はよく見えてしまいがちです。ですから、他人の話はよく聞こえるもんだ!それが当たり前なんだ!と良い意味で開き直って面接に望んでください。

筆記試験対策-社会学

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


■社会学ってどんな科目?
近現代の社会一般について学びます。といっても非常に分かりづらいですね。近現代を生きている私たちの人間性、そしてそれを取り巻く環境など、社会性のあるものを特に学んでいきます。また、若干心理学、教育学と思われるような内容のものも結構登場してくるので、どちら方面に関心のある方には割と楽しめる科目だと思います。

■どんな問題が出るの?
一般的には社会学者とその人が唱えた理論、概念などがセットにされており、それらのどこかに間違いがある誤答選択肢が多いです。単純暗記が特に必要で知識頼みの科目であるため、知っているか?知っていないか?の世界です。社会学が出る試験種でいうと、特別区、国家一般職が有名ですが、特に国家一般職の社会学は非常に難解で、聞いたことのないような名前の人が出てくることもよくあります。

■どんな勉強をすれば良いの?
完全に暗記科目で、知っているか?知っていないか?の世界です。よって、過去問題集をとにかく繰り返しやることが重要です。カタカナばかりの人名が多く登場してくるので、非常に覚えづらい面もあると思います。したがって、毎日少しずつ勉強して覚えていってください!特別区の社会学の問題は割とオーソドックスで解きやすいですが、国家一般職の問題は非常に難しいので、普通の過去問題集だけではなく、国家一般職の過去問題集の中の社会学も行った方が良いでしょう。

公務員試験のコンピテンシー面接とは?必要な対策は?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の面接では主にコンピテンシー面接というやり方の面接が行われます。この聞きなれない面接は何なのか?と思う方もおられると思います。これは皆さんが経験してきた面接そのものだと思います。要するに、過去にあなたはどういった経験を知して、何を学んで、それを今後どのように生かしていきたいのか?そういった受験生の性格、特性を知るための面接がこのコンピテンシー面接というものです。

・コンピテンシー面接のイヤラシイところ
これは経験のある方は分かると思いますが、非常にイヤラシイ面接だと思います。1つ質問に答えるとその答えに対して次々と質問が飛んでくる。これでもか!?っていうくらいに。そういった質問攻めを通して、受験生の人柄、性格を知ろうというところなのでしょう。

しかも、そのほとんどが「何故?」、「どうして?」といった類のもので、面接を受けている本人からしたら、「そんなこと知るか!いちいち何故か?どうしてか?なんて考えてないわ!」というのが本音でしょう。しかし、それにもっともらしい回答をして、理由を説明せねばならんのです。だからこそ、コンピテンシー面接は受験生に嫌われるのです。

・コンピテンシー面接を乗り越える鍵
確かに、今ふと考えたとき、当時どうしてそういう行動をとったのか?覚えているかすら危ういですが、それに理由があったのかどうか?も不明な場合があります。そういう場合は「今となって思えばどうか?」というところで回答を練るようにしましょう!当時、どうしてそういう行動に出たか?を考えるのではなく、当時そういう行動に出たのは「今思えば、多分こういうことだったんだような...。」という解釈で良いのです。

そして、それは志望動機、自己PR等を考えるときに使う、面接の中心となる自分のコアに繋げましょう。例えば、「自分がアルバイトで接客業務を経験し、他人の気持ちを慮って行動できるようになった」ということが自己PRだとします。そして志望動機は「東京都に長く住んで愛着が生まれた。

そして、アルバイトの接客業務を通じて他者と直接触れ合う仕事に関心を持ち、東京都の中でも、住民と接する機会の多い特別区を志望しました」という場合、両方共、アルバイトでの接客業務での経験が自分のコアになっています。それを面接でのあらゆる質問で当てはめていくというやり方をするわけです。どんな質問でもこれで大丈夫!というわけではありませんが、大方の質問はこの自分のコアに関連付けて語るようにすれば大丈夫です!

面接官に評価されるための面接カードの書き方とは?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験や一部の就職活動では、面接カードを使って面接が行われることがあります。これは事前に書いておくパターンもあれあ、当日その場で書かせるものもあります。公務員試験の場合は多くは面接カードを書かせるパターンが多いですけど、就職活動の場合はエントリーシートで代替されるケースが多いと思います。この面接カードは面接の本番と同様に大切なものなのです。

・面接カードとは?
これは面接を受けるにあたって、面接官が聞きたいと思うことを項目にしたカードです。受験生はその項目を埋めて、面接時に提出します。そして、面接は基本的にはその面接カードに則って行われます。項目が少ない場合、1つの記述(エピソード)について非常に多くの質問が飛んでくることがあります。

こういうのを「擬似圧迫面接」と呼ぶそうなのですが、これは圧迫でもなんでもなく、単に面接官があなたに興味を持っているからしつこく聞いているのです。したがって、何度も質問がきたからといって恐がる必要はありません。むしろ、あなたにそれだけ興味を示している証拠にもなります。ただし、面接カードに書いてあること以外からも質問がくることがあるので、注意しましょう。

・面接カードの書き方
面接カードは面接官が直接目にするものですから、いい加減いに書いてはいけません。当たり前ですが、字は綺麗に書きましょう。あと、誤字脱字も厳禁です。ただし、与えられた面接カードの用紙がこれ1枚しかないような場合は適切な方法によって修正しましょう。ただ、今の時代に手書きの面接カードというのもどうかと思うんですけどね(笑)民間企業ではパソコンでの履歴書、エントリーシートの提出を要求しているところもありますし。

あと、書く際には見やすい字、大きな字で書きましょう。あと、書く欄の8割以上は埋まるように書きましょう。あまり空欄が多いと印象が良くありません。これは論文試験もそうですね。まずパっと見の印象は大切です。その最初の印象で全てが決まるわけではありません(これだけで決まったら大問題)が、ツカミはやはり大切です!

・面接カードを書く際の注意点
面接カードには問われている内容を勿論書くわけですが、それを裏付けるエピソードを必ず添えましょう。その方が説得力があります。例えば、「自己PR」の欄では「私はこれまで○○のようなアルバイトをし、そこでの○○という仕事が公務員での○○のような仕事では生かせると思います!」のように、あなたの人柄が分かる内容とともに、それを担保するためのエピソードです。これはアルバイト、サークル、ゼミ、ボランティア、その他何でも良いと思います。

そして、たまにいるのがそういうエピソードを持っていないという人です。厳密にいえばそんな人はいないはずなのです。要するに、人に話せるような、誇れるようなエピソードを持っていない、経験がないということなのです。人に誇れるものでないと、確かに面接カードに書いたり、面接で話すという気にならない。これは理解できます。私も大した経験をしていなかったため、非常に悩みました。

ただ、誇れるエピソードである必要はあまりないと思います。あなたらしさが見れるものであれば何でも良いと思うんですよ。例えば「電車に乗っていたら重い荷物を持ったおばあさんがいて、そのおばあさんに席を譲ってあげた」のような何でもない経験だって、あなたの人柄は読み取れます。誇れる、誇れないを気にしていたら何も書けません。エピソードの偉大さのようなものは気にすべきないということです。今までの人生の中で、あなたらしさを1番表せるものは何か?その点だけを考えてエピソードを選んでみてください!

また、もし面接カードを書いていて、清書のときなどに間違えてしまった場合には「面接カードを書いているときに間違えてしまった!どうすれば良い!?」の記事をご覧ください!そして、面接カードは詳しく書きすぎないことが重要です。あまりに詳しく、全貌が書かれすぎていると面接官が聞くことがなくなってしまうからです。面接官に対する配慮も多少は必要ということですね。詳しくは「面接カードは詳しく書きすぎないことが大切!」の記事をご覧ください!


面接カードを書くときにも十分注意をする必要があります。面接で実際に話すときには言葉選びから表現方法など、かなり気を使うと思いますけど、それは面接カードを書くときにも一緒です。というのも、面接官は面接をする前にあらかじめ面接カードをに目を通しているので、その時点である程度受験生の姿を想像しているからです。つまり、面接カードの書き方や内容がダメだと、その時点で面接官に「この受験生はダメかもな・・・。」と、先入観で判断されてしまい、その後の面接はそういうマイナスの先入観を持たれたままスタートしてしまうので不利になりますね。だからこそ、面接前に面接官が読んだときに、面接への期待を持たせるような書き方を学んでいくべきなのです。本書では、そういった面接官を唸らせる面接カードの書き方のちょっとしたテクニックなどが載っており、とてもオススメできる一冊だと思います。
公務員試験 合格する面接・訪問カードの書き方 '15年版